Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. 大谷翔平の名言100選!...
大谷翔平の名言100選!MLBで大活躍の野球選手のかっこいい言葉・語録

大谷翔平の名言100選!MLBで大活躍の野球選手のかっこいい言葉・語録

大谷翔平は、2018年にメジャーリーガーとなった日本人プロ野球選手です。大谷翔平の名言は「やれるかやれないかではなくて自分次第」に代表されるように、メジャーリーグに挑戦する際にもピッチャーとバッターの両立をしています。また、大谷翔平は名言の中で、努力できることが自らの長所であると語っており、ライバルに勝つための努力の重要性を教えてくれます。

2022.08.16 野球

大谷翔平とは?

大谷翔平は、プロ野球選手で2012年にドラフト1位で北海道日本ハムファイターズから指名され、投手と打者を両立する「二刀流」の選手として2017年までプレーしました。2017年シーズンオフにメジャーリーグベースボール(MLB)のロサンゼルス・エンゼルスに移籍して、二刀流を武器に大活躍しています。
恵まれた体格と絶え間ない努力によって、メジャーリーグでは現代のベーブ・ルースと評価されています

大谷翔平のプロフィール

大谷翔平のプロフィール
氏名(ふりがな) 大谷翔平(おおたにしょうへい)
生年月日 1994年7月5日
身長 約193cm
体重 約102kg
ポジション 投手、外野手、指名打者
所属チーム ロサンゼルス・エンゼルス
タイトル 2015年:最多勝利、最優秀防御率
     最優秀勝率、ベストナイン
2016年:MVP、ベストナイン
2018年:新人賞
2021年:シーズンMVP

大谷翔平は、1994年7月5日岩手県水沢市で生まれ、花巻東高校卒業後に日本プロ野球入りをします。2012年のドラフト全体1位指名で北海道日本ハムファイターズに入団し、2013年3月にプロデビューを果たしました。身長が193cmで体重102kgと恵まれた体格であり、投手として登板して相手を抑えつつ、バッターでホームランを打ち、大谷翔平一人で試合を決定づけることができる稀有でかっこいい選手です。

大谷翔平の座右の銘

先入観は可能を不可能にする

大谷翔平の座右の銘は、母校の花巻東高校の佐々木洋監督が教えた格言です。従来の野球に対する先入観を超えることで、日本プロ野球だけでなくメジャーリーグでもピッチャーとバッターの二刀流として大活躍しています。思い込みをなくすことで、自らの壁を超えることができることを教えてくれる大谷翔平にとっては非常に重要な言葉です。

大谷翔平の名言100選

  •        
  •        
  •        
  •       
    

大谷翔平の名言は、常にチャレンジをして失敗を恐れないことを平易な言葉で伝えてくれるのが特徴です。記者との過去のインタビューにおいても、小学生でも理解できるようなわかりやすい言葉で、相手に伝わりやすような言葉を選んでいました。実現不可能と言われていることを実現しようとすることが納められた大谷翔平語録は、野球選手、他のスポーツ選手や社会人が恋愛の壁にぶつかった際においても、生き方のヒントを見出すことができます。

大谷翔平の二刀流の凄さがわかる名言

ピッチャーはゲームを作れるバッターはゲームを決められる

二刀流についていろいろ言われますが、言いたい人には言わせておけばいいし、自分がしっかりやっていればそれでいいのかなと思っています

二刀流について特に説明する必要はないと思っていました僕がそれを言ったところで議論が落ち着くわけでもないですし、それは結果で示すしかないかな

メジャー2年目はすべてのレベルを上げたいです怪我でピッチャーとしてはプレーできませんが、バッターとして結果を残しながらピッチャーとしてプラスになることを吸収できると思っているのでそれを再来年につなげたいと思っていますピッチャーとして元に戻るのではなく、さらに進化してまたマウンドに帰りたいと思います

ピッチャーはゲームを作れるバッターはゲームを決められる

非常識にできないことをやっていくそういうことをとても伝えていた気がします

駄目だったら(二刀流が)終わるっていうただそれだけの簡単なことだったので

なるべくできることは2つ平行しながらやるように心がけています例えばお風呂に入りながら本を読むですとか時間は限られているので

ピッチングにしてもバッティングにしても、自分の形をどれだけ高いレベルでできるのかなっていうところに楽しみがある

大谷翔平は高校生の時から二刀流であり、日本のプロ野球デビューとメジャーリーガーとなったときに、ピッチャーとバッターのどちらかに専念するべきだと言われていました。しかし、大谷翔平の「誰もやったことがないからやっている自分しかやっていないところに魅力があるそこに、自分にしか出来ない仕事があるんじゃないか」の名言のとおり自分の強みを生かし、結果で示しています。非常識を常識にできることを日本だけではなく、世界に伝えました。

大谷翔平のメンタルの名言

“緊張”と“楽しみな気持ち”が大体五分五分で釣り合っていると、良い精神状態で試合に臨める

誰かに勝ちたいと思ったことはない

成功しても、気持ちよく野球をやれていないと、意味がない

緊張しないようにしようとするとうまくいかないので、緊張している分だけ「今日の試合ではどのような発見があるのかな」とかプラスの要素をなるべくイメージする

活か負けるかの微妙なラインは「人間性」や「運」などの微妙なところで左右される

大谷翔平は、高校生の時に立てた目標達成表にもあるように「人間性・運」も重視していました。もちろん、投手として変化球や球速を追求するための体づくりや知識は着実に積み上げることも重要です。しかし、相手チームと実力が拮抗して試合に勝利できるか僅かな差になった場合は、野球の神様がほほ笑むか否かにかかっており、選手の日頃の行い次第です。大谷翔平も高校の監督に「ゴミは人が落した運。ゴミを拾うことで運を拾う。それが自分にツキを呼ぶ」と教えられてメジャーリーグでも続けていました。このプロフェッショナルな姿勢は、見習うべきと後輩選手の目標になっています。

大谷翔平のビジネスにも活きる名言

やりたいことができている試合は多いかなと思いますとくに長打は自分の持ち味なので、しっかり芯に当てれば、勝手にボールが飛んでいって、長打になってくれる

今年はうまくいかないことも血肉になる打席が多いと思います

栗山監督は僕がたいしたことない、まだ無名だった選手の時から僕の可能性を見てくれていましただから、すごく信頼はありましたねこの人なら大丈夫一緒にやりたいなっていう気持ちがどんどん出てきたって感じ

イラっときたら、負けだと思っています

誰もやったことがないから、自分しかやっていないから、「自分にしかできない仕事」が、もしかしたらそこにあるかもしれないから、だから、二刀流をやっていますどのジャンルにおいてもそういうのは魅力的です

怖さ、プレッシャーあっての楽しさ

(目標などは)思うより書いた方が実行できると思う

常識にとらわれたくない

万人共通のピッチングフォームは絶対にありませんし、僕の体が変われば僕のフォームが変わるのは当然のことですから、オフの間に体が変われば、フォームが変わってくるのは自分でわかっていました

「頭で最初に考えて、そして後からモノができる160キロ投げている姿があるそこに後からできる現実がある」

無駄な試合や無駄な練習というのはない

「壁」を乗り越えるきっかけとなるのは、技術だと考えています

頑張っても何年続けても結果がでないとうのは、練習の仕方

一番自分に期待しているのはやっぱり自分

僕は高校時代も野球日誌をつけていて、迷った露機は過去の日誌を振り返ることもありました

必ずこうあるべきだというのは考えていない

力を出し切れば数字は残る

自分で左右できないことは考えない

調子のいいときはこういう感覚でやっていた、悪かったときはこうだな、というのを擦り合わせていくと、答えが見えてきたりする

僕は何の実績もないただの新人なので、打ったり投げたりというところで示していくしかないと思ってます

大谷翔平はコロナウイルス拡大の影響で、無観客試合になった時に「たとえ無観客になったとしても、テレビで観るだけで胸が熱くなるプレーをすることはできる」と語っています。プロとして、とてもかっこいいです。先行き不透明なビジネスの世界においても、どうすることもできないことに打ちひしがれる時がありますが、大谷翔平の名言である「自分で左右できないことは考えない」をイメージすると、自分にできることを取り組んでいくための力が湧いてきます

大谷翔平のピッチャーの名言

160km/hの目標を掲げた時には「無理じゃないか」と言う声もあったが、そう言われると、絶対やってやるという気持ちになる刺激というか、やる気になる

真ん中めがけて投げています真ん中に行ってもそうそう打たれないんですから多少、バラけますしコースを狙ったら、ちょっと外れてボールになっちゃうかもしれない

自分で今日は調子がいいな、質が高いなと思った日に、コントロールよく行ったボールが打たれた記憶はありません

絶対的エースと言えるピッチャーがチームにひとりはいないと優勝は難しいと思いますし、そういうピッチャーでいたいというのはあります

球速を上げるためにトレーニングしていたのかと言われれば、そうじゃなくて、投手としての総合的な部分でそれが必要だなと思ったからそうしたのであって、球速を上げるためのトレーニングではなかったんですけどね、結果的に上がったなと

一見、技術的に衰えているというか、フォームがバラバラなように見えますけど、それは体が大きくなって肉体的なレベルが向上したから、そのレベルにフォームがまだついていなかっただけなんです

「自分が先に170キロを突破するんだ」と思っているこの方が、すごくいいんじゃないかな

僕だって165キロなんて夢のような数字できしたけど、出してしまえば、それが当たり前になった

周囲が無理だと言っても気にせず、自分の力を信じて投げ込んだ結果です

大谷翔平は、高校生3年生の岩手大会準決勝で初めて160kmのボールを投げることができました。高校生で160kmを投げることができたのは「周囲が無理だと言っても気にせず、自分の力を信じて投げ込んだ結果です」と大谷翔平のかっこいい名言にあるように、目標を立て、必ず成功すると信じて夢を描いて練習することで、夢は実現できることを証明しています。自分の可能性を信じて、努力すれば実現できるのだと粘り強く練習を続けた結果が出たことがわかります。

大谷翔平の体調管理の名言

野球以外になにをすることがあるのかなと思います食事も球場に用意されているので、それを食べることが多いですたまに外で食べることもありますが野球に集中できる環境があるというのはいいことじゃないかと思っています

(甘い物を)完全にやめることはできませんなので今は洋菓子より(油が少ない)和菓子を食べるようにしています粒あんよりも、こしあん派なので団子とかにしています

遠征で枕が変わっても寝られるし、移動の乗り物でもよく寝られるタイプ

オフの間にトレーニングして体も大きくなっていたんですけど、その間、僕はあんまり投げてなかったんです

フィジカルは野球をやる上で根本となる部分ですし、フィジカルで強さを出せないと納得のいく動きができませんだから30代後半になっても、20代を超えるフィジカルを作っていく気持ちは失いたくない

流行りの音楽なんて、ほとんど知りません野球のことばかり考えていました

野球が頭から離れることはないです

オフに入っても、常に練習していますもん休みたいとも思いません

特に欲しいものもないのでお金はたまっていく一方ですね

メジャーリーガー挑戦1年目の大谷翔平の体調管理の名言である「野球以外になにをすることがあるのかなと思います。(中略)野球に集中できる環境があるというのはいいことじゃないかと思っています」に代表されるように、プライベート・娯楽・食事の大半の欲求を抑えて、野球に費やしていました。どの分野においても一流を目指すために対価は必要であることを大谷翔平は教えてくれます。同世代が娯楽を楽しんでいる中で、ストイックに野球を追求する姿勢はとてもかっこいいです。

大谷翔平の努力の重要性を伝える名言

自分にプレッシャーをかけないと努力しないので一日一日重ねるたびに、足りないところが見えてきますどこまで野球が上手くなれるか、それを楽しみに頑張りたいと思います

ハードルが高すぎると目標が見えなくなっちゃうし、自分に届きそうで届いていない数字を目標にするのがベスト

必ずよくなると思ってやってきたので、不安はありましたけど、焦りはなかったですかね

自分の中で課題を消化するのが野球のおもしろさなのかなと思います

大谷翔平は生まれつき体格に恵まれていますが、努力の天才です。「一日一日重ねるたびに、足りないところが見えてきます。どこまで野球が上手くなれるか、それを楽しみに頑張りたいと思います」の大谷翔平の名言にもあるとおり、学生時代から努力することで着実にステップアップする自分に誰よりも期待しながら、努力を楽しんでいました。この名言は、努力が結果に結びつくと信じることをの重要性を伝えてくれます。

  • <        
  •        
  •        
  •       
    

大谷翔平のプロ意識の高さがわかる名言

自分に対する不安がなくなると、相手を抑えるためにどうすればいいのかというところに集中できるようになってきました相手と勝負できるようになったんです

僕はマイナス思考なんですよ良かった時より、悪かった試合の記憶のほうが残るだから弱点が見えたら、しっかり直して塗り潰したい気持ちが強いんです

生まれ変わっても普通に野球選手なんじゃないですかねプロ野球選手大谷翔平が一番しっくりくると思います

どんどんよくなっていく過程で結果が出て、結果的に良かったと思ってもらえるのが一番別に、僕がそこで何か説明しても、言い訳にしか聞こえないじゃないですか

プロの世界で毎年戦っていく中で1年1年の勝負が厳しいことを実感していますだからまず目の前のひとつひとつを確実に勝ち、前より良くしていくその中で、自然と先にある目標やビジョンが見えてくるのかなと言う気がします

真剣に僕のサインが欲しくて朝早くから来ている人もいますこれも仕事コントロールはできませんどうせなら高値で売れる選手になりたいです

オフに入るにあたり、改めて、やらなければならないと強く思ったことがあります技術的なレベルアップもしなければいけないので、手を抜いているヒマも、遊んでいるヒマもない

制限をかけて行動することは大事なのかなと思っています

今の僕の体は、まだ最低基準にも達してないと思っています

シーズン通してフルに戦うための体力もまだまだ足りなくて、先輩方と比べると明らかに体ができていないと感じました

野球をやめるその日まで強くなる

運転技術の未熟な人が、高性能のスポーツカーを運転してうまく操作できるのかって言われたら、すぐには難しいと思うんですそれと同じことで、技術の向上とは別に体力が上がっていくのは悪いことではないし、体力が上がるに越したことはない

目標を立てればいいのではなく、いかに目標に向かって真剣に取り組めるかも大切です

プロでは本当に一日一日が勝負の世界です今日の結果が明日にどう響くのかわからない

行い一つ、言葉一つ、身なり一つで変わる

1年1年が勝負の年だと思って、ダメだったらダメだったで来年につなげるのか、もう無理だと思ったら引退するのかそれくらい出し切る気持ちで毎年やることがまずは大事だと思っています

引退したときに振り返って、感傷に浸るのか、あるいは悔しがるのか、そのときになって何かを感じればいいのかなと……それまでは何も考えずに1年1年、出し切っていきたいと思っています

大谷翔平の「行い一つ、言葉一つ、身なり一つで変わる」という名言にあるように、大谷翔平は礼儀正しい選手で有名です。特に、日本プロ野球とメジャーリーグで球場のごみを拾うエピソードは注目を集めていました。ゴミを拾うことは小さな行為ですが、大谷翔平は自身のメンタルを安定させ、冷静にプレーするためのルーティンになっています。仕事や勉強においても、礼節を保つことでメンタルを安定させることに寄与できることを知れば、自ずと礼儀正しくすることのすばらしさを理解できます。

大谷翔平のチャレンジの名言

成功するとか失敗するとか僕には関係ないそれをやってみる事の方が大事

「(オトナに必要なものは、との問いに答えて)制限をかけて行動することは大事なのかなと思っています(中略)自分はここまでしかできないのかなと、憶測だけで制限をかけてしまうのはムダなことだと思います」

“誰もやった事がない事をやりたい”という気持ちがすごくあります

誰もやったことがないようなことをやりたい野茂英雄さんもそうですし、成功すれば高校からメジャーへという道も拓けると思う

誰かがやった後に続くんじゃなくて、誰かがやったことをやるんじゃなくて、その上をとにかく超えていく何か大事を成し遂げた人って、人々が無理だって不可能だって言ったことに対して「いや、できる」と思ったものが新しいものを作ってった

周りからは失敗に見えることでも、僕からしたら前へ進むための段階という場合があります決して、後ろに下がっているわけではない

自分の限界を作りたくない

できなかったことができるようになるのが楽しいんです

負けたからこそ「何でだろう」と考えます次につながる成長というでは負けた試合の方が有意義なのかもしれません

無理、絶対にできないといった限界を感じたことは一度もありません

すごい選手だなとは思っても、手が届かないと感じたことはありません

無理だと思われていることにチャレンジする方が、自分はやる気が出る

何事も自分の行動一つで変わっていく

常に進み続けていく、変化し続けていくっていうのは本当に大事

挑戦する方が失敗したとしても、本当に楽しい

大事にいくというより、思い切っていく

メジャーリーグ1年目の開幕前、イチローさんのご自宅に伺ってアドバイスを頂きました技術的なアドバイスも頂きましたが、「自分の才能、自分のやってきたこと、自分のポテンシャルをもっと信じたほうがいい」という言葉が一番自分が変わるきっかけになりました

大谷翔平は二刀流・球速160kmの通常では考えられないことを成し遂げて、成長し続けています。「無理、絶対にできないといった限界を感じたことは一度もありません」の名言が示すとおり、自分に限界を作っておらず、自分のスタイルを貫く強さが前人未到の記録を打ち立てて観客に感動を与えることに繋がっています。難易度の高い仕事に挑戦することはモチベーションを保つだけではなく、能力を伸ばすことに繋がることを教えてくれるかっこいい名言です。

モチベーションを高める名言

「二刀流」誰もやったことがないからやっている自分しかやっていないところに魅力があるそこに、自分にしか出来ない仕事があるんじゃないか

反骨心みたいなのは正直なかったですし、本当に純粋に自分がどこまでうまくなれるのかなっていうのを頑張れたところがよかったのかなと思います

好きなことを、より一層頑張れたら毎日良い1日になるんじゃないかなと思っています

今日は良かった、今日はここが悪かったとかが出てくるのは、幸せなことだと思っている

やれるかやれないかではなくて自分次第

悔しい経験がないと、嬉しい経験もない

無理だと思わないことが一番大事だと思います無理だと思ったら終わりです

大谷翔平のモチベーションを高める名言には、「今日は良かった、今日はここが悪かったとかが出てくるのは、幸せなことだと思っている」とあり何事も前向きに捉える重要性を学べます。
大谷翔平は自分にしかできない、好きなことをとことんやり、上手くいかない、悔しい経験をしたときは次の成功に繋げていました。さらに、成功に繋げることができるかは自分次第とも語っていました。大谷翔平は、とても前向きに物事を捉えることで、メジャーリーグでも二刀流を続けていることに成功しています。

大谷翔平の名言集から得られること

大谷翔平の名言から得られることは、失敗を恐れず常に変化とチャレンジすることを楽しむということです。大谷翔平は高校1年生の時に「球速160km・変化球・運・人間性・メンタル・体づくり・コントロール・キレ」という目標を立てて、高校卒業時には達成することができていました。今でもメジャーリーグで高い目標に挑んでいます。

人間は一般的に現状維持バイアスが働いて、変化を嫌うことが通説です。そして、チャレンジをしなくなりますが、大谷翔平が見せてくれている変化と諦めないチャレンジ精神を実践することで、人間は何歳になっても成長できることを教えてくれます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。