2020年2月22日 更新

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。

4,314 view お気に入り 0

バスケットボールのセンターとは?

DR. SHAQUILLE O'NEAL Ed.D. on Instagram: “Dam I was so lazy.” (107323)

センター(center)はバスケットボールのポジションの1つです。センターの英語訳は、中心・中央という意味をもっています。

センターポジションの番号:5番
センターポジションの略記:C


バスケットボールは、5人のプレイヤーに、チーム事情にそったポジションや役割が与えられていて、助け合いながらプレイすることでチーム力が増します。

センタープレイヤーの特徴

バスケットボールのセンタープレイヤーの特徴は長身であることです。

理由は、センターがインサイドプレイヤーであり、攻守にわたってゴール近くでプレイすることが多く、味方も敵も密集する中となるので、長身であることが優位性に繋がるためです。

センターは、高さを求められるので、高くジャンプすることにより高さに優位性を得られるプレイヤーが任命されることもあります。

センターのオフェンスでの役割

【バスケ初心者講座】ポストプレイで楽に点を取るためのコツ・基礎テクニック・思考法について解説【考えるバスケットの会 中川直之】

センターのオフェンスでの役割は、高確率のシュートとオフェンスリバウンドです。ゴール近くで、高さを生かしたプレイを要求されるセンターが、最もチームの役に立てるオフェンス面のプレイです。

センターは、ゴール近くでの安定した得点力と、オフェンスリバウンドの獲得によって、チームのシュート数をより多くすることで、チームを勝利に近づけることができます。

ゴール近くからの成功率の高いシュート

Letsdebatesports__ on Instagram: “A lot of people dk Kevin Garnett played against Magic Johnson...he only retired 4 years ago🤯🤯. Where does Garnett rank amongst…” (107809)

センターの1つめの役割は、成功率の高いシュートを打つことです。

バスケットボールのセンターは、インサイドプレイヤーであり、ゴールの近くでプレイしますので、アウトサイドプレイヤーよりも高く、50%近い成功率が求められます。

センターの得点力が高いと、アウトサイドプレイヤーへのプレッシャーが低減されるので、センタープレイヤーの高確率なシュートは、味方のオフェンスが好転します。

オフェンスリバウンド

バスケットボールのセンタープレイヤーは、リバウンドも重要な役割です。

オフェンスリバウンドは、センターが獲得した場合に、そのままゴール近くでシュートすることで得点に直結する可能性が高くなります。すぐにシュートできなくてもチームのシュート回数を増やします。オフェンスリバウンドは、チーム大きく貢献します。

オフェンスリバウンドは、獲得ができなくても、相手プレイヤーと競るだけで、相手チームのオフェンスへの切り替えを遅くすることができ、速攻による失点を減らすことに繋がります。

スクリーン

Rumi Tojima on Instagram: “2018.12.15 アルバルク東京−千葉ジェッツ . 今季初のジェッツ戦✈ 目まぐるしい展開の試合で面白かったけど、動きの速いこのチームの対戦で初の駒沢体育館は難易度高かった… 暗くてぜんぜんうまく撮れなかった… .…” (107799)

スクリーンは、バスケットのセンターの役割の1つです。スクリーンはバスケットボールのオフェンスで有効なプレイの1つです。センターは、味方にスクリーンをかけてもらうよりも、スクリーナーとしてオフェンスに貢献することのほうが多く求められます。

スクリーンはボールを保持している味方に対して行うものと、ボールを保持していない味方に対して行うものとがあり、次の狙いがあります。
スクリーンプレイの狙い
・味方のマークマンの動きを阻害しプレッシャーを軽減する
・ミスマッチを作る
センターがスクリーンをするときは、高さのミスマッチを作ることを意識しましょう。

センターのオフェンス時の動き方

外もある!!ストレッチ5!?「成年国体 大阪府#10 三島 大知(192cm/リンタツ#55)」国体近畿予選☆まぐコレ(NO.110)

センターが求められる動き方は、ポストプレーです。

その理由は、ゴール近く(ペイントゾーン)でプレイすることが多いためです。さらに自身の特徴に合わせてストレッチ5としてアウトサイドシュートを狙う動き方やボールを保持していない状況での動き方も重要です。

センターの動き方は、チームオフェンスの方向性に大きな影響を与えます。ポストプレーが効果的なら、インサイドシュートが増え、チームの得点は着実に伸びていきます。

ポストプレー

【バスケ】ガーネットのポストプレイ集→参考にしたい!インサイド選手必見!【NBA】【インサイド】

バスケットボールのポストプレーは、オフェンス側が相手ゴールに背を向けた状態でボールを受け取ることから始まるプレイです。
ポストプレーの選択肢
・振り返ってシュートにつなげる
・アシストパスを出す
61 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
nosedori | 13,705 view
サイドハーフの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サイドハーフの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーには様々なポジションがありますが、ハーフと言われるのは、チームの真ん中で攻撃も、守備も行う選手です。そのハーフの中でも、サイドにポジションを置いて、タッチラインに近い位置で仕事をするサイドハーフについて考えてみます。
camarade20042000 | 72,077 view
インサイドハーフとは?動き方や役割をゼロから丁寧に解説【サッカーポジション】

インサイドハーフとは?動き方や役割をゼロから丁寧に解説【サッカーポジション】

サッカーにおいては、ポジションによって色々な呼び名があるポジションもあります。MFもその一つで、細かなポジションによってそれぞれ呼び名が違っています。インサイドハーフとは、前線でFWの後ろに位置していますが、トップ下でもなくサイドでもない場所を言います。
camarade20042000 | 64,900 view
セカンドトップの役割!動き方やコツ【サッカーポジション】

セカンドトップの役割!動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーのポジションの一つであるセカンドトップを紹介します。セカンドトップは中々意味が混同しやすいポジションです。そんなセカンドトップの役割と動き方やコツ、練習法や求められる能力なども紹介します。サッカーの試合ではセカンドトップは得点源につながる重要なポジションですので、是非理解を深めてみましょう。
anton | 37,654 view
サッカーフォワード(トップ)の役割とは?基本的な動き方やコツ【ポジション】

サッカーフォワード(トップ)の役割とは?基本的な動き方やコツ【ポジション】

サッカーのポジションの一つであるフォワード(トップ)を紹介します。動き方やコツ、練習法や求められる能力なども紹介します。 また現在活躍しているフォワード(トップ)の選手も紹介しているので練習や動き方のコツを学ぶ際の材料として参考にしてください。
anton | 90,323 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MARUO KAZUHIRO MARUO KAZUHIRO