2021年1月10日 更新

チェーンカッターの使い方!自転車のチェーンを切る方法とおすすめ商品を紹介!

チェーンカッターは自転車やバイクのチェーンを切ったりつなげたりするための工具です。チェーンの切り方やつなぎ方を知れば、メンテナンスやチェーンのアップグレードも自分で行えます。チェーンカッターにもいくつかおすすめ商品がありますので、自分にあった最適なものを選ぶことが大切です。

150 view お気に入り 0

自転車のチェーンカッターとは?

 (207581)

チェーンカッターとは、自転車やバイクのチェーン交換のときにチェーンを切るための道具です。といってもハサミやニッパーのような刃物で切断するわけではありません。

自転車やバイクのチェーンは8の字型のリンクを重ねてピンでつなぎ合わせた形をしていて、ピンを抜くことでチェーンを切り離すために使うのがチェーンカッターです。道具の名前はチェーンカッターですが、チェーンを切るだけではなく、つなぐときも使います。

チェーン交換をする理由

Pedro's Chain Checker Plus II | pig-monkey.com/2020/03/measu… | Flickr (206397)

チェーン交換を行う理由は、チェーンが劣化することで走りに悪影響を与えないようにするためです。特にスポーツバイクは普通の自転車に比べてチェーンに強い力が加わるため、劣化が早くなります。

【チェーン交換をするタイミング】
・チェーンが伸びてギアにはまりにくくなる
・さらに性能のよいチェーンに取り替えたくなる
・走行中のトラブルでチェーンを切らざるをえなくなる​


チェーンが伸びる原因は、長く使ううちに削られて長さが変わり、ギアとかみ合わなくなるからです。走行中に起こるトラブルではチェーンが落ちてギアにはさまり、取れなくなる事例が起こります。

チェーンカッターの使い方

 (207583)

チェーンカッターの使い方は、ハンドルを回してピンを抜く、さすが基本です。チェーンを切る、つなぐがどちらも同じ動作で使えるうえに、メーカーや製品の種類が違っても使い方に大きな違いはありません。作業自体は簡単ですが、チェーンの状態は走行性能だけでなく安全性に大きく影響してきます。使い方の手順をふまえた、安全で確実な作業が必要です。

チェーンの切り方①切断位置を探す

 (207584)

最初にチェーンをどの位置で切るかを決めます。
切るだけならどこでもかまいませんが、切りやすいところはコネクトピンと呼ばれるつなぎ目に使われるピンです。
同じチェーンを切ったあともう一度使うのなら、チェーンの強度を考慮してコネクトピンの場所で切り離すことをおすすめします。コネクトピンは1か所だけ他のピンと色や形が違いますので、すぐ見つけられます。

チェーンの切り方②チェーンカッターを固定

 (207585)

切る位置を決めたらチェーンカッターのはさむ場所を広く開け、凹字型の突起部にチェーンの丸い部分が収まるように当てて固定します。

次にチェーンカッターのハンドルを回して、カッターの先がチェーンのピンに当たるようにしましょう。あらかじめチェーンフックかチェーンフィキサーと呼ばれる金具でチェーンを固定しておくと、切り離したときにチェーンが弾け飛んでしまうのを防ぐことができます。

※チェーンフックはほとんどのチェーンカッターの付属品で入っています。もし入っていない場合でも別売で安く買えますのでぜひ持っておきましょう。購入しない場合でも太めの針金で代用が可能です。

チェーンの切り方③ピンを抜いて切り離す

チェーンを固定したら、一気にピンを抜きます。チェーンカッターのハンドルを回して、カッターの先端をチェーンに押し込むとピンが抜けていきます。抜いたピンがチェーンカッターの反対側に落ちるのを確認したら、ハンドルを戻してカッターをはずし、チェーンの切断が完了です。

抜いたピンは再利用できません。チェーンをつなぐときにはあらかじめ新しいコネクトピンを買うか、新品のチェーンに付属しているピンが必要です。

チェーンの取り付け方④チェーンを仮止め

 (207586)

