Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ダイエット
  4. >
  5. 7キロ痩せると見た目が変...
7キロ痩せると見た目が変わる!痩せたと実感するダイエット方法とは?

7キロ痩せると見た目が変わる!痩せたと実感するダイエット方法とは?

7キロ痩せるとウエストが約7センチ細くなり、洋服のサイズは2サイズダウンするため、周囲から痩せたことに気づかれるほど見た目が変わります。カロリー制限を徹底しながら有酸素運動と筋トレを組み合わせることで確実に7キロ痩せることができ、見た目を大きく変えることができます。

2022.03.01 ダイエット

7キロ痩せると見た目は変わるのか?

 (256393)

7キロ減量すると顔と身体に変化があり、自分で見た目が変わったことを実感でき、周囲からも痩せたことに気づかれます。

7キロ痩せると顔のむくみが取れてフェイスラインもスッキリし、首が長く見えます。ウエスト周りやお尻、太ももの脂肪が落ちて洋服が2サイズダウンし、体がひと回り小さくなるため、理想的な見た目に近づくことが可能です。

7キロ痩せたときの顔の変化

 (256379)

7キロ痩せると顔は、頬の脂肪が落ちて目元やフェイスラインがはっきりします。食事制限で糖質や脂肪を減らすことで肌の調子が整います。

※7キロ痩せた顔の見た目の変化
・まぶたの肉が落ち目元がはっきりする
・顔のむくみがとれる
・顔がひと回り小さくなる
・肌が綺麗になる

タンパク質やビタミンを積極的に食べて7キロ痩せると体質改善されて肌が綺麗になり、見た目を変えることが可能です。

7キロ痩せた体のビフォーアフター

7キロ減量すると身体がひと回り小さくなるため、見た目に大きな変化があります。ボディラインがはっきりし、洋服を格好良く着こなすことも可能です。

【7キロマイナスのからだの変化】
・全身が引き締まりボディラインがはっきりする
・鎖骨がくっきりと浮き出る
・背中の脂肪がとれすっきりとした後ろ姿になる
・足腰の痛みが軽減され走るのが楽になる

7キロ痩せると身体が軽くなり、足腰の負担が軽減され、運動が捗るようになりダイエットの意欲がさらに増します。

7キロ痩せるための期間は?

7キロ痩せるのに必要な期間は3ヶ月です。3ヶ月の期間をかけると心身ともに負担なく痩せることができ見た目が変わったと実感します。

1日の消費カロリーを運動で増やし、食事を制限してカロリーの摂取を抑えると2ヶ月で7キロ落とせますが、負荷のかかる筋トレと長時間の有酸素運動が必要になります。1ヶ月の期間で7キロ減量することも可能ですが、頬がこけたり精神的苦痛が伴う危険性があります。
7キロ痩せるための期間 1日あたりの消費カロリー
1ヶ月 1,680kcal
2ヶ月 840kcal
3ヶ月 560kcal
4ヶ月 420kcal

1ヶ月で7キロ落とすことはできるのか?

1ヶ月で7キロ減量するには、厳しい食事制限に無酸素運動である筋トレと有酸素運動を組み合わせ、1日のカロリー摂取量から約1,600kcal減らす必要があります。

短期間で体重を減らすとリバウンドしたり、頬が痩せこけたりしてしまう可能性があり、見た目や身体に悪影響を及ぼす可能性が高まります。1ヶ月で7キロ減量することは決して不可能ではありませんが、リスクが多いためおすすめできません。
1ヶ月で7キロ落とすのに必要な運動量
スイミング×週5 20,000kcal
ダンスエクササイズ×週5 14,400kcal
HIITトレーニング×週5 19,600kcal
合計 54,000kcal

2ヶ月で7キロ落とす方法とは?

2ヶ月で7キロ落とすには、1日あたり約840kcal消費する必要があります。840kcalを1日で消費するには、食事制限と筋トレ、有酸素運動を毎日欠かさず続ける必要がありますが、1ヶ月で7キロ痩せるときのように厳しく食事制限をする必要はありません。

ただし、2ヶ月で7キロ痩せるには負荷のかかる筋トレや長時間の有酸素運動が必要となってくるため、運動習慣のない方は身体への負担が大きいです。

7キロ落とすのにおすすめな期間とは?

7キロ落とすのにおすすめな期間は3ヶ月間で、1日あたり約560kccal消費すると3ヶ月で7キロ痩せることができます。560kcalを1日で消費するには、毎食100kcalずつ減らします。さらに、1日1時間ウォーキングすると約260kcal消費でき、心身ともに負担なく減量することが可能です。

無理をして短期間で減量すると、精神が不安定になったりリバウンドしたりする可能性が高いため、7キロ落とす場合は3ヶ月を目安にするのがおすすめです。

7キロ痩せるための消費カロリー

  •        
  •        
  •        
  •       
    
 (256383)

マイナス7キロ痩せるために必要な消費カロリーは、49,000kcalです。

7,000kcal(体重1kgあたりの必要消費カロリー)×7kg=49,000kcal

49,000kcalを筋トレと有酸素運動だけで消費するのは非常に大変ですが、食事の摂取カロリーを少し控えることで消費しやすくなります。マイナス7キロを達成するには、筋トレや有酸素運動のみならず、徹底した食事制限が必要です。

1日の消費カロリー

痩せる目標期間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
1日あたりの消費カロリー 1,600kcal 560kcal 270kcal
1日あたりの消費カロリーは、49,000kcal(7キロ痩せるための必要消費カロリー)÷日数で計算することができます。

1ヶ月で7キロ落とす場合は1日あたり約1,600kcal消費する必要がありますが、リスクが大きく健康的に痩せることが難しいです。一方、3ヶ月で7キロ落とす場合は1日あたりの消費量が約560kcalと、身体的・精神的に無理なく痩せることができます。

見た目以外の7キロ痩せるメリット

 (256384)

7キロ落とすと洋服がサイズダウンしたり、周囲からの反応も変わったりするため、ダイエットのモチベーションが上がり日常生活が楽しくなります。

運動を継続することで幸せホルモンのセロトニンが増え、メンタル面が安定し、暴飲暴食を防ぐことが可能です。さらに、食事管理を徹底することで血糖値を安定させることもでき、7キロ痩せることは見た目の変化だけでなく体調や精神面の安定にもつながります。

体型の変化

7キロ痩せると全身の体脂肪が落ち、むくみも解消され、からだがひと回り小さくなります。

さらに、背中の脂肪が取れて後ろ姿がすっきりし、鎖骨がくっきりと浮き出てボディラインがはっきりするため、スタイル良く洋服を着ることも可能です。

服のサイズダウン

 (256385)

7キロ落とすとお腹周りが7cm程度細く、ヒップは4~6cm細くなるため服は2サイズ程度サイズダウンすることが可能です。

【例:洋服15号(ウエスト73、ヒップ95)のサイズダウン】
・1サイズダウン 13号(ウエスト70、ヒップ95)
・2サイズダウン 11号(ウエスト67、ヒップ93)

体調の変化

運動と食事制限を組み合わせてマイナス7キロ減量すると、見た目だけでなく体調に変化が現れダイエットの効果を身体の中から実感できます。

【運動で現れる体調の変化】
・頭痛・肩こりが解消される
・ストレスが軽減される
・睡眠の質が上がる
・運動に意欲的になる
・血流が促進し、顔色が良くなる

【食事内容の制限で現れる体調の変化】
・腸内環境が整う
・内臓脂肪が減る
・消化機能が良くなる

周囲の反応

7キロ痩せると見た目が大きく変わるため、周囲から見た目の変化を褒められたり、ダイエットの方法を聞かれたりするようになります。

【7キロ痩せたときの周囲の反応】
・見た目を褒められる
・異性に優しく対応される
・太ったと言われなくなる
・痩せたい人にダイエットの仕方を聞かれる
・洋服を買うとき店員に細いと言われる

7キロ痩せるダイエット方法

 (256387)

7キロ痩せるダイエット方法とは、1食あたりのカロリーの摂取量を把握し、食事内容の制限と運動を組み合わせることで痩せる方法です。

下半身の大きい筋肉を鍛えることで基礎代謝をあげ、有酸素運動を組み合わせて脂肪を落としていくと見た目が綺麗に痩せられます。1食あたりの摂取カロリーを毎食把握しておくことでダイエットの意識があがり、短期間内でマイナス7キロ減量することができます。

有酸素運動

7キロ痩せるのにおすすめな有酸素運動
種目 効果の出る速さ 難易度
スイミング ★★★★★ ★★★★☆
ダンスエクササイズ ★★★★☆ ★★★★★
ウォーキング ★★☆☆☆ ★☆☆☆☆
ジョギング ★★★☆☆ ★★☆☆☆
有酸素運動はたくさん種類がありますが、水泳はカロリー消費量が多く全身の脂肪をバランスよく落すことができるため、見た目も綺麗に7キロ痩せることができます。

