2020年6月5日 更新

ヒップヒンジとは?正しいやり方とトレーニング効果を解説!

ヒップヒンジとは、股関節を動きをメインに上半身と太ももを近づけていく動作のことで、スクワットやデッドリフトのような筋トレの基本です。ヒップヒンジを習得すると、下半身が強化され、腰痛や怪我を予防することができます。正しいヒップヒンジをマスターし、効率よくトレーニングしましょう。

5,787 view お気に入り 0

ヒップヒンジとは?

 (139034)

ヒップヒンジとは、股関節の動きを中心に上半身と太ももを閉じていく動作のことで、スクワットやデッドリフトのような筋トレのなかで出てきます。正しくヒップヒンジをすることで、お尻の筋肉である大臀筋を鍛えることができ、下半身を強化してトレーニングの効果を飛躍的に向上させることができます。

効率よく筋トレをしたい人は、まずはヒップヒンジをマスターしましょう。

ヒップヒンジの意味

ヒンジは、英語で蝶番(ちょうつがい)のことを指し、ヒップヒンジとは股関節を蝶番のように動かすという意味です。

蝶番はドアの開閉時にドアを支える金具のことで、ヒップヒンジでは股関節が蝶番のような役割を果たし、上半身を曲げて太ももに近づけていきます。ヒップヒンジを習得して股関節がスムーズに動かせるようになると、運動面や健康面で大きなメリットを得ることができます。

ヒップヒンジの効果

 (139035)

ヒップヒンジの効果は3つあります。

・下半身の強化
・腰痛予防
・怪我の予防


ヒップヒンジのやり方を正しくマスターすると、下半身が強化されて運動能力が向上するだけでなく、腰痛や怪我の予防効果を期待することができます。

下半身の強化

ヒップヒンジは、お尻の筋肉である大臀筋や太ももの後ろ側にあるハムストリングのような大きな筋肉を使うため、下半身を強化することができます。

下半身が強化されると、効率よく全身の筋肉量が増えて基礎代謝が上昇し、痩せやすく無駄な脂肪がつきにくい体を手に入れることが可能です。また、日常生活で立ち時間や歩く時間が長い場合は、下半身が強くなることで疲労が蓄積しにくく、回復も早くなります。

腰痛予防

 (139037)

ヒップヒンジを正しいフォームですることで、股関節がスムーズに動いて腰への無理な負担が少なくなり、腰痛を予防することができます。腰痛の原因の多くは、腰にある腰椎と呼ばれる骨への過剰な負担です。

ヒップヒンジが正しくできるようになると、歩行や前屈など日常の動作で正しく股関節が使われるようになり、腰を痛める機会を格段に減らすことができます。

怪我の予防

ヒップヒンジは、股関節の動きをスムーズにし、骨盤周辺の筋肉を鍛えることで体の動きを柔軟にして怪我を予防することができます。

トレーニングや歩行や階段の昇り降りといった日常の動作の中で、股関節は動きの要となる大切な場所です。ヒップヒンジは股関節を起点にした動きを繰り返すため、股関節周辺が柔軟になり可動域が広くなることにより、体の他の部分への余分な負担が減り、怪我をしにくくなります。

ヒップヒンジの効く部位

 (139039)

ヒップヒンジが効く部位は、大きく分けて3つです。

・大臀筋
・ハムストリングス
・腸腰筋


ヒップヒンジで鍛えることができる筋肉は、スポーツや筋力トレーニングだけでなく日常生活でも重要な役割を果たしています。ヒップヒンジをマスターし、効率よく筋肉を鍛えましょう。

大臀筋

大臀筋はお尻の表層にある大きな筋肉で、お尻の形は大臀筋の鍛え具合に大きく左右されます。ヒップヒンジは、お尻を後ろに引いていくことでお尻の筋肉が刺激されるため、大臀筋を効果的に鍛えることが可能です。大臀筋を鍛えると、ヒップラインが美しくなるだけでなく、下半身の筋肉量が増えて基礎代謝が上昇して痩せやすくなり、効率よくダイエットすることもできます。

