Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ボディメイク
  4. >
  5. 胸の筋肉の名前とは?大胸...
胸の筋肉の名前とは?大胸筋・小胸筋などの胸部の名称と役割を解説!

胸の筋肉の名前とは?大胸筋・小胸筋などの胸部の名称と役割を解説!

胸の筋肉は、皮膚の下にある浅胸筋群と肋骨付近にある深胸筋群に横隔膜を加えた3つの名前の部位に分かれます。細かな胸の筋肉の名前は付着する骨や位置に由来するものが多く、物を押し引きする動作や姿勢の安定、呼吸の補助を役割とする筋肉が集まっています。

2021.12.16 ボディメイク

胸の筋肉とは?

 (260239)

胸の筋肉とは、体の前面の胸部に付いた筋肉です。皮膚のすぐ下についた筋肉だけでなく、胸の奥深く、肋骨付近に付いた筋肉も含まれます。

胸の筋肉といえば大胸筋が代表的ですが、大小さまざまな筋肉で構成されていて、物を押す動作引く動作だけでなく、姿勢の安定呼吸に関わる多彩な筋肉の集まりです。

胸の筋肉の構造

胸の筋肉 浅胸筋群
深胸筋群
横隔膜
胸の筋肉の構造は、大きく分けて浅胸筋群深胸筋群横隔膜の3つに分かれています。3つの筋肉群と筋肉は場所だけで区別されているのではなく、機能の面でも大きな違いがあります。

浅胸筋群

浅胸筋群 大胸筋
小胸筋
鎖骨下筋
前鋸筋
浅胸筋群は、胸の皮膚のすぐ下に位置する筋肉群です。大胸筋をはじめ、小胸筋、鎖骨下筋、前鋸筋で構成されていて、胸郭と上腕骨、鎖骨を繋いでいます。胸腕筋とも呼ばれ、肩や腕を動かすときに主だった働きをします。

深胸筋群

深胸筋群 外肋間筋
内肋間筋
長肋骨挙筋
短肋骨挙筋
肋下筋
胸横筋
深胸筋群は、浅胸筋群のさらに下、肋骨に近い部位にある筋肉群です。内外の肋間筋と長短の肋骨挙筋肋、肋下筋、胸横筋の6種類の筋肉で成り立っています。固有胸筋群胸壁筋の名前でも知られていて、肋骨を動かし呼吸の補助する役割を担っています。

横隔膜

横隔膜は、深胸筋群とともに呼吸をつかさどる筋肉です。胸とお腹の境目にある膜状の筋肉で、頭の方に向かってドーム型に盛り上がるかたちで肺を支えています。横隔膜が上下動することで、肋骨に囲まれた部位の圧力を変化させ、肺を膨らませたり縮ませたりする作用があります。

胸の筋肉の名前

胸の筋肉の名前の多くは、付着している部位や機能、形が由来です。そのため、筋肉と連なる骨や筋肉の位置を意識することで覚えやすくなります。

大胸筋

 (259635)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
大胸筋は、上腕骨と体幹を結んでいる胸の筋肉です。浅胸筋群の大部分を占めていて、いわゆる胸板と呼ばれる体の部位を形成しています。胸の筋肉で最も大きく力があることが名前の由来で、鎖骨から始まる上部、胸骨から始まる中部、お腹の上のあたりから始まる下部の3つに分かれているのが特徴です。

3つの部位は、強化目的だけではなく怪我防止のためにバランスよく鍛えるべきであり、腕立て伏せやベンチプレスがおすすめです。

小胸筋

 (259637)

小胸筋は大胸筋に覆われている小さな三角形の筋肉です。大小さまざまな胸の筋肉の中では、決して小さくない筋肉ですが、位置する場所が大胸筋に近いことから小胸筋の名前が付いています。浅胸筋群のなかでも深い位置にあり、上部が肩甲骨、下部が肋骨につながっています。

胸の筋肉を釣り上げている筋肉で、男女共にバストアップに役立つ筋肉です。小胸筋を鍛えるには、仰向けでダンベルを上げ下げするダンベルフライが効果的です。

鎖骨下筋

 (259638)

鎖骨下筋は、名前のとおり鎖骨の下に薄く伸びている筋肉です。大胸筋に覆われているインナーマッスルの一種で、鎖骨のポジショニングに大きく関わっています。鎖骨下筋を鍛えることで、胸と肩の動きの連動性を向上させることができ、腕の可動域の拡大や骨格の歪みの矯正に役立ちます。

鎖骨下筋は、肩甲骨を下げる動きを取り入れたディップスやダンベルフライで刺激を入れて鍛えることが可能です。

前鋸筋

 (259642)

前鋸筋は、脇の下に位置する浅胸筋群の筋肉です。人の体を側面から見て、肋骨の中間から肩甲骨の内側にノコギリ状に付着していることから前鋸筋の名称を与えられました。ボクサー筋の名前でも知られている筋肉で、肩甲骨を中心とした肩の動きに関わります。

前鋸筋を鍛えるには、腕の曲げ伸ばしで体の垂直上げ下げ動作をおこなうディップスが代表的です。

外肋間筋

 (259643)

外肋間筋は、肋骨と肋骨の間を埋める主な2層の筋肉うち、外側を覆う筋肉です。呼吸筋の一種で、内肋間筋と横隔膜とともに呼吸運動に関わります。深呼吸をするときに胸を大きく広げる筋肉で、内肋間筋とともに空気を多く取り込む胸式呼吸を主導します。

トレーニングで集中的に鍛えることは難しい筋肉ですが、ベンチプレスや腕立て伏せをはじめとした胸郭を広げる動作をともなうプルオーバー系の種目で刺激を入れることができます。

内肋間筋

 (259644)

内肋間筋は、肋骨と肋骨の間を埋める主な2層の筋肉うち、内側に付着する筋肉です。外肋間筋や横隔膜と同じく呼吸筋の一員で、呼吸運動に貢献しています。外肋間筋と協働して胸式呼吸を主導する筋肉で、深呼吸するときに活躍します。

内肋間筋も集中的にトレーニングすることが難しい筋肉ですが、ベンチプレスや腕立て伏せで息を吐きながら胸郭を縮小させることで複数の筋肉と同時に鍛えることができます。

肋下筋

肋下筋とは、肋骨の最も近く、内肋間筋のさらに深層に位置している筋肉です。内肋間筋から分岐した筋肉で、内肋間筋の下層部のみに存在している特徴があるため、肋下筋の名前で呼ばれています。内肋間筋との大きな違いは、隣り合う肋骨には繋がらず、ひとつ飛びこえた肋骨に繋がっているところです。

意識して呼吸したりストレッチをしたりして肋下筋の柔軟性を養うことで、呼吸がスムーズになり、心肺機能が向上します。

長肋骨挙筋

長肋骨挙筋は、外肋間筋の背中の方に12対ある筋肉です。肋骨を上方へ挙げていることから挙筋の名前が付けられました。2つの肋骨挙筋のうち筋が長いことから長肋骨挙筋の名称で呼ばれています。呼吸に関係する呼吸筋のひとつで、肋骨の間にありますが、すぐ下の肋骨ではなく、二つ下の肋骨まで伸びている特徴があります。

背中を反らすバックエステンションが効果的なエクササイズで、心肺能力の改善や猫背の矯正に効果的です。

短肋骨挙筋

短肋骨挙筋は、長肋骨挙筋と同じく外肋間筋の背中側に12対ある筋肉です。付着部位は肋骨の間で、胸椎の横突起からすぐ下にある肋骨に向かって伸びています。長肋骨挙筋と同様に非常に薄い筋肉で、同じ場所から伸びていますが、筋肉の終着部分と筋肉の長さが違うため、短い肋骨挙筋の名称が付けられました。

トレーニングにはバックエクステンションを中心とした背中を反らせる筋トレが効果的です。

胸横筋

胸横筋は、深胸筋群の中で最も人体の内側にある筋肉で、肋骨の内側に位置しています。胸郭を横に広がる形をしているため、名称が胸横筋となりました。筋のサイズが小さく、腹横筋の一部とみなされることもあります。身体の中心軸に近い筋肉のため、上半身の安定には欠かすことのできない小さくとも重要な筋肉です。

ピンポイントで鍛えるのが難しい筋肉ですが、意識的に深い呼吸をすることで刺激を入れることができます。

胸の筋肉の役割と働き

 (259650)

胸の筋肉の役割と働きは、肩から腕の動作上半身の姿勢制御に加え、呼吸をすることです。胸の浅い部分にある筋肉で腕の動作を、深い部分にある筋肉で体幹の安定と呼吸を司ります。

大胸筋の役割と働き

大胸筋の役割は、肩関節を稼働させて腕を動かすことです。腕を押し出したり閉じたりする働きがあり、日常動作やスポーツでは物を押す動作で活躍します。また、大胸筋の3つの部位は部位ごとに役割と働きが違います。

・上部…腕を肩のラインから上に上げる
・中部…腕を水平に動かす
・下部…腕を肩のラインから下に下げる


大胸筋の3つの部位すべてが腕を使う動作全般に働くため、腕を動かすシーンで幅広く活用される筋肉です。

小胸筋の役割と働き

小胸筋の役割と働きは2つあります。

①肩甲骨のバランスをとってスムーズに肩を動かす
②肋骨を引き上げて胸部を広げ呼吸をサポートする


大胸筋と連動して動き、腕を真横に持ち上げた状態から下げるときに作用するため、足元にある物を拾う動作や激しい呼吸運動に関わります。メインで働くことの少ない筋肉ですが、野球の投球動作やテニスのサーブの腕を振り下ろす動きで活躍します。

