2019年1月2日 更新

バドミントンラケットの持ち方&握り方【初心者入門ガイド】

初心者からプロまで、バドミントンの基本はラケットの持ち方&握り方にあります。また、レベルアップのコツは正しい持ち方・握り方をふまえたラケットの持ち替えスキルにあります。基本の考え方をマスターして、バドミントンをグッと楽しくプレイしましょう!

90,026 view お気に入り 0

バドミントンラケットの持ち替えの重要性

バドミントン初心者の方が練習をいざ始めてみると感じることがあります。それは、ラケットを持っている側と逆側に来るシャトルが打ちづらく感じることです。
自身の運動能力だけで体をそちらに移動しようと思っても、上手にこなせません。

こういった場合に必要なのがバドミントンラケットの持ち替えです。イースタングリップとウェスタングリップを分けて使う意識を持ちましょう。

打ち方・持ち替えテクニック①バックハンド

利き手の逆側に飛んできたシャトルに対して、ウエスタングリップの持ち方を意識してスイングしてみましょう。これをバックハンドと言います。始めは力が入りづらいので上手く打てないと思いますが、慣れてくるとコントロール力のある打ち返しができます。
バックハンドはイースタングリップの持ち方でも対応することができ、慣れれば可動域という意味でそちらで対応したほうがよい場合もあります。
必ずしも一つの持ち方と打ち方が連動しているわけではないので、最も適した握り方で打てるよう意識してください。

バックハンドからの打ち分け練習 Badminton backhand stroke

バックハンドのイメージがつかみやすい動画です。

打ち方・持ち替えテクニック②フォアハンド

無意識に初心者の方が打ちやすい、利き手側で振りかぶってスイングする打ち方はフォアハンドと言います。フォアハンドは、イースタングリップの持ち方を意識して打つと良いでしょう。
自然と力が入り強い球が打てるため、バドミントンの初心者だと、これが決まると嬉しいものです。しかし、実は大振りな体の動きは無駄な力を及ぼし、コントロールを乱していることもあります。
少し余裕が出てきたら、脇を締めて最小限の動きから打ち返せているか、そのうえで持ち方があっているかを振り返ってみましょう。

バドミントンアカデミーレッスンDVD~サイドハンド(フォアハンド)~

フォアハンドの動きをわかりやすく一つずつ分解して説明しています。

持ち替えテクニックで変わる可動域

このフォアハンドとバックハンドの持ち替えを習得すると、バドミントンラケットの可動域は一気に広がります。今まで打てなかったシャトルにも対応できて、喜びは倍増することでしょう。
持ち替えは正しい握り方を意識した上で実現できる技です。適当な持ち方をしてしまうと、持ち替えも中途半端になってしまい、シャトルをうまく打ち返せません。一つずつステップをクリアしていく気持ちでチャレンジしてみましょう。

【バドミントン】フォアとバックのドライブの練習

フォアとバックを使い分けて打つ様子がわかる練習風景です。

打ち方・持ち替え練習方法

ちなみにバドミントンの持ち方や持ち替えの練習は、実戦以外でも可能です。初心者のうちは、特に家でできることからやると伸びが良いです。
自分の全身が映る鏡の前でラケットを握り、構えてみましょう。あらゆる場所にシャトルが飛んできたことをイメージし、持ち方を構えます。そのままストップして、自分のフォームを確認してみてください。シャトルが落ちてくると仮定した場所に、きちんとラケットの面は向けられていますか。
選んだ握り方はイースタングリップですか?それともウエスタングリップ?飛んできた場所に対して、適切な持ち替えはできましたか?持ち方は正しいですか?
この意識を忘れずに実戦に臨むと、飛んできたシャトルに対して自然と体がフォームを作り、適切な持ち方から打ち返しを図ることができます。

