2021年3月27日 更新

クリンチャータイヤのおすすめ10選!タイヤの特徴やメリットとは?

クリンチャータイヤとはチューブを入れてホイールのリムにはめるタイプのタイヤです。パンク修理のしやすさやコスパがいいことで練習用に使われることが多いクリンチャータイヤは扱いやすいのでおすすめです。ミシュランやパナレーサーなどのメーカーから販売され自由に選ぶことができます。

91 view お気に入り 0

クリンチャータイヤとは?

 (221810)

自転車のタイヤにはさまざまな種類が存在し、中でも最もオーソドックスなタイヤがクリンチャータイヤです。クリンチャータイヤはメンテナンスがしやすいこともあり趣味で乗る人から実業団に所属している本格派の人まで幅広く使われているタイヤの1つでおすすめです。

クリンチャータイヤの構造

 (226422)

クリンチャータイヤはホイールとタイヤの間にチューブを入れてタイヤをリムにはめて使用する構造です。クリンチャータイヤを使用するときはチューブとタイヤの2つが必要となります。タイヤの両端をホイールのリムに引っ掛け、中に入れたチューブに空気を入れ内圧をかけることで密閉される仕組みです。チューブを中に入れてタイヤで覆うだけ使用できるため初心者の人も比較的扱いやすいおすすめのタイヤと言えます。

クリンチャータイヤの寿命

タイヤにはスリップライン​が刻まれてあり、スリップラインがすり減り見えなくなるとタイヤの寿命となり交換の目安となります。タイヤの太さでも変わり、太さが大きくなると少し寿命が伸びますが、基本的には1年間に約3000km~5000kmが交換の目安になります。

クリンチャータイヤとチューブラータイヤ・チューブレスタイヤとの比較

 (221813)

タイヤの種類はクリンチャータイヤやチューブラータイヤ、チューブレスタイヤの3種類あります。チューブラータイヤやチューブレスタイヤは自転車レースを視野に入れている人が使うことが多く、クリンチャータイヤは街乗りからクロスバイクまで幅広く使用することができおすすめです。用途に合わせてタイヤの種類も使い分けることができます。

構造や特徴

タイヤの種類 構造 特徴
クリンチャータイヤ チューブをホイールのリムにタイヤ引っ掛ける メンテナンスしやすい
チューブラータイヤ チューブとタイヤが1本化したタイヤ とても軽くスピードに乗る
チューブレスタイヤ チューブを必要としないタイヤ 耐パンク性がとても高い
タイヤの構造には、チューブをリムに引っ掛けて使うタイプと、ホイールに専用の接着剤やリムテープと呼ばれる両面テープで直接つける2種類あります。ホイールに直接つける方タイプのタイヤは重量が軽くなり、スピードに乗ることが特徴ですが、メンテナンスが少しめんどくさいことが欠点です。クリンチャータイヤはチューブとタイヤが別々でメンテナンスしやすいので、普段使いにはおすすめです。

寿命

チューブラータイヤもチューブレスタイヤもクリンチャータイヤ同様に約3000km~5000kmで寿命です。5000kmを超えると、本来のタイヤにあるグリップ力の性能が落ちてとても危ない状態となります。使用年数も注意が必要となり、ほとんどのタイヤが1~2年で経年劣化で摩耗するため、気をつけることをおすすめします。

価格・コスパ

チューブラータイヤはクリンチャータイヤと比べると性能がよく、価格は前後合わせて2万円程度するタイヤもありとても高級で、自転車レースを視野に入れている人が使用しています。高級なタイヤはラテックス素材が使用され、重量が軽くしなやかに転がり耐パンク性能高くおすすめです。コスパはあまりよくないですが性能のよい1本を選ぶことができます。

クリンチャータイヤのメリット・デメリット

 (216424)

普段使いで使用するにはチューブラータイヤやチューブレスタイヤと比べるとメリットの多いクリンチャータイヤですが、デメリットもあります。クリンチャータイヤのメリット・デメリットを理解し使うことが大切です。

メリット

クリンチャータイヤにはさまざまなメリットが存在します。

・種類がとても豊富であること
・組み合わせが自由であること
・ランニングコストがとてもよいこと


クリンチャータイヤはタイヤの太さからトレッドパターン、カラーリングまでさまざまなメーカーから選択することができおすすめです。

デメリット

クリンチャータイヤもデメリットが存在します。

・パンクしたときにリムから外れる
・タイヤやリムが重い
・リムが摩耗すると割れてしまう


クリンチャータイヤはパンクして空気が抜けてしまうとリムからタイヤが外れます。タイヤが外れるとリムが直接地面と接触し、バランスを崩し落車の可能性が高く危険です。
86 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ソフトボール用グローブおすすめ10選!女子に人気グラブとポジション別の選び方を解説

ソフトボール用グローブおすすめ10選!女子に人気グラブとポジション別の選び方を解説

ソフトボール用のグローブは、野球のグローブと捕球面の大きさが違います。ソフトボールで野球用グラブを使うこともできますが、正確な捕球には専用グローブがベストです。グローブの選び方はポジションごとに異なり、手指が小さな女子には、ローリングスのミットやウィルソンのグローブが人気です。
emikobayashi215 | 54 view
ロードバイクのサドルの適切な高さとは?自分に合った位置と調整方法を知ろう!

ロードバイクのサドルの適切な高さとは?自分に合った位置と調整方法を知ろう!

ロードバイクのサドルの高さは人によって適切な位置が異なります。適切な高さは足の長さ×係数で算出することができ、高さ・位置・角度の調整が必要です。適切な位置でないサドルでロードバイクに乗るとスピードが出ず、体も痛めてしまいます。正しい知識をもとに、自分に合ったサドル位置と調整方法を学び快適な走行ができるようにしましょう。
toshimi_t | 81 view
ロードバイクを壁掛けする方法とは?自転車をおしゃれに室内保管したい!

ロードバイクを壁掛けする方法とは?自転車をおしゃれに室内保管したい!

ロードバイクを壁掛けするには、壁や柱にバイクラックを取り付けて、車体をラックについたハンガーに掛けます。ロードバイクを壁掛けすることで、省スペースでおしゃれな自転車収納が可能です。壁の加工が難しい賃貸物件でも、バイクスタンドやDIYした柱を利用することで壁掛け収納は実現できます。
萩原歩 | 91 view
自転車チェーンにたるみがでた!調整方法と修理にかかる料金とは?

自転車チェーンにたるみがでた!調整方法と修理にかかる料金とは?

自転車のチェーンのたるむ状態とは、チェーンを構成しているリンク結合部の隙間が拡がってしまうことです。自転車のチェーンにたるみが出たときは、事故の原因にもなるためチェーンの張りを調整する必要があります。チェーンのたるみの修理料金は、3000円前後になりますが自分で修理することも可能です。
ベオルブ | 164 view
おしゃれなロードバイク13選!女性・男性別のおすすめ人気モデルとは?

おしゃれなロードバイク13選!女性・男性別のおすすめ人気モデルとは?

おしゃれなロードバイクやかっこいいロードバイクを選ぶには、ロードバイクのタイプや基本的な知識、おしゃれのポイントを押さえることが大事です。メーカーやブランドから車体の形、色による印象、価格のようなさまざまな視点から検討することで、自分にあったおしゃれな1台を見つけられます。
dshishi | 213 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

symsyun symsyun