Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. 松井秀喜の名言40選!メ...
松井秀喜の名言40選!メジャーリーグでも活躍した野球選手のかっこいい言葉・語録

松井秀喜の名言40選!メジャーリーグでも活躍した野球選手のかっこいい言葉・語録

松井秀喜は、日米で大活躍した野球選手でプロ野球界を引っ張ってきた1人と言っても過言ではありません。長い間日米のプロ野球界を支えてきた松井秀喜の熱い名言は、くじけそうな心を奮い立たせてくれます。人としても絶大なる信頼を受ける松井秀喜の名言は、多くの人の共感を呼んでいます。

2021.12.16 野球

松井秀喜とは?

松井秀喜は、日本だけでなくアメリカ・メジャーリーグでも大活躍した野球選手です。星陵高校3年のとき出場した甲子園では、5連続敬遠四球を受けたエピソードは有名です。プロ野球界に入ってからも巨人の日本一に貢献した松井秀喜は、夢だったメジャーリーグでワールド・シリーズ優勝に貢献した偉大な野球人です。

恋愛の噂はあまりありませんでしたが、2008年に一般女性とご結婚され2013年長男。2017年次男が誕生しています。

松井秀喜のプロフィール

氏名 松井秀喜
生年月日 1974年6月12日
出身地 石川健能美郡根上町
身長/体重 188㎝/97㎏
ポジション 外野手
所属クラブ 読売ジャイアンツ:1993年∼2002年
ニューヨーク・ヤンキース:2003年∼2009年
エンゼルス:2010年
アスレチックス:2011年
レイズ:2012年
タイトル MVP:1996年、2000年、2002年
首位打者:2001年 
本塁打王:1998年、2000年、2002年
打点王:1998年、2000年、2002年 
ベストナイン:1995年∼2002年
ワールド・シリーズMVP:2009年
松井秀喜は、プロ野球に入るまでは内野手や捕手、投手で活躍していましたが、プロ転向後は長嶋茂雄氏の勧めで外野手に転身し、長嶋茂雄氏と共に毎日素振りの練習を行い強打者へと成長していきました。現役時代は、本塁打王やMVPのタイトルをたくさん獲得し、たくさんの野球人からも目標にされ、2013年に国民栄誉賞を受賞しました。

引退後、ヤンキースGM付特別アドバイザーの仕事をされていて、野球界を支え続けています。

松井秀喜の座右の銘

心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命がかわる
  •        
  •        
  •        
  •       
    
松井秀喜の座右の銘は、星陵高校時代の山下監督から受け取ったもので、自身の心の持ちかたを大切にしていかなければいけないと教えてくれる名言ですが、松井秀喜は愚直に守り通していることがうかがわれます。誠実で努力家の松井秀喜の人間性が座右の銘にすべて現れています。

松井秀喜の名言40選

松井秀喜氏のたくさんの名言は、人一倍努力をしてきた経験と実績に基づく言葉が多く、スポーツだけでなく仕事や生き方に悩んだり行き詰まったときのヒントになる語録が多いです。ひたむきに野球に携わってきた松井秀喜のかっこいい名言は、努力をすること、やる気と諦めないことの大切さを気づかせてくれます。
彼の名言はたくさんの経験を経て、心に響くかっこいい名言を生産し続けています。

努力の名言

僕のわがままを許してもらえるか分かりませんが、決断した以上、命をかけて頑張りたいと思います。
僕は才能はないけど、人よりも努力することはできる
一生懸命に練習すれば、必ずいい結果が出ると信じているんです
飛び抜けて良い成績を残しているんだったら、ある程度は納得できる部分があるかもしれないけれど、僕は自分の成績に満足することがないんです
努力しなければ人並みにもなれない
神様は頑張った人や苦しんだ人に、最後は微笑んでくれる。神様は楽をしている人、楽をしていい結果を残そうとしている人、投げやりになっている人には、最終的には微笑まないと思います
ぼくは階段を少しずつのぼっていくタイプだと思っているんです
松井秀喜は、星陵高校に全国から注目され高校生とは思えない体格とパワーがあることから、天才と呼ばれることが多いですが、本当は人一倍努力をしスイングを勉強したくさんの練習をした結果ワールド・シリーズMVPをとれる逸材になりました。
松井秀喜の努力の名言は、少しずつでもよいから人より努力を重ねていれば結果がおのずと出ると教えてくれています。

野球人生編

一度のミスも、スランプもない野球選手など、絶対にいません。プロ野球選手として成功してきた人々は、才能だけではなく、失敗を乗り越える力があるのだと思います。
自分が野球をしていられることが、平和であることだと思っています。
僕は野球に対してだけは、どんなことがあってもこれが好きなんだ、夢をかなえたいんだという思いを持ち続けてきました。
ヤンキースを選んだのは、あえて自らを厳しい状況に追い込み、自分の潜在能力を引き出したいと思ったからです。
だって、カメラやペンの向こうにファンがいるじゃないですか。僕は、球団からではなく、ファンからお金をもらっていると思っているんです
野球というスポーツの素晴らしさを子供たちに伝えていきたい。そのためにも、大きなホームランを打ちたいんです
僕の活躍を楽しみにしてくれる人がいる。それがどれほど力になるか
松井秀喜は現役時代、常に野球と言うスポーツの素晴らしさをファンや子供たちに伝えて楽しんでもらおうとする気持ちを持ち続けていました。松井秀喜の野球人生の名言は、自分を奮い立たせ周りの人たちを想いながら仕事を追及していくことが大切と教えてくれています。
松井秀喜は、野球を愛しファンを愛したことがわかる名言をたくさん輩出し後輩や子供たちから目標とされています。

プロ魂編

「僕らはプロ。結果が出なければクビ」です。結果を出すことが何よりも求められます。そして僕にとっては、結果を出すための何よりの近道が、チーム最優先の打撃をすることなのです。
どういうことを言われても自分のプレースタイルは変えられません
チームの勝利が僕にとって一番大切です。でも自分が打てなくても誰かが打って勝ったんだからそれでいいという考えは間違っている
調子が悪くなったときも、絶対に前の感覚を思い出そうとするのは嫌なんです。そう思った時点で、それは後戻りですから
野球というスポーツのすばらしさを次の世代に伝えていくのが自分の仕事だと思っています。そのためにも、ホームランだけではなく、全力でプレーし、ファンにアピールする選手であり続けたい
個人記録というのは全く考えませんね。皆さんが話題にされるのは分かりますが、自分が関心を持つことはない
ズルはできない、俺が見てるから
僕はプロ野球選手として、多くの人に勇気や希望を与えたいと願っています
野球のことを常に考え行動している松井秀喜は、個人プレーも大事ですがチームが勝つことにこだわりチームに貢献することを1番に考えていました。プロ魂の名言をみると、1人ではできないこともみんなで協力しあえば結果が出ると教えてくれています。松井秀喜自身、努力を惜しまない選手だったので個の大切さも充分に分かっていますが、チームで勝ち取る勝利が次に続くモチベーションに繋がると信じていたのがわかります。

ビジネスにも活きる名言

その日、その日のベストを尽くしていきたい
最終的には個人の能力だと思います。本人がどう感じ、どう工夫していくかという。日本にもメジャーにも、いろんな教え方がありますが自分のものにしていくやり方はそれぞれ違います。ハッキリ言って合う合わないも含め選手の能力なんです。結果が出る選手は合うといわれる。反対に、力を出せない選手は合わないということになる。全てが選手の能力なんです
誇りを持つ人が多い組織ほど、ここぞという場面で強いような気がします
花よりも花を咲かせる土になれ
受け入れることは勇気が要ることです。正直言えば辛い。辛いのだけれど置かれた状況やありのままの姿を受け入れなければ前に進めないし、問題も解決しません
松井秀喜も現役時代、個人よりもチームを大事にしてきました。仕事をするうえで、個人プレーよりもチームプレーが重視されることが多くあります。主役を務めたいと思う気持ちも大事ですが、チームがどうしたらよい方向に進んでいくかを考えながら仕事をすることでもっと強い組織になると教えてくれる名言が多いです。
ビジネスに活きる名言には、仲間を信じプレーをした松井秀喜の実直な姿があらわれています。

向上心編

残念ながら過去に戻ることはできません。しかし、未来の自分はコントロールできます。それならば、前に向かうしかありません
いいことも、悪いことも、すべてが財産です。前を見据えるという意味ではね。すべてを検証して、次の目標を立てる。それがオフシーズンの作業のひとつです
どんな状況であれ、常に自分ができることを精いっぱいやることが大事だと思っています
悔しさを露にして得することなど何もないのです。逆にグッとこらえていれば次に生きることもあります
困難に直面したとき「今、自分にできることは何か」と自問します。悔やみ、落ち込むしかないのでしょうか。多くの場合、そんなことはありません。きっと前に進める選択肢があるはずです
僕もがんばるから、君もがんばれ
松井秀喜はメンタルの強い選手でした。逆境も前向きにとらえ進んでいく精神力は、彼の向上心といろんな経験から培われました。困難に直面したときに人は楽な方へ行きがちですが、彼は自分が今できることを考え前へ進む選択肢を選んだ方がよいと教えてくれています。
向上心編の名言は、常に自分を律し真摯に行動し向上心を忘れないことの大切さがわかるかっこいい名言です。

生き方編

生きる力とは成功し続ける力ではなく失敗や困難を乗り越える力
苦しみや辛さこそが生きている証ではないでしょうか。今、自分がすべきことは何なのかを正確に受け入れ、それを補う努力をしていくしかないと思っています
どんな道でも進んでいけば嫌なことはいっぱいあります。それでも逃げないことだと思います
これから厳しい戦いが続くけど、自分が選んだ道だから何の後悔もない
人生とは幸と不幸が交互にやってきます。だから、僕は「人間万事、塞扇が馬」ということわざが好きなんです
終わりはないと思うんです。一つ何かをクリアしても、その先にはまた一つ新しいテーマがある
腹が立ったり不満が出てきたりするのは仕方がありません。思ってしまうのだから、自分にも止められない。でも、口に出すか出さないかは、自分で決められます。そこに一線を画した方が自分をコントロールできるような気がします
松井秀喜は、多くの試合で結果を残してきました。彼は、人よりも努力をしていればもっと野球が上手になると信じ練習をおろそかにすることはありませんでした。松井秀喜の名言でもわかるとおり、彼は自分自身と対峙してきたことがわかります。松井秀喜の誠実な人間性が誰からも慕われ、目標とされる人物になりました。
生き方編の名言には、松井秀喜の諦めない心、メンタルの強さがうかがえます。

松井秀喜の名言集から得られること

松井秀喜の名言集から得られることは、努力をすることの大切さです。人一倍努力をしてきた彼は、自分を信じ何事も逃げずにすべて一生懸命に前を向き進めば結果がついてくると背中を押してくれています。
たくさんの感動を与え目標にされてきた彼だからこそ言えるかっこいい格言が多く、たくさんの経験を積み球界を支えてきた松井秀喜の名言語録は、人を愛し野球を愛し、夢と希望を与えてくれるかっこいい言葉です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。