Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. 高知県の軟式野球の強い中...
高知県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング7校!

高知県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング7校!

高知県の軟式野球部が強い中学校は、全国大会で優勝経験がある明徳義塾中学校と高知中学校の2校です。高知県の公立中学の野球部では、県の選抜大会や総合体育大会で優勝した西部中学校や城北中学校に期待がかかります。高知県には、野球部員が集まらず合同チームで大会に出場する中学が多いです。

2021.12.16 野球

高知県の中学の軟式野球の強さとは?

 (209274)

高知県の中学校の軟式野球は、甲子園出場経験を持つ強豪校と中高一貫校の明徳義塾中学校と高知中学校の2校の私立中学が全国レベルの強さを誇ります。特に、明徳義塾中学校の野球部は、全国中学校軟式野球大会に17回も出場し、大会最多の4回優勝の実力を持つチームです。

高知県内の大会では、公立中学校の西部中学校城北中学校が優勝する実力をつけ、今後の全国大会の出場を目指しています。

高知県の中学野球の情勢

 (209275)

高知県大会優勝校
高知県中学校総合体育大会 高知県中学校野球選手権大会 高知県中学校野球新人大会
2017年 明徳義塾中学校 高知大学附属中学校 明徳義塾中学校
2018年 高知中学校 香長中学校 高知中学校
2019年 明徳義塾中学校 西部中学校 明徳義塾中学校
2020年 城北中学校 明徳義塾中学校 明徳義塾中学校
高知の中学野球の情勢は、明徳義塾中学校と高知中学校が中心に全日本少年春季大会と全国中学校軟式野球大会に出場し、2強の時代が続いています。しかし、毎年8月に高知県で独自開催される選手権大会では、公立中学の香長中学校​や西部中学校が優勝し、実力を発揮しています。

2020年の高知県中学校総合体育大会は、コロナ禍の影響で全国大会は中止のなか開催され、城北中学校が33年ぶりの優勝の栄冠に輝きました。


※メモ
高知県の中学校の軟式野球は、10〜11月に開催される新人大会で優勝したチームが翌年の全日本少年春季大会に出場します。高知県では、8月の選手権大会後の新チーム結成の早さが全国大会に出場できる鍵になります。

高知の軟式野球の強い中学ランキング第7位

土佐中学校

 (209276)

国公私立 私立
所在地 高知県高知市塩屋崎町1丁目1-10
全日本少年春季大会成績 なし
全国中学校軟式野球大会成績 なし
主なOB選手 大橋勲
土佐中学校は、土佐高校と中高一貫校の、野球部が練習をするグランドや部員専用の寮施設に恵まれた私立中学校です。土佐中学校野球部は、全国大会の経験はありませんが四国大会で優勝1回、高知県大会では選手権大会の優勝8回を誇る伝統のあるチームです。

野球部員は、チームワークを大切にして常に全力プレーを心掛け、高知県の上位を目指して練習に取り組んでいます。

高知の軟式野球の強い中学ランキング第6位

  •        
  •        
  •        
  •       
    

城北中学校

 (209277)

国公私立 公立
所在地 高知県高知市八反町1丁目8-14
全日本少年春季大会成績 なし
全国中学校軟式野球大会成績 なし
主なOB選手 中山裕章/藤川球児
高知市立城北中学校は、2020年の高知県中学校総合体育大会で33年ぶりの優勝に沸いた野球が強い中学校です。城北中学校野球部は、2019年の高知県中学校野球新人大会で決勝に残り、翌年の県の総合体育大会優勝に弾みをつけました。

野球部の卒業生には、プロ野球で活躍した元横浜大洋ホエールズの中山裕章投手や元阪神タイガースの藤川球児投手​がいます。

高知の軟式野球の強い中学ランキング第5位

野市中学校

 (206942)

国公私立 公立
所在地 高知県香南市野市町東野72番地
全日本少年春季大会成績 なし
全国中学校軟式野球大会成績 なし
主なOB選手 なし
香南市立野市中学校は、2019年の高知県中学校野球選手権大会で準優勝​に輝いた野球部の今後の活躍が期待される中学校です。野市中学校野球部は、2019年の高知県中学校総合体育大会での準々決勝の試合で、優勝した明徳義塾中学校に敗れはしたものの2対4の好試合を繰り広げました。

