2020年10月8日 更新

朝ヨーグルトダイエットとは?痩せ効果絶大レシピとやり方を解説!

朝ヨーグルトダイエットとは、痩せるために必要な栄養成分を体内に吸収する効果が期待できるヨーグルトを朝に食べるだけのダイエット方法のことです。痩せ効果絶大レシピには、ホットヨーグルトやはちみつヨーグルト・フルーツヨーグルトがあります。朝ヨーグルトダイエットのやり方は、食前の空腹時にお腹を温めてからヨーグルトを食べるだけと簡単です。

2,624 view お気に入り 0

朝ヨーグルトダイエットとは?

 (183846)

朝ヨーグルトダイエットとは、朝の空腹時にヨーグルトを摂り、ダイエット中に不足しがちな栄養素を効率よく補給しながら痩せる食事療法のことです。

忙しい人でも手軽に朝食を摂取できるヨーグルトは、たんぱく質・カルシウム・ビタミンB2が豊富に含まれる栄養価が高い食材です。朝ヨーグルトダイエットで効率よく痩せるには、栄養を上手く活かす正しいダイエットの方法を知る必要があります。

朝にヨーグルトを摂ると良い理由

Login 窶「 Instagram (182951)

朝食前にヨーグルトを摂取するとよい理由は、3つあります。

・たんぱく質が血糖値の上昇を抑える
・ビタミンB2の吸収がよくなる
・カルシウムがダイエット中のストレスを緩和するために暴飲暴食を防げる

たんぱく質やビタミンB2は空腹時に吸収されやすいため、食前に摂ると体に脂肪がつきにくくなります。

ヨーグルトの効果

 (183847)

ヨーグルトは食べると腸内環境を整え、美容・ダイエットに役立つ5つの効果を発揮します。

・下痢や便秘の解消
・免疫力の向上
・肌のトラブルを改善
・筋力の向上
・脂肪の燃焼


ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、体内の悪玉菌を退治する働きがあるため、腸が刺激されてお通じがよくなります。悪玉菌の減少は、有害物質の発生も抑えるため、体の中からキレイになる美肌作りに効果的です。

効能(栄養)

Login 窶「 Instagram (183864)

ヨーグルト(無糖)100gあたりの栄養成分
カロリー 62kcal
たんぱく質 3.6g
脂質 3.0g
炭水化物 4.9g
カルシウム  120mg
ビタミンB2 0.14mg
ヨーグルトの栄養は、4つの成分が中心になり、ダイエットに必要な効能を発揮します。

・乳酸菌
・たんぱく質
・カルシウム
・ビタミンB2


ヨーグルトは乳酸菌で腸を整え、たんぱく質で筋肉を作る働きを持つダイエットに欠かせない食べ物です。特に、日頃の食生活で不足しやすいカルシウムやビタミンB2の摂取が、脂肪燃焼に役立ちます。

効果

 (177808)

ヨーグルトの効果
食前 脂肪分の摂りすぎ予防
糖分の摂りすぎ予防
食後 お通じがよくなる
乳酸菌やたんぱく質、カルシウムが各役割を果たすヨーグルトの効果は、3つあります。


・乳酸菌:腸内環境を整えて下痢・便秘の解消に役立つ
・たんぱくが:筋力の衰えを防ぐ
・カルシウム:体内の脂肪を排出する

ヨーグルトは、食べる時間帯で効く効果が違うため、目的にあわせて食前と食後のどちらに食べるか決めるようにしましょう。

カロリー

 (182964)

種類 カロリー/100g
加糖のドリンクタイプ 123kcal
無糖のプレーンヨーグルト 61.9kcal
脂肪分・砂糖不使用のプレーンヨーグルト 42〜45kcal
一般的によく使われる無糖のプレーンヨーグルトのカロリーは、100gあたり61.9kcalです。

ダイエット中にヨーグルトを食べる場合は、無糖のプレーンヨーグルトを脂肪分が少なく砂糖を使っていないプレーンヨーグルトに変えるだけで、カロリーを42〜45kcalまで抑えることができます。

加糖のドリンクタイプのヨーグルトは、通常の無糖ヨーグルトに比べると糖質の量が約2倍あるため、飲む量に注意が必要です。

朝ヨーグルトダイエットのやり方

 (182962)

朝ヨーグルトダイエットのやり方は、朝にヨーグルトを食べるだけでとても簡単です。朝ヨーグルトダイエットをするときは、4つの点に注意しましょう。

・ヨーグルトの種類の選び方
・ヨーグルトの食べ方
・ヨーグルトの1日の摂取量
・ヨーグルトを摂取するタイミング

朝ヨーグルトダイエットで痩せるためには、実践する期間の計画を立てて無理なく続けることが必要です。

ヨーグルトの選び方

92 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はダイエット中でも使っていいの?豆板醤の効果・おすすめレシピを解説

豆板醤はカプサイシンや麹菌が含まれていて脂肪燃焼効果や整腸作用があるため、ダイエット中に使用しても大丈夫です。カプサイシンを含む豆板醤には、脂肪燃焼や食欲増進をはじめとするダイエット効果があります。豆板醤のレシピでは、多くの食材を一緒に摂取することができるスープや炒め物がおすすめです。
yukari221 | 175 view
コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンはダイエット中に使っていいの?コチュジャンの効果・おすすめレシピを解説

コチュジャンは、カプサイシンや麹菌を含み脂肪燃焼効果や整腸効果が期待できるためダイエットに適しています。夕飯にコチュジャン小さじ1杯を摂取してから運動すると、2週間で2~3キロのダイエットができます。コチュジャンのレシピでは、一緒にたくさんの具材が食べられるユッケジャンスープや甘辛チキンがおすすめです。
yukari221 | 135 view
麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐はダイエットにおすすめ?痩せ効果のある低糖質レシピとやり方を解説!

麻婆豆腐は豆腐や肉がメインの高タンパク・低糖質のメニューで、ダイエットにおすすめです。麻婆豆腐の具材には、コレステロールを下げ、脂肪燃焼効果や糖代謝を助ける働きがあります。麻婆豆腐ダイエットは、食べる時間帯や油・片栗粉を控えるアレンジで、さらに効果を上げることが可能です。
さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは?効果的に痩せるやり方・期間を解説!

さつまいもダイエットとは、主食のお米やパンの代わりにさつまいもを食べてカロリーを抑え、お通じをよくして脂肪のつきにくい身体を作るダイエット方法です。効果的に痩せるやり方には1回の食事で150g程度を油脂や砂糖を少なめに調理して食べる方法があります。さつまいもダイエットに必要な期間は2週間程度が一般的です。
kohizuka6 | 351 view
ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットとは?効果的なやり方と具体的なダイエット期間を解説!

ゆで卵ダイエットでは、ゆで卵を夕食に置き換えたり、間食に食べたりすることで健康的に減量することができます。ゆで卵は、栄養価が高く低カロリーなでダイエットにおすすめの食材といえます。ゆで卵ダイエットを成功させるには、摂取量や食べるタイミングに気を付けることが大切です。ゆで卵ダイエットでは、1ヶ月で1キロ痩せることが期待できます。
yunn0923 | 291 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

e.sora36(えそら) e.sora36(えそら)