Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バドミントン
  4. >
  5. バドミントンスマッシュの...
バドミントンスマッシュのレシーブのコツと練習方法!

バドミントンスマッシュのレシーブのコツと練習方法!

バドミントンスマッシュに対してレシーブはどう対処すれば良いのでしょうか。スマッシュの速い攻撃球に対するレシーブのコツと、それをマスターするための練習方法やトレーニング方法について詳しく紹介します!

2021.12.16 バドミントン

バドミントンスマッシュはどのように打たれるか

スマッシュ - バドミントンをスマッシュから覚えるブログ (3881)

バドミントンスマッシュのレシーブは、相手から打たれたバドミントンスマッシュの対策になります。
まずはバドミントンスマッシュがどんな球なのかを知りましょう

バドミントンスマッシュとは?

バドミントンスマッシュは、攻撃のかなめになるショットです。
鋭い軌道で相手コートにスピーディに落ちます。
初心者は目で追うことも難しいかもしれません。

バドミントンスマッシュの特性

バドミントンスマッシュを打つためには、体全身を使った力の伝達が必要です。
つまり、バドミントンスマッシュ独特の構えが生じます。
また、バドミントンスマッシュは角度をつけてネットギリギリのラインで向かってきます。
打つ場所からの軌道は予測しやすいでしょう。

バドミントンスマッシュのレシーブのコツ

効果的なレシーブのためのテクニック: 有田浩史が教えるバドミントン初心者上達のコツ・上手な打ち方やフットワークの練習法DVD教材 (3882)

このようなバドミントンスマッシュに対してどのようにレシーブするのが良いのかご紹介します。
コツは構えと返し方に対する意識です。

バドミントンスマッシュのレシーブの構え

【グリップ再考】リンダン、タウフィック、リーチョンウェイたちプロの握り方を見る: バドミントン情報局 (3883)

レシーブの構えは前景姿勢が重要!

レシーブの構えは前傾姿勢をとります。重心を前にもってきてください。
バドミントンスマッシュはすごい速さで打たれるため、初心者の方はつい体が後ろに逃げてしまいます。
膝を軽く曲げ、ぐっと上半身を前に置き、シャトルに向き合う構えとレシーブを心がけましょう。

守備の体制なので、足は肩幅よりも広めのほうが良いでしょう。
安定した姿勢からレシーブする返し方をマスターすると、バドミントンスマッシュは攻略したも同然です。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

バドミントンスマッシュの レシーブの打ち方

バドミントン スマッシュレシーブを高く奥まで返す練習ステップ1ラケットを振る

レシーブのコツは、腕から振らないことです。
何度も襲ってくる速い球に対応しなければならない時、腕から振っていると対応できません。
初心者の方はできる限り動きを少なくするイメージを持ちましょう。
返し方として、構えは肘から振る、肘先で当てることを意識してください。

わきの下にコブシ一つ分の隙間を作ることが、可動域が広がるコツです。
レシーブに特化した構えをマスターし、いつでも切り替えられるよう練習しましょう。

バドミントンスマッシュのレシーブは観察眼も大事

バドミントンスマッシュが来るということを事前に認識することもレシーブには必要です。
レシーブの構えがある以上、既にスマッシュが打たれてから構えていては間に合いません。

相手の動きや構え、前後の流れから鑑みてスマッシュが来るときは事前に構えるのがコツです。
練習方法は、とにかく相手を観察することです。
繰り返し練習している相手であれば、動きの癖を見つけることもできるかもしれません。

バドミントンスマッシュのレシーブ練習方法

レシーブ初心者向けの練習方法

バドミントン-壁打ち(レシーブ) Badminton wall practice

初心者の方は壁打ち練習方法を繰り返すことでレシーブの感覚をつかみましょう。
コツは、回数を多めに設定することです。
初心者の方は、グリップの握り方が曖昧なことや、構えが崩れていることがレシーブの失敗を助長しています。
壁打ち練習の回数を増やすことで、自分の弱点を見つけるのも方法の一つなのです。

バドミントンの実戦では、連続スマッシュや緩急のついたテクニカルな球などに対応しなければなりません。
壁打ちで基本をつかむことで、初心者の方はまずは球を打ち返すことに慣れましょう。

バドミントンスマッシュのレシーブ練習方法

バックハンドからの打ち分け練習 Badminton backhand stroke

バドミントンスマッシュに対するレシーブのほとんどはバックハンドの返し方をします。
ですので、バックハンドの練習がコツになります。
バックハンドの練習方法としては、深めに落ちてくるシャトルに対して構えを確認し、打ち返す練習の繰り返すのがコツです。
初心者の方は、バックハンドでスマッシュをレシーブしている動画を見てイメージトレーニングすると良いでしょう。

バドミントンスマッシュの軌道の9割はバックハンドがマスターできていれば対処できます。
壁に対して2mほど離れたところからシャトルを打ち続ける練習方法ならば、相手がいなくてもできます。
打ち返すことに重きを置いて、構えを意識しながら練習する方法を繰り返しましょう。

バドミントンスマッシュのレシーブのための自己分析

構える反応速度や構え方の確認もバドミントンスマッシュのレシーブには重要です。
コツは、練習している自分の姿を動画撮影などすることによってチェックすること。

バドミントンスマッシュに対応するレシーブの際、ほとんどの人は頭が真っ白です。
特に初心者の方は、構えや返し方を考えるので精いっぱいでしょう。

落ち着いて自己分析の時間を作ることも方法の一つです。

バドミントンスマッシュのレシーブに効果のある筋肉強化

レシーブは肘から下の筋肉を要します。
逆に言うと、体全体の筋肉によってパワーを補完することができません。
初心者の方は、むやみに体全体に力が入ってケガや構えの崩れを引き起こすことも多いでしょう。

強化ポイントは手首

返し方の特徴から鑑みて、鍛える筋肉は肘から下、つまり手首に集中します。
手首の筋肉強化のコツは、素振りです。
素振り練習を繰り返すことが、手首の筋肉を鍛える方法です。
コツは回数制限を設けないことです。

筋肉強化のコツは疲れるまでやること

バドミントン 上からの素振り 良い例 滝沢バドラーズ

筋肉強化を目的に行う素振り練習は、筋肉を壊さないと意味がありません。
初心者の方は「1日〇〇回」といった目標を立てたほうがわかりやすいかもしれませんが、疲労感が来るまでやってください。
スマッシュは速い球なので、レシーブのためにはそれに特化した筋肉が大切なのです。

バドミントンレシーブの種類

バドミントン-スマッシュレシーブ Badminton Smash Return

バドミントンのレシーブにはいくつかの種類があります。
初心者以上の方は、返し方を考えてレシーブを組み立てましょう。

バドミントンレシーブの種類①ロングレシーブ

コート奥に打ち返すレシーブです。
バドミントンの中では最もポピュラーな方法のレシーブです。

バドミントンレシーブの種類②ハーフレシーブ

コート中心付近に落とすレシーブです。
スマッシュに対してはあまり有効でない方法かもしれませんが、種類としてご紹介します。

バドミントンレシーブの種類③ショートレシーブ

手前に落とす返し方です。
読まれなければスマッシュには効果のある返し方でしょう。

バドミントンレシーブの種類④アタックレシーブ

レシーブしながら攻撃に転じるタイプの返し方です。
肘のみで角度を調整し、プッシュのようなイメージでレシーブすると成功します。
初心者の方はあまり考えなくて良い返し方ですが、方法の一つとして覚えておいてください。

バドミントンレシーブの種類⑤カウンターレシーブ

攻撃され続けているところから一気に相手の弱点に打ち返す返し方です。
相手ががら空きの部分を分析して対応する判断力が必要です。

バドミントンスマッシュのレシーブに必要な心構え

速い球でもびびらないで

Guinness World Record 【Fastest Badminton Smash】 for right hand plyer image training

バドミントンスマッシュのレシーブに必要な心構えは、とにかくびびらないことです。
攻撃の一手であるバドミントンスマッシュは、実際にコートで体験すると初心者の方はびっくりすると思います。
今までやってきた練習が全く生きないと感じる瞬間も、スマッシュに対するレシーブが失敗した時でしょう。

レシーブのコツは難しく考えすぎないこと

バドミントンスマッシュのレシーブをするときのコツは、「速いけど単純」と考える返し方です。
様々なテクニカルなショットの種類が豊富なバドミントンですが、スマッシュは軌道が最も読みやすい一手とも言えます。
返し方もバックハンドでほとんど対処できるとわかっていれば、考える時間が省ける分、返しやすい球と考えましょう。

初心者はとにかく打ち返そう

初心者の方はまず、打ち返せれば問題ありません。
極論を言えば、返し方がどうこうというよりは、シャトルに面を向けて当てるという構えで問題ありません。
練習を繰り返すことで、自信をつけるのも方法の一つです。

びびらずバドミントンスマッシュに面と向き合えることが、レシーブの第一歩です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。