Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ボディメイク
  4. >
  5. レッドブルの効果とは?持...
レッドブルの効果とは?持続時間や飲むタイミング・効果的な飲み方を紹介

レッドブルの効果とは?持続時間や飲むタイミング・効果的な飲み方を紹介

レッドブルの効果は、眠気覚ましやテンションアップ、利尿作用、滋養強壮の効果があります。レッドブルの持続時間は一般的に摂取してから3時間から4時間で効果がピークに達し、摂取後7時間から8時間で完全に効果が切れます。レッドブルを飲むタイミングは、仕事や学習、スポーツをする30分から1時間前に飲むのがおすすめです。

2022.03.01 ボディメイク

レッドブルとは?

 (239738)

RedBullはエナジードリンクの代表格で世界171ヶ国で販売されエナジードリンク市場で高いシェアを誇り、累計750億本売れています。RedBullの独特なセールスコピーの翼を授けるは耳に残り、強烈に突き刺さって、購買意欲を刺激します。

発祥

発祥はオーストリアで、実業家のオディートリッヒ・マテシッツがタイで販売されていたエナジードリンクに触発されRedBullを開発しました。オディートリッヒはタイで販売されていたエナジードリンクの国際的な販売権を手にし、欧米人向けに味付けや成分を改良しました。

製造元

製造元はオーストリアのRedBull社で、自社にドリンク製造工場はなくRedBullの製造は別の会社に委託して製造しています。

RedBull社はマーケティングに多額の費用を投じ、ブランド構築やスポーツのスポンサーを務めることで、ブランドイメージを作り上げ知名度と販売シェアを獲得しています。

販売形態

RedBullの販売形態はコンビニエンスストアやドラッグストアでの小売りと自動販売機による販売の2種類あります。日本では2005年12月にレッドブル販売がスタートし、2006年4月に関西、関東のコンビニエンスストアで販売され全国に広がりました。

2013年にキリンビバレッジとレッドブルがライセンス契約を締結し、キリンビバレッジグループの自動販売機でレッドブルの販売がスタートしました。

種類

 (245084)

名称
レッドブル エナジードリンク風味
レッドブルノンシュガー エナジードリンク風味
サマーエディション 洋梨とパッションフルーツ
ホワイトエディション ホワイトピーチ
イエローエディション トロピカルフルーツ
グリーンエディション ライム
レッドブルの種類は6つで通常タイプとノンシュガータイプに加え、期間限定のフルーツフレーバーのサマーエディションとホワイトエディションとイエローエディション、グリーンエディションがあります。

イエローエディションは販売店が限られていて、一部のドラッグストアや大学生協で購入可能です。

販売価格

内容量 販売価格
250ml 190円
330ml 235円
355ml 245円
レッドブルの販売価格は内容量に応じて3種類あり、250mlが税抜き価格190円で、330mlが235円、355mlが245円で販売されています。販売価格は2021年2月に改定があり、250mlは約55円の値下げで330mlは約35円の値下げがあり、購入しやすくなりました。

レッドブルの成分

 (239739)

成分名 100ml当たりの含有量
アルギニン 120mg
カフェイン 32mg
ビタミンB2 0.09mg
ナイアシン 3mg
パントテン酸 2mg
ビタミンB6 2mg
ビタミンB12 2μg
レッドブルにはカフェイン、ビタミンB群、砂糖類、アルギニンが配合されています。ナイアシンやパントテン酸はビタミンBの一種で、ナイアシンはビタミンB3、パントテン酸はビタミンB5です。水も特別でスイスのアルプス山脈の湧き水が使用されています。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

カフェイン

レッドブルに含まれているカフェインの量は100ml当たり32mgで、250ml缶では1本当たりに80mg含まれていてコーヒー1杯分に相当します。カフェインには眠気覚ましや覚醒作用があり効果時間は摂取後2時間から4時間で、5時間から7時間後には効果が完全に切れるのが一般的です。体型や体質で効果の持続時間は異なり、カフェインに敏感な人ほど効き目が早く発現し長時間効果を発揮します。

砂糖類

レッドブルに含まれる糖は、砂糖とブドウ糖で含有量はオレンジジュースやリンゴジュースと同程度です。砂糖に含まれているセロトニンにはリラックス効果があり、ブドウ糖は脳のエネルギー源です。

砂糖の1日の摂取量の目安は25gで、レッドブルには100ml当たり11gの砂糖類が含まれているため、長時間のデスクワークや強度の高いスポーツの前にレッドブルを飲むことで、エネルギーを蓄えることができます。

ビタミンB群

ビタミンB群は身体の機能を保つための必須微量栄養素であり、補酵素と呼ばれ炭水化物や脂肪を代謝し、効率よくエネルギーにするための潤滑油的な働きをします。ビタミンB群が不足すると疲れやすくなり、肉体的、精神的疲労が抜けにくくなるため、普段から摂取したい栄養素です。

