2020年10月15日 更新

パクチーはダイエットおすすめ?パクチーの効果・おすすめレシピを解説

パクチーはダイエットに必要な栄養素がたくさん含まれているため、ダイエット中の方におすすめの食品です。パクチーのデトックス効果や整腸作用で健康的に痩せることができるだけでなく、美肌効果やアンチエイジング効果があリます。パクチーを使ったおすすめレシピには、美しく痩せる効果があります。

273 view お気に入り 0

パクチーはダイエットに向いている?

 (183415)

パクチーは低カロリーで痩せるために必要な栄養素が含まれているため、ダイエットに向いている食品です。通常の食事に追加するだけでダイエットに効果的な食物繊維や硫黄化合物といった栄養素を摂取できます。パクチーは即効性はありませんが継続的に食べることで体重減少と美容効果を実感できます。パクチーの効能を得るためには、栄養価の高いパクチーを見分ける方法を知ることが重要です。

栄養価の高いパクチーを見分ける方法

栄養価の高いパクチーを見分ける方法は、見た目と香りが重要です。葉がみずみずしく鮮やかな色のもの、茎はあまり太くなく張りのあるものを選びます。茎が太いと繊維が硬く、苦い場合があるため気をつけてください。香りの強くするものも新鮮で、栄養価の高いパクチーであることが期待できます。鮮度が落ちると香りが落ち、食感も悪く美味しくありません。

パクチーの栄養・効果

 (183417)

名称 パクチー・香菜(中国)
コリアンダー(英語)
分類 セリ科
旬なシーズン 春〜夏
パクチーの効能は太古から知られていて、古代ギリシャでは薬に利用されていました。パクチーは美味しいだけでなく、ダイエットには欠かせないデトックス美容アンチエイジングに効果のある栄養素がたくさん含まれています。パクチーの旬は春〜夏ですが、通年購入が可能です。

パクチーの栄養・カロリー

栄養素 カロリー 29kcal
水分 90g
たんぱく質 2.3g
食物繊維 2.8g
ビタミン カロテン 3,930μg
ビタミンE 2.5mg
ビタミンK 310μg
ビタミンB2 0.162mg
ビタミンC 27mg
無機質 カリウム 521mg
鉄分 1.8mg
・食物繊維
便秘改善、整腸作用、血液中のコレステロール値を低下、血糖値の上昇を抑制する

・カロテン
抗酸化作用があり肌老化の原因となる活性酸素を除去し、肌や髪の毛を若々しく保つ効果がある

・ビタミンE

ビタミンの中でも抗酸化作用が強い。血行をよくし冷え性に効果的

・ビタミンC

抗酸化作用に加え、コラーゲンの生成、メラニン色素の生成を抑制する

・カリウム

余分な塩分を対外へ排出する

パクチーの効果

 (185790)

パクチーの効能は3つあります。

・アンチエイジング
抗酸化作用があるビタミンEやカロテンがお肌の老化の原因である活性酸素の増加を抑え、免疫力を高め美肌に効果的

・デトックス

硫黄化合物が体内に蓄積されている水銀や重金属を対外へ排出し、肌荒れに効果的。新陳代謝が上昇

・整腸作用

パクチーの香りに含まれる成分が、腸の活動を活発化してくれ便秘の解消に効果的

パクチーを使ったダイエット方法

 (184170)

パクチーを使ったダイエット方法は、パクチーを適量食べるだけです。

100gで29kcalと低カロリーなため、パクチーで摂取したカロリーが直接ダイエットに影響する心配はありません。正しい方法でパクチーを摂取することで、パクチーの持つデトックス効果やダイエット中に不足しがちな鉄分やビタミンを同時に摂取することができます。

パクチーダイエットのやり方

パクチーダイエットのやり方は、通常の食事に足すだけととても簡単です。1日1〜2束程度どのタイミングでもよいので食事に取り入れてください。

置き換えダイエットのように痩せるために食べたいものを我慢する必要はありません。生食で摂取することで、水や熱に弱い栄養成分を全て摂取することができます。

栄養成分を損なわない食べ方①生食

 (184175)

パクチーの栄養成分を損なわない1つめの食べ方は、生食です。

パクチーに多く含まれる水溶性ビタミンは、水にさらしたり熱を加えると壊れてしまうため、サラダにしたりトッピングに使う食べ方がおすすめです。栄養が流れてしまうため水で洗う必要はありませんが、土がついている場合は軽く水で洗い流しましょう。

栄養成分を損なわない食べ方②油を使用

2つのパクチーの食べ方は、油と一緒に食すことです。

パクチーに含まれるビタミンEは油と一緒に摂取することで、抗酸化作用をさらに高めることができます。生のパクチーをサラダにし、ドレッシングの代わりにオリーブオイルやごま油と塩をかけて食べることで、パクチーの栄養を最大限に摂取することができます。
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

塩はダイエット中でも摂ってもいいの?塩抜きのおすすめレシピを解説

塩はダイエット中でも摂ってもいいの?塩抜きのおすすめレシピを解説

塩は、体の機能を正常に保つ栄養素なためダイエット中に摂取してもよいですが、過剰に摂取してしまうとむくみを引き起こす原因となります。塩抜きダイエットでは、減塩することでむくみを解消し、3日間で2キロの減量することができます。塩抜きダイエットにおすすめの減塩料理は、素材の旨味で塩分がなくても美味しく食べられるパスタや炊き込みご飯です。
yukari221 | 76 view
鯖の水煮ダイエットのやり方とは?水煮缶の効果と簡単レシピを解説!

鯖の水煮ダイエットのやり方とは?水煮缶の効果と簡単レシピを解説!

鯖の水煮ダイエットのやり方は、1~2日ごとに市販の鯖の水煮缶と食物繊維のある食材を一緒に食べるだけです。水煮缶には、脂肪分解促進や食欲抑制、筋肉維持効果があります。水煮缶を使った簡単レシピでは、さばの有効成分を無駄なく摂れる味噌汁がおすすめです。
Act | 117 view
ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアはダイエットにおすすめ?ココアの効果・カロリーを解説!

ココアは、痩せやすい体を作るポリフェノールやテオブロミンが含まれているためダイエットにおすすめです。ココアには、満腹感を得るだけでなく、食欲抑制や新陳代謝を上げることをはじめとする痩せる効果があります。ココアのカロリーは、無調整と調整のココアで大きく異なり、純ココアが調整ココアより健康やダイエットに適しています。
anananna | 132 view
カプサイシンダイエットとは?唐辛子が脂肪燃焼に効果的な理由を解説!

カプサイシンダイエットとは?唐辛子が脂肪燃焼に効果的な理由を解説!

カプサイシンダイエットとは、唐辛子を食べて脂肪を効率よく燃焼させて痩せるダイエット方法のことです。唐辛子の主成分のカプサイシンは、褐色脂肪細胞を活性化させて脂肪の燃焼を促す働きがあるためダイエットに効果的です。カプサイシンダイエットに加えてスクワットやヒップアブダクションの筋トレをすると、脂肪燃焼効果がアップします。
舞茸ダイエットのやり方とは?痩せる効果が抜群のレシピを解説

舞茸ダイエットのやり方とは?痩せる効果が抜群のレシピを解説

舞茸ダイエットのやり方とは、1日1回食事に舞茸を取り入れて痩せやすい体質を作るダイエット方法のことです。舞茸には、脂肪や糖質を包み体内へ吸収を遅らせるβグルカンの働きで、痩せる効果が得られます。痩せる効果が抜群の舞茸レシピでは、有効成分MXフラクションを摂取できるまいたけ茶がおすすです。
toshimi_t | 238 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anananna anananna