Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. 野球のコントロールを良く...
野球のコントロールを良くする方法とは?5つのコツ【野球上達ガイド】

野球のコントロールを良くする方法とは?5つのコツ【野球上達ガイド】

野球のコントロールを良くする方法は、フォームを固める、踏み出す足の方向、リリースポイントを安定させる、リリース時の目線、キャッチャーミットに向けて投げるの5つです。野球のコントロールが良いピッチャーのメリットや、コントロールを良くする練習についても解説していきます。

2021.12.16 野球

野球のコントロールを良くするとは?

コントロールを良くすることの重要性とは? (101979)

野球では、ボールをコントロールして投げることが重要になります。

野球では、ボールを投げることは基本動作のひとつで、イメージ通りにコントロールして投球できるように練習を積み重ねていかなければなりません。ボールを投げる時にコントロールが悪いと、野球の試合で暴投の原因となってしまいます。

ピッチャーはボールを投げることでチームの勝敗を大きく左右するポジションですが、キャッチャーやその他の野手であっても、ボールをコントロールして投げることが重要になります。投球のコントロールが悪いと、守備でエラーする確率が高くなります。

野球のコントロールが良いピッチャーのメリット

コントロールが優れたピッチャーの場合、野球の試合においてさまざまなメリットが考えられます。コントロールが優れていることのメリットを把握して、コントロールが良くなる練習に取り組むようにしましょう。

配球を組み立てやすい

コントロールが良いと配球を組み立てやすい (101980)

コントロールの優れたピッチャーは、相手のバッターに合わせてさまざまな配球を考えることができます。ピッチャーの配球とは、それぞれのバッターに対する投球の組み立てを指します。コントロールが良くないピッチャーでは、配球を考えても狙った場所に投げられず、配球を考える意味が薄れてしまいます。

バッターによって弱点や強みは異なるので、さまざまな配球ができるピッチャーの方が試合で失点を少なくすることが可能です。配球を考えるキャッチャーの立場から考えても、コントロールの優れているピッチャーの方がリードしやすいと言えます。

フォアボールが出にくい

投球のコントロールが良くなることで、フォアボールの可能性を減らすことが可能です。コントロールが良いピッチャーは、狙った場所にボールを投げられるため、ストライクゾーンにしっかりと投げきることができます。

ピッチャーが失点する原因として、多くの場合でフォアボールが考えられます。フォアボールを減らすことが、チームの失点を減らすことに大きく影響してきます。

速球がなくても勝負できる

コントロールが優れていることで、速球に自信がないピッチャーでも十分に勝負することが可能です。

コントロールが良ければ、ストライクとボールの判別が難しいコースに投げることができ、相手バッターにとっては打ちづらいコースでもバットを振っていかなければなりません。バッターにとって打ちづらいコースに投げきるだけでも、アウトを積み重ねることができます。

たとえストレートが速いピッチャーであっても、コントロールが悪ければ安定してバッターをおさえることは難しいと言えます。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

チームメイトや監督から信頼される

コントロールが良いとチームメイトや監督から信頼される (101981)

コントロールの良いピッチャーは、チームメイトや監督からも信頼されやすいと言えます。コントロールが優れていることで、フォアボールや暴投が出にくく、バッテリーを組むキャッチャーからも信頼される存在となります。

またピッチャーのコントロールが良いと、投球のテンポがよくなることもポイントです。テンポよく投げることで、ピッチャーの後ろを守る野手も非常に守りやすくなり、野手からも信頼されるピッチャーとなっていきます。

コントロールを良くする方法とは?

コントロールを良くする5つの方法 (101982)

via コントロールを良くする5つの方法
野球のコントロールが良くなるためには、コントロールを上げる方法やコツを把握しておくことが大切です。とりあえず練習を続けていくだけでは、そう簡単に制球力を上げることは難しいと言えます。

上達するスピードを上げていくためにも、コントロールが良くなる方法を覚えておきましょう。

①フォームを固める

1つめに野球のコントロールが良くなる方法は、まず投球フォームをしっかりと固めるために数多く投げ込む必要があります。

投げるコツや正しいフォームを意識するだけで、すぐに投球フォームを固めることはできません。何度も何度もボールを投げ込むことによって、徐々に投球フォームが固まっていきます。地道な方法ですが、コントロールを良くするためには練習量を確保することが大切です。

可能であれば、10分程度のシャドーピッチングだけでも毎日行うようにしましょう。

②踏み出す足の方向

コントロールを良くするには踏み出す足の方向が大事 (101983)

