2020年7月24日 更新

バスケットのコートサイズとは?コートの大きさ・寸法を紹介解説!

バスケットボールのコートサイズは、一般とミニバスケットボールでは大きさ・寸法が違います。ミニバスのコートには、3ポイントラインやノーチャージエリアがなくペイントエリアのサイズも小さくなっています。NBAのコートは、一般と比べて少し広く、3ポイントやフリースローの距離が長いです。

7,070 view お気に入り 0

バスケットのコートサイズとは?

Login 窶「 Instagram (152314)

バスケットのコートサイズとは、選手がプレイできるフロアの大きさのことで次の2種類があります。

・一般
・ミニバス

ミニバスはU-12とも呼ばれ、12歳以下で小学校に通う世代のカテゴリで、一般は中学校や高校に通う世代や社会人・Bリーグはすべてが対象です。バスケットコートの広さや寸法は、シュートを狙うリングの高さやボールの大きさと同様に明確に規定されています。

バスケットのコートサイズ

 (156349)

一般のバスケットコートのサイズは15m×28mの長方形で、コート内はエンドラインとサイドラインで囲まれたエリアをさします。コートの外には、試合をする2チームのベンチやテーブルオフィシャルズの席があります。

大きさ・寸法

バスケットコートの大きさは、縦15m×横28mです。センターラインはコート全体を縦15m×横14mの大きさのフロントコートとバックコートにわけるように引かれます。
フロントコート 自チームがシュートを狙うリングがある方の半コート
バックコート 自チームが守るリングがある方の半コート

面積

一般のバスケットコートの面積は次のとおりです。

・フルコート:420㎡
・ハーフコート:210㎡

ペイントエリアは4.9m×5.8mの広さで28.42㎡の面積のエンドラインに接地するエリアで、オフェンス側のプレイヤーはペイントエリア内に3秒以上留まれません。

各ライン

バスケットコートに引かれているラインは5cm幅で、コートに対し明瞭で対象的な色と規定されています。多くのコートでは白色で塗られていますが、プロの試合ではチームカラーを意識した色も採用されます。コートのラインは、センターラインを軸に折り曲げると完全に重なります。
ラインの名称 長さ/大きさ/線のタイプ
サイドライン 28mの直線
エンドライン 15mの直線
センターライン 15mの直線
3ポイントライン 半径6.75mの半円
ペイントエリアライン 4.9m×5.8mの長方形を描く直線
センターサークル 直径3.6mの半円
フリースローサークル 半径1.8mの半円
ノーチャージエリアライン 半径1.25mの半円

スリーポイントの距離

Login 窶「 Instagram (152322)

3ポイントシュートの距離は、6.75m以上です。3ポイントラインがリングの中心の真下を中心に半径6.75mの半円で引かれていますが、エンドライン近くではサイドラインとの間に0.9m以上の距離が必要でサイドラインと平行な直線となります。バスケでは、選手がいるポジションをリングに対する角度で表現しますが、エンドラインに最も近い0度の位置から打つ3ポイントの距離は6.6mです。

フリースローの距離

Login 窶「 Instagram (152323)

フリースローの距離は4.225mで、リングの中心の真下からフリースローラインまでの長さです。フリースローラインはエンドラインから5.8mの位置に引かれ、バックボードはエンドラインから1.2m内側に設置されています。バックボードとリングの関係は、リングの内周で最もバックボードに近い場所とバックボードの距離が0.151mです。

ミニバスケットのコートサイズ

 (156352)

ミニバスケットのコートサイズは、縦12~15m×横22~28mです。ミニバスでは、リングの高さや使用するボールに明確な規定がありますが、コートサイズは規定に幅が持たされています。

大きさ・寸法

Login 窶「 Instagram (152320)

56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マルチヒットとは?マルチ安打の意味をわかりやすく解説

マルチヒットとは?マルチ安打の意味をわかりやすく解説

マルチヒットとは野球の1試合で2本以上の安打を打つことで、別名はマルチ安打とも呼ばれています。。安打の内訳は問題にしません。マルチヒットはメジャーリーグでは一般的ですが、日本のプロ野球では固め打ちや猛打賞が主流でした。マルチヒットを量産できる打者は強打者の証しとなります。
Anonymous | 288 view
ツーセッターとは?バレーボールのフォーメーションを解説!

ツーセッターとは?バレーボールのフォーメーションを解説!

ツーセッターとは、バレーボールの戦術の1つで、2名のセッターがいる編成のことです。セッターがアタッカーを兼任する場合はコート内のアタッカーが6名となり、攻撃力の高いフォーメーションとなります。ツーセッターを効果的に活かすためには、選手の能力を高めることがポイントとなります。
Anonymous | 733 view
オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

オーバータイムスとは?【バレーボールのルール解説】

バレーボールのオーバータイムスとは、同一チームの選手が3回以内に相手コートにボールを返せない場合に発生する反則です。現在のルールではオーバータイムスの正式名称はフォアヒットです。オーバータイムズは相手チームのプレーに関わらない自滅行為なので、極力減らすことを心がけましょう。
まる蔵 | 1,460 view
ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは?【バレーボール用語解説】

ゲームキャプテンとチームキャプテンの違いとは、バレーボールの試合中のコート内の代表か試合開始前からのチーム全体の代表かの違いです。ゲームキャプテンとチームキャプテンはそれぞれに役割があります。チームの代表になるゲームキャプテンとチームキャプテンの違いについて解説します。
hersheys | 2,331 view
卓球の促進ルールとは?卓球にも試合時間のルールがある!

卓球の促進ルールとは?卓球にも試合時間のルールがある!

卓球の促進ルールとは、試合進行を促進するためのルールです。この卓球促進ルールは昔、1ゲームに2時間もかかった試合があった為できたルールですが、促進ルール適応後はレシーバーやカットマン、サーバーの心理戦が加熱し、卓球人気をさらに押し上げる結果に繋がりました。
Anonymous | 1,060 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous