2019年12月15日 更新

バドミントンのダブルスで勝つ!そのための戦術や方法を学んで攻めよう

バドミントンのダブルスは早いラリー展開・ローテーション・パートナーとの相性など非常に繊細でパワーや頭脳も必要な非常に難しい競技です。バドミントンダブルスの戦術として、前衛・後衛がどのように動けば良いのか、どこを狙えば良いのかなどを初心者〜上級者までのレベル別に解説します。

122,058 view お気に入り 1

バドミントンでコースを狙う練習方法

 (28795)

図のように、バドミントンコート内にシャトルの筒を置き後衛の位置からそれを狙うという練習方法が最もポピュラーな方法です。この方法では、少しずつ打つ強さやフットワークなどの動き方、ラケットの動きなどを調整し、感覚を身につけることができますが、あまり動かずにやる練習のため、長時間やっていると飽きてしまうかもしれません。

また、シャトルの筒を用いると筒がスマッシュの威力でへこんでしまうことがあるため、必ず空筒を用いてください。また、筆者の体験談ですが、100円で打っているプラスチック製のカゴを的に用いたところスマッシュの威力でカゴが壊れてしまい使えなくなってしまったということがあります。

また、シャトルの筒を使う練習に慣れて来たら、的を別のものに変えても良いでしょう。筒に全然当たらず難しい場合には別の大き目の的を用意し、少しづつ小さくしていきましょう。


守りのバドミントンのダブルス戦術

バドミントンダブルスで勝つためのレシーブ方法

レシーブ

レシーブというとシャトルをあげてしまうため、勝つことにつなげにくいと思われがちです。

サイドバイサイドの時に相手のスマッシュはエンドラインまでしっかりとレシーブをすることで相手のミスを誘うこともできますし、強力なスマッシュを打ちづらくするという効果もあります。
逆に甘い球を返してしまうと強力な攻めに転じられてしまったりと非常に不利な状況になります。

レシーブの基本はリアクションステップです。
リアクションステップは相手のインパクトの瞬間に合わせて軽くジャンプする動作ですが、「シングルスでは意識しているがダブルスでは全く意識していない。」「ダブルスでは必要ない。」という人が多いです。

ダブルス(特にトップアンドバックの時の前衛)ではリアクションステップは非常に重要で、リアクションステップは早い展開になればなるほど必要です。
リアクションステップの1番の目的は次の球に素早く反応するための準備をするということです。

また、レシーブではスマッシュに対して素早く面を作ることが大切です。シャトルが飛んでくる場所に対して最短距離でラケットをだし、インパクトを迎えることで簡単にスマッシュに対応できます。

バドミントンにおけるリアクションステップの方法

バドミントンにおけるリアクションステップの方法は主に5つの種類があります。
①左から着地する方法
左足から地面に着地すると1歩目の踏み出しが右足になります。 右足は左方向に出すよりも右方向に出す方が楽ですので、右側に行きやすくなります。 そのため、進行方向が右の場合はこのリアクションステップを使うといいでしょう。
また、ダブルスペアが自分の左側にいる場合にも使えます。

②右から着地する方法
右足から着地すると1歩目の踏み出しが左足になります。 左足から着地とは逆に左方向に足を出す方が楽になりますので、進行方向が左の場合はこのステップを使います。また、ダブルスペアが自分の右側にいる場合にも使えます。
③前の足を先に着地する方法
片足を前にして着地をすると1歩目の踏み出しは後ろになります。 そのため、足を後ろに踏み出しやすくなります。
シャトルが自分より後ろに飛んでくる場合はこのステップです。また、ダブルスペアが自分の前側にいる場合にも使えます。
④後ろの足を先に着地する方法
片方の足を後ろにして着地すると1歩目の踏み出しは前になりますので、前に出やすくなります。 シャトルが自分より前に飛んでくる場合はこのステップです。また、ダブルスペアが自分の後ろ側にいる場合にも使えます。
⑤両足を同時に着地する方法
両足で同時に着地すると、特に動きやすい方向はありません。一方で何処へでも動きやすいという特徴があります。そのため、相手がどこに打ってくるのか全くわからないというときに使います。また、ダブルスペアのいる場所がわからない時にも使えます。

バドミントンのダブルス初心者が勝つための2つの戦術

バドミントンダブルス初心者にオススメなダブルスの戦術を2つ紹介します。

初心者向け戦術①ダブルス中にコミュニケーションをとる

戦術とは少し違うかもしれませんが、パートナーとのコミュニケーションはバドミントンダブルスにとって最も重要なことです。パートナーがどのような動きをしていてミスをしたのか、どこを狙おうとしているのかといった情報はパートナーとコミュニケーションをしない限りわかりません。

ラリーとラリーの間に一言でも良いので言葉を交わすとお互いリラックスできる上に戦術を組み立てていくための道具にもなります。勝つための第一歩はパートナーとのコミュニケーションであるといっても過言ではありません。

また、コミュニケーションといても必ずしも”言葉”でする必要はありません。パートナーが良いショットを打った時にハイタッチをしたり、ラリー中パートナーに”お願い”や”任せて”といった声かけをするだけでも立派なコミュニケーションです。また、そのためにもパートナーとの相性は心がけなくてはいけません。

初心者向け戦術②ダブルスペアの弱い方の1人を徹底的に狙う

バドミントンダブルスでは必ずペア間で実力の差があります。(ほとんど同じ場合もあります。)
その際、ペアのうち弱い方を徹底的に狙い続けるというのが最も効果的な方法です。それによって実質1対2の試合になりますのでかなり楽に試合を動かすことができ、楽に勝つことができます。

また、ペアがほとんど同じくらいの実力であったり、どっちを狙ったらいいのかわからなかったりした場合は、どちらか片方を選び、その人が苦手とするパターンに持ち込みましょう。これは、試合中・ラリー中に相手を見て冷静に分析しなくてはならないため少し難しいかもしれませんが、挑戦を繰り返すうちにできるようになってきます。

バドミントンのダブルス中級者向けの勝つダブルス戦術

ある程度上達してきてペアとして成立し始めた頃に効果的な戦術があります。

ダブルスの前衛を活かす

トップアンドバックになった時に前衛はラケットをあげてシャトルを構えるのですが、「なかなかダブルスが上達しない」「ダブルスつまらない」というペアは前衛になった時に全くシャトルに手を出せていない人が多いです。

前衛がシャトルに触ることで、ラリーの流れが変わるだけでなく、相手は想定していたタイミングにずれが生じて次に対する反応が少し遅れる場合もあります。

しかし、前衛がシャトルに触ることは難しいです。というのも後衛が触る時よりもインパクトからの時間が短く速度も完全に減速していない段階で打たなくてはいけないからです。そのため、若干の動体視力や瞬発力が必要となります。

前衛がシャトルに触る際の注意点はラケットを振らないということです。かといって当てるだけでは強い球は打てません。

また、前衛がシャトルに触るだけで、後衛の移動距離は大幅に短くなります。そのため、後衛の体力保持などにも繋がります。

ダブルス前衛での打ち方とは?

57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パルクールの練習方法!【瞬発系・反応系】

パルクールの練習方法!【瞬発系・反応系】

パルクール練習方法を、瞬発系、反応系に分けて、瞬発力が必要な理由、反応力が必要な理由、そしてその2つの能力をどの様に向上させればいいのか、などを、初心者から中級者のパルクール実施者に向けて、詳しく紹介していきます!
ヨガの初心者は必読!ヨガを始める方法や簡単にできるポーズをまとめて紹介

ヨガの初心者は必読!ヨガを始める方法や簡単にできるポーズをまとめて紹介

ヨガの初心者必見!「ヨガの始め方がわからない…」「家ヨガが気になるけど初めての人でも大丈夫?」「簡単だけどダイエット効果のあるポーズはある?」そんな悩みを抱える方へ、自宅で始める方法や、ヨガの初心者でも簡単にできるポーズ10選を詳しくご紹介します!
大胸筋をダンベルで鍛える方法とは?おすすめメニュー8選

大胸筋をダンベルで鍛える方法とは?おすすめメニュー8選

ダンベルで大胸筋を鍛える方法は様々なバリエーションがあります。大胸筋を大きく肥大させたいのであれば、ダンベルとベンチは必須となります。ここでは、大胸筋を肥大させるために有効な様々なダンベルトレーニングを紹介していきます。初心者でもわかりやすく説明しています。
パルクールの練習方法!パワー系の技のやり方とは?【初心者ガイド】

パルクールの練習方法!パワー系の技のやり方とは?【初心者ガイド】

パルクールのパワー系練習方法を、パルクール超基礎技の練習方法から、パルクールを練習するに当たって必要になってくるFlip系の基礎技、パルクールの超基礎技とFlip系の基礎技を合わせたパルクールの基本的な技の練習方法を幾つか紹介していきます!
トリッキングの練習方法の考え方!悩みや疑問解決【初心者入門ガイド】

トリッキングの練習方法の考え方!悩みや疑問解決【初心者入門ガイド】

トリッキングとは具体的にどの様なスポーツで、トリッキングというスポーツを理解した上でのトリッキングの練習場所や、Kick、Flip、Twistの3つに分けた練習のやり方から、イメージトレーニングのやり方まで詳しく紹介します!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K_Yuto K_Yuto