2つめに野球のコントロールが良くなる方法は、ボールを投げる時に踏み出す足もポイントになります。踏み出す足が投げたい方向に向いていなければ、体がうまく回転しないことでコントロールが定まらなくなります。

ピッチャーであれば、キャッチャーミットの方向に、踏み出す足を向けるようにしましょう。投げたい方向に足を踏み出すだけでも、投球のコントロールは大きく異なってきます。

③リリースポイントを安定させる

コントロールを良くするにはリリースポイントを安定させる (101984)

3つめに野球のコントロールが良くなる方法は、リリースポイントを一定にすることも大切です。自分にとって一番力を入れやすいポイントを探して、そのタイミングでリリースすることを意識して投げるよう練習しましょう。

リリースポイントが安定させるためには、ボールをコントロールする腕や指先の感覚力をアップさせ微調節できることが大切です。ピッチャーの場合は、リリースポイントが一定になるように意識する中で、できる限り前でボールを離すことを意識しましょう。

リリースポイントが少しでもバッターに近くなれば、バッターはボールを見極めるのが難しくなります。

④リリース時の目線

4つめに野球のコントロールが良くなる方法は、リリース時の目線も意識するべきポイントで、投げたいコースを最後まで見るようにすることが重要です。

ピッチャーであれば、キャッチャーミットを最後まで見るようにすることで、安定した投球をすることが可能になります。投げ終わるまでキャッチャーミットに目線をおくことで、頭がブレずにボールを投げることができます。

投球のコントロールが悪い場合には、目線が下がって体がブレていないか意識してみましょう。

⑤キャッチャーミットに向けて投げる

コントロールを良くするにはキャッチャーミットに向けて投げる (101985)

5つめに野球のコントロールが良くなる方法は、ピッチャーがコントロールを乱さないためにピンチの場面こそキャッチャーミットに向けて投げることだけ意識していきましょう。

コントロールミスが許されない場面でも、シンプルに考えて投球することで、体をリラックスさせた状態で思い切ったボールを投げることが可能です。

ピンチの状況や大事な場面では、体に無駄な力が入ってしまいコントロールミスが起こりやすくなります。コントロールが乱れないためには、どのような場面であっても力み過ぎない工夫が必要だと言えます。

コントロールを良くする練習法

コントロールを良くする練習法 (101986)

コントロールが良くなるためには、どのような練習に取り組むのかで大きな差が生まれてきます。コントロールを向上させることが目的であれば、その目的に合った練習方法を考えることが最短の道です。

練習メニューの目的を考えずに取り組んでも、その練習によって得られる効果は半減されると言っても過言ではありません。投球のコントロールを良くするには、どのような練習方法が最適なのか考えていきましょう。

下半身の強化

コントロールを良くするには下半身の強化する (101987)

via コントロールを良くするには下半身の強化する
ピッチャーのコントロールを良くするために、スクワットなどの筋力トレーニングを行っていきましょう。下半身が強いピッチャーというのは、軸足や上体がブレることなく投球ができるため、ボールのコントロールが定まりやすいと言えます。下半身を鍛えることによって、投球フォームを安定させることが可能です。

下半身の中でも、特に大殿筋(お尻の部分)を鍛えることがコントロールアップにつながります。大殿筋を鍛えるトレーニングとしておすすめなのが、スクワットです。スクワットは多くの人にとって馴染みのあるトレーニングですが、大殿筋を含む下半身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。

ストラックアウト

コントロールを良くする練習方はストラックアウト (101988)

投球のコントロールが良くなる方法として、目標物を定めてボールを投げることが効果的です。目標の的をつくり、その的を狙って投げることで、体にボールをコントロールする感覚を覚えさせることができます。

的を狙って投げるゲーム、ストラックアウトも最適な練習になります。ストラックアウトとは、ボールを投げて狙った的に当てるゲームです。、ストラックアウトであればゲームを楽しみながらコントロールを磨くことが可能です。

ストラックアウトと言っても、市販されている商品を購入する必要はなく、壁に的を書くような方法でも十分に効果があります。

投手はコントロールを良くすることが大事!

Baseball Field Game - Free photo on Pixabay (98442)

投手というポジションで安定して活躍するためには、ボールをイメージ通りコントロールできることが重要です。

野球では球のスピードや球種の豊富さも重要ですが、失点しないためにはコントロールミスを最も注意しなければなりません。コントロールの良いピッチャーがいることで、チームを安定して勝たせることができると言っても過言ではありません。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。