Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. ファースト(一塁手)の役...
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。

2021.12.16 野球

野球のファーストとは?

りり on Instagram: “大阪桐蔭ツーショット#中田翔 #可愛さのかたまり #森友哉#1塁 #大阪桐蔭” (120768)

野球のファーストとは、日本では一塁手とも言われています。一塁ベース付近の守備と野手からの送球の処理を行います。

内野のポジションの中では、唯一、左利きの選手も守ることができるポジションです。

ファーストのポジション

ファーストのポジションは、日本では一塁手とも呼ばれ、主に一塁付近を守るポジションです。内野手からの送球を受ける役割があるため、他のポジションに比べて守備の機会は多いです。

また、ファーストは左利きの選手が守備につくことが多く、他のポジションに比べて唯一、左利きが有利なポジションです。左利きが有利な理由は、セカンドやサードに送球をする動作が、右利きよりも左利きの方がスムーズにできるからです。

ファーストの守備位置

ファーストの守備位置は大きく分けて2種類あります。

・ベースにつく守備位置
・ベースから離れる守備位置


ベースにつく守備位置は、ファーストにランナーがいる場合です。ピッチャーからの牽制球に対応するためにベースにつきます。

ベースから離れる守備位置は、ファーストにランナーがいない場合です。ピッチャーから牽制球が投げられることがないため、打球の処理に集中します。

ファーストの役割

RedHead Photography on Instagram: “Robbie Lee on first for the Lions! #baseball #baller #firstbaseman #cmlions #flbaseball #highschoolbaseball @cmlions @cmlionsbaseball” (120769)

ファーストの役割は、ピッチャーからの牽制球を受けたり、打球の処理をしたりと多岐に渡ります。ファーストは、全てのポジションと連携をとる必要があります。

内野手から送球を受け取るだけでなく、場合によってはベースカバーに入ったピッチャーに送球することもあります。ファーストは、あらゆる場面を想定しながら守備につく必要があります。

野手からの送球を捕球

ファーストは、野手からの送球を捕球する役割があります。野手からは、毎回同じ軌道でボールが送球されるわけではありません。どのような送球がきても柔軟に対応をする必要があります。

守備機会のほとんどが野手からの送球の捕球のため、ファーストには、高い捕球能力が求められます。野手が悪送球をしてもしっかりと捕球することによって信頼される一塁手となります。

打球の処理

Dutch Baseball Hangout on Instagram: “@baseballczech vs @fibs_italia #baseball #europeanbaseball #internationalbaseball #batter #firstbaseman #dutchbaseballhangout” (120771)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
ファーストは、バッターの打球の処理も行います。ただ打球を捕球するだけでなく、ファーストにランナーがいる場合は、素早くセカンドに送球をしてアウトにする役割もあります。

また、一塁側のファウルフライの処理も担当することが多く、球場の大きさや形状を把握しておかないと、上手くファウルフライをキャッチすることができません。

ファーストは、バッターの打球を処理する前に頭の中を整理しておくことが大切です。

牽制球を受ける

Huracanes Mayor on Instagram: “#out #firstbaseman” (120770)

ファーストは、一塁にランナーがいる場合、ピッチャーからの牽制球を受ける役割もあります。牽制アウトは、一塁ランナーにタッチをしなければ成立しません。牽制球を受け取ってから素早くタッチアウトができるように準備をしておきます。

また、牽制をするピッチャーも素早い動きをするため、牽制球が逸れてしまうことがあります。ファーストは、ピッチャーからの牽制球に対して臨機応変に対応することが大切です。後逸してしまうと、ランナーがセカンドへ進んでしまいます。

バント処理

Roy's channel on Instagram: “【ユウサンの野球脳伝授】 "送りバント" 送りバントは得点期待値を下げてしまうのか? ぼくからの結論からいくと、いらないに1票です! しかし、いらないと頑なに言い続けることはありません。 時には必要になるからです。…” (120779)

ファーストはバッターのバントの処理も行います。バントの場合、ファーストは自ら打球を取りに行くのか、一塁ベースにとどまるのかを一瞬で判断しなければなりません

また、送りバントの場合は塁上のランナーをアウトにするのか、打者走者をアウトにするのかの判断も重要です。

ファーストは、打者の特徴や試合展開からあらゆる場面を想定し、落ち着いて対処する能力が求められます。

中継プレイ

外野手からの中継プレイもファーストの役割です。外野手との中継プレイをスムーズに行うことで、ランナーのホームインを防ぐことができます。

ファーストの中継プレイで大切なことは、打球判断です。打球判断をしっかりとすることによって、塁上のランナーをどこでアウトにできるかを想定した上でプレイできます。

1点を争う緊迫した場面では、中継プレイの小さなミスによって、相手に得点を許してしまうこともあります。

ファーストの動き方

NXTlevelpics on Instagram: “#minorleaugebaseball #minorleague #baseballplayer #runner #firstbaseman #firstbase #baseballphotography #boysofsummertour…” (120773)

ファーストは、野手からの送球を捕球する必要があるため、守備機会が多いポジションです。野球の試合では、ファーストでアウトをとる場面が多いため、一塁手の動き方はとても重要です。

ファーストの捕球

ファーストの捕球は3種類あります。

・打球を捕球
・野手からの送球を捕球
・ピッチャーからの牽制球を捕球


まず、ファーストに飛んでくる打球は、ゴロ、フライ、ライナーと様々です。どのような打球が飛んできても対応できるように準備をしておくことが大切です。

ファーストは数ある守備機会のうち、野手からの送球の処理が一番多いです。信頼される一塁手になるためには、捕球技術を磨く必要があります。

ピッチャーからの牽制球の捕球は、ランナーをタッチするまでを一連の流れで行うことを意識します。

ファーストの構え方

Bubba ⚾️ in 🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿 on Instagram: “This day in baseball 1982  Joining Lou Gehrig, Everett Scott, Billy Williams, and Joe Sewell, @Dodgers first baseman Steve Garvey becomes…” (120780)

ファーストの構え方は2種類あります。

・ベースから離れた位置で構える
・ベースについて構える


一塁にランナーがいない場合は、ベースから離れた位置で構えます。構える時のポイントは、バッターがボールを打った時に素早く動ける体勢に構えます。

ベースについて構える時は、一塁にランナーがいる場合です。ランナーがいる時は、ピッチャーから牽制球が送球されることがあるため、ファーストミットをピッチャーに向けて構えておきます。

ショートバウンドの取り方

ショートバウンドを上手くとるポイントは3つあります。

①ボールに対してミットを垂直に出す
②捕球する時はミットを下から上に動かす
③肘を柔らかく使う


ショートバウンドのボールに対してミットを垂直に出すことで、ミットの捕球面を広くすることができます。捕球する時は、ミットを下から上に動かすことでスムーズに捕球することが可能です。

また、肘を柔らかく使うことによって、イレギュラーなバウンドにも対応することができます。

ファーストミットについて

すみれスポーツ on Instagram: “大阪府 T様 『秀』シリーズ  ファーストミット  本体カラー⇒グリーン×グレー 平裏カラー⇒タン ヘリ革⇒ホワイト 革紐⇒タン 縫い糸⇒グリーン マーク⇒直刺繍  ゴールド×グリーンふち  硬式オーダーグラブ  44,900円〜です😄  #すみれスポーツ #スミレスポーツ…” (120774)

ファーストミットは、他の野手のグローブと違って捕球するポケットが大きい特徴があります。形はキャッチャーミットと似ていて、打球の処理よりも野手やピッチャーからの送球を捕球することを重視した作りになっています。

捕球面が広いため、ショートバウンドや悪送球にも対応しやすくなっています。

しかし、全員が同じ形のファーストミットを使っているわけではなく、選手のプレースタイルや好みによってミットの形状は異なります。送球の処理よりも打球処理を重視したい選手は、ポケットが浅いミットを使用しています。

ファーストに関係するルール

 (120775)

振り逃げ

振り逃げとは、バッターが空振り三振をした時にキャッチャーがボールを取り損ねた場合、バッターは進塁を試みることが可能になるルールです。

振り逃げは、バッターをタッチアウトにするか一塁に送球することでアウトにすることができます。ファーストは、振り逃げの時にキャッチャーからの送球を捕球する必要があります。

グラウンドルール

グラウンドルールは、球場によって決められたルールのことです。野球は試合を行う球場によって、グラウンドの形状や大きさが変わります。

特に球場によって、ボールデッドになる基準が変わります。ファーストは、ベンチや内野席に近いところでプレーをするため、グラウンドルールを試合前に審判に確認しておく必要があります。

インフィールドフライ

インフィールドフライトとは、フライをキャッチしなくても打者走者が自動的にアウトになるルールです。インフィールドフライは、審判が宣告を行います。

インフィールドフライが宣告されたのにも関わらず、故意にフライを落として、ダブルプレーをとることはできません。宣告された時点でバッターはアウトになります。

オーバーラン

オーバーランとは、打者走者が一塁ベースに到達した後に、ファールゾーンではなく、フェアゾーンに駆け抜けてしまい、タッチアウトをされてしまうことです。

ファーストは、打者走者が一塁ベースを駆け抜ける時にしっかりとファールゾーンに向かっているかを確認することが重要です。もし、フェアゾーンにいる場合は、タッチアウトにしましょう。

スリーフットライン

スリーフットラインとは、ホームベースと一塁ベースの間に引かれた、ファウルラインに対して並行に引かれたラインのことを指します。

打者走者は、一塁に対して守備が行われている時に、スリーフットラインの外側、またはファウルラインの内側を走って守備を妨害したと判断された時、守備妨害としてアウトになります。

ファーストは、スリーフットラインのルールをしっかりと理解することで、該当プレーをされた時に、審判に申告することができます

ファーストは意外と役割の多いポジション

Erding Mallards Baseball on Instagram: “Ihr habt den Montag überstanden, braucht aber noch etwas Motivation für die Restwoche? 🤔 Nehmt euch einfach ein Beispiel an unseren…” (120777)

ファーストは、あまり派手なプレーをしないポジションの印象がありますが、実際は求められる役割はたくさんあります。

ファーストは、細かな野球のルールや野球の技術が求められるポジションです。野球を観戦する立場の人も、ファーストの守備に注目してみることで、当たらな野球の楽しさを発見することができることでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。