2021年7月30日 更新

アブドミナルアンドサイのやり方とは?腹筋の筋肉を見せるポージング方法を解説

アブドミナルアンドサイは脚と腹筋の筋肉の大きさやカットを見せるポーズで、ボディビル大会の規定技の1つです。ボディビルのポージングの中でも難易度の高いアブドミナルアンドサイは片足を前に投げ出し、腕を頭の後ろで組み、脚と腹筋の筋肉に力をいれることでポーズがとれます。

256 view お気に入り 0

アブドミナルアンドサイとは?

 (248733)

アブドミナルアンドサイは腹部と脚を意味し、頭の後ろに手を持っていき、腹筋や脚の筋肉をアピールするポーズです。アブドミナルアンドサイはボディビルの規定ポーズの1つで、極限まで力を入れて各筋肉の大きさやカットをアピールすることが求められます。大会では腹斜筋、腹直筋の筋肉がいかにしぼられているかと脚の大きさとカットがポイントです。

アブドミナルアンドサイで重要な筋肉

アブドミナルアンドサイで重要な筋肉は、大胸筋、腹直筋、腹斜筋、大腿四頭筋の4つの筋肉です。アブドミナルアンドサイでは、前側すべての筋肉が見えるため、一部の筋肉だけを鍛えるとバランスが悪く不格好に見えます。審査ポイントである腹筋と脚に意識が行きがちですが、大胸筋が大きいほど腹筋の脂肪のしぼられ具合を強調することができます。

①大胸筋

大胸筋は胸板部分に位置する筋肉で、上半身の中で一番大きな筋肉です。大胸筋は上部・中部・下部の3つの起始に分けられ、上部は鎖骨部、中部は胸肋部、下部は腹直筋鞘から上腕骨に向かって筋肉が張りだしています。
アブドミナルアンドサイのポーズでは、前側全部の筋肉がよく見えるため、大胸筋が小さいと全身の筋肉のバランスが悪く見えます。大胸筋を大きく見せることで逆三角形のきれいなボディラインのアピールが可能です。

②腹斜筋

 (250720)

腹斜筋とは脇腹の筋肉のことで、内腹斜筋と外腹斜筋の2つで形成されています。腹筋全体を包む腹斜筋を鍛えることでボディラインがきれいに見えるため、しぼられたシックスパックをアピールできます。
アブドミナルアンドサイで審査ポイントとなる腹筋のしぼられ具合をアピールするために欠かせない筋肉です。

③腹直筋

 (250722)

腹直筋とは、シックスパックの部分のことを言います。腹直筋は誰もが生まれ持ち、6つか8つに分かれていて、基本的には脂肪により隠れています。
アブドミナルアンドサイのポーズでは腹直筋の脂肪を落とし、どこまで魅せられるかが重要です。筋肉を鍛え上げるだけでなく脂肪を極限まで落とす努力が必要です。

④大腿四頭筋

 (251341)

大腿四頭筋は全身の筋肉の中で一番強くて大きい筋肉です。大腿四頭筋は太ももの前側に位置し、大腿直筋、中間広筋、外側広筋、内側広筋の4つの筋肉から形成されています。
アブドミナルアンドサイでの脚はポージングの構成で土台となるだけでなく、脚の大きさとカットが審査される重要なポイントです。

アブドミナルアンドサイポーズのやり方

 (248735)

アブドミナルアンドサイは脚のポージングを決めることから始まります。片足を前に投げ出しつま先立ちをした体勢で脚に力を入れます。
脚のポージングができたら上半身の腹筋をアピールすることがポイントです。腕を頭の後ろに持っていき、頭と手をお互い押し合いながら力を入れ、上半身を投げ出してる前の脚に乗せると腹筋がきれいに見えます。

脚のポージング

アブドミナルアンドサイでの脚のポージングは、片足を前に出し、つま先立ちの形にして筋肉に力をいれます。前に出す脚に指定はないため筋肉に自信のある方の脚を前に出しましょう。前に出した脚の膝を外に向け後ろ脚の筋肉に力を入れてポーズを固定します。

【脚のポージングやり方】
①片足を前に投げ出す
②前の脚をつま先立ちの状態にする
③内ももに隙間ができない範囲で膝を外側に向ける
④後ろ足に力を入れて固定する

上半身のポージング

アブドミナルアンドサイでの上半身のポージングは、腕を頭の後ろで組み上半身の重さを脚の上に乗せ、大胸筋の重さと脚で腹筋を挟み込むことで腹筋のしぼられ具合をアピールできます。

【上半身のポージング】
①腕をあげ頭の後ろに持っていく
②手で頭を軽く押しながら頭はこぶしの方向へ力を流す
③脚に上半身を乗せて腹筋に力をいれる


こぶしに決まりはないため、握る、組む、添えるの中から自分が力を入れやすい方法で行いましょう。

ポージングの注意点

73 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サイドチェストポーズのやり方とは?胸の筋肉を綺麗に見せるポージング方法を解説

サイドチェストポーズのやり方とは?胸の筋肉を綺麗に見せるポージング方法を解説

サイドチェストは大胸筋や下腿三頭筋の張りや厚みを披露するポーズで、ボディビル大会の規定ポーズの1つです。サイドチェストのやり方は前脚に重心を傾け固定した後で上半身を捻ることがポイントです。筋肉を綺麗に見せるポージングは胸郭を広げて大胸筋の表面積を大きく見せるポーズがあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous