2019年12月3日 更新

チェストパスの種類と投げ方のコツとは?バスケのボールの投げ方特集

バスケには様々なパスの種類があり、その中でも最もポピュラーで基本的なパスがチェストパスです。このチェストパスは様々な種類のパスに影響を与え、チームの勝利にも影響を及ぼす重要なパスです。チェストパスの投げ方のコツを取得して、パスのバリエーションを広げましょう。

12,427 view お気に入り 0
バスケにおいてチェストパスは、その他のパスの土台とされるほど基本中の基本とされる重要なパスです。さらにチェストパスのボールの持ち方や構えは、シュートやドリブルへスムーズに移行するために非常に役立ちます。

チェストパスの構えや、ボールの持ち方、手首や指先のスナップの使い方、ボールへの力の伝え方など、様々な部分で、バウンズパスやワンハンドパス、オーバーハンドパスに役立ちます。バスケの基本中の基本であるチェストパスをマスターして、パフォーマンス向上に役立てましょう。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーのパス練習メニュー10選【初心者トレーニングガイド】

サッカーのパス練習メニュー10選【初心者トレーニングガイド】

サッカーでは、パスは非常に大事な技術になってきます。相手ゴールを目指すためには、なくてはならないものですから、その技術を高めるための練習をしっかりと行っていくことが重要です。そのための練習方法は沢山ありますので、それを考えていきます。
意表をつくヒールキックのやり方とタイミングとは?【サッカーテクニック】

意表をつくヒールキックのやり方とタイミングとは?【サッカーテクニック】

ヒールキックは相手の意表をつくプレーで華がある一方でミスになる可能性も高く難しいテクニックです。そんなヒールキックについての効果的な使い方を理解することで自己満足とならないテクニックとして試合で使うことができるようになります。ヒールキックは使い方によっては勝敗を分ける重要なテクニックとなります。
オーバーヘッドパスのやり方とは?ポイントは2つのコツ

オーバーヘッドパスのやり方とは?ポイントは2つのコツ

バスケには足元へ出すバウンズパス、胸元へ出すチェストパス、頭上からリリースするオーバーヘッドパスという3つの基本的なパスがあります。その基本的なパスの中で、ゴール下やハイポストの選手へのパスに有効とされるオーバーヘッドパスのやり方、ポイントとなる2つのコツを紹介します。
ファルカンフェイントのやり方とは?練習方法と合わせて解説

ファルカンフェイントのやり方とは?練習方法と合わせて解説

ファルカンフェイントというボールを足裏で転がして反対側の足でまたぎ、すかさずボールを横にずらして切り返す、足がどのように動いているのかわからない足技フェイントを見たことがありませんか?ここではファリカンフェイントのやり方と練習方法を合わせて解説していきます。
股抜きを上手に決める方法は、タイミングが重要!【サッカー上達】

股抜きを上手に決める方法は、タイミングが重要!【サッカー上達】

サッカーでは、左右に相手を抜くのが基本的なドリブルです。しかし、股抜きを狙うことで、真っすぐにドリブルしたり、パスを出すことができます。股抜きはとても難しいプレーのように見えますが、コツを覚えることで、意外と実践でも使える技術となります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9