2020年8月22日 更新

少年野球のグラウンドの寸法とは?塁間・マウンドまでの距離やサイズ情報まとめ!

少年野球のグラウンドの寸法は、一般規格よりも1割から2割ほど小さいサイズが規定されています。ピッチャープレートからホームベースまで、塁間、バッターボックス周辺の規格は明確に規定されていますが、その他部分は明確に規定されてなく、一般サイズの野球場をそのまま使用することもあります。

4,111 view お気に入り 0

少年野球とは?

 (139608)

少年野球という名称は、一般的には小学生の軟式野球に対して使われることが多いですが、正確には日本軟式野球連盟の中学生軟式野球を指します。また、日本の軟式野球、硬式野球にはいくつかの団体が存在し、明確に小学生の軟式野球のみが少年野球と呼ぶにはふさわしくなく、少年野球は中学生以下の野球全体を指すのが無難です。
ボール 団体名 小学生対象の名称 中学生対象の名称
軟式 日本軟式野球連盟 学童野球高学年部(5年生以上) 少年野球
学童野球低学年部(4年生以下)
硬式 日本少年野球連盟 ボーイズリーグ小学生部 ボーイズリーグ中学生部
日本リトルシニア中学硬式野球協会 リトルシニア
日本リトルリーグ野球協会 リトルリーグ
日本ポニーベースボール協会 シェットランド(5歳〜6歳) ポニー(13歳〜14歳)
ピント(7歳〜8歳)
マスタング(9歳〜10歳) コルト(14歳〜15歳)
ブロンコ(11歳〜12歳)

少年野球のグラウンドの大きさ・規格

 (139603)

少年野球のグラウンドの大きさは、ポニーリーグを除き中学生以上では一般と同じサイズ、小学生ではそれぞれの団体ごとに一般サイズより小さく設定されています。

投手板から本塁までの距離

少年野球の投手板からホームベース先端までの距離は、中学生では一般規格がほとんどで、小学生では14m~16m程度とされています。
高校~プロ、少年野球 18.44m
ボーイズリーグ中学生部、リトルシニア
学童軟式高学年部 16m
学童軟式低学年部 14m
ボーイズリーグ小学生部 15.367m
リトルリーグ 14.02m
ポニーリーグ(シェットランド) 11.58m
ポニーリーグ(ピント) 12.19 m
ポニーリーグ(マスタング) 14.02 m
ポニーリーグ(ブロンコ) 15.24 m
ポニーリーグ(ポニー) 16.46 m
ポニーリーグ(コルト) 18.44 m

塁間

少年野球のベース間の距離は、中学生では一般規格がほとんどで、小学生では18m~23m程度となっています。
高校~プロ、少年野球 27.431m
ボーイズリーグ中学生部、リトルシニア
学童軟式高学年部 23m
学童軟式低学年部 21m
ボーイズリーグ小学生部 22.86m
リトルリーグ 18.29m
ポニーリーグ(シェットランド) 15.24 m
ポニーリーグ(ピント) 18.29 m
ポニーリーグ(マスタング) 18.29 m
ポニーリーグ(ブロンコ) 21.34 m
ポニーリーグ(ポニー) 24.38 m
ポニーリーグ(コルト) 27.431m

外野フェンスまでの距離

少年野球の外野フェンスまでの距離は、カテゴリーや団体によって規定の有無や規格は様々です。中学生年代は一般の野球場をそのまま利用することがほとんどですが、小学生年代では規定にばらつきがあり、大会や試合で使用するグラウンドによってその都度規定される場合がほとんどです。
世代 両翼 センター
高校~プロ、少年野球、リトルシニア 76.199m以上 76.199m以上
学童軟式高学年部 70m 85m
学童軟式低学年部 70m 85m
ボーイズリーグ中学生部・小学生部 規定なし 規定なし
リトルリーグ 60.95m~68.6m 60.95m~68.6m
ポニーリーグ(シェットランド) 38.1m 53.34m
ポニーリーグ(ピント) 38.1m 53.34m
ポニーリーグ(マスタング) 53.34m 68.58m
ポニーリーグ(ブロンコ) 68.58m 83.82m
ポニーリーグ(ポニー) 80.772m 96.012m
ポニーリーグ(コルト) 91.44m 106.68m

