Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. ブルペンデーとは?プロ野...
ブルペンデーとは?プロ野球や大リーグの戦術の意味を解説!

ブルペンデーとは?プロ野球や大リーグの戦術の意味を解説!

ブルペンデーとは、先発投手を温存させ中継ぎのリリーフ陣のみで1試合投げ切る作戦です。メジャーリーグ(MLB)で定着しつつある作戦で、プロ野球でも2019年シーズンにブルペンデーを採用する球団が出てきました。ブルペンデーを活用することで、相手打線を翻弄させる意味・効果があります。

2021.12.16 野球

ブルペンデーとは?

 (115074)

ブルペンデーとは、先発投手が登板する従来の形ではなく、中継ぎ陣だけで1試合を投げ切るという新たな投手の起用法のことを言います。

先発投手の負担を減らす効果や選手層の薄いチームの対抗策として作られた作戦です。

ブルペンデーの意味

Heart Of A Champion Sports on Instagram: “The After-Action Review (AAR) Collaborative Meetings: You want to increase engagement, personal, and team accountability and develop…” (115079)

ブルペンデーの意味は、先発投手以外の投手が少ないイニングを細かく継投しながら1試合を戦い抜く戦術のことです。普段、先発投手ではないリリーフ陣は、試合の展開を見ながらブルペンで投球の調整を行っています。

このブルペンで調整をしているリリーフ陣だけで試合を投げ切ることから「ブルペンデー」と名前がつけられました。

ブルペンデーの誕生

𝓢𝓪𝓻𝓪 𝓙𝓾𝓷𝓮 𝓡𝓪𝔀𝓼𝓸𝓷 on Instagram: “When the #Seattle sun finally comes out, he's ready to practice pitching with his @players_choice_mounds 🙌🏻 • • • • • #puttinginwork…” (115080)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
ブルペンデーの誕生は、アメリカのMLBに所属しているタンパベイ・レイズ(以下レイズ)が2018年シーズンで初めて戦術として採用したところが始まりです。

2018年のレイズは投手陣の層が薄く、有力な先発投手が確保できていませんでした。少ない戦力で他球団に挑むべく考えたのが、中継ぎで起用していた投手を先発させ、少ないイニングで交代をさせながら戦い抜くことでした。

当初は酷評された作戦でしたが、徐々にレイズが結果を残したことで他球団も取り入れるようになりました。

ブルペンデーのメリット・デメリット

プルペンデーのメリット

Kristi Harrison on Instagram: “I’m so proud of these boys I can hardly stand it! 💕 ⚾️ #oxford #oxfordbaseball #ohs #topgunbaseball #baseball #ballmom #baseballmom…” (115078)

【ブルペンデーの3つのメリット】
・先発投手を温存できる。
・相手打線を翻弄できる。
・初回の失点を防ぐことができる。


プロ野球は年間143試合を戦い抜かなければいけません。長丁場のシーズンで1試合でも多く先発投手を休ませることは、シーズンを有利に進めることができます。

また、中継ぎの投手を少ないイニングで継投させていくため、相手バッターを翻弄させる効果もあります。先発した投手も全力で投球することができるため、相手チームに先制点を与える確率を下げることも可能です。

プルペンデーのデメリット

【ブルペンデーの3つのデメリット】
・投手を評価する基準が定まっていない。
・投手の調整方法が定まっていない。
・向き不向きのチームがある。


デメリットは、ブルペンデーに登板した投手の評価基準が定まっていないことです。基準が定まっていないと、選手の成績に優劣をつけることができません。

さらに、投手の調整方法もあいまいです。調整方法を確立しないと先発投手の負担を減らせても、リリーフ陣への負担が増加してしまいます。

全てのチームに有効な作戦ではないため、ブルペンデーを取り入れるかは慎重に考える必要があります。

ブルペンデーの必要性

ブルペンデーのメリットとデメリットをご紹介しましたが、1番のポイントは、選手の怪我の防止です。

投手は野手に比べて体への負担が多く、過去には肘や肩の故障から選手生命が途絶えてしまう選手もいました。力のある選手が長く活躍することは、チームだけでなく選手本人にとってもプラスになります。

メジャーリーグのブルペンデー

 (115075)

ブルペンデーの意図

メジャーリーグのブルペンデーの意図とは、戦力を補うための作戦でした。そのため、選手層が薄いチームが選手が揃っている強いチームに立ち向かう時に効果を発揮していました。

そこからブルペンデーの知名度が広がり、短期決戦のポストシーズンに有効な作戦であるとされ、選手層が厚いチームも取り入れるようになりました。

ブルペンデーの浸透率

メジャーリーグにおけるブルペンデーの浸透率は、ポストシーズンに進出するチームにまで広まっています。2019年のア・リーグの優勝決定シリーズであるアストロズvsヤンキースの試合では、両チームがブルペンデーを採用しました。

メジャーリーグにとってブルペンデーとは、試合に勝つための作戦として定着しつつあります。メジャーリーグの野球は、膨大な量のデータを駆使して作戦を立てます。ブルペンデーがもたらす効果もデータによって明らかになるため、これからの動向に注目です。

プロ野球のブルペンデー

jun on Instagram: “ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 撮り逃したんだけど、みっくんがマウンドに上がる前にうさみんが1人でマウンドを綺麗に。 今日のオープン戦でもそういう場面映っていて、やっぱりうさみんのこういう姿が素敵だなあと思いました🐰  #北海道日本ハムファイターズ #宇佐見真吾…” (115076)

ブルペンデーの意図

プロ野球におけるブルペンデーの意図はMLBとは違い、先発投手の負担を軽減させるために採用されています。その証拠に、巨人や日ハムといった十分な戦力を持った球団がブルペンデーを採用しました。

また、プロ野球とMLBを比べた場合、チーム数が大きく違います。プロ野球の12球団に対し、MLBは30球団あります。チーム数が多いMLBでは、成績のいいチームと悪いチームに差が生まれるため、下位のチームは大胆な作戦として採用しています。

ブルペンデーの浸透率

プロ野球のブルペンデーの浸透率は、あまり多く広まっていません。2019年シーズンでブルペンデーを採用した巨人は、いい結果を残せませんでした。

成功しなかった理由は、プロ野球にとってブルペンデーとは、勝つための作戦ではなく、主力投手を温存させる作戦になってしまったからです。経験の浅い若手投手をブルペンデーで起用したことで勝利を掴むという目的からは逸れてしまいました。

選手の起用方法や目的を定める必要があるため、定着には少し時間がかかるでしょう。

ブルペンデーがもたらす効果

 (115077)

現在、ブルペンデーがもたらす効果とは、戦力が劣っているチームが活用することで効果を発揮します。ブルペンデーは前例のない作戦のため、相手チームを翻弄させることができます。

ただ、ブルペンデーが作戦として定着してくると状況は変わってきます。今は物珍しい作戦だからこそ結果が出ているだけかもしれません。これからの動向に注目です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。