Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. 星野仙一の名言50選!監...
星野仙一の名言50選!監督にもなった愛され野球選手のかっこいい言葉・語録

星野仙一の名言50選!監督にもなった愛され野球選手のかっこいい言葉・語録

星野仙一は、闘争心溢れるピッチングで巨人キラーの異名を持ち、一球入魂の勝負の世界で培われた名言を多く残している野球選手です。星野仙一は、男気が強く負けることが大嫌いな性格で、常に自分自身を鼓舞し続けたかっこいい名言は、困難に直面したときや決断を迫られたときの確かな道標になります。

2021.12.16 野球

星野仙一とは?

 (255996)

星野仙一は、ドラフト会議で巨人からの1位指名の約束を反故にされて中日ドラゴンズに入団し、巨人戦では闘争心を前面に押し出したピッチングで巨人キラーの異名を取った男気のあるかっこいい野球選手です。現役引退後は、中日・阪神・楽天の3球団の監督でリーグ優勝し、北京オリンピックでは日本代表監督に就任しました。

現役時代は燃える男、監督時代は闘将と呼ばれ、野球ファンを魅了し2018年に70歳で没しています。

星野仙一のプロフィール

氏名 星野仙一
生年月日 1947年1月22日 
没年月日
2018年1月4日/70歳没
身長体重 180cm/80kg
ポジション 投手
所属チーム 中日ドラゴンズ
監督 中日ドラゴンズ
阪神タイガース 
北京オリンピック日本代表
東北楽天ゴールデンイーグルス 
表彰 沢村栄治賞
野球殿堂エキスパート部門
星野仙一は、1974年にエースの働きで中日を優勝に導き、生涯通算成績は146勝121敗34セーブの負けん気溢れるかっこいい投手です。1965年から1973年までの巨人V9時代の長嶋茂雄との対決は、常に全力投球の攻撃的な投球で通算対戦成績打率2割3分4厘と抑え込み、多くの名勝負や名言を残しています。

星野仙一は2017年に、プロ野球の発展に大きく寄与した人物を顕彰する野球殿堂入りを果たしています。

星野仙一の座右の銘

迷ったときは、前に出ろ!
星野仙一の座右の銘は、自身の著書のタイトルになったこともある、迷ったときは、前に出ろです。2002年に4年連続最下位の阪神の監督に就任するときも、2011年に新興球団でBクラスの常連だった楽天の監督の要請を受けたときも、最後は座右の銘に背中を押されて進路を決めています。

星野仙一の座右の銘からは、不安を抱えながらも、一歩前に進んで道を切り開くことを選ぶチャレンジ精神旺盛な生きざまが見えてきます。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

星野仙一の名言50選

星野仙一のかっこいい名言は、スポーツだけでなく、仕事、恋愛、勉強に通じる示唆に富んだことばが多くあり、目標に向かって努力していくときにモチベーションを高めてくれます。

名言や格言・語録に含まれるエピソードからは、生まれながらの天才ではなく、ひた向きな努力から成功を治めたことが分かり、困難なことに直面しても最後まで諦めない気持ちが大切なことが分かります。

努力の名言

当たり前の事を当たり前にやるだけ、ただし本気で
どんな時でも過去ではなく、未来をイメージし続けよう。そのためにも、目標に少しでも近づけることを、どんな時でも確実にやっていこう。その積み重ねが後になって必ず役に立ってくる
夢を夢とするなかれ
やるべきことだと思っていることを、本気になってやっていかなければ自分の人生も、何ひとつ変わっていきはしない。本気か、本気でないのかが人生の分かれ道だ
振り向かない。 だってうしろに夢ないもん
夢は見るものではない、実現させるための目標である。その為に、今何をすべきかを冷静に考えて、できることはすぐに行動する
迷ったら前へ。苦しかったら前に。つらかったら前に。後悔するのはそのあと、そのずっと後でいい
とにかく選手がひたむきだったよな。1つ勝つのに貪欲だったし、その積み重ねが最終的に実を結んだんだと思う
努力の名言は、変えることのできない過去を思い悩むのではなく、可能性のある未来をイメージし、目標に向かって努力を積み重ねる大切さを教えてくれます。

星野仙一は生まれる前に父親を亡くし、決して恵まれた環境の中で育ちませんでしたが、子どもたちのために懸命に働く母親の背中を見て育ち、日々の努力の積み重ねを継続することが夢の実現につながることを学んでいます。

男気の名言

 (255995)

弱気は相手を強気にさせる、弱気は強気に押し切られる、強気は弱気を制していく、強気は強気を押し退ける
弱い者がいたら助けてやるのが、名古屋の男じゃないか
探し物をしています。魂を見かけた方はご連絡下さい
厳しさ7割、優しさ3割。これが本当の愛情なのだと思う
ワシはな、何と言うか完成されたチームを任されるのはいやなんや。中日の時もそうやった。戦力を整備して、チームを立て直す。これに快感を覚えるんや
弱いチームを引き受けるのは男のロマン
レアルって、野球に例えると、巨人だろ? 強いところへ行って勝ってどうすんの
当時の巨人は、王さん、長嶋さんはじめ、すごいバッターばかり。俺がジャイアンツ・キラーだと言われたのは、打てるなら打ってみろと目いっぱい腕を振って投げたからだ
過去のことは話し合った瞬間に忘れてやるのが人間関係
名誉ある賞をいただき、野球をやってきてよかった。これからは打倒巨人とか、楽天のことだけ考えていてもダメ。プロ、アマ問わずに野球界全体を発展させていきたい
男気の名言からは、強者には闘争心を前面に押し出して戦い、弱者には手を差し伸べる男らしい覇気のある心意気が伝わってきます。

星野仙一は、中学時代に下級生をいじめる上級生5人を1人でやっつけるほど、負けん気の強さや弱いものに対する優しさを持ち合わせていました。明治大学では、厳しい指導で有名だった島岡吉郎監督から、魂を込めて誠の心で野球に取り組むことを徹底的に仕込まれています。

監督の名言

勝ちたいんや
60数年のこのドラゴンズの歴史の中で、私ほどドラゴンズファンに愛された男はいないと自負しております
楽天のファンがこんなにいるとは思わなかった。本当にライトスタンドが満員で。これ仙台にも来てよ。本当にみなさんのね、この熱い熱い応援が、どれだけ力になるか、本当にありがとう
監督は孤独を愛さないといけないし、ストレスも愛さないといけない。そんなネガティブなものに対してお友達にならないと駄目なんです
あー、しんどかった。選手がファンの夢をかなえてくれた。縦じまで、この甲子園で、みんなの前で胴上げされたかった
東北の子供たち、全国の子供たち、そして被災者のみなさんにこれだけ勇気を与えてくれた選手、褒めてやってください!
コーチがいないときに、監督である私が選手に直接指導すると、選手はコーチの言うことを聞かなくなる。この信頼関係が崩れると、必ず崩壊の道を歩む
野村さんは阪神での3年間、弱者が強者に勝つ野球というものを標榜されていたそうだが、私の場合は弱者を強者にする野球だ
星野監督よく我慢しましたね、じゃない。選手が監督を我慢させるモノを持っているんだよ
監督の名言からは、勝負の世界で勝つことに拘り続け、野球を通して多くの人に夢や感動を与えることを信念に生きて来た野球人の熱い想いが分かります。

星野仙一は2013年に東北楽天の監督で、宿敵巨人を倒して念願の日本シリーズを制した優勝インタビューでは、東北楽天の優勝は東北を、日本中を勇気付けるものになったに違いないと、東日本大震災で傷ついた方々に向けて力強い言葉を残しています。

指導者の名言

人を愛せ。人を信じよ。人を生かせ。人を褒めよ
軽口もコミュニケーションなんです。選手に常に見られているぞ、という意識を持たせないと駄目なんです
選手がやるべきことをやらなかった時、私は鬼になります
強いものが勝つのではない。勝ったものが強いのだ
不平等な世界だからこそ、ひいきされるような選手になれ
私は技術的なミスに対してはまず怒らない。基本的なものの考え方やメンタルなミスを怒るのです。技術的なミスは、やり直せ、反復しろでいい。つまり、汗をかくことで矯正できるのである
今の選手は叱られ慣れてないから叱れない。叱ることも愛情なんだがな。時代だよ、時代
すべては幼児教育なんだよ。親が、ちゃんと教育せい!学校にいるより、家にいる時間の方が長いんだよ?いじめない子供に育てるのもそうだけど、いじめられている側の親が子供の異変に気づかないのも問題
指導者の名言からは、選手の個性を尊重しコミュニケーションを取りながらも、勝負師の鬼のような厳しい目を光らせて、愛情を注いで指導している姿が伝わってきます。

星野仙一は、基本的なものの考えや心の持ち方を大切にする監督で、選手が約束したことをきちんと守れなかったり、やる気がないときは、人前でも容赦なく怒鳴りつけて改善させています。

生き方の名言

思い悩んでいるなら、前に出るのが男だろ。勝負に懸けた時点で正解なんや
何が起こるかわからん、人生は
一生懸命というのは自分で決めるものではない、他人に認められて初めて一生懸命と言えるんだ
人生の1%をボランティアに捧げ
人間はなにごとも、なにかにしがみつこうとすると弱くなる
ずっと野球と恋愛してきて良かった。もっともっと野球に恋をしたい
指示を待つな!勇気を持って、目標を掲げ積極的に行け
生き方の名言からは、1本の定まったレールを進んでいくのでなく、時には火中の栗を拾うように、これまでのしがらみを捨て、勇気をもって積極的に進んで勝負する人生観が伝わってきます。

星野仙一が、連続最下位の阪神の監督を引き受けるときは、周りの人は監督就任には反対でした。しかし向こう意気の強い性格で、やらないで後悔するよりも自分でやってみて後悔することを選んで監督に就任しています。

ビジネスにも活きる名言

夢中になれる仕事自体が見つからないと言うことに対して、見つけることよりも、やってみることが大事なんだ。少しでも好きになれそうな仕事に、とりあえずチャレンジしてみる
全てはフェアプレーで行われるべきであり、その上でライバルに優れた点があれば、率直に認め、学び、吸収せよ
失敗してもチャンスはある
今の生活に安住しては進歩はない。ときには大胆な革命もね
勇気を奮い立たせて、毎日闘っていく。弱みは絶対、見せちゃいかん。選手はいつも背中を見てますから。丸まった背中になったら駄目なんです
何がやりたいか分からない、自信が持てない、という不安定な気持ちに対して、大切なのは、自信があるかないかではなく、自分の仕事に夢中になっているか否かだ。自分の仕事に馬鹿になれるなんて、すごく幸せなことだ
知っているのにできなければ、理論も知識もただの屁理屈といわざるをえまい
大変という意味は大きく変わるということ。ピンチはチャンスの前触れ。大難を忍ぶ者は、大善を引き起こす
ビジネスにも活きる名言は、仕事で行き詰ったり不安な気持ちになったときに、くよくよすることなく、失敗を恐れずにチャレンジしてみることの大切さを教えてくれます。

星野仙一は野球をビジネスに選び一流のピッチャーになるために、バッターとの勝負では、常にチャレンジャーの心意気で全身全霊を傾け、メンタルを高めるために自らを鼓舞し真剣勝負していました。

星野仙一の名言集から得られること

星野仙一の名言集から得られることは、本気の心で、当たり前のことを当たり前にやっていくことの大切さです。星野仙一は、プロ野球投手の一流の証の200勝は達成できませんでしたが、常に自分を鼓舞し、闘争心だけは誰に対しても負けないで、不可能と思われることに挑戦していく気概を持ち合わせていました。

星野仙一のかっこいい名言は、一球入魂の勝負の世界で培われたエッセンスの塊で日常生活に役立つ道標になります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。