2021年10月3日 更新

横浜市の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング7校!

横浜市の中学野球は、2019年に横浜市中学校総合体育大会で優勝した東山田中学校や2020年神奈川県私立中学校野球大会優勝の山手学院中学校が強豪です。また、2018年横浜市中学校総合体育大会優勝の万騎が原中学校や同大会準優勝の港南台第一中学校と伸びしろのある中学校が多いです。

272 view お気に入り 0

横浜市の中学の軟式野球の強さとは?

横浜市の中学の軟式野球は、2019年に横浜市中学校総合体育大会で優勝した東山田中学校や、同大会で準優勝した桐蔭学園中等学校が強豪と知られています。

全国大会出場の経験がない学校が多い印象ですが、2018年に横浜市中学校総合体育大会で準優勝した港南台第一中学校や2019年夏季港北区大会優勝の大綱中学校とよい成績を残すチームが多く、横浜市の中学野球は盛り上がりを見せています。

横浜市の中学野球の情勢

横浜市中学校総合体育大会
2019年 優勝 東山田中学校
準優勝 桐蔭学園中等教育学校
2018年 優勝 万騎が原中学校
準優勝 港南台第一中学校
横浜市の中学野球は、2019年横浜市中学校総合体育大会で優勝した東山田中学校が群を抜いて強い印象があります。しかし、2018年横浜市中学校総合体育大会優勝の万騎が原中学校は、同年神奈川県中学校総合体育大会でベスト8の成績を残す強豪校です。

また、2019年横浜市中学校秋季野球大会で優勝した山手学院中学校も横浜市の中学では野球が強いと有名です。

横浜市の軟式野球の強い中学ランキング7位

港南台第一中学校

国公私立 公立
所在地 横浜市港南区港南台6丁目6番地1号
全日本少年春季大会 出場なし
全国中学校軟式野球大会 出場なし
横浜市中学校総合体育大会 2018年準優勝
横浜市秋季野球大会 2020年ベスト8
横浜市春季野球大会 不明
主なOB選手 加賀谷実
港南台第一中学校野球部は、2018年横浜市中学校総合体育大会で準優勝の結果を残したり、同年2018年神奈川県中学校総合体育大会に出場したりと活躍を見せるチームです。

顧問は学校のホームページで、技術指導も重要だが身体が資本と言い、休養日をつくることで生徒たちのコンディションを保ち、けがを防ぐことに繋がったと話しています。

横浜市の軟式野球の強い中学ランキング6位

大綱中学校

 (256128)

国公私立 公立
所在地 横浜市港北区大倉山三丁目40番1号
全日本少年春季大会 出場なし
全国中学校軟式野球大会 出場なし
横浜市中学校総合体育大会 2021年優勝
横浜市秋季野球大会 2017年優勝
横浜市春季野球大会 2019年ベスト32
主なOB選手 田中詠登
大綱中学校野球部は、2021年横浜市中学校総合体育大会優勝を果たしました。また、2017年横浜市秋季野球大会優勝、同年港北区夏季野球大会準優勝、2019年夏季港北区大会優勝と数々の成績を残す横浜市の強豪校です。

監督は、タウンニュースによると2017年の秋季大会で優勝したとき、1つ1つアウトを重ね1つ1つ塁を埋めていった結果が優勝に繋がったと話しています。

横浜市の軟式野球の強い中学ランキング5位

万騎が原中学校

国公私立 公立
所在地 横浜市旭区万騎が原31
全日本少年春季大会 出場なし
全国中学校軟式野球大会 出場なし
横浜市中学校総合体育大会 2018年優勝
横浜市秋季野球大会 不明
横浜市春季野球大会 2017年2回戦
主なOB選手 石毛大地
万騎が原中学校野球部は、2018年横浜市中学校総合体育大会優勝や、同年神奈川県中学校総合体育大会でベスト8の成績を残しています。2021年には、横浜市中学校総合体育大会でベスト8に残りました。

2018年横浜市中学校総合体育大会で初優勝したときに主将は、最後の大会で最高の結果を残せたと話しています。全員で勝ち取った優勝は格別です。

横浜市の軟式野球の強い中学ランキング4位

境木中学校

 (256129)

国公私立 公立
所在地 横浜市戸塚区平戸3丁目48番2号
全日本少年春季大会 出場なし
全国中学校軟式野球大会 出場なし
横浜市中学校総合体育大会 2021年ベスト8
横浜市秋季野球大会 2020年ベスト8
横浜市春季野球大会 2021年優勝
主なOB選手 小林郁真
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

秋田県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

秋田県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

秋田県の軟式野球の強い中学校は、全国大会に出場をかけた秋田県総合体育大会の上位校、仙北中学校や城東中学校です。しかし、秋田の中学校の軟式野球大会は、公立中学校の出場校がほとんどで毎年優勝校が違うことから、どの中学校も優勝の可能性があります。
【栃木県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

【栃木県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

栃木県のサッカー強豪中学校は2017年と2016年の中学総体で優勝し、2019年の新人戦サッカー大会で優勝している氏家中学校です。次いで2018年の中学総体で優勝している西那須野中学校、2015年から2018年まで連続でベスト4入りしている今市中学校や2019年の中体連で優勝している宮の原中学校が強く、優勝争いを演じています。
【岡山県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

【岡山県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

岡山県のサッカー強豪中学校は2019年と2018年岡山県中学総体で優勝している総社東中学校です。次いで2019年の岡山県サッカー新人戦大会で優勝している操南中学校や2017年に中学総体で優勝している福浜中学校が強く、県大会で優勝を争っています。
熊本県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

熊本県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

熊本県の軟式野球の強い中学校は全国中学校軟式野球大会に4回出場した鏡中学校や全日本少年春季大会出場の合志中学校です。熊本県の中学校は都道府県別で全国中学校軟式野球大会に15回出場しています。熊本県内の大会では、公立、私立入り乱れて優勝校が変わる情勢です。
【京都府】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

【京都府】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

京都府の中学サッカーは木津南中学校が頭一つ抜けた存在で、中体連、新人戦の優勝候補の筆頭です。府大会優勝経験のある太秦中や修道院中学、神川中が王座奪還を狙っています。中体連京都府大会では毎年ベスト8の顔ぶれが変わるためどの中学校が勝ち上がるか予測が立ちません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nonohono nonohono