2021年6月23日 更新

熊本県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

熊本県の軟式野球の強い中学校は全国中学校軟式野球大会に4回出場した鏡中学校や全日本少年春季大会出場の合志中学校です。熊本県の中学校は都道府県別で全国中学校軟式野球大会に15回出場しています。熊本県内の大会では、公立、私立入り乱れて優勝校が変わる情勢です。

900 view お気に入り 0

熊本県の軟式野球の強さとは?

熊本県の中学校は、全国中学校軟式野球大会に都道府県別で15回の出場、優勝回数が3回の強豪です。熊本県の中学校は所在地別に熊本市、宇土地区、八代地区、天草地区、球磨郡地区、菊池地区、合志地区ほかで毎年、各大会が行われ各校がしのぎを削っています。

熊本県は戦前から野球の盛んな地域で全日本少年春季軟式野球大会や熊本キャッスルライオンズ旗少年軟式野球大会で覇権を競い県勢がレベルアップしています。

熊本県の軟式野球の情勢

熊本県キャッスルライオンズ旗大会 熊本県全日本少年春季大会
2016年 託麻中学校 帯山中学校
2017年 九州学院中学校 三和中学校
2018年 九州学院中学校 荒尾J.BBC
2019年 長峰中学校 鶴城中学校
2020年 中止 中止
2021年 白川中学校 合志中学校
熊本県の中学野球の情勢は、公立中学校を中心に私学やクラブチームが割って入る群雄割拠の様相を呈しています。

直近の6年で熊本県キャッスルライオンズ旗大会で九州学院中学校の2連覇があるだけであとはいずれも違う学校が優勝しています。熊本は主だった大会で多くの試合が各地区に均等に組まれました。各校が切磋琢磨する状況が、熊本県の中学野球の情勢です。

熊本県の中学野球の大会

熊本県の中学野球は熊本県軟式野球連盟が主催する各大会に出場して試合を行います。中学野球の対象になる主な大会は以下の5つになります。
大会名 熊本県大会 九州大会 全国大会
九電旗大会兼全日本大会予選 5月 7月 8月
RKK旗選抜少年軟式野球大会 5月 なし なし
中体連 7月 なし 8月
全日本少年春季県予選大会 10月 11月 3月
熊本県群市選抜軟式野球大会 11月 なし なし
熊本県の中学校は各大会の予選を勝ち進み熊本県大会を突破して九州大会を目指します。九州大会の1位、2位校が全国大会の切符を手にします。熊本県の中学野球は主だった大会が複数あり3年生の引退まで各大会に挑む構図です。

熊本県の中学野球のボーイズリーグ情勢

熊本県の中学野球に相当するボーイズリーグは全国的にみても強いクラブが揃います。荒尾J.BBCは全日本少年春季大会の第9回大会に出場し見事に1勝しました。熊本県のボーイズリーグのクラブは元球児の方たちが誠心誠意、中学生たちに指導し将来の野球の進路を切り開いています。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第10位

八代第六中学校

 (245087)

国公私立 公立
所在地 熊本県八代市水島町2065-4 
全日本少年春季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 第17回大会(1995年):優勝
全日本春季少年軟式野球熊本県大会 2019年:初戦敗退
主なOB選手 なし
八代第六中学校は1995年の第17回全国中学校軟式野球大会に初出場初優勝を遂げた名門中学校です。野球部は1947年創立時から活躍し県内の強豪校となりました。生徒たちは学校の教育方針である、種目を通した人づくりの精神をモットーにしながら熊本市内の強豪校との練習試合を多く積んで実力を蓄えています。

他の運動部同様、週2回は休養日を設け学校生活の充実を最優先にする姿勢が六中野球部です。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第9位

京陵中学校

 (238536)

国公私立 公立
所在地 熊本県熊本市中央区京町1-14
全日本少年春季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 なし
全日本少年軟式野球熊本市大会 2019年:ベスト8
主なOB選手 河田寿司
京陵中学校はまだ大きな大会の出場はありませんが、2019年と2018年の熊本キャッスルライオンズ旗大会西部地区予選は2年連続優勝、2019年の熊本市中体連大会で優勝し、熊本県の強豪校の仲間入りを果たしています。
校庭は他の運動部との調整で週に4回しか使えません。練習時間を効率よく使って教育目標に掲げられた、一生懸命はカッコイイ、をキャッチフレーズに頭角を現してきた学校です。

熊本県の軟式野球の強い中学ランキング第8位

長嶺中学校

 (245089)

国公私立 公立
所在地 熊本県熊本市東区長嶺南7-21-40
全日本少年春季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 なし
熊本キャッスルライオンズ旗少年軟式野球大会 2019年:優勝
主なOB選手 村上崇隆
70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【栃木県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

【栃木県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

栃木県のサッカー強豪中学校は2017年と2016年の中学総体で優勝し、2019年の新人戦サッカー大会で優勝している氏家中学校です。次いで2018年の中学総体で優勝している西那須野中学校、2015年から2018年まで連続でベスト4入りしている今市中学校や2019年の中体連で優勝している宮の原中学校が強く、優勝争いを演じています。
【岡山県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

【岡山県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

岡山県のサッカー強豪中学校は2019年と2018年岡山県中学総体で優勝している総社東中学校です。次いで2019年の岡山県サッカー新人戦大会で優勝している操南中学校や2017年に中学総体で優勝している福浜中学校が強く、県大会で優勝を争っています。
【京都府】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

【京都府】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

京都府の中学サッカーは木津南中学校が頭一つ抜けた存在で、中体連、新人戦の優勝候補の筆頭です。府大会優勝経験のある太秦中や修道院中学、神川中が王座奪還を狙っています。中体連京都府大会では毎年ベスト8の顔ぶれが変わるためどの中学校が勝ち上がるか予測が立ちません。
【茨城県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

【茨城県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

茨城県の中学サッカーは鹿島中学校の1強体制で、中体連、新人戦の優勝候補の筆頭です。2018年の中学総体県大会では御所ケ丘中学が優勝し全国大会ベスト8入りしています。茨城県の中学サッカーのレベルは年々上がっており、県大会優勝と関東大会出場争いは激化しています。
【長崎県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

【長崎県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

長崎県のサッカーが強い中学校は、2018年から長崎県中学校新人大会で3連覇している私立の長崎南山中学校です。次いで公立の島原市立第一中学校と私立海星中学校のサッカー部が強く、ライバルである長崎南山中学校の大会連覇を阻止するため日々の厳しい練習を重ねています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous