2020年11月24日 更新

東京都の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング8校!

東京都の軟式野球の強い中学校は、全国大会・都大会ともに実績がある上一色中学校と駿台学園中学校です。二強に追随する中学校は、東京都大会の常連で野球巧者の東海大菅生中学校・日大二中学校・立教池袋中学校です。2020年に都秋季大会で優勝した修徳中学校は、今後の活躍に注目が集まります。

17,445 view お気に入り 0

東京都の中学野球とは?

 (196779)

東京都の中学野球は、歴史のある私立の野球強豪校が力を発揮しています。都市部の公立中学校は狭いグラウンドで十分な練習環境に恵まれないことの多い一方で、私立の強豪中学校は校庭以外に練習場を確保できる恵まれた環境下にいます。

学童から野球に親しみ甲子園出場を夢見る野球少年は学区の枠がない私立強豪校に集まることが多く、野球経験者の入学が私立強豪野球部のチーム力アップに繋がっています。

東京都の中学野球の情勢

都春季大会優勝校 都選手権大会優勝校 都秋季大会優勝校
2011年 青戸中学校 駿台学園中学校 上一色中学校
2012年 赤羽岩淵中学校 上一色中学校 新小岩中学校
2013年 上一色中学校 駿台学園中学校 青戸中学校
2014年 上一色中学校 駿台学園中学校 上一色中学校
2015年 東海大菅生中学校 上一色中学校 上一色中学校
2016年 狛江四中学校 上一色中学校 駿台学園中学校
2017年 日大二中学校 駿台学園中学校 駿台学園中学校
2018年 立教池袋中学校 駿台学園中学校 駿台学園中学校
2019年 新宿中学校 上一色中学校 駿台学園中学校
2020年 コロナ対策で中止 コロナ対策で中止 修徳中学校
東京都の中学野球は、全国大会の出場回数が多く、都大会でも安定した実力を発揮している上一色中学校と駿台学園中学校の二強時代が続いています。二強に迫る勢いがある中学校は、都大会優勝経験のある東海大菅生中学校・日大二中学校・立教池袋中学校です。

2020年の都秋季大会では、全国大会出場経験のある古豪の修徳中学校が18年ぶりに優勝し、二強時代をどの中学校が崩していくか注目が集まっています。

東京都の野球の強い中学ランキング第8位

明大中野中学校

 (192666)

国公私立 私立
所在地 東京都中野区東中野3丁目3-4
全日本少年春季大会成績 なし
全国中学校軟式野球大会成績 なし
主なOB選手 森建人(明治大学)
野瀬隆徳(明治大学)
都大会優勝通算12回を誇る明大中野中学校は、春・夏・秋に開催される都大会すべてに2017年から3年連続で出場を果たしている野球の強い中学です。2019年の選手権と2018年の春季大会では準優勝でしたが、強豪中学が集まる都大会で安定した力を発揮しています。

明大中野中学校野球部の部訓は、単に野球技術の向上だけでなく学校生活や毎日の学習に真摯に取り組み、人間力向上と文武両道に励むことです。

東京都の野球の強い中学ランキング第7位

立教池袋中学校

 (196781)

国公私立 私立
所在地 東京都豊島区西池袋5ー16ー5
全日本少年春季大会成績 なし
全国中学校軟式野球大会成績 なし
主なOB選手 川端丈平(立教大)
新倉大輔(立教大)
立教池袋中学校は、関東大会出場1回・都大会優勝6回・準優勝1回で、都大会優勝と関東大会出場を目標に掲げる伝統ある野球が強い中学校です。2018年の都春季大会では、準決勝・決勝ともに1点差を守り抜き、20年ぶり3度目の優勝をしました。

立教池袋中学校野球部では、中学から野球を始めた選手と学童からの野球経験者が切磋琢磨しながら、野球技術だけでなく忍耐力や協調性を伸ばすことも重要視した指導をしています。

東京都の野球の強い中学ランキング第6位

新宿中学校(葛飾区)

 (192670)

国公私立 公立
所在地 東京都葛飾区新宿3ー20ー10
全日本少年春季大会成績 なし
全国中学校軟式野球大会成績 なし
主なOB選手
葛飾区立新宿中学校は公立学校で野球が強い中学校です。全国大会出場はありませんが、2019年の都春季大会では並み居る私立の強豪校を相手に、40年ぶりに優勝を飾りました。

野球部の練習は、平日に必ず1日は休養日を入れ、大会で勝つことのみを重視し過度な練習にならないように配慮されています。

東京都の野球の強い中学ランキング第5位

修徳中学校

 (192672)

58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

宮城県の野球が強い強豪高校とは?強さ順に5校をランキングで紹介!

宮城県の野球が強い強豪高校とは?強さ順に5校をランキングで紹介!

宮城県の高校野球は、全国区の知名度を持つ仙台育英と東北高校の2校が強豪校で、野球が強い2校を他校が追いかけて激しい代表校争いがおこなわれています。2021年には東北学院高校が優勝して甲子園に初出場するなど、宮城県の野球の強い強豪校として注目を浴びています。
石川県の野球が強い強豪高校とは?強さ順に5校をランキングで紹介!

石川県の野球が強い強豪高校とは?強さ順に5校をランキングで紹介!

石川県の野球が強い強豪校は、2000年以降から星稜高校と金沢高校、遊学館高校の強豪3強時代と言われていますが、星稜高校が頭1つ抜き出ている状況です。星稜高校は2度も甲子園準優勝の実績があり石川県外からも野球の強い選手が集まるたくさん層の強いチームで数々の名勝負を繰り広げています。
静岡県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

静岡県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

静岡県の軟式野球の強い中学校は、全国大会常連校の東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部、2019年全日本少年春季大会と全国中学校軟式野球大会に出場を果たした竜爪・西奈中学校が挙げられます。その他にも県大会の常連校金谷中学校や常葉大学附属橘中学校の活躍もあり、層が厚いところが魅力です。
和歌山県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介!

和歌山県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介!

和歌山県の高校野球の強豪校は全国的に見て名門は智辯和歌山高校です。8年連続で夏の甲子園に出場したこともあり、和歌山といえば智辯和歌山と言っても過言ではありません。 しかし待ったをかける高校が多数あり、2013年以降、力をつけている市立和歌山高校や和歌山東高校、古豪の箕島高校も負けじと打倒智弁和歌山を目標にして追いかけています。
Act |
広島県の野球の強豪高校とは?強さ順に7校をランキングで紹介!

広島県の野球の強豪高校とは?強さ順に7校をランキングで紹介!

広島県の野球の強豪高校は、全国優勝をしている広島商業高校と広陵高校が有名です。しかし、広島新庄高校や如水館高校など野球の強い高校が台頭し、広島県の勢力図に変化がみられています。広島県は、全国で通用する強豪校が多く、2020年までに4つの高校が全国制覇を果たしています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sansirou sansirou