チェーンを取り付けるときも、切るときと手順は同じです。古いチェーンと同じ長さに揃えた新しいチェーンを自転車に通したら、ピンが入っていないチェーンの穴のあいたつなぎ目どうしを重ね合わせます。

重ねた部分をチェーンカッターの凹部にはめ込み、動かないように固定してください。取り付けるときもチェーンフックで押さえておくと作業がしやすくなります。

チェーンの取り付け方⑤ピンで留める

 (207587)

最後に新しいコネクトピンを用意して、先端が尖っている方をチェーンの穴にあてがいます。
ピンを抜くときと同じようにハンドルを回してピンを押し込み、コネクトピンが最後まで入ったらチェーンカッターを外して完了です。押し込むときはピンが斜めにならないように気をつけてください。

ピンの種類しだいではチェーンの反対側にいらない部分がはみ出てきますので、ガイドの溝にあわせてペンチで切り取ります。
自転車のチェーンは強いテンションがかかっています。切り離すときや取り付けるときには、チェーンが弾け飛ばないように両端を押さえて慎重に作業をしましょう。

チェーンカッターの選び方

81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バスケットボールのサイズとは?ボールの大きさを種類別に解説!

バスケットボールのサイズとは?ボールの大きさを種類別に解説!

バスケットボールのサイズは、直径や周囲の違いで号数が決められています。バスケットボールの大きさには、幼児から使える1号から社会人男性でも使える7号まで、8種類のサイズが存在しています。それぞれのサイズのボールの使用目的を正しく理解して、自分にあった商品を選び、バスケットボールを楽しくプレイしましょう。
EBONYWOOD | 456 view
バスケットボールの空気の入れ方&おすすめ空気入れ5選!

バスケットボールの空気の入れ方&おすすめ空気入れ5選!

バスケットボールの空気の入れ方は、1.8mの高さから落として1.2~1.4mバウンドする程度がベストです。自転車用の空気入れを使う場合は、先端の器具をボール専用針に付け替える必要があります。バスケットボール用空気入れの購入するときは使う場所や頻度にあわせた商品選びがおすすめです。
emikobayashi215 | 1,387 view
エルボーガードとは?野球におすすめな肘を守るエルボーガード13選!

エルボーガードとは?野球におすすめな肘を守るエルボーガード13選!

エルボーガードとは、野球選手がデッドボールや自打球によるケガから肘を守るための防具です。エルボーガードの使い方は、ピッチャー側の腕に巻き付けるだけと簡単です。エルボーガードには、各メーカーでデザインや特徴に違いがあり、自分にあったものが選べるため、プロ野球だけではなくアマチュア野球、少年野球、軟式野球やソフトボールでも使われるようになりました。
Anonymous | 7,901 view
キャッチャーマスクの種類と付け方とは?人気おすすめマスク5選を紹介

キャッチャーマスクの種類と付け方とは?人気おすすめマスク5選を紹介

野球のキャッチャーマスクは3種類あり、付け方はマスクの種類によって異なります。人気のキャッチャーマスクのおすすめは、ミズノやゼットの商品です。キャッチャーマスクは、視界の確保と軽さをポイントに選ぶとよいでしょう。安全面を考えて、関連道具であるスロートガードやマスクパッドを必ず装着してください。
Anonymous | 2,663 view
キョウヒョウプロ3のターボブルーを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3のターボブルーを使ってみた評価・レビュー【卓球ラバー】

キョウヒョウプロ3 ターボブルーは、待望のブルースポンジを搭載したキョウヒョウプロ3の粘着性裏ソフトラバーです。キョウヒョウプロシリーズは、キョウヒョウシリーズのなかでも上級者向けに作られたシリーズで、最大の特徴は硬さと重さです。プレーヤーたちは、キョウヒョウプロ3 ターボブルーに対して、スピードや回転量を実現できると高く評価しています。
Anonymous | 3,281 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dshishi dshishi