鎖骨下筋の役割と働き

鎖骨下筋の役割は、上腕が動くときに胸鎖関節を保護、安定させることです。鎖骨の動きを制限し、腕を大きく回したときに関節が外れるのを防ぐ働きがあります。

腕の動きに対してサポート役に徹している地味な筋肉ですが、スポーツや日常生活で物を持ち上げたり、腕を振ったりするシーンで、怪我なく滑らかに肩や腕を動かすためには欠かせない筋肉です。

前鋸筋の役割と働き

 (259658)

前鋸筋は肩甲骨の動作に大きく関与する筋肉で、3つの働きがあります。

①肩甲骨を広げながら上方へ動かす(バンザイの動き)
②肩甲骨を外側に動かす(腕を突き出す動き)
③肋骨を挙上させる


ボクサー筋の別名のとおり、パンチを打つ動作で重要な働きをします。また、肋骨を挙上させる動きは、胸郭の面積を広げるため呼吸にはなくてはならない働きで、日常生活でも常に活動させている筋肉です。

外肋間筋の役割と働き

外肋間筋の役割は、肋骨を動かして吸気を助けることです。外肋間筋が収縮して肋骨が引き上げられると、胸郭が広がり空気を取り込みます。呼吸に使われるため、シーンを問わず無意識化でも働く筋肉です。また、外肋間筋の強さは体幹の強さに関係し、運動時の体軸の安定を左右する筋肉です。

サーフィンに代表される身体が不安定な状況に置かれやすい乗り物系のスポーツでは大切な役目を果たします。

内肋間筋の役割と働き

内肋間筋は、肋骨を動かして呼気を補助する働きがあります。内肋間筋が収縮すると肋骨が引き下げられ、胸郭が収縮して空気を吐き出します。外肋間筋と同じく呼吸に関わるため、無意識化でも活動している筋肉です。

同様に、外肋間筋と協調する働きは体幹を安定させる作用があり、走ったり止まったりする基本的な動きでも体をふらつかせない重要な役割を担っています。

肋下筋の役割と働き

肋下筋は、内肋間筋と同じく、息を吐くときに肋骨を下げる働きをします。息を吐き出すときに内肋間筋と一緒に作用することで、空気の交換を円滑にし、心肺機能を支えています。

肋間筋と共に呼吸に作用し、日常生活下でも無意識化で活用されている筋肉です。マラソンをはじめ呼吸が重要になる有酸素運動では、肋下筋の強さや柔軟性が大切な要素になり得ます。

長肋骨挙筋の役割と働き

長肋骨挙筋の役割は、息を吐いたときに肋骨を引き上げることです。外肋間筋と同様に、胸郭内の空気を体外に吐き出す動きをサポートし、日常生活のなかでも無意識化で作用する筋肉です。また、短肋骨挙筋とともに、胴体を立ち上げたときに肋骨を持ち上げる働きがあり、重力で肋骨が下がってこないように作用しています。

スポーツでは呼吸を助けるだけでなく、体幹を安定させフォームの乱れを抑制する働きがあります。

短肋骨挙筋の役割と働き

短肋骨挙筋の役割は、肋骨を内側から支えることです。また、収縮することで肋骨と肋骨の間を縮めて肋骨を引き上げ、長肋骨挙筋と協調して呼吸のサポート体幹を安定させる働きもします。

日常生活下の呼吸で無意識に作用するほか、有酸素運動で安定した呼吸を保つために重要な役割を果たす筋肉です。

胸横筋の役割と働き

胸横筋には、肋骨を引き下げて息を吐く動きを助ける役割があります。また、体を横に曲げたときに作用する筋肉で、胸椎や腰椎を反らせて体幹を後屈させたり側屈させたりする働きもあり、日常生活のなかで背筋を伸ばす動作に不可欠な筋肉です。

深く呼吸するときには特に腹横筋が活発に動くため、マラソンやサイクリングに代表される有酸素運動では特に重要な働きをします。

胸の筋肉を鍛えるメリット

胸の筋肉を鍛えるメリットは2つです。

・上半身のシルエットが美しくなる
・姿勢の矯正と安定に繋がる


胸の筋肉を鍛える腕立て伏せやベンチプレスをすると、胸だけでなく肩や腕の筋肉に刺激が入ります。つまり胸の筋トレは結果的に上半身全体のバルクアップにつながり、バランスのよい上半身のシルエットを作ることに貢献します。また、体幹に付いた筋肉も多く、猫背や背中が曲がった姿勢の改善に効果的です。

胸の筋肉の構造を知って効果的なボディメイクに繋げよう

two smiling women doing yoga pose photo – Free Fitness Image on Unsplash (259649)

胸の筋肉は、多くの筋肉で構成されています。役割も、上半身を動かすだけでなく、呼吸をするためであったり、姿勢制御であったりと、多岐にわたって活躍する重要な筋肉の集まりです。

胸の筋肉の構造を知って各部位を意識しながらトレーニングすることで、胸だけでなく上半身全体の動きやシルエットが整って美しいボディメイクにつなげることができます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。