アルギニン

レッドブルに含まれているアルギニンの量は100ml当たり120mgで、250ml缶には300mg含まれている計算になります。アルギニンは成長ホルモンの分泌の促進や筋肉増強や血流改善、免疫機能の向上、生殖機能の改善や疲労回復効果があります。1日の摂取推奨量は1500mgで、レッドブル250ml で推奨量の20%のアルギニンを摂取することが可能です。

アルプスの水

 (239748)

レッドブルに使用されている水は、スイスとオーストリア間にあるレッドブルの生産拠点の近くに湧き出ているアルプスの水を使用しています。スイスは水の国と呼ばれ、アルプスの水の水質には厳しい基準があり、厳しい基準を満たした最高品質の水がレッドブルに使用されています。アルプスの水にはミネラルが適度に含まれていて動脈硬化の予防に効果的です。

レッドブルの効果

 (241854)

レッドブルを摂取したときの効果は大きく分けて4つあります。

【主な効果】
・眠気覚まし
・テンションアップ
・利尿作用
・滋養強壮


4つの効果は体質や摂取した時の体調で効き目にバラつきが生じる可能性もあります。

眠気覚まし

レッドブルに含まれているカフェインには眠気を覚ます効果があり臨床実験で眠りを阻害する効果があると発表されています。レッドブル250mlでカフェイン80mg含まれていて、コーヒー1杯分に相当します。レッドブルには代謝や血流改善に効果があるアルギニンが入っているため、コーヒーに比べて早くカフェインの効果を実感することができます。

テンションアップ

レッドブルに含まれるカフェインは、アデノシンの働きを抑え、神経伝達物質を放出させる働きがあります。神経伝達物質にはノルアドレナリンやドーパミンがあり、ノルアドレナリンが放出されると神経が興奮し、やる気や意欲が上がり、ドーパミンは快感を増幅させる作用があります。レッドブルを摂取するとノルアドレナリンとドーパミンの効果でテンションが上がります。

利尿作用

レッドブルには利尿作用があり、デトックス効果が高まって体内に溜まっていた老廃物や毒素を体外に排出することができます。カフェインの効果で腎臓の血管が拡張し、摂取後3時間から5時間は尿の排泄を促す効果があります。レッドブルを摂取するときは、トイレが近くなるため長距離の運転や移動の前に飲むときは注意が必要です。

滋養強壮

レッドブルには滋養強壮の効果があります。レッドブルに含まれているアルギニンには、成長ホルモンの合成を促進して脂肪の代謝促進や筋肉組織の強化に作用します。カフェインとアルギニンは同時に摂取すると相乗効果で効き目が強く感じられ疲労回復に効果的です。

レッドブルの正しい飲み方

レッドブルには飲み方があり、いつ飲むのか、時間帯、1日の摂取量の上限や効果の持続時間を理解する必要があります。

レッドブルには眠気覚ましの作用があるため、効果の持続時間を知っておくと、就寝するタイミングや摂取の間隔を把握することができます。

飲むタイミング

レッドブルを飲むタイミングは仕事や学習、スポーツをする30分から1時間前に摂取するのがベストです。レッドブルは摂取後すぐに効き目が出ないため、作業する時間から逆算して飲みましょう。レッドブルを夜に摂取すると寝つきが悪くなり、砂糖類が脂肪に変化して蓄積される可能性があるため注意が必要です。

摂取の時間帯

レッドブルの摂取の時間帯は日中のほうが糖類を分解しやすく、集中力が切れやすい昼食の前後に摂取することで、学校や仕事を集中力を切らさずに乗り切ることができます。レッドブルは甘味が強めで一般的なエナジードリンクと違って苦みや酸味が少なく、甘味には目を覚ます効果があるため眠気覚ましに効果的です。

1日の摂取量

レッドブルの1日の摂取量は250ml缶で1本から2本まで​が適切な摂取量で、カフェインは一気に過剰摂取すると胃痛や吐き気を催したり不眠の原因になります。カフェインには体重で摂取上限が異なり、1時間以内に体重1kg当たり6.5mg以上、体重が60㎏の成人でレッドブル250ml缶を5本以上摂取するとカフェイン中毒を引き起こす危険性があります。

効果の持続時間

レッドブルの効果の持続時間は個人差もありますが、一般的に摂取後3時間から4時間がピークで、ピークを境に緩やかに効き目がなくなり、摂取してから7時間から8時間で完全に効果が切れます。カフェインを繰り返し多く摂取していると、カフェインに対して耐性ができてしまい効果を感じにくくなります。

