2020年4月5日 更新

バスケのスモールフォーワードの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのスモールフォワードとは、バスケットボールのポジションです。スモールフォワードの役割は、走力を生かしたランニングプレイでチームに貢献することです。スモールフォワードは、ドリブル・パス・シュート・ディフェンス・リバウンドなどオールラウンドな動き方で速く強いプレイが求められます。

11,360 view お気に入り 0
バスケットボールは背の高さがメリットになりやすいスポーツです。スモールフォワードも、高身長のほうが優位といえますが、マッチアップ相手より背が低くても敏捷性でミスマッチを作ったりすることもできます。

スモールフォワードは、高身長であるに越したことはないですが、オールラウンダー性を活かして、マッチアップ相手に勝てる要素で勝負する分析力こそが重要です。ただし、リバウンドにおいては、テクニックや分析力よりも高さが重要です。

スモールフォワードの動き方

Bob DeChiara 🥊🇮🇹🏌🏻‍♂️📸 on Instagram: “Jason Tatum with a career high 41 points tonight vs the Pelicans. . . #nbaceltics #bostonceltics #tdgarden #bostonma #jasontatum0🍀🏀…” (120088)

バスケットのスモールフォワードの動き方は、非常に多彩で、特に求められる能力は走力です。オフェンスでもディフェンスでも、走力を生かしたスピード感のあるプレイがスモールフォワードの軸となります。

攻守におけるランニングプレイ

さすがプロのチームプレイ! カットインプレイ 【バスケの勉強】

攻守におけるランニングプレイは、バスケットのスモールフォワードの動き方の1つです。
例えば、相手オフェンスのパスを読んでパスカット(スティール)して、そのままワンマン速攻に持ち込み得点するプレイは見せ場でもあり、チームの士気も上げます。

スモールフォワードのランニングプレイに、次のようなものがあります。
・ランニングからカットインしてパスを受けシュートに持ち込む
・ランニングしてディフェンスを振り切ってボールミート(パスキャッチ)する
・ランニングして相手オフェンスに粘り強くディナイする

鋭いドライブ

スモールフォワードの2つめの動き方は、鋭いドライブです。スモールフォワードは、45度の位置から1on1を仕掛けることが多く、鋭いドライブでゴールに向かう動き方が求められます。

ドライブしてゴールに近づいてからは、次の3パターンの選択肢があります。
・そのままレイアップシュートに持ち込む
・ヘルプディフェンスが来る前にストップしてジャンプシュートを打つ
・ヘルプディフェンスを待ってアシストパスを出す


鋭いドライブで、マッチアップするディフェンスとのズレを作ることが重要です。

相手を問わないディフェンス

【無表情だが強い気持ちの持ち主】レナードの「1on1ディフェンス」

バスケットのスモールフォワードの3つめの動き方は、相手を問わないディフェンスです。スモールフォワードのポジションを担うプレイヤーは、高さを生かすタイプや、スピードを生かすタイプなど多様です。ディフェンスのときは必然的に、何らかのミスマッチがあることが多くなりますが、どのようなマッチアップ相手でも強いディフェンスをできることをスモールフォワードには求められます。

ディフェンスは脚力を使って行うことが重要ですが、ミスマッチを相殺していくには、テクニックや技も必要となります。

抜け目のないリバウンド

抜け目のないリバウンドが、スモールフォワードの4つめの動き方です。スモールフォワードは、アウトサイドにポジショニングすることも多く、リバウンドは最優先するプレイではありません。

しかし、マッチアップの兼ね合いや、ポジショニングを含めた周囲の状況を的確に把握して、抜け目なくリバウンドを奪いに行く必要があります。

特にディフェンスリバウンドを獲得した後に、自らプッシュできれば、ファストブレイクで得点も狙えますし、少なくともトランジションが速くなります。
プッシュ(ball push)
ボールをキャッチしたら、素早くドリブルでボールをフロントコートに進めること
トランジション
攻撃と守備を切り替えること

スモールフォワードの練習方法

【NBA】練習中でのNBA選手同士の1on1がコレまた見もの!

スモールフォワードの練習方法は、全てにスピードと強さを求めることが重要です。オールラウンダーとして、ハンドリングやシュートのバリエーションを多くすることも重要ですが、ただ技を増やすのではなく、速く強くを重視してください。

例えば、同じ回数ドリブルを行うのならば、より短時間で完了することを追及したり、ゴール下でのシュート練習をするのならば、ディフェンスにコンタクトして行うなどです。

ドリブルなどのハンドリング

スモールフォワードの1つめの練習方法は、ドリブルなどのハンドリングです。ハンドリングの練習は、全プレイヤーが行いますが、スモールフォワードはステップをしながらなど、前後左右の動きを加え、慣れてきたら、より速く大きく動きながら行うことを意識しましょう。

例えば、各種クロスオーバーの練習をするのも、その場で行うのではなく、設置した障害物をかわしながら行うなどすると実戦的なものとなります。

45度のポジションからの1on1

45度のポジションからの1on1は、スモールフォワードの練習の1つです。バスケットのスモールフォワードが、45度のポジションから勝負できなくては、チームオフェンスに貢献できません。

単純に1on1をするのもよいですが、パサー役がいる場合は、カッティングをしてパスを受けるところから始めると、より実戦的になります。特に、パスを受ける瞬間にディフェンスとの駆け引きができるようになれば、簡単にズレを作ることができるようになるはずです。

スモールフォワードで有名なバスケ選手

バスケットボールのスモールフォワードで有名な選手はたくさんいますが、これぞオールラウンダーというプレイヤーを3選手ピックアップします。
・スコッティ・ピッペン
・レブロン・ジェームス
・馬場雄大


いずれのプレイヤーも得点はもちろんのこと、ガードの役割を任されたら対応ができ、リバウンドはもちろん、アシストやスティールのスタッツも高いプレイヤーです。
68 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous