2021年7月1日 更新

エナジードリンクの効果とは?成分・効き目や副作用を紹介

エナジードリンクの効果は眠気覚まし、疲労解消、栄養補給で、エナジードリンクの主な成分はカフェイン、アルギニン、ビタミンB群、ナイアシンです。食後30分以内に飲むと効き目が高いですが、飲み過ぎや相性が悪いと不眠や動悸、胃痛をはじめとする副効果を感じる人もいます。

304 view お気に入り 0
エナジードリンクは、3つの飲むタイミングに合わせると正しく飲めます。
・食後
・用事の30分前
・寝る前
エナジードリンクは多く飲み過ぎたり、飲むタイミングを間違えると十分な効果が得られないだけでなく、逆効果になるケースもあります。

飲むベストなタイミング

食後は、エナジードリンクを飲むベストタイミングです。疲労回復を期待して飲む場合は、胃が空腹よりも満腹のほうが高い効果が期待できます。食後30分以内は消化器官の働きが活発で、エナジードリンクの栄養を吸収してくれます。

用事の30分前

会議やプレゼンをはじめとする重要な用事の30分前にエナジードリンクを飲むと、効果が期待できます。エナジードリンクに含まれるカフェインは、一般的に30分後に効果が出ます。失敗したくない用事がある場合は、30分前を意識してみてください。

寝る前

寝る前は、疲労回復が目的でエナジードリンクを飲む人におすすめのタイミングです。ビタミンB類やタウリンは、睡眠時の疲労回復をサポートしてくれます。ただしカフェインを含むエナジードリンクを就寝前に飲むと目が覚めてしまうため、ノンカフェインタイプを選びましょう。

エナジードリンクの疑問

エナジードリンクの疑問点は、効果が感じられるかどうかです。効果の感じ方には個人差がありますが、エナジードリンクを選ぶときは自分が望む効果が期待できる成分が配合されているか確認する必要があります。例えば眠気覚ましを重視しているときにノンカフェインタイプのエナジードリンクを選ぶと、効果が期待できません。カフェインが入ったタイプを選びましょう。

飲み過ぎは良くない?

エナジードリンクの飲み過ぎは体に悪く、目安はエナジードリンク350mlを飲む場合、1回あたり1本、1日2本を意識しないといけません。エナジードリンクに含まれるカフェインは、一度に大量に摂取すると健康に問題が生じます。吐き気や胃痛を感じるほか、命を落とした例もあります。エナジードリンクに書かれている容量を守らないといけません。

精力アップに効果はある?

エナジードリンクには、精力アップ効果はありません。国立健康・栄養研究所によると、1日に5gのアルギニン摂取で精力がアップした例が報告されています。しかし一般的なエナジードリンクにはアルギニンが1g程度配合されているだけで、5gにはおよびません。精力アップを期待する場合は、専門家に相談した方がよいです。

エナジードリンクとの付き合い方

 (247658)

エナジードリンクとの付き合い方は、正しい効果や飲み方を知ったうえで上手く生活に取り入れ付きあうべきです。複数の種類が販売されているため、カフェインの影響を受けたくない場合はカフェインが配合されていないノンカフェイン、自分が求める栄養分が入っているエナジードリンクを選ぶとよいです。エナジードリンクの裏に書かれた成分を見てから、選ぶことが理想です。
67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous