Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ダイエット
  4. >
  5. トランポリンダイエットの...
トランポリンダイエットのデメリット5選!効果的に痩せながら怪我なく続けるために気をつけること

トランポリンダイエットのデメリット5選!効果的に痩せながら怪我なく続けるために気をつけること

トランポリンダイエットは、全身の筋肉を使い効率よく痩せるダイエットとして人気ですが、身体への悪影響やトランポリン器具への懸念がデメリットとして挙げられます。しかし事前に準備や専用の器具を導入することでデメリットの対策ができるため、怪我なく安全に取り組むことができます。

2022.11.21 ダイエット

トランポリンダイエットのデメリットとは?

 (255217)

トランポリンダイエットのデメリットは、激しくジャンプすることやトランポリンを使用することで、身体や住居環境へ悪影響があることです。激しい上下運動は怪我のリスクを伴い、胸や関節へ負担をかけます。トランポリンを利用するにあたって充分なスペースの確保が必要で、騒音対策も必須です。

トランポリンでのエクササイズに取り組む前に、トランポリンダイエットのデメリットの理解を深め、適切に対処しましょう。

トランポリンダイエットのデメリット5選

 (253962)

トランポリンダイエットのデメリットは5つあります。

・トレーニング時の騒音
・ジャンプの振動によるバストへの影響
・ジャンプによる関節への負担
・ジャンプによる怪我のリスク
・トレーニングのスペース確保


トランポリンの器具にまつわるデメリットや、ジャンプが体に与える影響から、トランポリンダイエットを始めてみたくても購入に踏みだせない人が多いのが現状です。

トレーニング時の騒音

屋内でトランポリンを使用すると、スプリングの軋む音やジャンプの振動で騒音が発生するデメリットがあります。特にアパートやマンションの集合住宅では、隣接する住人との騒音トラブルにつながりかねません。

騒音を抑えるために控えめなジャンプをすると、トランポリンダイエットの充分な効果が得られず痩せないデメリットもあります。

ジャンプの振動によるバストへの影響

トランポリンでジャンプすることで、体に激しい上下運動が加わりバストが大きく揺さぶられます。上下の大きな揺さぶりは、バストを支えるクーパー靭帯にダメージを与え、胸が下垂する原因をつくります。

バストの影響は下垂のデメリットだけではありません。激しい上下運動でバストを揺らすことは、サイズダウンのデメリットを招きます。バストの90%が柔らかく燃焼されやすい脂肪でできているためです。

ジャンプによる関節への負担

トランポリンダイエットはかなり激しい運動です。30cmのジャンプでかかる負荷は体重の2〜3倍とされ、着地のタイミングでは全体重の負荷を足で受け止めるため、関節や腰に負担がかかるデメリットがあります。トランポリンのジャンプでかかる負荷は、同じ有酸素運動のランニングや縄跳びと比較すると少ないとされていますが、膝や足首の負担はゼロではありません。

ジャンプによる怪我のリスク

家庭用トランポリンのサイズでも、着地に失敗すると捻挫、打撲の怪我のリスクは避けられません。慣れや油断から着地に失敗してバランスを崩し、トランポリンから落ちて怪我をする危険があることもデメリットの1つです。高くジャンプするとトランポリンから落ちたときの衝撃も大きくなるため注意が必要です。

トレーニングのスペース確保

トランポリンは室内で利用すると場所を取るため、広いスペースが確保できない人にとっては手を出しにくいデメリットがあります。大人が安全に使用するために必要なトランポリンの大きさは約1mです。周囲に物が無い状態でトレーニングすることが好ましいため、最低でも縦横2mの広さを確保する必要があります。

トランポリンダイエットのデメリット①騒音への対処法

  •        
  •        
  •        
  •       
    
 (255221)

トランポリンダイエットでは多少の振動や騒音が発生するため、取り組む時間帯に注意することが大前提です。早朝や夜間の音が響きやすい時間帯は、迷惑になるため避けてください。

トレーニングに用いる器具に工夫をすることで、振動や騒音を最小限に抑えることが可能になります。集合住宅で騒音が心配な場合は、静音性に特化したトランポリンを選ぶことをおすすめします。

具体的な解決策

トランポリンの主な騒音は、トランポリン器具の金属スプリングが軋むことで発生します。屋内用のトランポリンには、金属製のバネではなくゴム製のバネを選びましょう。振動を抑えるコツは、足の部分にゴム製のカバーをつけることやマットを敷くことです。床に傷がつくのを防止する効果もあるため、トランポリンと一緒にマットも購入しておくと安心して取り組むことができます。

トランポリンダイエットのデメリット②バストが垂れないようにする対処法

 (255222)

ジャンプの衝撃で胸が垂れるデメリットを防ぐには、胸を揺らさないことが重要です。通常のワイヤーブラも胸の揺れを抑えるのが目的ですが、日常生活程度の揺れを想定して設計されているため、激しい運動には耐えられません。バストの下垂を防ぐには、激しい動きに適したスポーツブラの着用が有効です。

