Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. 神奈川県の軟式野球の強い...
神奈川県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング7校!

神奈川県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング7校!

神奈川県で軟式野球の強い中学校は、2020年全日本少年春季神奈川県大会優勝の川崎市立大師中学校や同大会準優勝の鎌倉学園中学校です。中体連主催の全国中学校軟式野球大会神奈川県予選では、公立中学校の優勝が2000年代以降大きく目立ち、私立中学の硬式野球部の多くは低迷の傾向にあります。

2021.12.16 野球

神奈川県の中学の軟式野球の強さとは?

 (212119)

神奈川県の中学の軟式野球の強さは全国大会レベルより低く、神奈川県代表の強豪校が関東大会で敗れ、全国大会出場を逃すことが多い傾向にあります。

一方、神奈川県代表は1980年の全国中学校軟式野球大会で横浜市立潮田中学校が優勝、ハマの甲子園と名高い1989年の全日本少年軟式野球大会で桐蔭学園中学校が優勝を果たしました。2020年以降は常勝の続く鎌倉学園中学校や川崎市立大師中学校の活躍が期待されます。

神奈川の中学野球の情勢

神奈川の中学野球では、市立中学校の軟式野球部が最も台頭しています。公立の中学校に勢いがある理由は、リトルリーグ経験者が中学校の部活動でなく参加大会の異なる硬式の強豪シニアクラブチームに所属することや、私立中学の部活動が公立中学に比べて盛んでないことにあります。

神奈川では野球部の強さに地域差がなく、2019年の各種県大会では川崎地区・鎌倉地区・相模原地区の代表校がそれぞれ上位の成績を収めました。

神奈川の私立中学の硬式野球情勢

 (211830)

神奈川の私立中学で硬式野球部の強い学校は、神奈川県の私学大会で優勝した山手学院中学と全日本少年春季大会の県大会予選で準優勝をした鎌倉学園中学の2校です。

神奈川県では、甲子園常連である桐蔭学園高校や東海大相模高校の付属中学校をはじめ24校の私立中学校に硬式野球部が存在しますが、野球部員の数が少なかったり高校と比べて部活動に割く時間が少なかったりする理由から多くの学校で好成績を残すに至っていません。

神奈川の軟式野球の強い中学ランキング第7位

鎌倉市立大船中学校

 (211467)

国公私立 公立
所在地 神奈川県鎌倉市大船4-1-25
全日本少年春季大会
全国中学校軟式野球大会 2019年:神奈川県大会3位
主なOB選手
鎌倉市立大船中学校は、2019年の神奈川県大会で3位を獲得した公立中学校です。大船中学校野球部の活動方針は共通の目標に向かい団結・協力することで、毎週金曜日を部活動優先の日と位置付け、少ない練習時間と限られた活動場所を最大限に生かした練習を心がけています。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

神奈川の軟式野球の強い中学ランキング第6位

山手学院中学校

 (212017)

国公私立 私立
所在地 神奈川県横浜市栄区上郷町460
全日本少年春季大会
全国中学校軟式野球大会
主なOB選手
山手学院中学校は、2019年横浜市中学校秋季大会優勝・2009年横浜市中学校総合体育大会準優勝の実績をもつ私立の中学校です。2020年には神奈川県私立中学校野球大会で5度目の優勝を果たし、私立中学の軟式野球部でトップクラスの強さを誇ります。山手学院野球部の目標は、横浜市大会優勝とNO.1にふさわしい中学生になることで、打って投げるだけでない野球は面白いと思える頭を使った野球を目指しています。

神奈川の軟式野球の強い中学ランキング第5位

小田原市立城北中学校

 (211469)

国公私立 公立
所在地 神奈川県小田原市栢山 2888番地
全日本少年春季大会 2019年:神奈川県大会準優勝
全国中学校軟式野球大会
主なOB選手
小田原市立城北中学校は、2019年の全日本少年春季大会神奈川県予選で準優勝を成し遂げた市立の強豪中学です。城北中学校の野球部では、下位打線まで積極的にバットを振る・打てる攻撃型野球の目標や打撃のみに集中する練習日の設置を監督の指示や強制でなく選手たち自らが話しあいで定めています。

