2021年3月10日 更新

アクエリアスはダイエット中に飲んでもいいの?アクエリアスの効果・カロリーを解説

アクエリアスをダイエット中に飲むことは問題ありません。しかし、アクエリアスには糖が含まれています。必要以上に糖を摂取すると、痩せるためのダイエットを頑張ってもなかなか結果が出ない原因になります。アクエリアスは汗をかいたときなど、必要なときにのみ摂取するようにしましょう。

2,774 view お気に入り 0

アクエリアスはダイエット中に飲んでもいいの?

アクエリアスはダイエット中に飲んでも問題はない飲み物です。しかしアクエリアスには糖が含まれています。ダイエット中は、アクエリアスの成分や効果を知って適切に摂取する必要があります。

アクエリアスの栄養・効果

 (222980)

アクエリアスには糖が含まれていますが、カロリーは比較的少ないです。アクエリアスの主な効果や効能はスポーツ時の摂取に特化しています。塩分も含まれている点が、一般的な飲み物との成分や栄養の違いの1つです。

栄養・カロリー

アクエリアス100mlあたり
エネルギー 19kcal カリウム 8mg
タンパク質 0g マグネシウム 1.2mg
脂質 0g アルギニン 25mg
炭水化物 4.7g イソロイシン 1mg
食塩相当量 0.1g バリン 1mg
ロイシン 0.5mg
500mlのアクエリアスでもカロリーは100kcalに満たないため、清涼飲料水の中ではアクエリアスは比較的カロリーが低いです。ただ、少ないですがカロリーは存在するため大量に摂取するとダイエットを頑張っても痩せない原因になります。

スポーツドリンクであるため、運動時に必要なアミノ酸が栄養に含まれている点も特徴の1つです。

効果(効能)

アクエリアスの効能は、体液と似た浸透圧であり運動時の体にさまざまなサポートをすることが期待できる点です。含まれているミネラルの影響で、運動時の脱水症の予防に効果があると言えます。クエン酸やアミノ酸も含まれ、効能は運動による疲労の軽減が期待できます。発汗をともなうトレーニングやランニングをダイエットのやり方に取り入れている方にはよい効果です。

アクエリアスのダイエットへ与える影響

 (222981)

アクエリアスをダイエット中に飲むことで得られる影響にはよい点と悪い点があります。よい点は水分補給で非常に高い効果を発揮すること。悪い点は成分に糖や塩分が含まれていることです。含まれる成分の働きを理解したうえで摂取方法を工夫し、必要なときにだけ摂取しましょう。

脱水症状の予防

ダイエットによい点は、アクエリアスの摂取は脱水症状を予防するおすすめの方法です。脱水状態では代謝が落ちてしまったり、酸素をうまく体に運べなくなるリスクがあります。脱水状態は、痩せにくい体質になりダイエットの効率を悪くする可能性があります。ダイエット時の脱水症状は特に避けるべき状態です。汗を多くかくダイエットのやり方の人は特に注意が必要です。

むくみ

ダイエットに悪い点1つめはアクエリアスが原因でむくむ可能性があることです。アクエリアスは塩分が含まれる飲み物で、スポーツ時の水分補給に特化しています。塩分は取りすぎると体が塩分濃度を一定に保とうとする働きで水分をため込んでむくみます。
痩せるためにダイエットをしているのに、見た目に変化が表れにくい場合、むくみが原因の可能性があります。

脂肪の蓄積

ダイエットに悪い点2つめは、アクエリアスに含まれている糖が、脂肪の蓄積に影響を及ぼす可能性があることです。糖はエネルギーとなり消費されますが、消費カロリーを超えた摂取は脂肪となり体内に蓄積されます。痩せるために食事のレシピを気にしてダイエットをしてもアクエリアスの摂取で消費カロリーを越えてしまってた場合、ダイエットの結果が出ない原因になります。

ダイエット中にアクエリアスを飲むときの注意点

ダイエット中にアクエリアスを飲むときの注意点は2点あります。

・タイミング
・摂取量

体によいものであってもタイミングと量を間違えると、ダイエットの邪魔をしてしまいます。アクエリアスを摂取するときは、注意点と理由を理解して摂取すべきかどうかを判断しましょう。

タイミング

汗をかくタイミングでの摂取をおすすめします。普段からアクエリアスを摂取し続けると必要以上に糖や塩分を摂取する原因になるからです。

ダイエットが運動や半身浴を取り入れるやり方の場合は、汗をかき体内の糖や塩分が奪われます。汗をかくタイミングでのアクエリアスを摂取し、基本的な水分補給はお茶や水を摂取しましょう。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

牛脂を使ったダイエットのやり方と効果とは?牛脂を食べるレシピ!

牛脂を使ったダイエットのやり方と効果とは?牛脂を食べるレシピ!

牛脂を使ったダイエットとは、糖質を摂らず牛脂の良質な油脂でエネルギー源を補い、断糖高脂質な食事をすることで痩せるダイエット法で、米やパンの主食を断ち、質の良いピンク牛脂を1日200g食べます。牛脂を使ったダイエットは、2ヶ月で32kg減らした実績もあります。
押し麦のダイエットの効果とは?胚芽の効果で食べて痩せられる!

押し麦のダイエットの効果とは?胚芽の効果で食べて痩せられる!

押し麦には太りにくい食習慣を身につけるセカンドミール効果や体内のコレステロールを下げる効能があり、ダイエットに向いた食材です。さらに、押し麦に含まれているビタミンには疲労回復の効果が期待できるほか、豊富に含まれる食物繊維により腸内環境を整えることができるなど、ダイエット以外の効果もあります。
Act |
1日2食ダイエットの効果とは?痩せるための具体的なやり方と注意点を解説!

1日2食ダイエットの効果とは?痩せるための具体的なやり方と注意点を解説!

1日2食ダイエットとは、食事を一食分控えて摂取カロリーをカットすることで痩せる方法です。正しく実践すれば痩せるだけではなく、病気予防やアンチエイジングの効果もあります。1日2食ダイエットはカロリーと栄養バランスをしっかり決めたうえで、朝昼夜のうちどの食事を控えるかを決めるのが大切です。
飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは?やり方と効果を解説!

飲むヨーグルトでダイエットする方法とは、腸内環境を整える乳酸菌を夜のゴールデンタイムに毎日100g摂取して痩せるやり方です。飲むヨーグルトをホットヨーグルトにし乳酸菌の効果を高め、脂肪の蓄積を抑えて健康な体作りと美容に役立ちます。ヨーグルトを飲むだけの手軽さで1か月で5㎏のダイエットが期待できます。
カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットは、1日の摂取カロリーを消費カロリーより減らして痩せるダイエット方法です。適正なカロリーコントロールをすることで、健康的に痩せる効果があります。ダイエット中の摂取カロリーを決める方法や糖質制限との違いを知って、正しいやり方で痩せましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous