2021年11月15日 更新

筋トレの翌日がだるい理由とは?トレーニングやジムの次の日の対策を解説

トレーニングやジムの翌日に体がだるいのは、筋トレの負荷で筋肉の細胞が損傷し、炎症を起こしているからです。しかし、適切な処置を取ることで翌日の筋肉の回復を早めることができます。また普段から筋トレの前後や日常生活に工夫をすることで、筋肉がだるい状態にならず、快適に筋トレに取り組むことが可能です。

70 view お気に入り 0

筋トレの翌日のだるさを改善した具体的な口コミ

 (257159)

筋トレの翌日のだるさについて、口コミが多数寄せられています。

【改善できた口コミ】
・いつもより長めに湯船に浸かって汗をかいたら体のだるさが楽になった
・1週間の食事改善とストレッチで、倦怠感が無くなりスッキリした
・十分な睡眠時間を確保したことで体がスッキリし、翌日集中して筋トレできた

【改善できなかった口コミ】
・血行促進のために湯船に浸かったが、長く浸かりすぎて眠るのが遅くなり睡眠不足でだるかった
・お風呂ではなくサウナに行ったら血行がよくなりすぎてしまい、体が熱を持ってだるさが取れなかった
・短時間の昼寝ができず、3時間程度寝てしまいだるさが増してしまった

翌日のだるさ対策をして筋トレに取り組もう

 (259285)

筋トレの次の日に体が疲れてだるいときは、アフターケアや事前準備が不充分であることが原因です。日頃から栄養バランスや体調管理を意識し、翌日に体がだるい状態になることを防ぎましょう。

栄養摂取と休養のバランスを適切に管理することは、怪我を防止し筋肉の発達に高い効果を発揮します。怪我や体調不良に注意しながら、効果的にトレーニングに取り組みましょう。
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

レッドブルの効果とは?持続時間や飲むタイミング・効果的な飲み方を紹介

レッドブルの効果とは?持続時間や飲むタイミング・効果的な飲み方を紹介

レッドブルの効果は、眠気覚ましやテンションアップ、利尿作用、滋養強壮の効果があります。レッドブルの持続時間は一般的に摂取してから3時間から4時間で効果がピークに達し、摂取後7時間から8時間で完全に効果が切れます。レッドブルを飲むタイミングは、仕事や学習、スポーツをする30分から1時間前に飲むのがおすすめです。
筋トレの食事メニュー1週間を紹介!筋トレ効果を引き出す食事の極意とは?

筋トレの食事メニュー1週間を紹介!筋トレ効果を引き出す食事の極意とは?

筋トレの食事メニューはPFCバランスを考えて作ることが大切です。タンパク質を多めに摂取し、炭水化物や脂質を減らす食事を取るように心がけてください。適切な量の栄養素を摂取することで、効率的に筋肉量を増加させることができます。
Shun.T |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ほこりこ ほこりこ