Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. タイムリーヒットの意味と...
タイムリーヒットの意味とは?【野球用語の解説】

タイムリーヒットの意味とは?【野球用語の解説】

タイムリーヒットとは野球用語で、打者が放ったヒットでランナーをホームに返すことを意味します。タイムリーヒットで試合が動きだしたり、試合を決することもあります。タイムリーヒットは、試合の状況で使い方もかわるため、先制タイムリー、サヨナラタイムリーと色々な使われ方があります。

2021.12.16 野球

タイムリーヒットの意味とは?

 (238495)

タイムリーヒットとは、野球のプレーのひとつで打者が打ったヒットで塁上にいる走者をホームベースに生還させることを意味します。単打、二塁打、三塁打関係なく、ヒットで点数が入ったときに用いられます。ホームランで点数が入ったときにはタイムリーヒットの言葉は使われません。

日本語表記

日本語でタイムリーヒットとは、適時打(てきじだ)とも呼ばれています。そもそもタイムリーヒット(Timely Hit)は和製英語でアメリカや海外野球では使われていません。

適時打がよく使われる場面は新聞です。決められた枠内で、文字数を短く表記することができるからです。タイムリーヒットやタイムリーは野球速報や野球解説、野球中継で使われています。

英語の表記(アメリカ)

タイムリーヒットは英語ではクラッチヒット(clutch hit)、もしくはRBIヒットです。

クラッチとは英語でここぞの場面やしっかりつかむことを意味し、米大リーグでは適時打を指します。また勝負強いバッターのことをクラッチヒッター(clutch hitter)と呼びます。

RBIはRuns Batted inの略称で打点のことです。Runは得点、Battedは打つ、inはホームに返すの意味を持っています。

タイムリーヒットの種類

タイムリーヒットには9通りあり、得点数+タイムリー+ヒットの種類で表現されま​す。ヒットの種類や得点数で呼び方は異なりますが、法則を覚えてしまえばすぐにでも使える言葉です。

シングルヒット(単打)の場合

  •        
  •        
  •        
  •       
    
シングルヒットとは単打のことで、打者がヒットを打って一塁に出塁することです。

打者がシングルヒットで走者1人をホームに返した場合は、タイムリーヒットと言い、打者に打点が1つきます。走者2人をホームに返した場合は、2点タイムリーヒットと言い、打者に打点が2つきます。3点タイムリーヒットはシングルヒットで走者3人がホームインすることを言いますが、レアなケースです。

ツーベースヒット(二塁打)の場合

ツーベースヒットとは二塁打のことで、打者がヒットを打って二塁に出塁することです。

打者がツーベースヒットで走者1人をホームに返した場合は、タイムリーツーベースヒットと言い、打者に打点1がつきます。走者2人を返した場合は2点タイムリーツーベースヒットと言い、打者に打点が2つきます。満塁で3人の走者をホームに返した場合は3点タイムリーツーベースヒットです。打者に3打点が記録されます。

スリーベースヒット(三塁打)の場合

スリーベースヒットとは三塁打のことで、打者がヒットを打って三塁に出塁することです。

打者がスリーベースヒットで走者1人をホームに返した場合は、タイムリースリーベースヒットと言い、打者に打点1がつきます。走者2人を返した場合は2点タイムリースリーベースヒットと言い、打者に打点が2つきます。満塁で3人の走者をホームに返した場合は3点タイムリースリーベースヒットです。打者に3打点が記録されます。

タイムリーヒットの使い方

 (238496)

タイムリーヒットと一口に言っても使い方は場面で変わってきます。野球の試合では必ず出てくる言葉のため、使い方を覚えておくと試合を楽しめます。

先制タイムリー

先制タイムリーとは、先手を取ることを意味する先制と、タイムリーが組み合わさった言葉です。試合開始後、先にタイムリーで先制点をあげることです。ネットニュースで、〇〇選手がセンター前に先制タイムリーヒットと見出しで用いられます。

先制タイムリーの後に安打と組み合わせて、先制タイムリーツーベース、先制タイムリースリーベースの表現も使われます。また点数と合わせても使用され、2点先制タイムリーと表現され、野球ではおなじみの言葉です。

同点タイムリー

同点タイムリーとは、試合で負けているチームの選手が、同点になるタイムリーヒットを放ったときに使われる言葉です。1点差でも2点差でも、点差に関係なく、同点に追いついた場合に適用されます。

起死回生の同点タイムリー、貴重な同点タイムリーと表記されて野球記事で登場することが多いです。

勝ち越しタイムリー

勝ち越しタイムリーとは、同点の場面で1点以上のタイムリーヒットを打つことです。

ネット速報では貴重な勝ち越しタイムリー、値千金の勝ち越しタイムリーと書かれています。試合中の勝ち越しタイムリーはその時点で勝ち越したという意味で、試合に勝ったとは限りません。

逆転タイムリー

逆転タイムリーとは、負けている場面で逆転のタイムリーヒットを放ったときに用いられる言葉です。

試合の詳細を伝えるときは逆転2点タイムリー、逆転タイムリーツーベースと、逆転の点数や安打と組み合わせて使われることもあります。

ダメ押しタイムリー

ダメ押しタイムリーとは、勝敗がほぼ確定している試合でさらにタイムリーヒットで追加点を加えた場合に使われます。例えば試合の後半で10‐0で大差がついていて、勝利がほぼ決まっている展開で相手を突き放し、とどめをさすことです。

新聞の見出しや記事ではダメ押しタイムリー、ダメ押し打と表現されています。

サヨナラタイムリー

サヨナラタイムリーとは、最終回や延長回の後攻の攻撃で決勝点を上げて試合を決めるタイムリーヒットのことです。プロ野球ではサヨナラタイムリーヒットを放った選手がヒーローインタビューを受けることが多いです。また、選手だけでなく、ファンの心に深く刻まれるヒットになります。

逆転サヨナラタイムリー、劇的サヨナラタイムリーの使い方が一般的です。

ヒット以外に使われるタイムリーとは?

タイムリーヒットといえば、得点を挙げたヒットに使われるためよいイメージを持つ人が多いです。しかし、失点につながるエラーに対してもタイムリーの言葉は使われます。覚えておくとかなり玄人感が出るためおすすめです。

タイムリーエラー

タイムリーエラーとは、エラーで得点が発生したときに使われる言葉です。タイムリーエラーは和製英語で、英語ではfailureと言います。エラーは失策とも呼ばれていて、新聞では失策表記が多く見受けられます。

タイムリーエラーは守備側がエラーをしてしまい、エラーが失点につながったときに使われるため、ネガティブな表現でです。失策は球場がため息に包まれるだけでなく、まれにサヨナラタイムリーエラーが起こることもあるためファンの心境も複雑です。

タイムリーヒットを覚えたら野球の楽しさ倍増!

タイムリーヒットは野球観戦で必ずと言ってよいほど出てくる言葉と言っても過言ではありません。ニュースでも目にするため、初心者でも特に覚えやすい野球用語のひとつです。

野球では、得点が入る瞬間は試合の行方を左右する最も重要な場面です。タイムリーヒットを覚えて、さらに野球観戦を楽しみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。