2020年4月5日 更新

バスケのスモールフォーワードの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのスモールフォワードとは、バスケットボールのポジションです。スモールフォワードの役割は、走力を生かしたランニングプレイでチームに貢献することです。スモールフォワードは、ドリブル・パス・シュート・ディフェンス・リバウンドなどオールラウンドな動き方で速く強いプレイが求められます。

4,743 view お気に入り 0

スモールフォワードとは?

NBA Retro on Instagram: “#PippenMonday x #MJmondays” (119967)

スモールフォワードは、英語表記でSmall Forward書き、略してSF、番号表記で3番と表現されるバスケットボールのポジションの1つです。
名称 スモールフォワード
英語表記 Small Forward
英語略 SF
番号表記 3番

パワーフォワードとの違い

バスケットボールのポジションで、フォワードはスモールフォワードとパワーフォワードがありますが、主な違いは、プレイするエリアです。
ポジション 主なプレイエリア
スモールフォワード インサイド/アウトサイド問わず
パワーフォワード 主にインサイド
スモールフォワードは、自身の背の高さやプレイスタイルによって、インサイド・アウトサイドの割合の変化はありますが、どちらでもプレイできる万能性が強みとなります。パワーフォワードは、インサイドでプレイすることが多く、より高身長のプレイヤーが務め、力強さが特徴です。

スウィングマン

スウィングマン(Swingman)は、複数のポジションができるプレイヤーのことを示す用語です。バスケットボールでは、シューティングガードとスモールフォワードの両方ができるプレイヤーをスウィングマンと表現することが多く、ガードフォワードと呼ばれることもあります。

スウィングマンは、高さや運動能力でミスマッチを作ることができる特徴があります。

ポイントフォワード

バスケットボールには、ポイントフォワードというポジションもあります。フォワードのプレイヤーがポイントガードの役割を担っている場合に、ポイントフォワードと表現します。ポイントフォワードができるプレイヤーは、チームに必ず1人いるわけではありません。

ポイントフォワードは、ゲームメイクをする司令塔的な役割と、得点力やリバウンド力をチームに提供する役割とを持ちます。動き方は、ボールを運び、チームオフェンスの指示を出しながら、自身も得点を狙いつつ、アシストも提供するという、多様なものになります。

スモールフォワードの役割

slam dunk! on Instagram: “#slamdunk Name: Kaede Rukawa (流川 楓) School: Shohoku High School Number: 11 Position: Small Forward (SF) Height: 187 cm Weight: 75 kg…” (119973)

スモールフォワードの役割は、オフェンス面とディフェンス面それぞれにあります。オフェンス面で求められる役割は、やはり得点で、インサイドでもアウトサイドでもスコアできる多彩なテクニックが必要です。

ディフェンス面では、エースストッパーの役割も担うこともあります。スモールフォワードは、高さやスピードのミスマッチが発生しがちなポジションでもありますので、ミスマッチを埋める技も身につけておかねばなりません。

オフェンス面での役割

LeBron James on Instagram: “About last night. Beautiful Friday Night inside Staples Center. Laker faithful was in full effect. Great team win vs a Great team…” (119976)

バスケットのスモールフォワードがオフェンス面で求められるのは得点力です。特に、1on1からの得点は、スモールフォワードの存在意義を問うものとなります。ドライブで切れ込んでからのシュートや、ドライブからストップしてのジャンプシュートなどたくさんのパターンを自分のものにしておくことが重要です。3ポイントシュートもバリエーションとして必要です。

パスの能力も重要ではありますが、パスの能力は、自身の得点力により相手ディフェンスを引き付けることができてこそ有効となります。

ディフェンス面での役割

Scottie Pippen on Instagram: “‪Happy 60th birthday to the great @MagicJohnson. As someone I looked up to as I learned the game, it was an honor to compete against him, a…” (119977)

スモールフォワードが、バスケットのゲーム中にディフェンス面で求められる役割は、オフェンス同様に1on1での守備力の強さです。マッチアップ相手となるフォワードの選手も、オフェンス能力に長けたプレイヤーが多くなりますので、エースストッパーとしての活躍が望まれます。

数字に残るプレイでは、スティール能力が高いと、チームの失点を減らせると同時に、そのままファストブレイクを仕掛けて得点することで、事実上4得点分の役割を果たしているといえます。

スモールフォワードに求められる能力

Yudai Baba / 馬場雄大 on Instagram: “✈️✈️✈️” (120072)

バスケットボールのスモールフォワードのポジションを担うプレイヤーが求められる能力は、オールラウンダー性です。バスケットボールにおける全てのプレイをそつなくこなせることを必要とされ、その中でも重要なものに次に挙げるものがあります。

・攻守における1on1の強さ
・敏捷性(アジリティ)
・ボールハンドリング
・中長距離のシュート力

・ゴール近くでのシュートのバリエーション

ポイントフォワードは、これらに加えて視野の広さやリーダーシップ、パス能力の高さが加わったプレイヤーとなります。

スモールフォーワードに身長は必要?

68 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

MARUO KAZUHIRO MARUO KAZUHIRO