2021年10月5日 更新

スクワットができない原因とは?後ろに倒れたり・膝が痛い人へ正しいやり方を解説

スクワットができない原因は足首や股関節が硬いことや体幹の筋力が弱いことです。正しいスクワットをするには、準備運動として足首や股関節のストレッチや体幹トレーニングが有効です。柔軟性の欠如は正しいスクワットができないだけでなく、ケガにつながるので注意しましょう。

111 view お気に入り 0

スクワットができない人の特徴とは?

スクワットは下半身を鍛えるために重要な、筋トレには欠かせないトレーニング種目です。正しいフォームでスクワットを実施することで、下半身の筋肥大や筋力アップが期待できます。

しかしスクワットのフォームは難しく、正しくスクワットができない人も多いです。スクワットができない人にはいくつかの特徴があります。

・後ろに倒れてしまう人
・上手く屈伸ができずにしゃがめない人
・膝が痛くなってしまう人
・猫背になってしまう人

後ろに倒れてしまう人

スクワットで後ろに倒れてしまう人の特徴はかかと重心や骨盤後傾が挙げられます。

スクワットでしゃがむときに深くなるにつれて重心がかかとに乗ってしまったり、骨盤が後傾してしまい、最終的にバランスを崩して後ろに倒れてしまいます。勢いよく後ろに倒れてしまうとケガをする危険性があるため、改善が必要です。

上手く屈伸ができずしゃがめない人

スクワットで上手く屈伸ができずしゃがめない人はニーインの可能性があります。スクワットでしゃがむ際、膝関節はつま先と同じ方向に曲げるのが正しい動かし方ですが、ニーインはつま先に対して膝が内側曲がろうとするため、スクワットをするとうまくしゃがむことができません。

ニーインして上手くしゃがめない場合、スクワットの効果を得られないだけでなく膝のケガにつながるため、改善する必要があります。

膝が痛くなってしまう人

スクワットができない人の特徴には、膝が痛くなってしまう人が挙げられます。スクワットは太ももや殿部に負荷をかけるため、太ももと地面が平行になる深さまでしゃがみ込む必要がありますが、膝が痛くなってしまう人は痛みでしゃがみが浅くなり正しいスクワットができません。

スクワットで膝が痛くなる人は、ストレッチをして膝痛を軽減させたりやサポーターで膝をサポートしたりしましょう。

猫背になってしまう人

スクワットで猫背になってしまう人は股関節を使うことができないため、正しいスクワットができません。

スクワットでしゃがむときに骨盤が後傾してしまい、股関節をうまく折り曲げることができず、代償動作で猫背になることがあります。代償動作とは本体機能すべき部位ではなく、他の部位が機能して動作を補うことです。

猫背のスクワットでは股関節まわりを鍛えることができないだけでなく、ケガの危険性も高いため改善する必要があります。

スクワットができない原因

スクワットができない原因は人によってさまざまですが、おもに身体の柔軟性の欠如が原因であることが多いです。柔軟性が欠如した状態では、正しいスクワットのやり方を知っていても思い通りに身体を動かすことができません。

柔軟性の欠如だけでなく、動きのクセや体幹の弱さもスクワットができない原因のひとつです。

後ろに倒れてしまう人の原因

スクワットで後ろに倒れる人は足首や股関節の硬さに原因があります。

足首が硬い人はスクワットでしゃがむときに脛を前傾させることができず、股関節(殿部やハムストリング)が硬い人はスクワットでしゃがむときに骨盤を前傾させることができません。

足首や股関節が硬く脛や骨盤を前傾できないと、スクワットでしゃがむときに後ろに倒れてしまいます。

上手くしゃがめない人の原因

スクワットで上手くしゃがめない人の原因は内股での生活です。日頃から内股で生活をしていると癖がついてしまい、膝を曲げたときに膝が内側に入ったニーインの状態でスクワットをすることになります。

しゃがむときにニーインすると、膝関節がロックされてしまい深くしゃがむことができません。スクワットをする際は、膝を曲げる方向がつま先と同じ方向を向いていることを意識するようにしましょう。

膝が痛くなる人の原因

スクワットで膝が痛い人は、しゃがむときに膝に体重を乗せすぎていることが原因です。

スクワットは複数の関節を同時に使う多関節運動で、膝関節と股関節が協調しながら屈伸運動をするため、屈伸運動のときに股関節をうまく使えないと膝に負荷がかかり、膝を痛めてしまいます。

スクワットで膝が痛い人は、股関節に体重が乗るスクワットのフォームに修正するか、股関節の柔軟性を改善することが必要です。

猫背になってしまう人の原因

スクワットで猫背になってしまう人は股関節の硬さと体幹の弱さが原因です。

殿部やハムストリングなどの股関節が硬い人は、スクワットでしゃがむときに骨盤が後傾してしまうため、猫背になりやすいです。また、体幹が弱いと自分の体重を支えることができなくなり、猫背や反り腰になります。

スクワット中に目線が下を向いてしまう場合も猫背になりやすいので注意しましょう。

スクワットの正しいやり方

スクワットでは複数の関節を同時に使うためフォームの習得が難しいですが、正しいフォームを習得すると健康的に効率よく下半身を鍛えることができます。

【スクワットのやり方で意識すべきポイント】
・スクワットの足幅
・スクワットの姿勢
・スクワットの動き
・スクワットの深さ
54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ワイドスクワットのやり方と効果とは?筋トレは毎日やってもいいの?

ワイドスクワットのやり方と効果とは?筋トレは毎日やってもいいの?

ワイドスクワットとは、足幅を大きく開いて膝を屈伸する自重トレーニングです。ワイドスクワットには筋力強化だけでなく脚やせ効果もあります。しかし、誤ったフォームで運動すると怪我の危険があるため、正しいやり方をおぼえて理想の体づくりを目指しましょう。
スプリットスクワットのやり方と効果とは?筋トレは毎日やってもいいの?

スプリットスクワットのやり方と効果とは?筋トレは毎日やってもいいの?

スプリットスクワットは、足を前後に開いて前足に重心をかけながらスクワットをするトレーニングです。スプリットスクワットのやり方は、姿勢を少し前傾させて前足に重心をかけながら膝を曲げるのが基本です。スプリットスクワットをすると、お尻の太ももの筋肉を鍛えることができ、基礎代謝やスタイルアップの効果が期待できます。
ノーマルスクワットのやり方と効果とは?効率よく太ももを鍛えよう

ノーマルスクワットのやり方と効果とは?効率よく太ももを鍛えよう

ノーマルスクワットとは、上半身を固定したまま膝を屈伸させ、下半身や体幹を鍛えるトレーニングです。ノーマルスクワットをやることで、ダイエット効果や男性ホルモンの活性化などの効果があります。ノーマルスクワットのやり方は、膝をやや外側に傾け、背筋を伸ばして太ももが床と平行になるまで膝を曲げます。
ハックスクワットの効果と正しいやり方とは?重量設定と足の位置がコツ!

ハックスクワットの効果と正しいやり方とは?重量設定と足の位置がコツ!

ハックスクワットは、マシンを使って体を後ろに傾けておこなうスクワットで、レッグプレスとは可動域や重量設定に違いがあります。ハックスクワットでは下半身の筋肉が鍛えられるため、運動能力や基礎代謝の向上、ダイエット効果が見込めます。ハックスクワットは、足をしっかり固定して、目的にあわせた重量設定でやるのがコツです。
太もも痩せスクワットの効果とやり方とは?太ももを細くしたい!

太もも痩せスクワットの効果とやり方とは?太ももを細くしたい!

太もも痩せスクワットとは、太ももの筋肉を鍛え、細くするためのエクササイズです。内ももやお尻の筋肉に負荷をかけてやる太もも痩せスクワットでは、確実な太もも痩せ効果を実感することができます。太もも痩せスクワットは、お尻の筋肉や下半身をはじめとする体全体の引き締めやむくみの改善に効果を発揮します。
kwdmnr |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rokugoh Rokugoh