Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バドミントン
  4. >
  5. バドミントンのカットの打...
バドミントンのカットの打ち方!コツや練習方法とは?

バドミントンのカットの打ち方!コツや練習方法とは?

バドミントンの試合で最もわかりづらいだまし討ちショットはカットです。その打ち方や練習方法をご紹介します。バドミントン試合中のカットの注意や対策なども動画を交えて解説していきます。カットができればバドミントンはもっと楽しくなります!

2021.12.16 バドミントン

バドミントンのカットショットとは?

カット ~フォアとリバースの打ち分け~ Cut Shot

バドミントンのカットショットとは、スマッシュやドロップと同様の打ち方から斜めに回転をかけて予想外の着地になるショットです。カットが成功すると、バドミントンは奥深いものになるでしょう。

バドミントン初心者の方は、バドミントンの手をおそらく相手の打つ瞬間のフォルムで予測すると思います。カットのフォルムは、スマッシュと同様のため、ついスマッシュを予想して体が反応するでしょう。

こういった反射に対して全く別の方向へ球を飛ばすことのできるカットは、コツさえつかめば非常に使える武器になります。

バドミントンの勝率を上げるカットの練習方法やコツ、打ち方について解説します。

カットは相手にばれないのが大前提のショット

バドミントンにおけるカットは、相手に「カットだ!!」とバレては意味がありません。
攻撃力としては、スマッシュなどに比べればずっと落ちますので、相手にも打ちやすいショットです。
相手が他のショットだと騙されてくれるからこそ、落とす可能性が高くなるのです。
従って、あまりカットの熟練度の上がっていない初心者の方がむやみにバドミントンの試合でカットを乱用すると、かえって相手にチャンスを与えてしまいます。
ここぞという時に使うのがカットのコツです。

また、カットはドロップショットや一撃必殺のスマッシュがあるからこそ活きるショットです。他のショットの練習と平行して練習していくのが効果的な方法でしょう。

カットだけにこだわって他のショットはおざなりになる、というような練習メニューは作らないよう心がけてください。

バドミントンのカットの打ち方

【バドキャン特集】極秘カットの打ち方

バドミントンのカットの打ち方は、簡単に言えばスマッシュで打つ時よりもラケットに角度をつけるだけです。
オーバーヘッドストロークの打ち方で、スマッシュと全く同じスピードで球をとらえます。
違いは、ラケットの面です。ラケットの面に角度を付けます。
この角度によって、球は回転がかかり、左右別の方向へ飛んでいきます。

バドミントン初心者の方は、動画のように、包丁などの刃物としてラケットを考え、そのままカットするように打つ打ち方の練習をしてみましょう。これは、かなり極端な打ち方のレクチャーですが、コツをつかむためには非常に役立つ練習方法です。

バドミントンでは、つい思っている動きが小さくなってしまい、思ったようなショットを決めることができないことがよくあります。カットの場合、角度をつけることが最も重要なコツですので、打ち方はバドミントンとしてはあり得ないくらい極端にしてみてから調整すると打ちやすいでしょう。

カットの種類①フォアカット

バドミントンショットスローモーション、カットとリバース打ち方編

バドミントンのカットには大きく分けて2種類あります。まず、カットの基本となるのがフォアカットです。
先にご紹介したカットの打ち方を参考にしながら、作ったラケットの面をそのまま切ってください。
動画のスローだとよりわかりやすいので、チェックしてみましょう。

カットの種類②リバースカット

バドミントンショットスローモーション、カットとリバース打ち方編

一方、リバースカットは打つ瞬間にラケットの裏面を返しているのがわかります。

バドミントンのカットは、このフォアとリバースをうまく使い分けることによって、より予想しづらい打ち方ができるようになります。

素早く切り替えられるよう練習すると、バドミントンの試合における戦略の幅がグッと広がるでしょう。

バドミントンのカットのコツ

コツ①ラケットの面の角度を意識する

【スローモーション】フォアカット

バドミントンカットのコツは、なんといっても角度です。ラケットの面がコルクのシャトルを切るように打ててこそ、カットショットは成功します。
バドミントン初心者の方は、まずラケットのシャトルに対してきちんと真向から当てられることを練習したことと思います。この練習とは全く違った方法になるのがカットです。