野球部のチームワークは、野市中学校の生徒全員が目指す、明るく元気な挨拶自分や仲間を大切にする気持ちで育まれています。

高知の軟式野球の強い中学ランキング第4位

清水中学校

 (209278)

国公私立 公立
所在地 高知県土佐清水市26 清水ヶ丘26-1
全日本少年春季大会成績 なし
全国中学校軟式野球大会成績 なし
主なOB選手 安田祐大
土佐清水市立清水中学校は、2018年の高知県中学校総合体育大会幡多地区予選会で優勝した野球が強い中学校です。

清水中学校野球部は、2019年の高知県中学校総合体育大会ではベスト4​入りを果たし、今後の全国大会出場に期待がかかります。野球部OBのなかでは、スリークォーターから時速139kmの力のあるストレートを投げ、高知高校から2019年のドラフト候補に名前が上がった安田祐大投手が有名です。

高知の軟式野球の強い中学ランキング第3位

西部中学校

 (206940)

国公私立 公立
所在地 高知県高知市鴨部1丁目9-1
全日本少年春季大会成績 なし
全国中学校軟式野球大会成績 なし
主なOB選手 なし
西部中学校は、2019年高知県中学校野球選手権大会で優勝し、高知県中学校総合体育大会も県内3位の成績を誇る、高知県内の公立中学で最も野球が強い学校です。西部中学野球部は、野球経験者だけではなく初心者や運動が苦手な部員も全員がひとつになり、技術面と人間性を養っています。

大会前の練習は、3年生が下級生に指導しながら、特に走塁のリードの取り方ステップに重点を置いて試合形式で取り組んでいます。

高知の軟式野球の強い中学ランキング第2位

高知中学校

 (206939)

国公私立 私立
所在地 高知県高知市北端町100番地
全日本少年春季大会成績 2018年優勝
全国中学校軟式野球大会成績 2018年優勝
主なOB選手 木下拓哉/榮枝裕貴
高知中学校は、高知高校と中高一貫校で、2017年〜2020年の間に野球部員30人中29人が強豪高知高校に残る野球の強豪中学です。2018年には球速150kmをマークした森木投手を擁し、全日本少年春季大会と全国中学校軟式野球大会で連覇を達成しました。

高知中学野球部は、練習中に監督がトランシーバーを用いて、グランドにいる選手ひとりひとりに細かな動きを指導する方法を取り入れています。

高知の軟式野球の強い中学ランキング第1位

明徳義塾中学校

 (206966)

国公私立 私立
所在地 高知県須崎市浦ノ内下中山160番地
全日本少年春季大会成績 優勝2回(2013年/2016年)
全国中学校軟式野球大会成績 17回出場(優勝4回)
主なOB選手 髙田萌生/笠原将生/田中大二郎
明徳義塾中学校は、明徳義塾高校と中高一貫校​で、4台のピッチングマシンや6〜7人が一度にバッティング練習ができる練習設備が充実した野球の名門中学です。全国中学校軟式野球大会では、全国最多の17回出場を果たし、2000年〜2001年の大会史上初の2連覇を含む4度の優勝経験があります。

明徳義塾中学校野球部は、技術面だけではなく社会に貢献できる人間性を念頭に置いた日々の努力が部の伝統です。

高知県の軟式野球が強い中学校を語ろう

 (209279)

高知県の中学校は、有名な私立中学に野球が上手い選手が集まり、明徳義塾中学校と高知中学校が全国で活躍する強豪校になりました。高知県内の人口が少ない地域の中学校は、新入部員が集まりにくい理由で野球部の部員数が少なく、隣接する公立中学校の合同チームで大会に臨んでいます。

高知県の公立中学野球部のなかからは、2019年〜2020年に県内の大会で結果を出した西部中学校城北中学校​の活躍に期待が膨らみます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。