2020年8月22日 更新

少年野球のグラウンドの寸法とは?塁間・マウンドまでの距離やサイズ情報まとめ!

少年野球のグラウンドの寸法は、一般規格よりも1割から2割ほど小さいサイズが規定されています。ピッチャープレートからホームベースまで、塁間、バッターボックス周辺の規格は明確に規定されていますが、その他部分は明確に規定されてなく、一般サイズの野球場をそのまま使用することもあります。

23,891 view お気に入り 0
世代 マウンドの直径 マウンドの高さ
高校~プロ、少年野球 5.486m 25.4cm
ボーイズリーグ中学生部、リトルシニア
学童軟式高学年部 4.572m 25.4cm
学童軟式低学年部 規定なし 規定なし
ボーイズリーグ小学生部 規定なし 規定なし
リトルリーグ 規定なし 規定なし
ポニーリーグ(シェットランド) 2.7432m 規定なし
ポニーリーグ(ピント) 2.7432m 規定なし
ポニーリーグ(マスタング) 2.7432m 規定なし
ポニーリーグ(ブロンコ) 3.6576m 規定なし
ポニーリーグ(ポニー) 4.572m 規定なし
ポニーリーグ(コルト) 5.4864m 規定なし

少年野球のバッターボックス周辺の規格

バッターボックス周辺の規格は、少年野球、リトルシニア、ボーイズリーグ中学生部では一般サイズ、学童軟式ではひと回り小さいサイズが規定されています。

バッターボックス

バッターボックスは、学童軟式以外ではホームベースを挟んで73.68cm、学童軟式ではホームベースを挟んで64.1cmの間隔で描かれます。
 (139604)

高校~プロ、少年野球 121.9cm×182.8cm
ボーイズリーグ中学生部、リトルシニア
学童軟式高学年部 90cm×150cm
学童軟式低学年部 90cm×150cm
ボーイズリーグ小学生部 121.9cm×182.9cm
リトルリーグ 91.4cm×182.8cm
ポニーリーグ(シェットランド) 121.9cm×152.4cm
ポニーリーグ(ピント) 121.9cm×152.4cm
ポニーリーグ(マスタング) 121.9cm×152.4cm
ポニーリーグ(ブロンコ) 121.9cm×152.4cm
ポニーリーグ(ポニー) 121.9cm×152.4cm
ポニーリーグ(コルト) 121.9cm×152.4cm

キャッチャースボックス

キャッチャースボックスの長さは、ホームベースの先端からの距離で規定されています。
世代 長さ
高校~プロ、少年野球 243.8cm 109.2cm
リトルシニア、ボーイズリーグ中学生部
学童軟式高学年部 203.2cm 90.1cm
学童軟式低学年部 203.2cm 90.1cm
ボーイズリーグ小学生部 243.8cm 109.2cm
リトルリーグ 194cm 274cm※
ポニーリーグ(シェットランド) 243.8cm 109.2cm
ポニーリーグ(ピント) 243.8cm 109.2cm
ポニーリーグ(マスタング) 243.8cm 109.2cm
ポニーリーグ(ブロンコ) 243.8cm 109.2cm
ポニーリーグ(ポニー) 243.8cm 109.2cm
ポニーリーグ(コルト) 243.8cm 109.2cm
※リトルリーグのキャッチャースボックスは、ホームベースの先端をなす2辺を延長したラインを描くため、三角形のような形になります。

ダートサークル

ダートサークルはプロ野球で使用されるような前面に芝生が敷かれている球場での呼び方ですが、近年は内野が土の球場でもラインで描かれるようになりました。2007年の公認野球規則改正で、振り逃げに関するルールを明確にしたためです。
高校~プロ、少年野球 直径7.92m
リトルシニア、ボーイズリーグ中学生部
学童軟式高学年部 直径6.605m
学童軟式低学年部 規定なし
ボーイズリーグ小学生部 規定なし
リトルリーグ 規定なし
ポニーリーグ(シェットランド) 直径6.09m
ポニーリーグ(ピント) 直径6.09m
ポニーリーグ(マスタング) 直径6.09m
ポニーリーグ(ブロンコ) 直径6.09m
ポニーリーグ(ポニー) 直径6.09m
ポニーリーグ(コルト) 直径6.09m