ハムストリングス

ハムストリングスは、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋から形成される太ももの後ろ側にある筋肉です。ヒップヒンジで上半身と太ももを閉じていくときに太ももの裏側が伸びて、ハムストリングスを強化することができます。ハムストリングスを鍛えると、太ももの血行が良くなることで脂肪が燃焼されやすくなり、無駄な脂肪を落として足を引き締めることができます。

腸腰筋

Login 窶「 Instagram (139280)

腸腰筋は、腰椎付近から骨盤を通り抜けて太ももの付け根まで続く筋肉で、姿勢の維持や膝を持ち上げる動作をする重要な役割を担っています。

ヒップヒンジでは、股関節の屈曲と伸展を繰り返すことで、普通の筋トレでは鍛えにくい腸腰筋を鍛えることが可能です。腸腰筋が鍛えられることで、下半身が安定して運動パフォーマンスが向上し、日常生活では姿勢の維持や腰痛予防などの効果を得ることができます。
57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

内側広筋の筋トレ方法とは?太ももの筋肉の鍛え方とトレーニングメニュー

内側広筋の筋トレ方法とは?太ももの筋肉の鍛え方とトレーニングメニュー

内側広筋の筋トレ方法には、自宅で気軽にできる自重トレーニングとジムで鍛えるマシントレーニングがあります。内側広筋を効率的に鍛えるには、膝を伸ばしきることと、つま先を真っすぐすることが重要です。内側広筋の筋トレをすることで膝のケガ予防とスポーツパフォーマンス向上に繋がります。
kouhei22 | 30 view
ふくらはぎの筋肉の名前とは?足の筋肉役割と働きを解説

ふくらはぎの筋肉の名前とは?足の筋肉役割と働きを解説

ふくらはぎの筋肉は下腿三頭筋という名前があり、腓腹筋とヒラメ筋の2つの筋肉で構成されています。ふくらはぎは足関節を下に伸ばす働きと、ポンプの役割を持ち、第二の心臓と名前が付けられています。歩いたり走ったりするときに使われるため、日常生活やスポーツでも重要な役割を果たす筋肉です。
mblue1974 | 79 view
ヒラメ筋の筋トレ方法とは?ふくらはぎの筋肉の鍛え方とトレーニングメニュー

ヒラメ筋の筋トレ方法とは?ふくらはぎの筋肉の鍛え方とトレーニングメニュー

ヒラメ筋の筋トレには、自宅でのトレーニングする方法とジムのマシントレーニングする方法があります。ふくらはぎの筋肉の鍛え方には、かかとを上げ下げする筋トレのカーフレイズがおすすめです。ヒラメ筋のトレーニングメニューには、シッティングカーフレイズやアンクルホップが効果的です。
Act | 240 view
腓腹筋の筋トレ方法とは?足の筋肉の鍛え方とトレーニングメニュー

腓腹筋の筋トレ方法とは?足の筋肉の鍛え方とトレーニングメニュー

腓腹筋の筋トレ方法とは、つま先立ちの動きを取り入れて鍛える方法です。ふくらはぎにある腓腹筋の鍛え方には、家で気軽にできる自重の筋トレやジムでマシンや器具を使ってトレーニング方法があります。腓腹筋を太く鍛えるトレーニングメニューでは、つま先立ちスクワットやカーフレイズがおすすめです。
bumobumo | 986 view
大腿四頭筋の筋トレ方法とは?太ももの効率的な鍛え方と効果を解説!

大腿四頭筋の筋トレ方法とは?太ももの効率的な鍛え方と効果を解説!

大腿四頭筋の筋トレ方法には道具を使わない自重トレーニングと、道具を使ったマシントレーニングがあります。大腿四頭筋の効率的な鍛え方は準備体操、運動強度、筋トレの頻度、食事に気をつけることがポイントです。大腿四頭筋を鍛える効果には脚やせや下半身強化があります。
Act | 1,260 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous