2021年3月25日 更新

自転車チェーンにたるみがでた!調整方法と修理にかかる料金とは?

自転車のチェーンのたるむ状態とは、チェーンを構成しているリンク結合部の隙間が拡がってしまうことです。自転車のチェーンにたるみが出たときは、事故の原因にもなるためチェーンの張りを調整する必要があります。チェーンのたるみの修理料金は、3000円前後になりますが自分で修理することも可能です。

163 view お気に入り 0

自転車チェーンのたるみの原因

 (230082)

自転車チェーンのたるみの原因は、自転車の走行によるチェーン結合部の摩耗です。金属製のチェーンリンクとつなぐためのピンがお互いに削り合い、隙間が大きくなることでチェーン全体の径が拡がります。

自転車チェーンがたるむとは

自転車のチェーンがたるむ状態とは、チェーンを構成するリンクの穴が摩耗で拡がることとリンクを結合しているピンが擦り減って細くなり、結合部の隙間が大きくなった結果、チェーン全体の径が大きくなることです。

自転車のチェーンは一般的に5,000キロの自転車走行でチェーンの径が1%拡がります。0.75~1.0%たるんだ状態がチェーンの替えどきです。

自転車チェーンがたるむとどうなる?

自転車チェーンがたるむことで、さまざまなデメリットが生じます。中には安全性に影響が出る場合もありますので、予め把握しておくことが重要です。

①自転車の漕ぎづらさ
②チェーンからの異音の有無
③自転車の走行中に外れる可能性

自転車チェーンのたるみは自分で調整できる?

自転車チェーンがたるんだ場合、必要な工具が揃っていて、直し方の手順さえ把握していれば自分で調整することが可能です。自転車のチェーンが緩んだ状態で走行することは、危険につながる恐れもあることから、こまめに自分で調整できることが理想となります。

ただし、もし自分での直し方に自信がない場合は、無理せず自転車店に自分の自転車を持ち込み、料金はかかりますが調整の依頼する判断も重要です。

自転車チェーンたるみのデメリット

 (230083)

自転車チェーンたるみのデメリットは3つあります。経済的なデメリットから事故の危険性に対する影響までありますので、自転車チェーンのたるみを定期的に調整して3つのデメリットを未然防止することが必要です。

※自転車チェーンたるみの影響
・チェーンの摩耗が進みチェーンの寿命を早める
・自転車の推進力が低下し、運転者の漕ぐ力に負担がかかる
・予期せずチェーンが外れて運転者がバランスを崩す

自転車チェーンから出る異音

自転車チェーンから出る異音のうち、カラカラ・ガコッと音が定期的に鳴る場合はチェーンたるみによる異音です。自転車チェーンに遊びができ、チェーンカバーや駆動パーツとぶつかっている証拠であるため、対応せずに漕ぎ続けると、ぶつかっている箇所の摩耗が進みます。チェーン自体もぶつかることで消耗が促進されますので、早期のチェーンのたるみ調整が必要です。

自転車を漕ぐ力の伝導効率

自転車を漕ぐ力の伝導効率はチェーンのたるみの増加につれて悪化します。一般的な自転車チェーンは120個のリンクがつながって構成され、120個のリンクの1/3=約40個のリンクがペダルを漕いで力が加わるリンクです。

力が加わる40個のリンクの穴が拡がりピンが細くなった状態では、隙間の分だけ漕ぐ力の伝達効率をロスします。ロスした結果、ペダルを漕いでも進みづらく、ペダルが重い感覚が強まります。

チェーン外れによる事故の危険性

チェーン外れによる事故の危険性の原因は、チェーンたるみが大きい状態の放置です。自転車チェーンはフロントギアとリアギア間でテンションを維持していますが、チェーンたるみでテンションが下がった状態では、自転車走行中の不意の衝撃でギアからチェーンが外れ、漕ぐことが不可能になります。ペダルが一気に軽くなることで運転者はバランスを崩し、横転事故につながります。

自転車チェーンのたるみを自分で調整する場合

自転車のチェーンを自分で調整する場合、ポイントは自分の自転車の構造を知ることです。ネジやナットを緩めたり締めたりする作業は必要になりますが、一度張り方を覚えてしまえば2回目以降は慣れてきて効率が上がります。

一方で、自転車のチェーンを大事にメンテナンスしてきても、摩耗による緩み自体は修復することができません。たるみを調整しても効果が得にくくなったら、チェーンの交換を視野に入れることも必要です。

自転車チェーンたるみ調整の難易度

自転車チェーンのたるみ調整はドライバやレンチを扱える方であるならば難しい作業ではありません。特殊な工具でリンクを外したり自転車を分解したりすることなく、必要なネジやナットを調整することが自転車のチェーンたるみの基本的な調整方法となります。

チェーンのリンクに詰まっている汚れの除去やリンクをカットして個数を変更する専門性の高い作業で、自分で作業が難しいと感じるケースは自転車店に相談すべきです。

自転車チェーンたるみ調整の所要時間

自転車チェーンのたるみ調整の所要時間は、初回で2~3時間が目安です。

チェーンカバーが装着されている自転車はチェーンカバーを外す時間も必要になります。モデルで多少の長短は出ますが、自分の自転車の構造を把握し、張り方のコツも掴めてくる2回目以降は30分を見ておけばひととおりの作業を完了させることができます。

自転車チェーンのたるみを直す必要な工具

57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

クリンチャータイヤのおすすめ10選!タイヤの特徴やメリットとは?

クリンチャータイヤのおすすめ10選!タイヤの特徴やメリットとは?

クリンチャータイヤとはチューブを入れてホイールのリムにはめるタイプのタイヤです。パンク修理のしやすさやコスパがいいことで練習用に使われることが多いクリンチャータイヤは扱いやすいのでおすすめです。ミシュランやパナレーサーなどのメーカーから販売され自由に選ぶことができます。
symsyun | 91 view
おしゃれなロードバイク13選!女性・男性別のおすすめ人気モデルとは?

おしゃれなロードバイク13選!女性・男性別のおすすめ人気モデルとは?

おしゃれなロードバイクやかっこいいロードバイクを選ぶには、ロードバイクのタイプや基本的な知識、おしゃれのポイントを押さえることが大事です。メーカーやブランドから車体の形、色による印象、価格のようなさまざまな視点から検討することで、自分にあったおしゃれな1台を見つけられます。
dshishi | 213 view
ドロッパーシートポストとは?自転車のサドルを上下する仕組みを解説!

ドロッパーシートポストとは?自転車のサドルを上下する仕組みを解説!

ドロッパーシートポストとは、ハンドルに付けたレバーを操作するだけでサドルの高さを調節できるシートポストです。ドロッパーシートポストなら平坦な道や上り坂ではサドルを上げ、下り坂では下げる、と自転車から降りずに状況にあわせたサドル調節ができます。
Anonymous | 273 view
チューブラータイヤのおすすめ10選!タイヤのメリットや寿命とは?

チューブラータイヤのおすすめ10選!タイヤのメリットや寿命とは?

チューブラータイヤとは、チューブとタイヤが一体になったタイヤのことで、レースを走る競技思考の人におすすめのタイヤです。高い走行性能と耐パンク性能がチューブラータイヤのメリットで、タイヤメーカーは各社おすすめの素材を使って、さまざまな特徴を加味した個性豊かなタイヤを発売しています。
萩原歩 | 192 view
電動キックボードおすすめ6選!子供にも人気の最強キックスケーターとは?

電動キックボードおすすめ6選!子供にも人気の最強キックスケーターとは?

電動キックボードのおすすめは、用途や乗車スタイルにより異なります。最適なモデルを手に入れるには、電動キックボードのスペックを見比べて自分の理想の商品を選択することが重要です。子供にも人気の最強キックスケーターには、軽量で最高速度を抑えたOUTFEELのEK-Board OFK-120がおすすめです。
Anonymous | 345 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベオルブ ベオルブ