2020年1月9日 更新

キャッチボール5つのコツとは?ボールコントロールを良くする方法を解説

野球の基本であるキャッチボールですが、キャッチボールにもさまざまなコツが存在しています。野球初心者であればまず最初にキャッチボールから始めることが多いですが、このキャッチボールを正しく行うことで、野球が上達するのもより早くなります。

21,090 view お気に入り 0
キャッチのコツは、相手の投げてきたボールに応じて的確なグラブを出すことです。

例えば・・・
相手の投げたボールが高めの場合は、グローブを立てた状態で捕るようにします。自分の胸より下のボールであれば、グローブを横に使う、もしくは指先を下に向けた状態で捕るようにしましょう。

相手の投げてきたボールのコースを判断し、コースに応じたグローブの出し方をするように意識します。コースに応じてグローブを正しく出すことができれば、キャッチボールでしっかりと捕球することができます。

キャッチボールでボールコントロールを良くする方法

ボールのコントロールを良くする方法は、3つのポイントに注意しましょう。

(1)下半身の使い方
(2)ボールのリリースポイント
(3)適切なフォーム


初めうちは、体にそれぞれの使い方・やり方を覚えさせるためゆっくりと1つ1つの動作を意識することを忘れないでください。

下半身の使い方

キャッチボールの時の下半身の使い方 (100024)

ボールコントロールを良くする下半身の使い方は、上半身の動きとしっかり連動させて投げることです。

下半身はフォームの土台として、重心を低くして安定させることが重要になります。重心を低く保ったまま、体重移動を意識してステップするようにしましょう。下半身が安定していない場合は、投球を安定させることは上半身で微調節できても難しくなってしまいます。

ボールのリリースポイント

ボールのリリースポイント (100025)

ボールのリリースポイントで大事なことは、自分にとって最適なリリースポイントを見つけることです。

最適なリリースポイントは人によって違いますので、絶対的に正しいリリースポイントは存在しないことを把握しておきましょう。

最適なリリースポイントを知るためには、自分でどのリリースポイントが安定して力が入りやすいか試してみるしかありません。肩よりも前方でリリースすることを前提に、どの位置でボールをリリースすると安定するのか試しにボールを投げ込んでいきます。

自分にとって最適なリリースポイントを見つけたら、その一定のポイントで投げるように意識しましょう。
・最適なリリースポイントは人によって異なる
・リリースポイントを一定にすることでボールが安定する

自分のフォームを確認

キャッチボールでは自分のフォームを確認する (100026)

ボールのコントロールを良くするには、自分のフォームを鏡でチェックしてみることも大切です。キャッチボールやトレーニングで正しいフォームを意識していても、実際のフォームとはギャップがあるものです。

特にヒジの高さについては、鏡を見て修正しやすいポイント​です。ヒジの高さを鏡でチェックする場合には、前足が着地した時に利き腕のヒジが肩の位置まで上がっていることを目安にチェックしてみましょう。

鏡を見てヒジが肩の高さまで上がっていなければ、ヒジが高い位置になるように修正することで、ボールをコントロールしやすくなります。
・鏡の前で自分のフォームの修正するべきポイントを見つける
・前足が着地する時に、ヒジの高さが肩の位置になるように意識する

キャッチボールは野球の基本

キャッチボールは野球の基本 (100027)

キャッチボールは、野球の一番の基本練習になります。

キャッチボールは、ボールを投げることと捕球することが同時に練習でき、投球フォームを確かめるためにも最適な練習です。特に野球初心者や少年野球であれば、キャッチボールのコツを知っておくことが重要になります。

基本的な練習はおろそかになりがちですが、キャッチボールのコツを意識して取り組むことで、キャッチボール自体が野球の上達や基礎体力向上にもつながってきます。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスは、足を動かすことが重要です。バスケのディフェンスのコツは、ステイローで姿勢を低くして、ステップを使い分けることや、ディレクション及びハンドチェックを上手に行うなど5つあります。ディフェンスで意識することは、ボール保持者との距離やチームディフェンスの約束事です。
キャッチボールの正しい投げ方とは?誰でもわかる基本のフォームを教えます

キャッチボールの正しい投げ方とは?誰でもわかる基本のフォームを教えます

キャッチボールが正しい投げ方でできるかは非常に大切です。投げ方やコントロールがバラバラではキャッチボールになりませんし、ひいては野球をプレーすることもできません。キャッチボールの正しい投げ方を詳しく、ボールの握り方や上手に投げるポイントなども解説します。
Act |
卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方は、打ちながら動く・パートナーにスペースを空ける・パートナーとの距離感などを意識して、次のプレーの準備と打球コースでポジションを変更することです。卓球ダブルスの動き方の基本、ダブルスの動き方を覚える練習方法について解説します。
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
卓球レシーブの種類とコツとは?苦手な人にわかりやすく解説

卓球レシーブの種類とコツとは?苦手な人にわかりやすく解説

卓球のレシーブの種類は、ドライブ・ツッツキ・ストップ・フリック・流しレシーブ・チキータの、計6種類あります。卓球のレシーブのコツは、相手のサーブの回転や長短を瞬時に判断し、早い打球点でボールを捉えることです。また、レシーブを練習するときは、強化したいレシーブに合わせて練習相手にサーブを出してもらいましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous