2020年5月10日 更新

大阪府の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介

高校の野球界において全国的に強豪校が揃う激戦区として知られる大阪。そんな大阪の中でも野球の強豪校として有名な学校が大阪桐蔭高校、履正社高校です。両校ともそれぞれ特徴のある指導方針を掲げており、良いライバル関係を築いて、さらに近大付属、大商大浪商、上宮高校が追いかけています。

32,258 view お気に入り 0

大阪の野球の強豪高校ランキング 第10位

大冠高校

【高校野球】大阪大会決勝 9回表 大冠 意地の猛追

国公私立 公立
所在地 大阪府高槻市大塚町4-50-1
選手権 0回
選抜 0回
主なOB選手 吉田大喜
大冠高校は、これまで選手権、選抜に出場した経験はありませんが、公立の雄として強豪校が揃う大阪府内において、上位校を脅かす存在となっています。練習設備も私立のような専用グラウンドがないなか、それでも公立の大冠高校を強豪校へ育て上げたのが東山宏司監督です。

東山監督は、公立で甲子園に行きたい、私立に負けるなという言葉を合言葉に、100人以上の部員を一人ひとり直接指導しています。加えて大阪で勝つには打力が必要だと、朝6時からの朝練にも付き添い、冬場は1日3000スイングをこなしています。

2017年の選手権大阪府予選では東海大仰星、上宮といった甲子園出場経験のある私立を破り、決勝では王者、大阪桐蔭を土俵際まで追い詰めましたが惜しくも敗れました。
・100人以上の部員をマンツーマンで個人指導
・大冠高校出身の初のプロ野球選手 ヤクルトスワローズ・吉田大喜

大阪の野球の強豪高校ランキング 第9位

東海大学付属仰星高校

 (130736)

国公私立 私立
所在地 大阪府枚方市桜丘町60-1-2580
選手権 0回
選抜 2回
主なOB選手 上原浩治/建山義紀/松坂健太
東海大仰星高校野球部は、これまで選抜に2回出場した経験をもつ強豪高校です。東海大仰星高校はラグビーやサッカーの名門高校としても知られていますが、野球部からはメジャーリーグでも活躍した上原浩治、建山義紀など蒼々たる選手を輩出しています。

東海大仰星高校は、固い団結力と堅い守備力、強力打線を武器に甲子園出場を目指しています。

とくに団結力は野球部だけではなく、学校全体のキャッチフレーズである Team仰星 をそのまま取り入れているもので、同級生、先輩後輩、先生と生徒など、年齢を超えたつながりを大切にし、高め合い、個の力を伸ばすことでクラブ間の結束が強めています。
・Team仰星の固い団結力
・堅い守備
・強力打線

大阪の野球の強豪高校ランキング 第8位

関西大学北陽高校

高校野球 2018年春季大阪大会準決勝 関大北陽 VS 初芝立命館

国公私立 私立
所在地 大阪府大阪市東淀川区新庄1-3-26
選手権 出場6回
選抜 出場8回(準優勝1回)
主なOB選手 長崎慶一/岡田彰布/榊原勝也/上田浩明/嘉瀬敏弘
関西大学北陽高校野球部は、これまで選手権に6回、選抜に8回出場して準優勝に1度輝いている大阪府内でも知られた強豪校です。1970年代には大阪府内の私学7強の一角として注目され、阪神タイガースやオリックスブルーウエーブで選手、監督として活躍した岡田彰布を筆頭に多くのプロ野球選手を輩出しきた名門校です。

近年では大阪桐蔭や履正社に甲子園への道を阻まれていますが、2016年の選手権予選では王者の大阪桐蔭を撃破し、2018年の春の大会では決勝まで進出しています。そんな関大北陽野球部が意識していることは切替の早さです。1日3時間前後の短い練習時間を効率よく使うため、切替をいかに俊敏にできるかをテーマにしています。
・阪神やオリックスで活躍した岡田彰布の母校
・短い練習時間を効率よく使うための切り替えの早さ

