2021年3月4日 更新

ソフトボールと野球の違いとは?投げ方以外にルールや用具に違いがあった!

ソフトボールと野球の違いはピッチャーの投げ方だけではありません。ソフトボールと野球は似ているスポーツと言われますがルールやフィールドの大きさ、使う用品が全く異なります。ソフトボールと野球の違いを深く理解することでプレーや試合観戦を楽しめます。

1,592 view お気に入り 0

ソフトボールと野球の違いとは?

 (219550)

ソフトボールと野球の違いはピッチャーの投球フォームと一般的に認識されていますが、投球フォーム以外に大きく3つの違いがあります。

・ルール
・フィールド
・使用する用品


ソフトボールと野球の違いが大きく3つあることで、ソフトボールと野球のプレースタイルを全く別物にしています。

ソフトボールとは?

ソフトボールとは1887年にアメリカ合衆国が発祥したスポーツで、冬の寒いシーズンでも室内で運動するために生み出された競技でした。

1921年ごろにソフトボールが日本へと伝来し、日本ではソフトボールを塁球(るいきゅう)とも呼んでいます。ソフトボールは大人から子供まで幅広い年代で楽しめ、性別や年齢別で球場の大きさや投手距離、ボールの種類が異なります。

野球とは?

野球とはイギリスが発祥のスポーツでクリケットから派生したラウンダーズが起源とされています。日本へは1873年ごろに伝わりソフトボールの歴史に比べると野球の歴史は長いです。野球の人気は高く、夏の甲子園や大学野球、プロ野球と多くの人に親しまれる国民的スポーツです。

ソフトボールと野球のルールの違い

 (219551)

ソフトボールは野球の基本ルールと同じですが、イニング数や走塁の細かいルールがソフトボールと野球の違いです。ルールの中でも大きく5つの違いがソフトボールと野球にはあります。

・1試合のイニング数
・走塁やリードの仕方
・ピッチャーの投球フォーム
・先発メンバーの登録や選手の交代

・投手の投球時間


基本ルール
野球は1チーム9人、守備と攻撃の2チームに分かれ交互にプレーをするルールがあります。野球の基本ルールはソフトボールでも変わりません。

①イニング数

 (219553)

ソフトボールは1試合7回まで、野球は1試合9回までとイニング数の違いがソフトボールと野球の違いです。勝敗が決まらず延長する場合、ソフトボールは無死二塁から勝負をつけるタイブレークが適用されます。

一方の野球は年齢で延長のルールが異なります。甲子園では9回終了以降に勝負が決まらなかった場合、無死一・二塁のタイブレークが使用されますが、プロ野球にはタイブレーク制度はありません。

②走塁やリードの仕方

 (219555)

野球の一塁ベースは1つ、ソフトボールの一塁ベースは2つと数が違います。一塁ベースがオレンジと白のダブルベースなのがソフトボールの特徴で、ベースの数と色がソフトボールと野球の違いです。

また野球では出塁ランナーはリードをし、それに対してピッチャーは牽制をしますが、ソフトボールはピッチャーの手からボールが離れるまで塁から離れてはいけません。盗塁もボールが手から離れたのと同時にスタートします。

③ピッチャーの投球フォーム

 (219557)

ピッチャーの腕を回す方向の違いがソフトボールと野球の違いです。野球のピッチャーは一般的に上から下へ腕を振り下ろす投球フォームですが、ソフトボールは腕を後ろに大きく1回転させます。

腕を後ろに1回転させる投球フォームはウィンドミルといって、ピッチャーのほとんどがウィンドミル投法です。一方、野球は一般的な投げ方以外に地面近くを腕が通るアンダースローや体の横から腕が出てくるサイドスロー投法があります。

④先発メンバーや選手の交代

ソフトボールと野球の違いは先発メンバーのDH制の有無です。ソフトボールは先発メンバーにDPとFPの登録が可能ですが、野球では一般的にDH制は採用されておらずプロ野球のパリーグでのみ導入しています。

またソフトボールにはリエントリー制度があります。リエントリー制度は先発選手が一度ベンチに退いても再び出場可能です。野球では一度交代した場合、同じ選手の再出場は不可のためソフトボール特有のルールといえます。

DH制
DH制とはDPの打つ専門の選手とFPの守り専門の選手を登録することです。基本は9人で1チームですがDH制を使用することで1チーム10人になります。

⑤投手の投球時間

ソフトボールは、キャッチャーや野手からボールを受け取って投球するまでの動作を20秒以内で行わなければいけないルールがあります。20秒以上経過するとボールカウントが1つ増える決まりです。野球にはピッチャーの牽制があるため投球時間に制限はありません。

ソフトボールと野球のフィールドの違い

ソフトボールと野球の違いは球場の大きさや投手距離の長さが異なることです。フィールドの中でも大きく5つの違いがあります。

・球場やグラウンドの大きさ
・投手とホームベースまでの投手距離
・ホームベースからの塁間距離
・バッターボックスの大きさ


フィールドが異なることで、野球に比べソフトボールのほうがスピード感のあるプレーや試合を味わえます。
62 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

安全進塁権とは?野球のルールをわかりやすく解説!

安全進塁権とは?野球のルールをわかりやすく解説!

安全進塁権とは、打者や走者がアウトになることなく安全に次の塁に進むことができる野球のルールです。安全進塁権はホームランや四球の野球でよく見るプレーや、故意にボールの進路を邪魔する行為が該当します。ドーム球場では、屋根の隙間にボールが入ると二塁打となる特別ルールも存在しています。
エンタイトルツーベースとは?安全進塁権が与えられるケースと具体的な例

エンタイトルツーベースとは?安全進塁権が与えられるケースと具体的な例

エンタイトルツーベースとは、打者や走者がアウトにならずに2つ先の塁に進む権利を得ることで、記録は二塁打です。フェアグラウンドでバウンドしてスタンドインするエンタイトルツーベースが有名ですが、ドームの屋根にボールが挟まってしまうケースも含め細かく分類すると11種類のパターンがあります。
野球の警告試合とは?プロ野球など警告試合になるとどうなるの?

野球の警告試合とは?プロ野球など警告試合になるとどうなるの?

野球の警告試合とは、死球や暴言を発端にフェアプレーが継続できないと判断されたときに審判団の権限で発される定めです。プロ野球では、警告試合が宣言されたのちも試合を続けます。ただし警告試合の宣言下で審判団からフェアプレーでないと判断された選手・監督・コーチは退場処分となります。
草野球の意味とは?プロ野球とのルールの違いや由来は何?

草野球の意味とは?プロ野球とのルールの違いや由来は何?

草野球とは、野球を楽しみたい者同士が集まり、有志でおこなう野球です。草野球には素人が集まって楽しみながらする野球の意味があり、誰でも参加できる野球であることが由来です。草野球のルールはプロ野球と違う点があり、試合時間制限の有無や、使用できるバットやボールに違いがあります。
草野球のルールを解説!初心者が知っておくべきプロ野球との違いとは?

草野球のルールを解説!初心者が知っておくべきプロ野球との違いとは?

草野球のルールは、試合時間やイニング数、試合運営がプロや高校野球のルールとは大きく違います。草野球のグローブやスパイクの道具は、自由度が高く、ルールに縛られず自分の好みの道具が使用できます。草野球のルールを身に付けて、試合で大活躍しましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

さとう れもん さとう れもん