2021年6月22日 更新

レッドブルの効果とは?持続時間や飲むタイミング・効果的な飲み方を紹介

レッドブルの効果は、眠気覚ましやテンションアップ、利尿作用、滋養強壮の効果があります。レッドブルの持続時間は一般的に摂取してから3時間から4時間で効果がピークに達し、摂取後7時間から8時間で完全に効果が切れます。レッドブルを飲むタイミングは、仕事や学習、スポーツをする30分から1時間前に飲むのがおすすめです。

12,009 view お気に入り 0
ビタミンB群は身体の機能を保つための必須微量栄養素であり、補酵素と呼ばれ炭水化物や脂肪を代謝し、効率よくエネルギーにするための潤滑油的な働きをします。ビタミンB群が不足すると疲れやすくなり、肉体的、精神的疲労が抜けにくくなるため、普段から摂取したい栄養素です。

アルギニン

レッドブルに含まれているアルギニンの量は100ml当たり120mgで、250ml缶には300mg含まれている計算になります。アルギニンは成長ホルモンの分泌の促進や筋肉増強や血流改善、免疫機能の向上、生殖機能の改善や疲労回復効果があります。1日の摂取推奨量は1500mgで、レッドブル250ml で推奨量の20%のアルギニンを摂取することが可能です。

アルプスの水

 (239748)

レッドブルに使用されている水は、スイスとオーストリア間にあるレッドブルの生産拠点の近くに湧き出ているアルプスの水を使用しています。スイスは水の国と呼ばれ、アルプスの水の水質には厳しい基準があり、厳しい基準を満たした最高品質の水がレッドブルに使用されています。アルプスの水にはミネラルが適度に含まれていて動脈硬化の予防に効果的です。

レッドブルの効果

 (241854)

レッドブルを摂取したときの効果は大きく分けて4つあります。

【主な効果】
・眠気覚まし
・テンションアップ
・利尿作用
・滋養強壮


4つの効果は体質や摂取した時の体調で効き目にバラつきが生じる可能性もあります。

眠気覚まし

レッドブルに含まれているカフェインには眠気を覚ます効果があり臨床実験で眠りを阻害する効果があると発表されています。レッドブル250mlでカフェイン80mg含まれていて、コーヒー1杯分に相当します。レッドブルには代謝や血流改善に効果があるアルギニンが入っているため、コーヒーに比べて早くカフェインの効果を実感することができます。

テンションアップ

レッドブルに含まれるカフェインは、アデノシンの働きを抑え、神経伝達物質を放出させる働きがあります。神経伝達物質にはノルアドレナリンやドーパミンがあり、ノルアドレナリンが放出されると神経が興奮し、やる気や意欲が上がり、ドーパミンは快感を増幅させる作用があります。レッドブルを摂取するとノルアドレナリンとドーパミンの効果でテンションが上がります。

利尿作用

レッドブルには利尿作用があり、デトックス効果が高まって体内に溜まっていた老廃物や毒素を体外に排出することができます。カフェインの効果で腎臓の血管が拡張し、摂取後3時間から5時間は尿の排泄を促す効果があります。レッドブルを摂取するときは、トイレが近くなるため長距離の運転や移動の前に飲むときは注意が必要です。

滋養強壮

レッドブルには滋養強壮の効果があります。レッドブルに含まれているアルギニンには、成長ホルモンの合成を促進して脂肪の代謝促進や筋肉組織の強化に作用します。カフェインとアルギニンは同時に摂取すると相乗効果で効き目が強く感じられ疲労回復に効果的です。

レッドブルの正しい飲み方

レッドブルには飲み方があり、いつ飲むのか、時間帯、1日の摂取量の上限や効果の持続時間を理解する必要があります。

レッドブルには眠気覚ましの作用があるため、効果の持続時間を知っておくと、就寝するタイミングや摂取の間隔を把握することができます。

飲むタイミング

レッドブルを飲むタイミングは仕事や学習、スポーツをする30分から1時間前に摂取するのがベストです。レッドブルは摂取後すぐに効き目が出ないため、作業する時間から逆算して飲みましょう。レッドブルを夜に摂取すると寝つきが悪くなり、砂糖類が脂肪に変化して蓄積される可能性があるため注意が必要です。

摂取の時間帯

レッドブルの摂取の時間帯は日中のほうが糖類を分解しやすく、集中力が切れやすい昼食の前後に摂取することで、学校や仕事を集中力を切らさずに乗り切ることができます。レッドブルは甘味が強めで一般的なエナジードリンクと違って苦みや酸味が少なく、甘味には目を覚ます効果があるため眠気覚ましに効果的です。
81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

筋トレの翌日がだるい理由とは?トレーニングやジムの次の日の対策を解説

筋トレの翌日がだるい理由とは?トレーニングやジムの次の日の対策を解説

トレーニングやジムの翌日に体がだるいのは、筋トレの負荷で筋肉の細胞が損傷し、炎症を起こしているからです。しかし、適切な処置を取ることで翌日の筋肉の回復を早めることができます。また普段から筋トレの前後や日常生活に工夫をすることで、筋肉がだるい状態にならず、快適に筋トレに取り組むことが可能です。
筋トレの食事メニュー1週間を紹介!筋トレ効果を引き出す食事の極意とは?

筋トレの食事メニュー1週間を紹介!筋トレ効果を引き出す食事の極意とは?

筋トレの食事メニューはPFCバランスを考えて作ることが大切です。タンパク質を多めに摂取し、炭水化物や脂質を減らす食事を取るように心がけてください。適切な量の栄養素を摂取することで、効率的に筋肉量を増加させることができます。
Shun.T |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yama1116 yama1116