水泳や運動が苦手な人はウォーキングがおすすめです。ウォーキングは1時間で150~300kcal消費でき、継続すると無理せず7キロ落とすことができます。足腰に痛みのある方は、水の中をウォーキングすると負担が少ないのでおすすめです。

筋トレ

 (256391)

7キロ痩せる筋トレとは、基礎代謝の上がりやすいヒップ周りや太ももの下半身の大きな筋肉を鍛えるトレーニングです。基礎代謝があがると1日に消費するエネルギーの量が増えるため、7キロ痩せることができます。

【下半身(太ももやヒップ)の筋トレ】
・スクワット
・ランジ
・ヒップリスト
・バックキック

大きな筋肉の筋トレと有酸素運動を組み合わせるとスムーズに7キロ落とすことができます。

カロリー制限

 (256390)

7キロ痩せるには揚げ物やファーストフードなどの高カロリーな食事を避け、低カロリーな食事を意識することが大切です。

さらに、筋肉の生成を助ける肉・魚・豆・卵などのタンパク質も同時に食べるとバランスよく健康的に7キロ落とすことができ、見た目も綺麗に痩せることができます。

7キロ痩せる運動

 (256389)

7キロ痩せる運動とは、筋トレで基礎代謝をあげつつ有酸素運動を継続することで効率よく体脂肪を落とす運動です。

スイミングやジョギング、ダンスエクササイズで全身の脂肪を燃焼しながら、HIITトレーニングでさまざまな種類の筋トレをおこない、全身の筋肉を鍛えることで全身の脂肪がバランスよく落ちるため、見た目も健康的に痩せることができます。

スイミング

 (256388)

効果 ★★★★★
難易度 ★★★☆☆
時間 20分以上
スイミングは全身の脂肪を効率良く落とすことができ、全身が引き締まるためバランスよく7キロ落とすことができます。

スイミングは有酸素運動に分類され、20分以上おこなうことで脂肪燃焼効果が高まる効果があるため、1回あたり20分以上おこなうことが大切です。スイミングはランニングやジョギングと違い、膝や腰に痛みを感じている方でも負担が少ないため、身体に苦痛なく7キロ落とすことができます。

ジョギング

効果 ★★★☆☆
難易度 ★★☆☆☆
時間 1時間
ジョギングは1時間あたり約500kcal消費でき、全身の筋肉を使うことでバランスよく全身の脂肪を落としながら7キロ痩せることができます。

ジョギングは簡単にできますが、姿勢が悪いとケガに繋がります。お腹に軽く力を入れ腰を反らさないように気をつけて、正しいフォームで無理のない範囲でおこないましょう。

【ジョギングの正しい姿勢】
①背筋を伸ばし肩の力を抜く
②軽く肘を曲げる
③歩幅を少し狭くする

ダンスエクササイズ

効果 ★★★☆☆
難易度 ★★☆☆☆
時間 1時間
ダンスエクササイズは全身運動で、音楽にあわせてダンスを実施することで1時間で約421kcal消費でき、楽しく7キロ痩せることができます。

ダンスエクササイズは、ゆったりとした動きから激しい動きまで組み合わせられていて、全身の多くの脂肪を消費でき、見た目も綺麗にダイエットすることができます。間違った姿勢で取り組むと腰や足を痛める可能性が高いため、最初はスローテンポで姿勢を意識しながらおこないましょう。

HIITトレーニング

効果 ★★★★☆
難易度 ★★★★☆
時間 16分
HIITトレーニングは、さまざまな筋トレを組み合わることで全身の筋肉を鍛えることができ、16分2セットで約1,000kcal消費可能です。初めは回数重視ではなく見た目も綺麗に痩せるため姿勢を意識しましょう。

【HIITトレーニングの種目】
①ジャンピングジャック
②フロントランジ
③スクワット
④アップダウンブランク
⑤ヒップタッチ
⑥サイドスクワット
⑦マウンテンクライマー
⑧スプリットスクワットジャンプ
⑨ダッシュ&スクワット

7キロ痩せて見た目の変化を感じよう!

 (256378)

マイナス7キロ痩せると洋服のサイズが2サイズダウンするため、避けていた洋服にチャレンジすることが可能です。自分でも見た目の変化を感じられ、周囲の反応も驚くほど変わります。

また、脂肪がついている人は汗がドロドロとしていて体臭がキツい場合もありますが、7キロ痩せることで汗腺の機能が高まり、体臭の気にならないサラサラとした汗に変わるなど、7キロ痩せることは見た目の変化以外にもたくさんのメリットがあります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。