2021年3月13日 更新

京都府の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

京都府の軟式野球の強い中学校は、2014に京都秋季三大会で優勝した洛星中学校や2018年京都府総体で優勝した寺戸中学校です。京都府の中学野球は全日本少年軟式野球大会で都道府県別の優勝回数が3回の実績があり、公立私立問わず好成績を残している中学校が多いです。

8,430 view お気に入り 0

京都府の中学の軟式野球の強さとは?

 (224245)

京都府の中学の軟式野球は、全日本少年軟式野球大会で都道府県別の優勝回数が3回の成績を残しています。京都都府の中学校は所在地別に丹後地区、京都市、中丹地区、山城地区、口丹波地区に分類され、地区ごとに一年中野球大会が開催されるため、試合経験が豊富な選手が多いです。京都府の軟式野球はボーイズの強豪チームがあり、文部科学大臣杯第10回記念全日本少年春季軟式野球大会を制した西京ビッグスターズが有名です。

京都府の中学野球の情勢

年度 京都府中学校総体
京都府中学生野球秋季野球大会
2015年 詳徳中学校 報徳学園中学校
2016年 桂中学校 浜松ケイスポーツBC Jr
2017年 園部中学校 阪神選抜
2018年 寺戸中学校 阪神選抜
2019年 青葉中学校 報徳学園中学校
2020年 中止 不明
京都府の中学野球の情勢は、公立中学校も私立中学校も強く、京都府で開催される中学校総体の優勝校が毎年入れ替わるレベルの高さで知られています。令和2年に開催された第33回京都府中学校野球秋季大会では、私立の洛星中学校が優勝、公立の寺戸中学校が準優勝でした。

また文部科学大臣杯全日本少年春季軟式野球大会日本生命トーナメントでは、クラブチームの西京ビッグスターズが2012年と2019年に優勝しました。

京都府の中学野球の試合

京都府で行われる主な中学野球の試合とは、京都府大会夏季大会と秋季大会、京都府中学校総合体育大会軟式野球の部です。各地区では、地区内ごとや市単位で主管する春季大会や夏季、新人大会が開催されます。府大会には、地区大会で成績の良く推薦を受けた中学校の出場です。
京都府大会で勝ち上がった中学校が、近畿大会や全国大会に進みます。京都市秋季大会3位校は、近畿大会の六都市大会の出場権を獲得します。

京都府の中学野球のクラブチームの情勢

京都府の中学野球のクラブチームは、中学校を破り全日本少年大会の地域代表に選ばれることが多いです。代表的なクラブチームは、全日本少年大会の地域代表に選ばれた西京ビックスターズや全京都少年軟式野球選手権大会で寺戸中学を破った篠少年野球クラブです。
そのため京都府の軟式野球で全国大会に出場したい中学生の中には、学校の軟式野球部に入部せず、軟式野球の強いクラブチームに参加するケースも少なくありません。

京都府の軟式野球の強い中学ランキング第10位

二条中学校

 (219623)

国公私立 公立
所在地 京都府京都市上京区竹屋町通千本東入主税町911
全日本少年春季大会 なし
京都府中学校野球秋季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 なし
主なOB選手 なし
二条中学校の軟式野球部は、2020年の第70回京都市中学校野球秋季大会(二次戦)で3位、2020年文部科学大臣杯で優勝した名門中学校です。二条中学校は、2020年の上京スポーツ奨励賞に選ばれました。他校との練習試合を頻繁に行い、実践経験を多く積んでいます。週末の練習はグラウンドにてサッカー部と場所を譲りながら、陸上部の顧問に走り方の指導を受けて熱心に行われてます。

京都府の軟式野球の強い中学ランキング第9位

大宮中学校

★学校の様子 - 京丹後市立大宮中学校 (219628)

国公私立 公立
所在地 京都府京丹後市大宮町口大野216
全日本少年春季大会 なし
京都府中学校野球秋季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 なし
主なOB選手 なし
大宮中学校の軟式野球は、2018年の京丹後市中学校秋季体育大会軟式野球の部で優勝の好成績を残しました。第31回丹後ブロック中学校総合体育大会軟式野球の部では、準優勝の宮津中学校に敗れて3位でした。
大宮中学校は施設分離型の小中一貫教育で、心身を鍛え、活動的な子どもの育成を目指しています。練習は原則週2回休養日を設け、疲れが出ないように計画的に実施されています。

京都府の軟式野球の強い中学ランキング第8位

南桑中学校

学校概要 (219636)

国公私立 公立
所在地 京都府亀岡市薭田野町太田丸橋1
全日本少年春季大会 なし
京都府中学校野球秋季大会 なし
全国中学校軟式野球大会 なし
主なOB選手 なし
南桑中学校の軟式野球部は、2020年亀岡市新人大会準優勝の強豪校です。2019年京都府中学校総体では、2位でした。野球部の活躍が認められ、京都の野球強豪高校に進学したOBも少なくありません。
南桑中学校ではつながりを大切にして、部活動が行われています。基本となる身体の使い方や走り方は地域の接骨院の先生から学び、強い中学校になるため保護者や地域での力強い応援とサポートを受けています。
68 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

新潟県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

新潟県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

新潟県の軟式野球の強い中学校は、全国大会に出場をかけた新潟県総合体育大会の優勝校、燕吉田中学校や本丸中学校です。しかし、新潟の中学校の軟式野球大会は、公立中学校の出場校がほとんどで毎年優勝校が違うことから、どの中学校も優勝の可能性があります。
船橋市の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング7校!

船橋市の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング7校!

船橋市内の野球が強い中学校は、全国大会ベスト8の実績がある七林中学校、千葉県大会で準優勝の成績をおさめた宮本中学校、全国大会出場を決めた船橋中学校です。特に七林中学校は、中学野球専門誌に特集されるほどの実力で、全国的にも注目されています。
栃木県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

栃木県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

栃木県の軟式野球が強い中学校は2019年県総合体育大会で優勝した小山城南中学校と準優勝の南河内第二中学校です。この2強を追うのが2019年東日本少年軟式野球大会栃木県代表の南河内中学校と2019年県春季体育大会で優勝した大平南中学校です。2019年県少年野球大会で優勝した益子中学校も注目されています。
埼玉県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

埼玉県の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

埼玉県の中学軟式野球の強い学校は、関東大会で優勝経験のある川口市立青木中学校や県大会での優勝回数が多い羽生市立東中学校です。埼玉県内の中学軟式野球のレベルはどの学校もほとんど差がなく、県大会出場をかけた地区大会の予選から激しい混戦が続いています。
鹿児島の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

鹿児島の軟式野球の強い中学校とは?強豪中学ランキング10校!

鹿児島県の軟式野球が強い中学校は、全国大会優勝経験のある私立の鹿児島育英館中学校の活躍が目立ちます。公立中学校の中では、2003年の全日本少年軟式野球鹿児島県予選大会で優勝している霧島市立国分南中学校や2018年の全日本少年春季大会に出場している姶良市立加治木中学校の活躍にも注目です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

さとひろろ さとひろろ