インフィールドライン

インフィールドラインは内野の土と外野の芝生の境目、もしくは全面芝のグラウンドでは白線で引かれた円弧で、公認野球規則では芝生の線と表記されています。インフィールドラインは特にプレーやルールに関係せず、インフィールドフライの判定の目安にされることもありません。
世代 ピッチャープレートを中心とした半径
高校~プロ、少年野球 28.956m
ボーイズリーグ中学生部、リトルシニア
学童軟式高学年部 24.12m
学童軟式低学年部 規定なし
ボーイズリーグ小学生部 規定なし
リトルリーグ 規定なし
ポニーリーグ(シェットランド) 15.24m
ポニーリーグ(ピント) 15.24m
ポニーリーグ(マスタング) 15.24m
ポニーリーグ(ブロンコ) 19.812m
ポニーリーグ(ポニー) 24.384m
ポニーリーグ(コルト) 28.956m

ボールデッドラインまでの最短距離

ボールデッドラインまでの最短距離は通常ホームベースからバックネットまでの距離となります。少年野球では専用野球場を使用することは少ないため、全国規模の公式大会以外は目安程度の規格です。
高校~プロ、少年野球 18.288m以上
ボーイズリーグ中学生部、リトルシニア
学童軟式高学年部 12m以上
学童軟式低学年部 規定なし
ボーイズリーグ小学生部 規定なし
リトルリーグ 7.6m以上
ポニーリーグ(シェットランド) 6.096m
ポニーリーグ(ピント) 6.096m
ポニーリーグ(マスタング) 6.096m
ポニーリーグ(ブロンコ) 9.144m
ポニーリーグ(ポニー) 12.192m
ポニーリーグ(コルト) 15.24m

少年野球のピッチャーマウンドの規格

ピッチャーマウンドの大きさや、高さ、ピッチャープレートの大きさは、中学生年代のほとんどは一般サイズ、学童軟式や小学生年代のポニーリーグではひと回り小さいサイズが規定されています。
 (139609)

68 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

変化球の投げ方と握り方27選【変化球の球種を徹底解説】

変化球の投げ方と握り方27選【変化球の球種を徹底解説】

野球の変化球はストレート、カーブ、スライダー、シュート、フォーク、チェンジアップと多くの種類と系統があります。変化球を投げるとき、ボールの握り方や腕の振り方でボールの回転方向、回転数が変化し、軌道や緩急が生まれます。変化球は初心者には難しいのでまずはストレート、そしてカーブをマスターするのが大切です。
長崎 仁 | 1,042 view
サイクルヒットとは?野球の歴代の安打記録を解説!

サイクルヒットとは?野球の歴代の安打記録を解説!

サイクルヒットは、野球の1試合中に1人のバッターが単打・二塁打・三塁打・本塁打のすべてを1本以上打つと成立する記録で、日本プロ野球では69選手が延べ74回達成されています。サイクルヒットはとても希少性が高く、日本が誇るバッターのイチロー氏や松井秀喜氏も達成したことがありません。
MARUO KAZUHIRO | 276 view
竹バットとは?木製バットと金属バットの違いとメリットを解説!

竹バットとは?木製バットと金属バットの違いとメリットを解説!

竹バットとは、竹の製材を重ねあわせてできたバットのことです。竹バットはバッティング練習の必需品となるため、専門の企業があるほど、各メーカーが商品開発に力を入れています。竹バットと金属バットや木製バットには、価格や使うべき場面といった違いがあります。
21153114h | 475 view
バスターエンドランとは?具体的なやり方や意味などを解説!

バスターエンドランとは?具体的なやり方や意味などを解説!

バスターエンドランは、送りバントが想定される場面で有効な戦術です。バスターエンドランをやるときには、打者は最初バントの姿勢を取りますが、相手が前進守備を敷いたのを確認し、相手投手が投げたと同時にヒッティングに切り替えて意表をつきます。バスターエンドランは、攻撃側にとって賭けの攻撃ですが、成功するとチャンスが広がります。
野球のグラウンドの寸法とは?塁間・マウンドまでの距離やサイズ情報まとめ!

野球のグラウンドの寸法とは?塁間・マウンドまでの距離やサイズ情報まとめ!

野球のグラウンドには細かい寸法が決められています。グラウンドには、塁間やマウンドまでの距離、バッターボックスの大きさからグラウンドの広さに至るまで細かい決まりがたくさんあります。絶妙に設計された野球のグラウンドの寸法の知識を知れば、野球観戦がより一層楽しくなるでしょう。
Act | 17,912 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act