大阪の野球の強豪高校ランキング 第7位

上宮高校

⚾上宮 元木大介【高校野球】

国公私立 私立
所在地 大阪府大阪市天王寺区上之宮町3-16
選手権 出場1回
選抜 出場8回(優勝1回・準優勝1回)
主なOB選手 片平晋作/三木肇/黒田博樹/薮田安彦/中村豊/種田仁/元木大介/笘篠賢治/笘篠誠治/光山英和
上宮高校野球部は、これまで選手権に1度出場、選抜には8回出場して全国制覇1回、準優勝1回を誇る強豪高校で、これまでメジャーリーグで活躍した黒田博樹、薮田安彦、読売ジャイアンツで活躍した元木大介など数多くのプロ野球選手を輩出してきた強い高校です。

そんな上宮高校の強さの裏には猛将として知られる山上烈元監督の存在が大きくかかわっています。就任当初は現在のような恵まれた練習環境ではなく、さらに弱小でしたが、チームを強くするポイントとして、チームリーダー・ゲームリーダー・ムードリーダーという3つの種類のキャプテン制を設けることで、選手への負担を減らしながらチームをまとめてきました。
山上烈監督
1948年4月17日生まれ
指導歴:上宮高校~上宮太子高校

山上烈監督は、上宮高校野球部で投手兼外野手として活躍し、その後日体大に進学し、卒業後に保健体育教師として1971年に上宮高校に赴任し、同校野球部監督に就任します。弱小高校としてのスタートでしたが、就任10年目の1980年に選抜に初出場を果たし、上宮高校での通算成績は選抜6回出場、選手権に1回出場、上宮太子高校では春夏1回ずつ甲子園に出場しています。

大阪の野球の強豪高校ランキング 第6位

60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

和歌山県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介!

和歌山県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介!

和歌山県の高校野球の強豪校は全国的に見て名門は智辯和歌山高校です。8年連続で夏の甲子園に出場したこともあり、和歌山といえば智辯和歌山と言っても過言ではありません。 しかし待ったをかける高校が多数あり、2013年以降、力をつけている市立和歌山高校や和歌山東高校、古豪の箕島高校も負けじと打倒智弁和歌山を目標にして追いかけています。
Act | 48 view
東京都の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング8校!

東京都の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング8校!

東京都の軟式野球の強い中学校は、全国大会・都大会ともに実績がある上一色中学校と駿台学園中学校です。二強に追随する中学校は、東京都大会の常連で野球巧者の東海大菅生中学校・日大二中学校・立教池袋中学校です。2020年に都秋季大会で優勝した修徳中学校は、今後の活躍に注目が集まります。
sansirou | 190 view
広島県の野球の強豪高校とは?強さ順に7校をランキングで紹介!

広島県の野球の強豪高校とは?強さ順に7校をランキングで紹介!

広島県の野球の強豪高校は、全国優勝をしている広島商業高校と広陵高校が有名です。しかし、広島新庄高校や如水館高校など野球の強い高校が台頭し、広島県の勢力図に変化がみられています。広島県は、全国で通用する強豪校が多く、2020年までに4つの高校が全国制覇を果たしています。
mblue1974 | 667 view
大分県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介!

大分県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介!

大分県の高校野球の強豪校では、明豊高校、大分商業や津久見高校が有名です。中でも32年ぶりの優勝を果たした津久見高校が再び注目されています。全国的にみると大分県は甲子園での優勝回数が少なく、野球が強い県とはいえません。県内では強豪校が初戦で敗れることがあり、波乱が多い地区になります。
Anonymous | 1,019 view
山梨県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介!

山梨県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介!

山梨県の高校野球iには、東海大甲府高校と山梨学院高校の2強をはじめとし、私立校・公立校ともに甲子園でベスト4の成績を残す強豪校がいます。市川高校や東海大甲府高校は、ミラクル市川やPL学園といった強豪校の名勝負が山梨県勢高校野球史の伝説として語り継がれています。
21153114h | 647 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9