神奈川の軟式野球の強い中学ランキング第4位

相模原市立新町中学校

 (211470)

国公私立 公立
所在地 神奈川県相模原市南区相模大野 9-14-1
全日本少年春季大会 2019年:神奈川県大会優勝
全国中学校軟式野球大会 2019年:神奈川県大会ベスト8
主なOB選手 菅野智之:読売ジャイアンツ
相模原市立新町中学校は、読売ジャイアンツの菅野智之投手の母校として有名な野球の名門中学校です。野球部は県大会でベスト8以上の好成績を収めることが多く、全国大会に1999年と2019年の2回出場を果たしました。チームの目標は全国制覇で、勝って拍手をもらえるチームになることを目指して練習に励んでいます。

神奈川の軟式野球の強い中学ランキング第3位

横浜市立東山田中学校

 (211471)

国公私立 公立
所在地 神奈川県横浜市都筑区東山田2-9-1
全日本少年春季大会
全国中学校軟式野球大会 2019年:神奈川県大会準優勝
主なOB選手
横浜市立東山田中学校は、横浜市内の中学硬式野球部でトップクラスの強さを誇る公立中学校です。2019年には、神奈川県大会で準優勝・横浜市中学校総合体育大会で優勝・関東大会出場と輝かしい成績を多数残しました。野球部は、学校目標のさまざまな面から自己を磨く生徒を体現すべく、自律的に練習に勤しんでいます。

神奈川の軟式野球の強い中学ランキング第2位

鎌倉学園中学校

 (211826)

国公私立 私立
所在地 神奈川県鎌倉市山ノ内110
全日本少年春季大会 2020年:神奈川県大会準優勝
全国中学校軟式野球大会
主なOB選手 金子裕:元プロ野球投手
鎌倉学園中学校は1920年代から続く伝統ある中高一貫の名門男子中学校で、野球部は1930年代にプロ野球選手を輩出した強豪です。2000年代以降も野球部は強く、全国制覇を目標に2006年の神奈川県大会で準優勝、2020年には春季大会県予選準優勝・全国大会の出場の好成績をあげています。

進学先の鎌倉学園高校には、2020年関東大会べスト8の硬式野球部があり、卒業後も強い野球部に所属することが可能です。

神奈川の軟式野球の強い中学ランキング第1位

川崎市立大師中学校

 (212330)

国公私立 公立
所在地 神奈川県川崎市川崎区大師河原2-1-1
全日本少年春季大会 2020年:神奈川県大会優勝
全国中学校軟式野球大会
主なOB選手
川崎市立大師中学校は、2010年に県大会ベスト8、2020年に県大会優勝を果たした強豪の公立中学校です。大師中学校の野球部の特徴は、公立には珍しく日常の練習場所が校外にあることで、別の部活と競合する校庭ではなく多摩川河川敷の本格的なグラウンドを父母会が予約し使用します。野球部は百戦錬磨・県大会上位進出を礎に、恵まれた環境下で堅実な守備力と機動力の向上を目的とした実戦練習と自主練習に励んでいます。

神奈川県の軟式野球が強い中学校を語ろう

 (211829)

神奈川県は実績と実力を兼ね備えた軟式野球部のある公立中学校が充実し、私立中学の軟式野球部も関東大会で上位に食い込む実力を兼ね備えています。

神奈川の中学硬式野球の魅力は、設備や資金の整った私立が台頭する高校野球と比べ、実績のない公立中学校も予選を勝ち抜いたり全国大会に出場できたりすることです。頭脳派の私立中学も工夫と努力で勝ち抜く公立中学も、どちらも魅力的な神奈川の中学軟式野球部から目が離せません。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。