2021年11月10日 更新

石川県の野球が強い強豪高校とは?強さ順に5校をランキングで紹介!

石川県の野球が強い強豪校は、2000年以降から星稜高校と金沢高校、遊学館高校の強豪3強時代と言われていますが、星稜高校が頭1つ抜き出ている状況です。星稜高校は2度も甲子園準優勝の実績があり石川県外からも野球の強い選手が集まるたくさん層の強いチームで数々の名勝負を繰り広げています。

152 view お気に入り 0

石川県の野球の強豪校ランキング第1位

星稜高等学校

 (260019)

国公私立 私立
所在地 石川県金沢市泉本町3丁目111
春の選抜大会の成績 14回出場
ベスト8:1992年,1995年,2018年
夏の甲子園の成績 20回出場
準優勝:1995年,2019年
ベスト4:1976年,1991年
主なOB選手 松井秀喜(読売ジャイアンツ)
奥川恭輔(東京ヤクルトスワローズ)
星稜高校の野球部は、甲子園出場回数が34回と石川県で最も甲子園に出場し2回も準優勝を経験している名門高校です。名将山下智茂監督が2005年まで率いて甲子園でも数々の名勝負を繰り広げてきた全国区の高校で全国から選手が集まる層の厚いチームになります。

星稜高校は、メンタルコーチも存在し技術面だけではなくメンタルの強化に力を入れメンタルを鍛えることで大舞台でも活躍できる強い選手を育成しています。

石川県の高校野球を語ろう

石川県の高校野球を語るには、甲子園でも強豪の星稜高校を外すわけにはいきません。星稜高校は日本を代表するプロ野球選手の松井秀喜選手を輩出したり甲子園でも数々の名勝負を繰り広げてきました。甲子園では準優勝止まりで優勝はできていませんが、人々の記憶に残る名勝負や未だに語り継がれる名シーンを数多く残し今後優勝を期待させてくれる学校です。

1979年夏の甲子園 星稜vs箕島

第61回大会で対戦した星稜と簑島の試合は、延長18回までもつれ込んだ高校野球史上最高の試合と言われています。星稜高校は、延長で2度も勝利目前まで追い込みますが16回の守備では打ち取ったボールを1塁手が転倒しアウトを捕れず、直後に本塁打を打たれる奇跡的な展開が起ります。最後は延長18回の最終回に簑島にサヨナラヒットを打たれ星稜高校は破れてしまいますが今でも語り継がれる最高の試合です。

1992年夏の甲子園 星稜vs明徳義塾

第74回大会で対戦した星稜と明徳義塾の試合は、当時の大注目選手であった星稜の松井秀喜に対し5打席連続で敬遠し松井選手は1度もバットを振ることなく星稜は敗北してしまいました。試合後には、マスコミでも大きく取り上げられ社会現象となり高校野球での勝つことが全てとされている勝利主義に対して議論を呼ぶ展開となっています。

2014年石川県大会決勝 星稜vs小松大谷

2014年の石川県大会の決勝戦は星稜が奇跡の大逆転勝利を収めて甲子園の切符を獲得した試合です。星稜高校は対戦相手の小松大谷に8点のリードを許し9回まで0点に抑えられ誰もが負けを覚悟していた絶対絶命のなかで9回裏の最後の攻撃で9点を奪い8点差をひっくり返して奇跡的な大逆転勝利を収めます。星稜高校は最後だからみんなで楽しもうと声を掛け合い最後の最後まで試合を楽しんだことで掴んだ勝利となりました。

2019年夏の甲子園 星稜vs履正社

2019年の101回大会は24年ぶりに決勝に立った星稜高校と大会トップクラスの打線を誇る強豪の履正社との対決となります。星稜高校は1995年以降3回戦を突破することができませんでしたが、奥川恭伸と山瀬慎之助のバッテリーを擁して決勝戦までたどり着きます。決勝戦は、逆転された星稜が7回裏に同点に追いつくも最後は逆転で敗れ星稜は準優勝となりますが、共に初優勝を掛けた戦いは記憶に残る名勝負となりました。
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

宮城県の野球が強い強豪高校とは?強さ順に5校をランキングで紹介!

宮城県の野球が強い強豪高校とは?強さ順に5校をランキングで紹介!

宮城県の高校野球は、全国区の知名度を持つ仙台育英と東北高校の2校が強豪校で、野球が強い2校を他校が追いかけて激しい代表校争いがおこなわれています。2021年には東北学院高校が優勝して甲子園に初出場するなど、宮城県の野球の強い強豪校として注目を浴びています。
静岡県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

静岡県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

静岡県の軟式野球の強い中学校は、全国大会常連校の東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部、2019年全日本少年春季大会と全国中学校軟式野球大会に出場を果たした竜爪・西奈中学校が挙げられます。その他にも県大会の常連校金谷中学校や常葉大学附属橘中学校の活躍もあり、層が厚いところが魅力です。
和歌山県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介!

和歌山県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介!

和歌山県の高校野球の強豪校は全国的に見て名門は智辯和歌山高校です。8年連続で夏の甲子園に出場したこともあり、和歌山といえば智辯和歌山と言っても過言ではありません。 しかし待ったをかける高校が多数あり、2013年以降、力をつけている市立和歌山高校や和歌山東高校、古豪の箕島高校も負けじと打倒智弁和歌山を目標にして追いかけています。
Act |
東京都の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング8校!

東京都の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング8校!

東京都の軟式野球の強い中学校は、全国大会・都大会ともに実績がある上一色中学校と駿台学園中学校です。二強に追随する中学校は、東京都大会の常連で野球巧者の東海大菅生中学校・日大二中学校・立教池袋中学校です。2020年に都秋季大会で優勝した修徳中学校は、今後の活躍に注目が集まります。
広島県の野球の強豪高校とは?強さ順に7校をランキングで紹介!

広島県の野球の強豪高校とは?強さ順に7校をランキングで紹介!

広島県の野球の強豪高校は、全国優勝をしている広島商業高校と広陵高校が有名です。しかし、広島新庄高校や如水館高校など野球の強い高校が台頭し、広島県の勢力図に変化がみられています。広島県は、全国で通用する強豪校が多く、2020年までに4つの高校が全国制覇を果たしています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro0716 hiro0716