2018年10月12日 更新

筋肉痛の治し方!早く治すための方法や気になる原因と仕組みとは?

筋肉痛が発生する原因や仕組みをご紹介しています。筋肉痛になってしまった際の治し方やより早く痛みを治す方法と一緒に痛みを緩和・軽減させたりする複数の対処法もご覧いただけます。筋肉痛の治し方やより早く治す方法を知りたい方におすすめの内容となっております。

2,252 view お気に入り 0
 (60646)

筋肉痛を早く治す方法の一つとして、普段からトレーニングを行うことがあげられます。痛みの治し方を理解することも非常に重要ですが、日頃から適度なトレーニングを行うことによって痛みを和らげることができますし、早く身体の状態を回復することができます。

普段から運動をしている方は筋繊維が太くなっており、多少の運動では筋肉痛にはなりません。反対に普段運動をしない方は筋繊維が細くなり、ちょっとした運動で筋繊維に傷がついてしまうため筋肉痛になりやすくなります。定期的な運動を行うことによって痛みを最小限に抑えることができますし、筋肉痛の状態を早く治すことができます。意識的に運動する時間を確保していきましょう。

筋肉痛を早く治す方法⑩

アルコールを控える

筋肉痛を早く治す方法として、普段アルコールを摂取している方がアルコールの摂取を控えるという方法があります。スポーツ科学では筋トレ後のアルコールの摂取は筋肥大の効果を減少させるという研究結果が出ており、簡単に説明するとトレーニングなどを行った後にアルコールを摂取すると筋力の回復を妨げるといったものになります。

さらに筋力の回復力はアルコールの摂取量が多ければ多いほど下がってしまう傾向があるので、普段からアルコールを摂取している方が筋肉痛を早く和らげるのであれば、アルコールを摂取する習慣を見直す必要があります。アルコールの過剰摂取は健康にとっても悪影響になりますので注意が必要です。

筋肉痛を早く治す方法⑪

痛みのある部分を揉みほぐす治し方

 (60647)

お風呂などで筋肉痛で痛い部分を揉みほぐすという方法も痛みを早く治す方法として効果的です。ですが痛みのある部分を揉みほぐす際に、強い力を加えてマッサージしてしまったり、あまりにも長い時間揉みほぐしを行ってしまうと、その部分の筋肉の筋繊維が損傷してしまい、炎症を起こしてしまうため注意しましょう。これが一般的に揉み返しと言われるものです。

痛い部分を揉む際は力の強さに注意し、軽くマッサージすることが痛みを早く治すために大切です。感覚としては痛みのある部分を手でさするようにすると筋肉に余計な負担がかからず、血行の改善に有効的ですのでマッサージの際に揉み返しが気になる方は試してみると良いでしょう。

筋肉痛を早く治す方法⑫

運動前にカフェイン入りのコーヒーを飲む

 (60648)

筋肉痛の治し方としてコーヒーを飲むことが注目されています。コーヒーにはカフェインが含まれており、このカフェインには新陳代謝を活性化させる効果があることから運動時などに発生する筋疲労を改善することが分かっています。また、運動をした翌日などに起こる痛みに対しても、カフェインを摂取することによって痛みの原因であるアデノシンを減らし、痛みを和らげる効果もあります。

コーヒーは筋肉痛への対処として非常に手軽に行うことができ、痛みの軽減も期待できますので積極的に活用していきたいところです。スポーツを行う際などはコーヒーは飲むことによって集中力を高める効果もありますので、まさに一石二鳥の対策となります。

筋肉痛を早く治す方法⑬

薬の服用による治し方

痛みを早く治す方法として薬の服用も方法の一つです。痛みを治すために様々な工夫をしてもなかなか身体の状態が改善しないようであれば薬を服用し、痛みを和らげるように対策することで日常生活で支障がないようにすると良いでしょう。ですが、様々な対処・対策を行い薬の服用も行ったにもかかわらず、痛みが軽減しないようであれば、身体に何らかの異常がある可能性があります。

痛みが続いてしまう病気の中には横紋筋融解症、代謝異常症、脂肪酸代謝異常症などいくつかの病気が存在します。ただの筋肉痛と思い込まずに、長期間の痛みや異常を感じた際には一度病院で受診のお願いをするなどの対策を行うことをおすすめします。

筋肉痛を早く治す方法⑭

筋肉痛の場所を冷やす

Yoshinobu MatsumotoさんはInstagramを利用しています:「今、尿酸値を下げる薬を飲んでるんやけど、その副作用でまた痛くなる事があるよ‼️ って言われたんやけど  かなり来てます😭  痛みあるわ 腫れるわ 関節がうまく動かへんわ  もうホンマに嫌になる。  飯食ってなくて、疼くので  とりあえずアイシングで  誤魔化す‼️ 最悪です😭…」 (59239)

筋肉痛の治し方としてよく知られているのが痛みのある部分を冷やすといったものです。ですがこの方法は痛みのある部分を冷やすことによって感覚を麻痺させ、痛みを和らげるという対処の仕組みになりますので、筋肉が回復しているわけではありません。この方法は一時的に痛みを軽減させる対処となります。方法としては痛みのある部分を袋に入れた氷水で15分~20分程度冷やすと効果的です。

また、激しい運動をして筋肉が熱を持っている場合は筋肉を冷やし、少しの運動で起きる慢性のような痛みであれば38~40度程度のお湯で温めた方が痛みの治し方としては正しいため、痛みを軽減させる方法も意識的に使い分けるようにしましょう。

筋肉痛を早く治す方法⑮

消炎剤の入った湿布を貼る

Aloha🍍 広告.副業お断り on Instagram: “* パソコン打ちすぎて 腱鞘炎になりそうだから 今夜は湿布してます。 * あー痛い。 整形外科いこうかなぁ… * #腱鞘炎 #痛い #湿布 #冷たい #それも痛い #なんなの #働く女性 #つらい #接骨院 #整骨院 #整形外科 #たすけてくれー #腕 #手 #やだやだ…” (57112)

筋肉痛の治し方として湿布を使って痛みを和らげる方法も多くの方が行っています。湿布は貼り薬であり、湿布を貼った場所だけが冷やされていると思われる方がいますが、湿布は皮膚を通じて薬が吸収されて全身に作用しています。そのため間違った使い方をしてしまうと副作用が発生してしまいますし、上手く活用すればしっかりと効果を発揮してくれます。
湿布は冷蔵庫などで冷やしておいたものを痛みのある部分に貼ると効果が高くなりますし、一度入浴をして身体を温めてから貼ることによってもより痛みの治し方として効果があります。湿布は痛みの治し方としては身近な方法になりますので使用方法をしっかりと理解して活用しましょう。

筋肉痛の原因と仕組みを理解して正しい対処を行おう

76 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

noah1711 noah1711