2020年2月20日 更新

ディレードスチールとは?盗塁成功するための戦術やコツを解説【野球ガイド】

野球の盗塁にディレードスチールという戦術がありますが、通常の盗塁とはどこが違うのでしょうか。野球でディレイドスチールが成功すると、相手チームに大きなダメージを与えることができます。ディレードスチールを成功させるためのタイミングやコツを詳しく解説します。

114,119 view お気に入り 0

野球でディレイドスチールを成功させるコツとトレーニング

Stunning Free Images · Pixabay (37132)

野球でディレードスチールの戦術に関して解説してきましたが、ディレードスチールは相手チームに気付かれていない状況で仕掛けることが一番重要なのはもちろん、成功させるには素早い状況判断やタイミングも非常に大事なのに加え、ランナーは迷うことなくスタートを切る勇気も必要になってきます。

このため、ここでは実際に野球をしたときにディレードスチールを成功させるには、どのようなコツとトレーニング方法があるのか、具体的に解説していきます。

投球前のリードは小さくし無警戒にさせる

Stunning Free Images · Pixabay (37500)

前述したように、ディレードスチールは相手チームがランナーが盗塁することに気付いていないというのが第一条件で、その状況で仕掛けてはじめて効果を発揮する戦術のため、ピッチャーの投球前にとるリードは小さくして警戒させないようにするのがコツです。

リードを小さくすることで、相手チームのバッテリーと野手はランナーは盗塁をしてこないと考える可能性が高くなり、バッターのバッティングに集中しやすくなります。特に出塁した後の初球はランナーの様子を見るケースが多いため、あまりリードをとらないようにしましょう。

高めのボール球ではスタートを切らないようにする

K-SUKE on Instagram: “今日は池田市まで遠征。やっぱりキャッチャーは楽しいしやりがいあるポジション。#野球 #社会人野球 #草野球 #軟式野球 #キャッチャー #捕手 #生涯一捕手 #baseball #catcher” (37510)

野球でランナーが盗塁したとき、キャッチャーはピッチャーの投げたボールを受ける前に、すぐに送球できるように体勢を作り準備します。

ディレイードスチールを仕掛けるときにキャッチャーの送球が関係している場合は、このすぐに送球できる体勢を作っていないというのが重要で、キャッチャーがボールを受けてから送球する体勢を作ることで時間を稼ぐことができます。

しかし、ピッチャーが高めのボール球を投げた場合、自然とキャッチャーが立ち上がってしまい、送球する体勢を作りやすくなってしまう状況になるため、このケースではスタートを切らないようにするのがコツです。

第2リードからスムーズにスタートが切れるようにトレーニングを繰り返す

 (37519)

ディレードスチールを仕掛けるときは、シャッフルで第2リードをとった後、スムーズにスタートが切れるようにトレーニングしておくことが重要です。スタートが出遅れてしまうと、成功する確率が非常に低くなってしまいます。

トレーニングを行う場合は、シャッフルでリードをとった際に右足のつま先を、進みたい塁の方向に向けた状態で着地するのがコツで、スムーズにスタートを切りやすくなります。

また、スタートを切るのに失敗した場合も想定して、塁に戻るトレーニングを行うことも重要です。
バッティング練習をした際に、空いている塁を利用して繰り返しトレーニングを行い、コツをつかむようにしましょう。

野手とベースの距離が離れている時にスタートを切る

 (37520)

特に二塁へのディレードスチールを仕掛ける場合は、セカンドとショートの位置を確認し、二塁ベースと離れている時にスタートを切るのがコツです。二塁へ送球しようとしても、セカンドとショートのベースカバーが遅くなれば、送球のタイミングも遅くなりディレイドスチールが成功しやすくなります。

バッターのバッティングを警戒している場合、セカンドとショートは深めに守備位置をとる傾向にあるため、そのような状況をしっかり判断できるように、トレーニングを行っておく必要があります。

ピッチャーのクセを見抜けるように動きを注視する

RyoSasa on Instagram: “2018.4.28 代打で見事にヒット。そして100%走ると分かっている状況でも見事に盗塁成功。勝ち越しのランナーに。もうスランプは抜け出した! #神里和毅 #盗塁王 #盗塁 #イケメン #baystars #baystarsphoto #横浜denaベイスターズ…” (37518)

ピッチャーのクセを見抜けるように、ピッチャーがキャッチャーのサインを見てから投球するまでの動作を常に確認するのもコツで、例えば以下のようなクセを見抜くことができれば、スタートを切りやすくなります。
・セットポジションの体勢に入ってから、投球動作に移行するまでの時間が毎回同じ
・ランナーを一度見るとそれ以降はランナーを見ない
・牽制球を連続で投げない
・両肩が水平ではない時は牽制球を投げる
・投球動作に移行する前に必ず下を向く

投球時と牽制時を比較して顔の向きや動かし方、肩の位置、軸足に違いがないかチェックするのがコツです。

ディレードスチールは『諸刃の剣』

ディレードスチールは一瞬の判断ミスが命取りになるため、相手チームの状況を見極め判断を的確に行い、迷うことなく実行することが必要で、野球の戦術の中では非常にレベルの高い頭脳的なプレーです。また、相手チームの隙を突くため、成功させることができれば、大きな精神的ダメージを与えることが可能になります。

しかし、ディレードスチールは正攻法な戦術ではないため、失敗した時の自チームの精神的ダメージも大きいのです。ディレードスチールを仕掛ける際は、失敗すると試合の流れを変えてしまうリスクもある、という点をしっかりと頭に入れて慎重に行うようにしましょう。
70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8