はじめは慣れないかもしれませんが、動画のスローモーションのようにシャトルに対してカットが成功していると、真向から当たっていなくてもシャトルはきちんと飛びます。

コツ②打点を下げない

フォアカット浮かない打ち方

  •        
  •        
  •        
  •       
    
スマッシュではなくカットだと頭の中で思うと、つい打点が下がってしまうことがあります。特に、バドミントン初心者の方は、自分が次に打つショットのフォルムを見せてしまいがちですね。

スマッシュの時と同様、しっかりと肘をあげて打点を高くキープしてカットを打つことが、打ち方のコツです。打ち方がうまくいかない時は、少しオーバーに打点をあげてカットの調整をしてみてください。

コツ③力まない

バドミントン 柔らかいカットを打つ方法

バドミントン初心者の方は、慣れないカットを打とうとするとつい力んでしまいます。特に、最後に角度をつけようとすると手首に力が入りがちです。打ち方のコツとして、力まないことをおすすめします。

動画のように、一度ゆっくりとした動きでカットの角度を確認し、精度をあげましょう。そのうえで、実戦と同様の練習方法に移行することで、力みを軽減することができます。

コツ④打点に応じて打ち方を変える

藤本ホセマリ“目からウロコ”シニア・バドミントン講座 第6回カット

動画のように、カットの打点によって打ち方を調整できるようになると、更にカットの精度をあげることができるのでおすすめです。

バドミントンのカットの有用性

スマッシュとカットを迷わせる

相手を惑わすカットスマッシュ【シドニーオリンピック日本代表 井川里美】

バドミントンにおいて、一番強く攻撃性のあるショットはスマッシュです。スマッシュに対しては、どうしてもバドミントンプレイヤーは「来る!!」と身構えます。
そんなスマッシュと全く同じ打ち方とスピードで放たれたショットが、もしも予想外の方向に飛んで行ったら、バドミントンプレイヤーとしてあなたは反応できますか?

スマッシュと同じ打ち方から、球の方向だけを変えられるカットを意識してみると良いでしょう。

ドロップとカットを迷わせる

バドミントン3分クッキング 失速カットのコツ

バドミントンのカットの打ち方をマスターできたら、親指の力を脱力させることで失速カットを打てるようになります。
この失速カットは、スマッシュの失速版であるドロップと迷わせることができるのです。ドロップならばそのままコート前面へ落ち、カットなら左右に球を飛ばせることができます。

バドミントンのカットの練習方法

ノック練習

小町谷輝 リバースカット練習

基本的にはフォアカット・リバースカットそれぞれ意識的にわけて、ノック練習をするのが一番有用な練習方法です。
コツは、きちんとフォルムをコーチや先輩に見てもらい、バドミントンの試合でもいきるような、相手から見てもバレない打ち方をできているか確認してもらうことです。

フットワークを意識したノック練習

Cut-smash 1 - Tine Baun

カットは初心者の方にとってまず入れるのが難しいショットですが、安定してカットが打てるようになったら、今度はフットワークも意識してみましょう。

打つ瞬間がたとえスマッシュやドロップに見せかけられても、フットワークで失速したり、癖が出てカットとわかってしまうと意味がありません。

こちらも、練習方法としてはノック形式なのですが、事前にフットワークを入れられるよう前後左右に振りながらノックを出してもらうと、練習しやすいでしょう。バドミントンでは、このフットワークとショットの自然さが身についてこそスキルアップを図れます。

カット練習で効率的なノックの上げ方

How to Do a Cut Smash Shot | Badminton Lessons

こちらの動画では、カットスマッシュの練習をしている際のノックの出し方がわかりやすく解説されています。
英語ですが、横から見た映像がありますので、そちらを参考にしてノック練習の時は活用してみてください。

カットが上手い!!バドミントンの試合動画

リバースカットの効果的な活用方法

ストレートのリバースカット

バドミントンの試合で最もカットの効果が発揮されるのは、やはり「スマッシュだ!!」と思う瞬間に何気なく、相手にばれないようにカットを取り入れることです。
こちらのバドミントンの試合では、決め手となる瞬間にリバースカットを取り入れることで、完全に相手のミスを誘っています。

クロスカットで相手を揺さぶる

林丹のクロスカット集

こちらの動画は、バドミントンの超有名プロ選手リンデン選手のクロスカットを集めた動画です。
相手がフットワークで戻ると同時にクロスカットで元の場所に打ち返したり、スマッシュと全く同じ方向をにらみながらカットで別の方向に球を飛ばしたりと、まさに変幻自在のカットを使っていることがわかります。
バドミントンは、うまくなればなるほど騙しあいの心理戦の要素が強まっていきます。こういったカットの精度を上げることで、よりバドミントンのレベルは上がるでしょう。

バドミントンラケットの面の角度とシャトルについて

【バドミントン初心者用】

ここまでカットについて解説してきましたが、そもそもバドミントンにおいてシャトルとラケットの角度の関係性が理解できていないと、いまいちカットの基礎が理解できないでしょう。
おさらいとして、バドミントン初心者の方用のラケットの面とシャトルの関係性についての4タイプをご紹介しておきます。

ストレート

 (13637)

ラケットをまっすぐ球に当てることでまっすぐ飛ばせる、基礎の基礎です。バドミントンの多くのショットは、このストレートに高低の角度やスピードをつけることで種類分けされています。

ストレートが上手くいかなければ、そもそもバドミントンの試合で相手のコートに常に球を入れること自体が難しいでしょう。今回の主題ではありませんが、バドミントン初心者の方は心にとどめておいてください。

カット

 (13640)

来た球に対して、スイングの方向はまっすぐだけれど、ラケットの角度がつくことで球が別の角度で繰り出されるのがカットショットです。

今回、バドミントンのスキルとして主に解説していたのは、このカットとなります。

リバースカット

 (13643)

手のひらを反すことによってカットとは逆方向の角度をつけることができるのが、リバースカットです。
このリバースカットをカットとセットで覚えてこそ、バドミントンの試合ではいざという時に相手に読めないショットを打つことができますね。

初心者の方は、カット→リバースカットの順番で習得することがコツです。

クロスカット

 (13646)

最後に、クロスカットはスイングそのものから斜めに持っていくことで球を斜めに飛ばせるカットの技術です。
一見簡単に見え、初心者の方がはじめカットショットというとついやってしまいがちなショットですが、これをやると斜めに球が飛ぶことが相手から見え見えなのであまり使いません。

とは言え、通常のカットやリバースカットと組み合わせて使うことで、意外な手として活用できることもあります。

クロスカットって何?と思ったバドミントン初心者の方は、ご参考ください。

【バドミントン初心者用】カットをイメージしやすい動画

バドミントンプロによるカットノック練習

Cut-smash 2 - Tine Baun

こちらはプロのバドミントン選手によるレクチャー内のカットノック練習です。
全く同じ場所にブレなくカットを叩き込んでいるのがわかりますね。
また、失速せず、スマッシュと同じ勢いで角度だけが変わっていることもわかります。
理想的なカットとして、ぜひチェックしてみてください。

バドミントン試合で活用されているカットの解説

Badminton Lesson # 9 - Reverse Slice Drop Shot (Fake Drop Shot)

こちらの動画では、実際の試合でプロのバドミントン選手が繰り出したカットを抽出し、かつ「ラケットの方向」と「シャトルが飛んだ角度」の矢印を入れてカットのフェイクがいかに有用かを解説してくれています。

特に、ジャンプスマッシュと見せかけてカットしているトリッキーなフェイクショットも紹介されていますので、カットの技術が身についてきたなと思った方はぜひ真似してチャレンジしてみてください。

ダブルスの試合で見られるカット

Badminton Deception In Double

バドミントンのダブルスでは、手前に落とすという戦略がシングルに比べて少ない一方、カットは相手の隙をつくために効果的です。

相手が「どう動けばよいか判断に迷う瞬間」でカットを繰り出すよう、常に2人のプレイヤーの位置や集中力を見ながら判断しましょう。

バドミントンの試合は、シングルスとダブルスで全くゲームの質が異なります。ショットの繰り出し方も変わるので、実際の試合を見ながら、どこでカットを使うのが有効かペアの相手と戦略を練りましょう。

バドミントンカットの打ち方まとめ

カットは試合で相手にばれずできて初めて成功!

カットは、細かな角度を調整する練習はもちろん必要ですが、なんといっても相手のいる実戦でうまく活用できて、はじめてマスターしたと言えるショットです。
初心者の方は、はじめはうまくいかずもやもやするかもしれませんが、地道な練習とイメージトレーニング、プロのカット動画などを見ながら着実にスキルを上げましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。