2020年6月14日 更新

自転車の歴史とは?起源・始まりを歴史年表付きで解説

自転車の歴史はヨーロッパのドイツが起源で、1913年にドイツ人発明家が考案したことが始まりです。自転車は、時代にあわせて常に機能の改良がおこなわれ、長い歴史を経て現在の形となりました。生活に役立つだけではなく、スポーツ競技の魅力もあり、健康維持や環境保全に繋がることが世界中で愛される乗り物へ進化した理由の1つです。

775 view お気に入り 0

自転車の歴史とは?

 (142139)

自転車の起源は諸説ありますが、1813年にドイツ人の発明家が新しい乗り物を考案したという説が有力です。

発明当初のシンプルな構造の自転車は、ヨーロッパの国々へ普及していくうえで新しい技術お進化でさまざまな改良が施されました。利便性が高まったことで自転車は世界中へ広まり、多様な用途で使用されるようになります。

自転車の起源・始まり

 (143741)

最も有力な自転車の起源の説は、1813年に発明家のカール・フォン・ドライスが発祥地であるドイツで自転車の元となるドライジーネと呼ばれる装置を考案したことです。

ドライス伯爵の愛馬が死んでしまい、馬に変わる乗り物を探したことをきっかけに自転車は発明されました。ペダルのない地面を踏んで進む装置は、現在の自転車の起源となります。

自転車の語源

英語で自転車を表記するBicycleの語源は、1879年イギリスで発明された車輪へチェーンを組み込む仕組みのBicycletteの言葉に由来しています。

日本では、1870年に竹内寅次郎が3輪車の販売の許可の申請時に、乗り物の名前を自転車と名付けたことが由来で、命名の理由や普及の詳細はは記録がないため不明とされています。

自転車の発祥の地

 (142967)

自転車の発祥地はドイツです。自転車先進国のヨーロッパの国々では、現在も自転車の歴史に関する研究が盛んで、さまざまな文献で発祥の歴史や自転車文化の変遷の検証が続けられています。

自転車の発展

ドライス伯爵が発明した自転車は発祥地のヨーロッパの各国で発展し、歴史の流れによってさまざまな機能が付加され世界中へ広まりました。

自転車の発展で追加された機能は大きく分けて6つです。

・車輪の回転
・材質が鉄製へ変更
・安全機能の追加
・空気入りタイヤの開発
・ギアの開発
・電動機能の追加

自転車の歴史年表

 (142265)

自転車の歴史年表は1818年から始まり、現代まで200年以上の歴史が続いています。

自転車は、200年間の歴史なかで利用者の増加とともに乗る人のニーズや生活様式にあった機能の革新がされ、市民の生活や時代を象徴する形で変化を遂げています。

起源~明治

1818年 文化15年 ドライス伯爵が自転車を発明 ドイツ
1861年 文久元年  ミショー型の自転車の開発 フランス
1870年 明治3年 自転車の言葉の誕生 日本
1879年  明治12年 チェーン駆動の開発 イギリス
1880年 明治13年 オーディナリー型の自転車の開発 イギリス
1885年 明治18年 折りたたみ自転車の発明 フランス
安全型自転車の考案 イギリス
1888年 明治21年 空気入りタイヤの開発 イギリス
1896年 明治29年 フリーホイール機能の開発 イギリス
ギア機能付き自転車の発売 イギリス
1903年 明治36年 ツールドフランス初開催 フランス
起源から明治の年表は、技術の変革が多いことが特徴です。

1861年にミショー型と呼ばれるペダルが付加された車輪が回転する自転車が発明され、車体は鉄製になりました。1880年にはオーディナリー型と呼ばれる前輪が大きく速く走れる車種が開発され、1885年には現在の自転車と同じ構造の安全機能が付加されました。

大正~昭和

1903年 明治36年 個人保有台数が100万台を突破 日本
1992年 大正11年 空気抵抗を軽減する自転車の開発 ドイツ
1923年 大正12年 乾電池ランプの開発 日本
1937年 昭和12年 ツールドフランスでギアの使用の認可 フランス
1950年 昭和25年 個人保有台数が1000万台を突破 日本
1970年 昭和40年代 マウンテンバイク競技の誕生 アメリカ
1970年 昭和40年代 電子フラッシャー付き自転車が流行 日本
1986年 昭和61年 カーボンフレームを開発 アメリカ
大正から昭和の年表の特徴は、自転車の保有者の増加と自転車競技の普及です。

自転車競技の世界的な大会のツールドフランスが定期的に開催されるようになり、1970年にはマウンテンバイクの競技も始まりました。自転車の認知度の高まりで、1950年には日本の個人の車両保有台数が1000万台を突破します。

平成~現在

1993年 平成5年 電動アシスト自転車の発売 日本
1996年 平成8年 ツアーオブジャパンの初開催 日本
2009年 平成21年 幼児乗り2人自転車の解禁 日本
2015年 平成27年 電動アシスト自転車の生産数が48万台突破 日本
平成から現代までの年表の特徴は、電動自転車の普及です。

電動アシスト自転車は、利用者のニーズにあわせた機能の進化で幅広い世代へ広まり、市場が拡大したことで2015年には国内の生産台数が48万台を突破します。
89 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水泳の歴史とは?クロール・平泳ぎの泳法や競泳水着の歴史とは?

水泳の歴史とは?クロール・平泳ぎの泳法や競泳水着の歴史とは?

水泳の歴史の始まりは、人類が狩猟・採取や移動のために泳ぎ始めたことであると考えられています。水泳は、19世紀以降に狩猟・採取や移動のために泳ぐだけでなく、泳ぐ速さを競うようになりました。競泳の歴史が始まり、速く泳げるように泳法や水着の開発が進んだことで、スポーツに発展しました。
Anonymous | 3,451 view
ラグビーの歴史とは?発祥の国や始まり・起源はいつから?

ラグビーの歴史とは?発祥の国や始まり・起源はいつから?

ラグビーの歴史は1823年にイギリスのパブリックスクールだったラグビー校のフットボールの試合で選手がボールを抱えたまま相手ゴールに走ったことが起源となっています。ラグビーの歴史の特徴として大きなルールの改正やユニフォームの改良が挙げられます。
Act | 2,356 view
テニスの歴史とは?発祥国や起源・始まりはいつからなの?【硬式】

テニスの歴史とは?発祥国や起源・始まりはいつからなの?【硬式】

テニスの歴史は、紀元前のエジプトから始まります。その後、フランス、イギリスで現在のテニスの原型となるスポーツが発祥しました。日本では明治時代にテニスが伝来し、ゴムまりを打ち合う軟式テニスが誕生します。時代と共にテニスボールやラケット、ルールが変化していきます。現在ではメジャースポーツの1つとして世界各地でプレーされています。
yama1116 | 13,431 view
空手の歴史とは?起源・始まりの歴史を年表で簡単に解説

空手の歴史とは?起源・始まりの歴史を年表で簡単に解説

空手の歴史は、現在の沖縄である琉球王国で始まりました。空手の起源は琉球王国の古武術がルーツとなっていて、中国や日本の武術の影響を受けながら独自のスタイルへと発展しました。空手は、大正時代に発祥地の沖縄から全国的に広がり、現在では5千万人近い競技人口を誇る世界的な人気競技へと成長していきます。
Anonymous | 2,775 view
プロ野球の歴史とは?日本野球の球団・チームのいつから始まったの?

プロ野球の歴史とは?日本野球の球団・チームのいつから始まったの?

日本のプロ野球の歴史は、初めてプロ球団が誕生して100年間続いています。1936年にプロリーグが設立され、プロ野球の興行が始まります。球団再編問題などの影響でチームが増減しながら、1リーグのプロ野球が2リーグ制となり、現在の2リーグ12チームとなりました。
sandal | 12,348 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

田崎瑞子 田崎瑞子