バドミントンの基本は持ち方にある

初心者向けの解説をしましたが、実はバドミントンのプロもラケットの持ち方と握り方からスタートしています。

バドミントンのプロが語る、持ち方の重要性

バドミントンコーチのLee Jae Bokは「グリップの握り方が違うことは洋服のボタンを掛け違えるのと似ている」と言います。はじめは気が付かないミスが、全てのボタンを掛けた時に初めて気が付くからです。バドミントンもラケットの持ち方と握り方が正しくなければ、どんな技法を習得しようと、どんなに体を鍛えようと、結局は最初に逆戻りしてしまいます。
そして、一度間違えて覚えてしまった持ち方を矯正するのは大変なことで、長年の蓄積は後戻りできないものもあります。初心者のうちから持ち方や握り方を意識することは、バドミントンにとって大切なことです。

バドミントンラケットの握り方【シドニーオリンピック日本代表 井川里美】

オリンピック代表の井川選手も、バドミントンラケットの持ち方について丁寧に解説しています。

バドミントンはシンプルなスポーツ

バドミントンは初心者からプロまで、たったひとつのことを追求します。それは、ラケットを無数のシャトルパターンに対して、適切に構えられること。適切に構えられれば、必要な力で思い通りに打ち返すことができます。もちろん、それに対する細かいテクニックはたくさんありますが、全てのテクニックはシャトルに対してラケットの面を向けられることに帰着します。
つまり、ラケットの持ち方で全てが決まるわけです。バドミントンの魅力に目覚めた方も、前々からバドミントンを愛してやまない方も、一度自分のラケットの持ち方を見返してみると良いのではないでしょうか。

正しい持ち方・握り方はバドミントンを楽しく続けられる秘訣

今回はバドミントンラケットの持ち方や握り方について説明しました。初心者の方もここからスタートすれば、大丈夫です。
正しい持ち方をすることで、バドミントンの楽しさは倍増します。やっぱりバドミントンの醍醐味はシャトルを打ち返せる瞬間の気持ちよさですからね。
そして、基本の握り方を意識し続けることで、継続してバドミントンを楽しむこともできます。皆さんも持ち方を大切にしつつ、バドミントンライフを楽しんでみてください。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球のラケットと一口にいっても、シェイクやペンホルダーの種類、グリップの形、そして性能など幾つかのポイントがあり、卓球ラケットの選び方にはある程度の知識が必要となります。自分に合った最適なラケットの選び方について、初心者の方に向けた基礎知識を解説していきます。
ゴルフのグリップの正しい握り方とは?基礎をしっかりと学ぼう【初心者ガイド】

ゴルフのグリップの正しい握り方とは?基礎をしっかりと学ぼう【初心者ガイド】

ゴルフのグリップはクラブが唯一体と接する部分ですので、安定したショットを打つためにはとても大切な要素です。正しいグリップの握り方を覚えることは、ゴルフのスコアアップにもつながります。本記事ではゴルフのグリップの握り方を図解を交えながら、徹底解説します。
nagg |
硬式テニスのラケットの選び方ガイド!初心者におすすめのポイントとは?

硬式テニスのラケットの選び方ガイド!初心者におすすめのポイントとは?

初心者プレーヤーが硬式テニスラケットを選ぶときにチェックしたいことと共に、初心者におすすめの選び方のポイントをご紹介します。知っておくと将来的にも役立つラケットのスペックについてもご説明します。ぜひラケット購入の際の参考にしてみてください。
テニスラケット!初心者に絶対おすすめしたい10本と選び方とは?【テニスコーチ監修】

テニスラケット!初心者に絶対おすすめしたい10本と選び方とは?【テニスコーチ監修】

テニスの初心者にとってラケット選びは、今後のテニスライフを左右するほど、大事です。初心者がテニスラケットを選ぶときに知っておきたいポイントとおすすめのテニスラケットを、ランキング形式でご紹介しますので、購入する際のしっかりとポイントを押さえておきましょう!
卓球ラケットケースの人気おすすめ厳選20選!バタフライ・ミズノなど

卓球ラケットケースの人気おすすめ厳選20選!バタフライ・ミズノなど

卓球ラケットを保護するラケットケースはデザインも収納力もさまざまです。これから卓球を始める初心者の方向けに、おすすめの卓球ラケットケースをご紹介します。デザイン性に富んだかわいいものが多くて選ぶのに困ってしまうほど。ぜひ参考にしてみてください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki