Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 野球
  4. >
  5. 野球グローブのおすすめ1...
野球グローブのおすすめ10選!グラブの人気メーカーの特徴とは?【硬式用】

野球グローブのおすすめ10選!グラブの人気メーカーの特徴とは?【硬式用】

野球グローブのおすすめしたい選び方は、見た目よりも自分のポジションや手のひらのサイズと合わせ、開閉しやすく捕球しやすい野球グローブを選ぶことです。メーカー別に特徴が違うので自分の好みに合うメーカーから探したり、好きなプロ野球選手のかっこいいモデルから探したりすることもおすすめです。

2021.12.16 野球

Writer

poporof

公式ライター
poporof

球技好きで、特にプレミアリーグを中心に海外サッカー好きです。国内ではプロ野球好きで、両方とも30年以上の観戦歴があります。知っていると観戦がより楽しめる情報をお伝えしていきます。

野球グローブのおすすめしたい選び方

 (254648)

野球グローブは、見た目だけで選ぶと必ず失敗するため確実に自分のポジションとサイズに合わせたグローブを選びましょう。野球グローブは、ポジション別に作られていますので間違うと使えなくなる可能性があり、サイズも自分の手のひらに合ってなければ非常に使いづらくなります。

野球グローブのデザインは、かっこいいだけではなく機能性を考えてデザインされ、ボールを補給する網目の違いも意味があるため注意して選びます。

野球グローブのポジション別での選び方

ポジション 使用グローブ
ピッチャー ピッチャー用グローブ
キャッチャー・ファースト キャッチャーミット
ファーストミット
内野手 セカンド用グローブ
サード用グローブ
ショート用グローブ
外野手 外野手用グローブ
オールラウンド オールラウンド用グローブ
野球グローブは、ポジション別で特性に合わせて作られ大きく分類すると5種類、細かく分類すると8種類です。ピッチャー用は外からボールが見えなく作られ、内野手用は素手に近い感覚で捕球しやすくボールをすぐに持ち替えて送球しやすく作られ、外野手用はフライを取りやすく大きく長く作られています。

キャッチャーやファーストは、強いボールを捕球する機会がかなりあるため耐久性が高い専用ミットを使用します。

ピッチャー用

 (253241)

ピッチャー用は、外からボールが見えなくするためウェブ部分が覆われて、指カバーが付いているのが特徴です。バッターから握り方や指の動きを見えなくして、球種を分からなくします。ポケットも深い方が、ボールが握りやすくて投球のクセが分かりづらくなります。

ピッチャーは、投球することが重要で守備機会があまりなく投球に負担にならないために軽めのグローブを選びましょう。

キャッチャー・ファースト用

 (254649)

キャッチャーやファーストは、ピッチャーからの投球や内野手からの送球を捕球する機会が多いので専用のミットを選びます。グローブとミットの違いは、グローブは手袋と同様5本の指が別々に分かれていますが、ミットは親指と残りの4本の2つに分かれています。

キャッチャーは、必ずキャッチャーミットを使用しキャッチャー以外では使用できません。耐久性を求められるため、軽くて強いミットを選びましょう。

内野手用

 (253244)

内野手用は、捕球しやすく捕球後もすぐボールを握り送球するため、素手の感覚に近い柔軟性のあるグローブを選びます。セカンド用は、捕球後すぐにショートやファーストに送球することが多いのでポケットが浅く狭く作られることが多く、サード用は強い打球を処理するためポケットが深く作られることが多いです。

ショート用は、セカンド用とサード用の中間で強い打球の処理と素早い送球に対応し内野全体で使えます。

外野手用

 (254650)

外野手用は、内野手用が打球の横の動きに対応していることに対し、打球の縦の動きに対応し走りながらフライやゴロをキャッチする機会が多いため大きく長くする必要があります。走るスピードを落とさずに低いゴロを捕球し、持ちかえて遠いサードやキャッチャーに速い送球するためには、長いグローブだからこそ可能です。

フライやライナーの捕球時に衝撃をやわらげるため、ウェブでショックを吸収できるグローブがおすすめです。

オールラウンド用

 (254651)

オールラウンド用は、硬式初心者やポジションが決まっていない人におすすめです。中学生や高校生になり硬式野球をはじめ、内外野両方守る可能性がある場合はオールラウンド用にしておき、ポジションが決まってきたら各ポジション用のグローブを使用しましょう。

野球グローブのサイズでの選び方

野球グローブのサイズは、小学生向けのジュニア用と中学生以上の一般向けの2種類あります。大手メーカーでは、ジュニア用は身長を目安に細かく分類されていて、一般用はポジション別で細かく分類されています。手のひらや指の長さにフィットするサイズを選ぶことが重要です。

身長目安はあくまでも参考ですので、身長と手のひらの大きさはおおよそ比例しますが指の長さは個人差があり、注意が必要です。

ジュニア用

表示サイズ
(ミズノ・ゼット)
身長目安 対応学年目安
SS -120cm 小学生1-2年生向け
S 120cm-135cm 小学生1-3年生向け
M 130cm-145cm 小学生2-4年生向け
L 145cm-155cm 小学生4-6年生向け
LL 155cm- 小学生5-6年生向け
野球グローブのサイズは、小学生はジュニア用から選びます。小学生の場合は、グローブを選ぶときにサイズを最優先にして選び、手のひらにフィットする操作しやすいグローブを選びます。硬式のジュニア用は、オールラウンド型が主流でポジション別に分かれたグローブはあまり販売されていません。

サイズの目安表は、あくまでも参考でメーカーごとに違うことに注意し、大きくないグローブを選びましょう。

一般用

表示サイズ(アシックス) センチ(cm) 適正ポジション
サイズ4 28.0 内野手
サイズ5 28.5 内野手
サイズ6 29.0 投手・内野手
サイズ7 29.5 投手・内野手
サイズ8 30.0 投手・内野手
サイズ9 30.5 投手
サイズ10 31.0 投手
サイズ11から14 31.5から33.0 外野手
野球グローブのサイズは人差し指の先から土手部の下までの長さ
野球グローブのサイズは、中学生以上は一般用から選びます。野球グローブの一般用サイズの選び方は、中指の先から手首までの長さが17㎝から20㎝ほどの成人男性標準だと一般用サイズでどれでも問題なく使用できます。メーカーのサイズ表記は、守備位置適正を表していて手の長さに合わせたサイズではないので注意が必要です。

野球グローブは、実際に着用して手のひらにフィットし指先が届いているか確認することも大事です。

野球グローブのデザインでの選び方

 (254652)

野球グローブは、カラーリングやウェブデザインのバリエーションが豊富ですので自分の好みに合ったデザインを選びましょう。中学生・高校生で公式戦に出場する場合は、所属連盟ごとにカラーの規定がありますので必ず確認してから購入しましょう。ウェブはポジションの特性に合わせて違いがあるため、見た目だけで選ばないでください。

欲しいデザインのグローブがなければ、オーダーメイドで自分の好み通りに作成できます。

カラーリング

連盟 野球グローブ本体のカラー規定
日本リトルシニア中学硬式野球協会 際立った色(真っ赤や白等)は認めない
日本少年野球連盟 白・灰色・シルバーは認めない
日本高等学校野球連盟 ブラウン系・オレンジ系・ブラックのみ認める
全日本大学野球連盟 白・灰色・シルバーは認めない
日本野球連盟公認規則 白・灰色・シルバーは認めない
野球グローブは、さまざまなカラーの種類が販売されていますが公式戦に出場する場合はカラーの規定があるので要注意です。高校生では、ブラウン系・オレンジ系・キャメル系・ブラックが認められツートンは禁止です。硬式の場合は、連盟ごとに規定の違いがあるため必ず確認してから選びましょう。

規定と関係ない場合は、赤や黄色、ピンクの派手系や縫い糸やしめ紐の色違いみたいな、おしゃれで個性的なグローブを選べます。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

ウェブのタイプ

 (254653)

ウェブとは、グローブの網のことで機能性とデザインを考えて作られ、ポジションも関係あり基本形は4種類あります。

・ウェブの周りに紐通しの耳が付いているピッチャー・内野手向けのバスケット系ウェブ
・十字の形で修繕しやすい内野手・外野手向けのトンボ系ウェブ
・Hを横向きにした内野手用のHベルト系ウェブ
・フライやライナーの衝撃を吸収する外野手用のレーシング系ウェブ

4種類の基本形からさまざまなバリエーションがあり好みで選べます。

オーダーメイド

 (254654)

野球グローブは、自分の好み通りのデザインにできるオーダーメイドがあります。市販品では、好みのデザインが見当たらない人や、世界に1つだけの自分に合ったグローブを使用したい人にはおすすめです。市販品と比べ高額になり、納期はメーカーごとに違いますが30日から240日ほどかかるため事前に計画を立ててから購入します。

オーダーメイドでは、大切な言葉や人の名前みたいな好きな言葉を刺繍で入れることも可能です。

野球グローブのおすすめメーカーの特徴とは?

 (253277)

野球グローブのメーカーは、国内で購入できるメーカーでも30社以上あります。メーカーごとに特徴が違うので、自分に合った特徴を持つメーカーを見つけることも選び方では大切です。ミズノやゼットは、質も高くバリエーションが豊富で初心者からプロまで人気が高い選びやすいメーカーです。

久保田スラッガーは、野球選手には有名なメーカーで技術力が高く使いやすくてとても人気があります。

ミズノの野球グローブ

ミズノは、野球用品国内シェア1位の最大手で革の品質が高くバリエーションが豊富なことが特徴です。ミズノは、プロ野球選手と多数契約し、プロモデルは高価ですが非常に革の品質が高く、手にフィットして捕球しやすいです。初心者向けの安価なモデルや、お手頃価格のブランドもあり幅広く取り揃えています。

グローブ選びに迷っている人や、安い価格で扱いやすいグローブを探している人はミズノを選べば間違いありません。

ゼットの野球グローブ

ゼットは、ミズノに次いで野球用品で人気があるメーカーで、野球グローブは革ひもから選び抜くほど革にこだわり、耐久性が高く素手に近いフィット感が特徴です。プロ野球選手もバッテリーを中心に使用している選手が多く、革の中でも厚みのある質の高い部分を使用し、しなやかさと長持ちする丈夫さを兼ね備えています。

捕球面の革の使い方に特徴があり、素手に近いフィットした感覚を生みだし捕球や送球しやすくしています。

久保田スラッガーの野球グローブ

久保田スラッガーは、野球グローブにかなりこだわりがあるメーカーで、全て手作業で作られる品質の高さと手になじむ柔らかさが特徴です。内野手用グローブはプロ・アマ問わずとても人気で、軽くて捕球する部分が広いため難しい打球でも処理しやすく、持ちかえて送球する動作もスムーズにできます。

久保田スラッガーは湯もみ型つけの元祖で、新品でも柔らかくすぐに使用でき手になじみやすいです。

野球グローブのおすすめ10選

 (253286)

野球グローブは、30社以上のメーカーから多数のモデルが販売されています。多数ある野球グローブの中から、人気メーカーでプロ野球選手も愛用しているかっこいいおすすめの野球グローブを選びました。

選んだ以外でも中学生・高校生に人気のあるプロ野球選手が契約しているウィルソン・アディダス・玉澤とまだまだ人気メーカーはあるため、野球グローブを選ぶときの1つの参考にしてください。

ミズノ:ミズノプロ

 (252597)

メーカー ミズノ
商品名 ミズノプロCRAFRTEdition
ポジション 内野手用
サイズ 9
カラー オレンジ系
素材 プレキシーキップレザー
使用プロ野球選手 坂本勇人(読売)
ミズノプロは、野球用品シェア1位のミズノの中でこだわりぬいた素材を使用する最高級ブランドで、北部ヨーロッパ産の子牛を中心とした上質の革を使用し、国内で職人が仕上げた手にフィットして使いやすいグローブです。ミズノプロの野球グローブは、プロ野球選手50名以上と契約し使用され、中学生・高校生には憧れのブランドです。

高価格ですが、耐久性が高いので長く使用する方にとってはコストパフォーマンスに優れています。

ゼット:プロステイタス

 (252792)

メーカー ゼット
商品名 プロステイタスBPROG560
ポジション セカンド・ショート用
サイズ 4
カラー 全15色
素材 プロステイタスレザー
使用プロ野球選手 源田壮亮(西武)
ゼットは、ミズノに次ぐ人気のメーカーでプロステイタスは革が高品質な最上級グレードです。ヨーロッパから入荷された牛皮から5%ほどしか取れない厳しい選定基準をクリアした成牛革のみ使用し、素手感覚のしなやかさと型くずれしづらい耐久性を追求しています。

プロ野球選手が多数使用し、常に選手の声をフィードバックしてトッププロが使いやすい新しいスタイルのグローブを製作しています。

SSK:プロエッジ

 (252832)

メーカー SSK
商品名 プロエッジssk-108
ポジション 外野手用
サイズ 8L
カラー レディッシュブラウン
素材 ロイヤルカウレザー
セームレザー
使用プロ野球選手 中村晃(福岡ソフトバンク)
SSKは、ミズノ・ゼットと共に3大大手野球用品メーカーでプロエッジはプロ野球選手が使用する最上級グレードモデルです。SSKは、国内のプロ野球選手と初めてアドバイザー契約をしたメーカーで、NPBやメジャーリーグの選手と多数契約して声を聞きながら開発しています。

プロエッジは、軽さとしなやかさが特徴で手のフィット感にこだわりがあり、外野手用は操作性が抜群でコントロールしやすいです。

久保田スラッガー:KSG

 (252838)

メーカー 久保田スラッガー
商品名 KSG-T1
ポジション セカンド・ショート用
サイズ 手袋24㎝から25㎝
カラー オレンジ
素材 日本製ステア
使用プロ野球選手 鳥谷敬(千葉ロッテ)
久保田スラッガーの野球グローブは、革が柔らかくて軽く内野手に人気があることが特徴です。革が柔らかく軽いので、手にフィットしやすくボールを持ちかえやすいため、内野手の愛用者が多くプロ野球選手との契約も全員名手の内野手です。軽い分、革がやや薄く耐久性もやや低くなります。

久保田スラッガーは、グレードに分かれることなく全てのグローブが品質の高い革から作られていて、安い価格のモデルはありません。

ローリングス:プロプリファード

 (252907)

メーカー ローリングス
商品名 プロプリファードGH1FPRCK4
ポジション 内野手用
サイズ 11.5
カラー キャメル・オレンジ
素材 カナディアンキップレザー
ジャパンHOHレザー
使用プロ野球選手 岡本和真(読売)
ローリングスは、アメリカで1887年創業の老舗メーカーでメジャーリーガー300人以上が使用する、野球グローブの種類が豊富なメーカーです。野球グローブのグレードは、プロプリファードを筆頭に7種類あり初心者からプロの選手まで満足できるラインナップです。

プロプリファードは、革にこだわりしなやかさと耐久性の高さを両立させたモデルで、最新技術を投入し捕球から素早く投球できる魔導グローブも発売されました。

ハタケヤマ:TH-Pro SERIES

 (252912)

メーカー ハタケヤマ
商品名 PRO-M62VO
ポジション キャッチャー用
サイズ 約31㎝
カラー オレンジ
素材 スペシャルジャパンハイド
和牛革ブラック
使用プロ野球選手 甲斐拓也(福岡ソフトバンク)
ハタケヤマは、キャッチャーミットを中心に力を入れたメーカーで硬くて耐用性が高いことが特徴です。革が硬い理由は、厳選された上質の和牛の革を使用し、使い慣らすまでは時間がかかりますが1度使い慣らしてしまえば型崩れせず使いやすい状態を長期間維持するため硬くしています。

強度を高めたり、捕球した衝撃を吸収して軽減させたり、常に力のあるボールを多く捕球する必要があるキャッチャーミットにこだわった作りです。

アシックス:ゴールドステージ

 (252926)

メーカー アシックス
商品名 ゴールドステージ3121A640
ポジション ピッチャー用
サイズ 8
カラー ブラック
素材 GSグランドレザー
使用プロ野球選手 大谷翔平(エンゼルス)
アシックスは、野球用品ブランドの事業開始は2013年ですが長年ローリングスと提携していた信頼と実績があり、最新技術を次々と取り入れ種類の豊富さが​特徴のメーカーです。捕球しやすくするために、指を1本ずつ小指側にずらしたハイクラッチ構造や複数ポジション兼用グローブと新技術を追求して開発しています。

ゴールドステージは、軽さと操作性を追求した最上級グレードモデルで日本を代表する選手達に愛用されています。

アンダーアーマー:アンディナブル

 (252943)

メーカー アンダーアーマー
商品名 アンディナイアブル1355571
ポジション 外野手用
サイズ 32㎝
カラー オレンジ
素材 ステア
使用プロ野球選手 柳田悠岐(福岡ソフトバンク)
アンダーアーマーは、スポーツウェアで有名なメーカーですが野球用品でも球界を代表する選手が使用し、野球グローブは柔らかくて扱いやすいことが特徴です。野球グローブのグレードは2種類だけで、アンディナイアブルは上級グレードでしっとりとした張りのある柔らかさで手にフィットします。

アンダーアーマーは、デザインに凝っている野球グローブもあり、個性的なかっこいい野球グローブを求めている人におすすめです。

アイピーセレクト:アルモニーア

 (252950)

メーカー アイピーセレクト
商品名 アルモニーアエクセレントコレクション
ポジション 投手用
サイズ 30㎝
カラー オレンジ
素材 キップレザー
使用プロ野球選手 山本由伸
アイピーセレクトは、デザイナーが立ち上げた野球用品メーカーで野球グローブのデザインが美しいことが特徴です。アイピーセレクトは、革の品質が高いメーカーでカラーリングもかっこよくフォルムも美しくて、元横浜Denaの筒香選手が使用して有名になり人気になりました。

アルモニーアは、ヨーロッパ産の子牛で上質の革を使用し柔らかくて手にフィットしやすく、グローブと体の連動を意識して作られています。

ドナイヤ:DJIM

 (252981)

メーカー ドナイヤ
商品名 DJIM
ポジション 内野手用
サイズ 29㎝
カラー ライトブラウン
素材 ステアハイド
使用プロ野球選手 山田哲人(ヤクルト)
ドナイヤは、野球グローブのみのメーカーで社長1人自ら全てのグローブを検品し高品質を維持しています。素材は、全製品に最高品質の革を使用し、素手感覚で操作しやすいことが特徴です。プロ野球選手が、市販品を自費で購入して使用していたことで、品質のよさが伝わり人気になりました。

通常のメーカーは、プロ用と市販用では多少質を落としますが、ドナイヤではプロと品質が同じ製品を中学生・高校生でも使用できます。

野球のグローブのお手入れ道具

 (253730)

野球グローブのお手入れは、汚れを落としてきれいに見せるためためだけではなく、革に油分を保ちい状態を維持することで、捕球しにくくなるのを防ぎます。野球グローブのお手入れは、ブラシで土やほこりの汚れを落としレザーローションやクリーナーで、革の汚れを落とします。

野球グローブがきれいになったら、グローブ用オイルを乾燥している部分に塗り、乾かしてから仕上げで全体を拭きましょう。

汚れ落としブラシ

 (253202)

メーカー ローリングス
商品名 汚れ落としブラシ
素材 豚毛・天然木
サイズ 縦5.3㎝・横10.5㎝
原産国 中国製
野球グローブのお手入れの基本はブラシで汚れを落とすことからです。ブラシは、グローブやシューズ用で500円ほどから販売され、細かい部分の汚れ落としに古い歯ブラシがあると便利です。捕球面やウェブだけでなく全体的に土や砂、ほこりを落としていきます。

革ひもが通っている部分や指股は、ほこりがたまりやすいので念入りに汚れを落とします。ローリングスのブラシは、リーズナブルで持ちやすく使いやすくて人気です。

レザーローション

 (253203)

メーカー ホワイトプロダクト
商品名 ホワイトベアレザーローション
素材 石油溶剤・ワックス類・アニオン系界面活性剤
内容量 80ml
原産国 日本製
野球グローブの汚れをブラシで落としたら、次はレザーローションやクリーナーで革の汚れを落としてオイルをなじみやすくさせます。レザーローションやクリーナーを少量スポンジで取って、グローブ全体に塗り浮き上がった汚れを布で拭き取りましょう。布は、タオルや雑巾でも構いません。汚れがひどいときには、こすり落としてください。

ホワイトベアは、汚れ落ちが抜群によく艶が出て愛用者が多いレザーローションです。

グローブ用オイル

 (253868)

メーカー ミズノ
商品名 カラーストロングオイル
素材 鉱物性油脂・動物性油脂
内容量 固形55g
原産国 日本製
野球グローブのお手入れは、汚れを落としてきれいにしたらグローブ用オイルを塗ります。グローブ用オイルは、天然革の油分を補給して革の質を保ち使いやすさを維持します。グローブ用オイルは、塗る量が多いとグローブが重くなるため、少量を薄く油分の抜けている部分に塗りましょう。

時間が経過して乾いたら、きれいな布で全体的に拭き取ると艶が出ます。ミズノのストロングオイルは、革製品全般で使用され人気です。

お手入れセット

 (253725)

メーカー ミズノ
商品名 グラブお手入れセット
セット内容 液体ローション40ml
ストロングオイル40g
汚れ取りブラシ1個
オイル塗り用スポンジ1個
仕上げ艶出しブラシ1個
原産国 日本製
野球グローブお手入れセットは、大手各メーカーで販売されていてリーズナブルにお手入れ道具一式そろえることができます。汚れ取り用ブラシ・レザーローション・オイル・オイル用スポンジ・仕上げ用艶出しブラシとケースがセットで、すぐに野球グローブのお手入れができます。

ミズノのお手入れセットは、少年野球や初心者の方に人気でお手入れの仕方を覚えるには便利なセットです。

自分が使いやすくてかっこいいグローブを見つけよう

 (253278)

野球グローブの選び方は、ポジションと手のひらのサイズが合っていて自分が使いやすいことが重要で、かっこいいデザインだけを理由に選ぶと失敗します。野球グローブは、メーカーごとに特徴が違うため自分の好みに合ったメーカーから探すことも選びやすい方法です。

好きなプロ野球選手がいる場合は、同じモデルを選ぶのも選び方の1つでモチベーションアップ間違いなしです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。