レッドブルの副作用

レッドブルの摂取は、まれに副作用を引き起こします。

・落ち着かなくなる
・肥満になる


レッドブルには栄養ドリンクに配合されている成分が含まれていて、摂取した時の体調や摂取した人の体質で効果が強くあらわれ副作用を引き起こす可能性があります。

落ち着かなくなる

レッドブルを摂取するとまれに気分が高揚し落ち着かなくなることがあります。レッドブルに含まれているカフェインによる脳の覚醒、興奮作用やカフェインの過剰反応が原因で、体質的カフェインに弱い人や一気に大量のレッドブルを摂取したときに引き起こす可能性が高く、レッドブルを1本飲む程度では副作用は生じません。

肥満になる

レッドブルを飲みすぎると肥満になる可能性があります。レッドブルには100ml当たり11gの砂糖類が入っていて、250ml缶には28gの砂糖が含まれている計算になり、WHOが定める1日の砂糖の摂取目安の25gを超過します。砂糖はエネルギー源となりますが、エネルギーに変わらなかった砂糖は脂肪に変化して蓄積し、肥満の原因になります。

レッドブルの疑問

 (239745)

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
レッドブルの疑問は精力アップに効果があるのか、適切な効果が出ない理由や飲みすぎの危険性、飲み合わせの注意点があります。

レッドブルは医薬品ではなく清涼飲料水ですが体によい効果と副作用があり、摂取する前に疑問がある場合は疑問を解消してから摂取すると安心です。

精力アップに効果がある?

レッドブルは精力アップの効果があります。アルギニンには成長ホルモンの分泌を促し、成長ホルモンの増加すると血流改善や筋肉増強、疲労回復の効果があります。レッドブルのアルギニンの含有量は少量であるため持続時間は短いですが、一時的な精力アップは十分可能です。

適切な効果がでない理由

レッドブルを飲んでも適切な効果が出ない理由はカフェイン耐性があげられます。日常的に繰り返しカフェインを大量に摂取し続けるとカフェインに対して体が反応しづらくなりカフェイン耐性が生じます。カフェインには摂取目安量があり、健康な成人では体重1㎏に対して3mgから5.7mgの摂取が安全で、摂取目安を守っていればカフェイン耐性がつきません。

飲み過ぎの危険性

レッドブルの飲みすぎは危険で、カフェインには摂取上限があり、飲みすぎると、吐き気を催したり、胃痛を感じたりします。さらに心臓に負担がかかり、動機や息切れが起きることもあり、海外ではエナジードリンクを一気に大量に摂取し、心臓発作を起こした事例もあります。

薬を服薬しているときの注意点

服薬中の摂取は副作用が生じる可能性があり大変危険です。レッドブルを飲むことで、飲んでいる薬の効果が弱まって効きにくくなり、薬の成分次第では効きすぎてしまうこともあるため危険です。基本的に服薬中のレッドブルッドブルの摂取は控えましょう。

お酒との飲み合わせの危険性

お酒との飲み合わせは危険で、カフェインにはアルコールの酔いを感じにくくさせる効果があります。カクテルのレッドブルウォッカは、アルコール度数の割にジュースみたいに飲めてしまいます。カフェインの作用で酔いを感じにくくなり飲みすぎてしまい、急性アルコール中毒を引き起こす危険性があるためレッドブルとお酒の飲み合わせには注意が必要です。

モンスターエナジーとの違い

成分  レッドブル  モンスターエナジー
炭水化物 10.8g 13g
食塩相当量 0.2g 0.2g
ビタミンB2 0.09mg 0.7mg
ビタミンB6 2mg 0.8mg
ビタミンB12 2µg 1~6μg
ナイアシン 3g 8.5g
パントテン酸 2mg 0
アルギニン 120mg 125mg
カフェイン 32mg 40mg
D-リボース 0 125mg
高麗人参 0 82mg
カルニチン 0 29mg
レッドブルとモンスターエナジーの違いは味と成分です。味ではレッドブルは炭酸が強く甘みが抑えられていて、モンスターエナジーは甘味が強く海外で売っているジュースに近い味わいです。

成分ではレッドブルにはビタミンB5のパントテン酸が含まれ、パントテン酸には肌荒れ防止の効果があります。モンスタエナジーには高麗人参エキスやカルニチンが含まれていて、夏バテや脂肪燃焼効果があります。

レッドブルで快適な生活を過ごそう

 (239746)

レッドブルは適切な量を適切なタイミングで摂取することで快適な生活を過ごす助けとなります。レッドブルは眠気覚ましや集中力アップに効き目があり、瞬発力が必要なスポーツの前に飲むと競技のパフォーマンスが向上します。砂糖やカフェインが含まれているため、一度に大量に飲むと危険ですが、上手に使えば頼もしい存在です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。