Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. 熊本県の軟式野球の強い中...
熊本県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

熊本県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

熊本県の軟式野球の強い中学校は全国中学校軟式野球大会に4回出場した鏡中学校や全日本少年春季大会出場の合志中学校です。熊本県の中学校は都道府県別で全国中学校軟式野球大会に15回出場しています。熊本県内の大会では、公立、私立入り乱れて優勝校が変わる情勢です。

2021.12.16 野球

熊本県の軟式野球の強さとは?

熊本県の中学校は、全国中学校軟式野球大会に都道府県別で15回の出場、優勝回数が3回の強豪です。熊本県の中学校は所在地別に熊本市、宇土地区、八代地区、天草地区、球磨郡地区、菊池地区、合志地区ほかで毎年、各大会が行われ各校がしのぎを削っています。

熊本県は戦前から野球の盛んな地域で全日本少年春季軟式野球大会や熊本キャッスルライオンズ旗少年軟式野球大会で覇権を競い県勢がレベルアップしています。

熊本県の軟式野球の情勢

熊本県キャッスルライオンズ旗大会 熊本県全日本少年春季大会
2016年 託麻中学校 帯山中学校
2017年 九州学院中学校 三和中学校
2018年 九州学院中学校 荒尾J.BBC
2019年 長峰中学校 鶴城中学校
2020年 中止 中止
2021年 白川中学校 合志中学校
熊本県の中学野球の情勢は、公立中学校を中心に私学やクラブチームが割って入る群雄割拠の様相を呈しています。

直近の6年で熊本県キャッスルライオンズ旗大会で九州学院中学校の2連覇があるだけであとはいずれも違う学校が優勝しています。熊本は主だった大会で多くの試合が各地区に均等に組まれました。各校が切磋琢磨する状況が、熊本県の中学野球の情勢です。

熊本県の中学野球の大会

熊本県の中学野球は熊本県軟式野球連盟が主催する各大会に出場して試合を行います。中学野球の対象になる主な大会は以下の5つになります。
大会名 熊本県大会 九州大会 全国大会
九電旗大会兼全日本大会予選 5月 7月 8月
RKK旗選抜少年軟式野球大会 5月 なし なし
中体連 7月 なし 8月
全日本少年春季県予選大会 10月 11月 3月
熊本県群市選抜軟式野球大会 11月 なし なし
熊本県の中学校は各大会の予選を勝ち進み熊本県大会を突破して九州大会を目指します。九州大会の1位、2位校が全国大会の切符を手にします。熊本県の中学野球は主だった大会が複数あり3年生の引退まで各大会に挑む構図です。

熊本県の中学野球のボーイズリーグ情勢

熊本県の中学野球に相当するボーイズリーグは全国的にみても強いクラブが揃います。荒尾J.BBCは全日本少年春季大会の第9回大会に出場し見事に1勝しました。熊本県のボーイズリーグのクラブは元球児の方たちが誠心誠意、中学生たちに指導し将来の野球の進路を切り開いています。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第10位

八代第六中学校

 (245087)

国公私立 公立
所在地 熊本県八代市水島町2065-4 
全日本少年春季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 第17回大会(1995年):優勝
全日本春季少年軟式野球熊本県大会 2019年:初戦敗退
主なOB選手 なし
八代第六中学校は1995年の第17回全国中学校軟式野球大会に初出場初優勝を遂げた名門中学校です。野球部は1947年創立時から活躍し県内の強豪校となりました。生徒たちは学校の教育方針である、種目を通した人づくりの精神をモットーにしながら熊本市内の強豪校との練習試合を多く積んで実力を蓄えています。

他の運動部同様、週2回は休養日を設け学校生活の充実を最優先にする姿勢が六中野球部です。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第9位

京陵中学校

 (238536)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
国公私立 公立
所在地 熊本県熊本市中央区京町1-14
全日本少年春季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 なし
全日本少年軟式野球熊本市大会 2019年:ベスト8
主なOB選手 河田寿司
京陵中学校はまだ大きな大会の出場はありませんが、2019年と2018年の熊本キャッスルライオンズ旗大会西部地区予選は2年連続優勝、2019年の熊本市中体連大会で優勝し、熊本県の強豪校の仲間入りを果たしています。
校庭は他の運動部との調整で週に4回しか使えません。練習時間を効率よく使って教育目標に掲げられた、一生懸命はカッコイイ、をキャッチフレーズに頭角を現してきた学校です。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第8位

長嶺中学校

 (245089)

国公私立 公立
所在地 熊本県熊本市東区長嶺南7-21-40
全日本少年春季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 なし
熊本キャッスルライオンズ旗少年軟式野球大会 2019年:優勝
主なOB選手 村上崇隆
長嶺中学校は2019年の熊本市中体連大会に優勝、2017年の熊本市中学生軟式野球大会で準優勝、2021年の同大会でベスト4まで進出している熊本市内の強豪校です。

同校はプロ野球ヤクルトスワローズの主砲・村上崇高選手の出身校です。学校創設が1991年とまだ歴史が浅いですが広いグラウンドと専用野球場を持っていて週に5回の練習日を設け、熊本県内の強豪校の仲間入りをしました。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第7位

託麻中学校

 (245092)

国公私立 公立
所在地 熊本県熊本市南区出仲間6-4-1
全日本少年春季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 第32回大会(2010年):初戦敗退
熊本キャッスルライオンズ旗少年軟式野球大会 2019年:初戦敗退
主なOB選手 なし
託麻中学軟式野球部は2010年の全国中学校軟式野球大会に出場した強豪校です。2017年の熊本県キャッスルライオンズ旗大会では準優勝した実力校です。

託麻中野球部の強さは基本に忠実なプレーに徹っする試合スタイルとチームワークです。正確なスローイングを目指すためキャッチボールのような地味な練習を繰り返し、試合中はミスをした選手を皆で盛り立てカバーし合います。スタンドプレーを排除した団結心が持ち味です。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第6位

八代第二中学校

 (245096)

国公私立 公立
所在地 熊本県 八代市 上日置町2248-1
全日本少年春季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 第2回大会(1980年):初戦敗退
全日本少年春季熊本県大会 2017年:2回戦敗退
主なOB選手 なし
八代第二中学校は1980年の第2回全国中学校軟式野球大会に出場した名門校です。惜しくも1点差で初戦敗退しましたが2017年春季大会八代地区予選を勝ち上がって県大会に出場するなど県内では野球の強い学校です。

学校は1年生に部活を必須とし、文武両道の教育方針と部活に熱心な顧問の指導の成果で八代第二中学校野球部は高いレベルを保っています。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第5位

一の宮中学校

 (245097)

国公私立 公立
所在地 熊本県阿蘇市一の宮町宮地1669-2
全日本少年春季大会 第4回大会(2013年):ベスト8
全国中学校軟式野球大会 なし
九電旗少年軟式野球熊本県大会 2019年:初戦敗退
主なOB選手 なし
一の宮中学校は2013年開催の第4回全日本少年春季大会に出場し、2勝してベスト8に進出した名門校です。2019年の県九電旗大会では優勝した学校と初戦に当たり惜しくも2点差で敗退しました。

野球部の練習時間は長くても3時間までで3日連続を超えない配慮がされています。学校が阿蘇市のため熊本市内の学校との練習試合はあまり組めませんが効率よい練習と親善試合を通して守り勝つ野球を磨いています。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第4位

九州学院中学校

 (245098)

国公私立 私立
所在地 熊本県熊本市中央区大江5-2-1
全日本少年春季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 第31回大会(2009年):2回戦敗退
熊本キャッスルライオンズ旗少年軟式野球大会 2019年:準優勝
主なOB選手 園川一美 柳田真宏
九州学院中学校の野球部は2009年の第31回全国中学校軟式野球大会に出場して1勝した野球の強豪名門校です。2019年の全日本軟式野球熊本市大会に優勝、キャッスルライオンズ旗大会も準優勝し強豪校の名に恥じない活躍ぶりです。

野球部には県外からも九州学院に憧れて入学してくる生徒も多く、高校部と同じ施設を練習に使えるメリットもあり高校生部員との交流を通し、たくさんの刺激を得て実力を磨いています。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第3位

鶴城中学校

 (245099)

国公私立 公立
所在地 熊本県宇土市新小路町151
全日本少年春季大会 第10回大会(2019年):初戦敗退
全国中学校軟式野球大会 第41回大会(2019年):ベスト8
九電旗少年軟式野球熊本県大会 2019年:ベスト8
主なOB選手 島田海史
鶴城中学校は県内で全日本少年春季大会と全国中学校軟式野球大会に2020年まで唯一、ダブル出場していた学校で2019年の全国中学校軟式野球大会は2勝してベスト8に進出しました。

鶴城中学校は野球部に限らずスポーツが活発で女子ハンドボール部や相撲部も全国大会レベルの実力をもっています。野球部の卒業生は宇土市から熊本市内の野球の強豪名門校、熊本工業高校に入学する生徒が毎年います。県下有数の強豪校です。

鶴城中学校強さの秘訣

鶴城中学校の野球部の強さの秘訣は、他の地域や中学校と異なり一学年で200名以上の生徒が集まるところです。その中には強豪といわれる熊本宇城ボーイズを始め鶴城中のある宇土市に10近くあるクラブチームの所属選手が含まれます。

宇土市は小学校低学年時からクラブチームに所属して野球を楽しみ上達する風土があります。入部する生徒はボーイズリーグで野球を経験した生徒が多いため、強いチームが毎年できる系譜が続きます。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第2位

合志中学校

 (239217)

国公私立 公立
所在地 熊本県合志市豊岡955
全日本少年春季大会 第12回大会(2021年):9月開催予定
全国中学校軟式野球大会 第35回大会(2013年):ベスト8
九電旗少年軟式野球熊本県大会 2019年:ベスト8
主なOB選手 なし
野球部は2013年の全国中学校軟式野球大会に初出場を果たしベスト8まで勝ち進み、全日本少年春季大会は2021年に念願の初出場を果たしました。

合志中学校は小中一貫教育校で部員は小学部時代から顔なじみなのでチームワークは抜群です。合志市は少年野球クラブも多く部員も小学部の時からクラブに加入して野球の腕を上達させました。しかし部員は野球一辺倒ではなく練習後に塾に通い文武両道の姿勢を貫いています。

合志中学校の強さの秘訣

合志中学校の強さの秘訣は監督、保護者、生徒間の緊密なつながりと自主性で野球を楽しく行っている点です。

合志中学校野球部は上下関係の非合理さを取り除いて野球を楽しく取り組む姿勢が徹底されています。試合ではミスをしても皆で励まし合いピンチでも笑顔を忘れません。指導する先生も古い価値観で生徒を縛る指導を排除し、部員たちも野球に偏らず自主的に塾に通って強制されない文武両道に徹する生活を送っています。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第1位

鏡中学校

 (238769)

国公私立 公立
所在地 熊本県八代市鏡町内田1038-1
全日本少年春季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 第1回大会(1979年):初戦敗退
第4回大会(1982年):準優勝
第15回大会(1993年):初戦敗退
第17回大会(1995年):初戦敗退
全日本春季少年軟式野球熊本県大会 2019年:初戦敗退
主なOB選手 なし
鏡中学校は全国中学校軟式野球大会に4度出場して準優勝1回を達成しています。熊本県下で同大会に複数回出場した学校は鏡中学校だけです。

鏡中学校野球部は月曜日を除く全ての曜日を練習にあて、グラウンドも運動部と調整しながら毎週確保しています。野球が大好きになる、をモットーにミスをした選手は励まし合い好プレーをした選手は全員で讃え合うフェア精神で県内有数の強豪校となりました。

鏡中学校の強さの秘訣

鏡中学校野球部の強さの秘訣は、監督、コーチ、保護者、部員の一体となった部の団結にあります。練習試合に父兄の方々に審判や会場設営を手伝ってもらい父兄と選手の距離を近くしています。ナイスプレーを直接見てもらい褒めてもらえることは野球が上手くなる近道です。

挨拶や礼儀、道具を大切に扱う指導で感謝の気持ちも育みます。1人ではできないことを団結力でカバーしていく指導が鏡中学校の強さの秘密です。

熊本県の軟式野球が強い学校を語ろう

 (238827)

熊本県の野球が強い中学校は公立を中心に県下にまんべんなく点在しています。熊本県の学校は全国中学校軟式野球大会の第1回大会を皮切りにして3年連続出場、通算15回の出場回数を誇ります。優勝こそありませんが準優勝1回をはじめ出場した大会は好成績を収めてきました。

熊本県の中学校は三和中学校や八代第一中といったランキングに入らなかった強い学校がまだまだあります。県内の大会も優勝校が毎年変わると予想されます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。