少年野球のファールゾーンの規格

少年野球のファールゾーンには一般と同様にスリーフットライン、コーチスボックス、ネクストバッターズサークルがあります。

スリーフットライン

スリーフットラインは、ホームベースの先端と1塁ベースの末端までの中間地点から線が引かれます。また、1塁ベースの末端からさらに91.44cm奥まで引かれます。
高校~プロ、少年野球 13.72m
リトルシニア、ボーイズリーグ中学生部
学童軟式高学年部 11.5m
学童軟式低学年部 10.5m
ボーイズリーグ小学生部 11.43m
リトルリーグ 9.1m
ポニーリーグ(シェットランド) 7.62m
ポニーリーグ(ピント) 9.144m
ポニーリーグ(マスタング) 9.144m
ポニーリーグ(ブロンコ) 10.668m
ポニーリーグ(ポニー) 12.192m
ポニーリーグ(コルト) 13.72m

コーチスボックス

少年野球のコーチスボックスの規格は、団体ごとに様々なサイズが規定されています。
 (139605)

年代 長さ ラインからの距離
高校~プロ、少年野球 6.096m 3.048m 4.572m
リトルシニア、ボーイズリーグ中学生部
学童軟式高学年部 5.144m 2.54m 3m
学童軟式低学年部 規定なし 規定なし 規定なし
ボーイズリーグ小学生部 4m 2.5m 3m
リトルリーグ 2.44m 1.22m 1.829m
ポニーリーグ(シェットランド) 2.44m 1.22m 1.829m
ポニーリーグ(ピント) 2.44m 1.22m 1.829m
ポニーリーグ(マスタング) 2.44m 1.22m 1.829m
ポニーリーグ(ブロンコ) 3.66m 1.83m 2.743m
ポニーリーグ(ポニー) 3.66m 1.83m 3.658m
ポニーリーグ(コルト) 6.096m 3.048m 4.572m

ネクストバッターズサークル

少年野球のネクストバッターズサークルは、学童軟式野球を除き一般規格と同じサイズとしている団体がほとんどです。
68 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゼロポジションとは?野球の肩関節の負担を軽減する方法

ゼロポジションとは?野球の肩関節の負担を軽減する方法

ゼロポジションとはボールを投げるときに最も肩関節への負担が少ない肢位で、肩甲棘と上腕骨が一直線上になるタイミングです。野球の肩関節の負担を軽減する方法は、自分自身のゼロポジションを調べて肩回りのストレッチやキャッチボールで自分のものにしていくことです。
ノックバットの選び方とは?メーカー別おすすめバット徹底紹介15選

ノックバットの選び方とは?メーカー別おすすめバット徹底紹介15選

ノックバットは、ノックをたくさん打っても疲れにくくするために軽くて細く作られ、力を入れずに遠く飛ばすために長くしてあります。素材は、木と金属が使用され価格が安くて軽い木が主流です。ノックバットを選ぶポイントは、自分の技術に合わせて使いやすく疲れにくいバットを選ぶことです。
神主打法とは?落合博満の神主打法のメリットを解説!

神主打法とは?落合博満の神主打法のメリットを解説!

神主打法とは、神社の神主がおはらいをするように、打者がバットを体の横や正面で構えて打つバッティングです。神主打法の代表的な選手は3度三冠王に輝いた球界のレジェンドの落合博満が有名で、一般プレーヤーも神主打法のメリットを取り入れることで、長打力やミート力を上げることが可能です。
プロ野球のマジックとは?優勝までマジックナンバーをわかりやすく解説!

プロ野球のマジックとは?優勝までマジックナンバーをわかりやすく解説!

プロ野球のマジックとは、ペナントレースであと何勝すると優勝が確定するかを示す数字で、マジックナンバー・優勝マジックとも呼ばれています。日本のプロ野球では自チーム以外の5球団に自力優勝の可能性が消滅したときから使われ、日々減少していく優勝までのカウントダウンの役割を果たしています。
パスボールとは?野球の捕逸と呼ばれるルールをわかりやすく解説!

パスボールとは?野球の捕逸と呼ばれるルールをわかりやすく解説!

野球のパスボールとはキャッチャーのエラーで、捕球ミスをすることで走者に進塁を許すことを意味するルールです。ワンバウンドのボールは投手の暴投を指すワイルドピッチが記録されます。野球の試合では、パスボールとワイルドピッチは見極めが難しく、振り逃げではパスボールが記録されないケースもあります。
zkmy90 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act