具体的な解決策

着用するスポーツブラは、肩紐の幅が広いフルカップタイプのスポーツブラを選びましょう。デザイン性の高いおしゃれな三角ブラでは、ホールド力が弱くバストの保護に失敗する恐れがあります。

スポーツブラだけでは心許ない場合、バストバンドやスポーツ用のチューブトップとの併用も効果的です。特にスポーツ用のチューブトップは、スポーツブラの下に着用することでバストの揺れを40%まで軽減することができます。

トランポリンダイエットのデメリット③関節を痛めないようにする対処法

 (255223)

ダイエットは増加した体重を減らすことが主な目的です。重くなった体でジャンプするため、通常より膝や腰に負担がかかります。運動不足や加齢が原因で弱った足腰では、体重以上の負荷がかかり関節痛を引き起こしかねません。準備運動をせず無茶な飛び方を続けることも、関節のダメージを蓄積させます。足の関節に負担のかかる飛び方をしないことを心がけましょう。

具体的な解決策

足腰に負担をかけないためには、関節に誤った衝撃を与えないことを意識します。伸ばしきった状態や反らした状態で飛ぶと、着地に失敗した弾みで反対側に曲がり痛めてしまいます。体幹を引き締め、少々前傾気味でゆとりのある姿勢でジャンプしましょう。ジャンプが不安な場合は、トランポリンの上で足踏みするトレーニングに変更してください。脚を上げる動作を大きくするだけでも、充分なエクササイズになります。

トランポリンダイエットのデメリット④怪我をしないための対処法

 (255224)

屋内でトランポリンダイエットに励むときには、周囲のものにぶつかる危険がないか確認し、充分にスペースを確保してください。トランポリンの中央でジャンプできれば落ちる危険はありませんが、慣れるまでは怪我のリスク軽減のため、落下防止の補助が付いたトランポリンを利用すると安全です。

具体的な解決策

手すり付きのトランポリンを利用することで、体幹が無くてもジャンプのブレを抑えて、安全にトレーニングに取り組むことができます。手すりの補助を利用して、さまざまな飛び方にチャレンジすることも可能です。スペースに余裕がある場合は、落下防止のセーフティネットが付いたトランポリンを利用するとさらに安心です。

トランポリンダイエットのデメリット⑤置き場所に困らないようにする対処法

 (255225)

トランポリンダイエットでエクササイズするためには、相応のサイズが必要不可欠です。スペースの確保が難しいからと、極端に小さなサイズのトランポリンを利用することは絶対にやめましょう。破損や落下のリスクが高く大変危険です。スペース確保のためには、収納可能なトランポリンを選びましょう。

具体的な解決策

屋内用のトランポリンは、場所を取らない工夫が施されている商品が多く、足が取り外し可能なタイプや、折りたたみ式、分解して袋に収納できるタイプがありバリエーションに富んでいます。軽量化に特化した持ち運びやすいトランポリンもあるため、使わないときは部屋の片隅にしまっておくことができます。自分が扱いやすいトランポリンを購入しましょう。

トランポリンダイエットの効果を高めるコツ

 (253292)

トランポリンダイエットの効果を高めるコツは、大きく4つです。

・トレーニングの継続時間
・高く飛ぶ意識
・負荷のかけ方
・音楽の併用


トランポリンダイエットは即効性のあるエクササイズではないため、人によっては長期にわたり継続しなければ効果が得られません。ダイエットには辛く疲れるデメリットがつきものですが、楽しく効果的に取り組めば、無理なく継続し痩せることができます。

トレーニングの継続時間

トランポリンダイエットの効果を高めるトレーニングの継続時間は、1日20〜30分です。有酸素運動の効果である脂肪燃焼効果や、体力アップを期待するためには最低でも15分以上のトレーニング時間が必要です。
トランポリンダイエットは見た目以上に運動量が多く、慣れるまでは数分で大量に汗をかき、疲れてしまいます。少しずつトレーニング時間を伸ばし、無理なく継続していきましょう。

高く飛ぶ意識

 (253234)

トランポリンで真上にジャンプするときは、マット面からつま先が完全に離れる30〜40cmの高さをキープしましょう。膝や脚全体を大きく使ってマット面を蹴ることで、脚全体の筋肉が鍛えられ下半身痩せに有効です。

軽いジャンプだけではカロリー消費が少なく、効率的に痩せることができません。足首だけでジャンプすると衝撃を分散できず関節に負荷がかかります。膝をバネに柔らかく、大きくジャンプしましょう。

負荷のかけ方

トランポリンでのジャンプに慣れたら、強度の高い有酸素メニューを取り入れましょう。ジャンプに加え体の絞りたい部位を動かすことで、さらにシェイプアップ効果が得られます。脚を引き締めたい場合は、足踏みや腿上げ、スクワットの動きを取り入れましょう。腰をひねるツイストの動きを加えると、ウエストの引き締め効果も期待できます。目的に合ったメニューを加えて、効率よく痩せるトレーニングをしましょう。
  • <        
  •        
  •        
  •       
    

音楽の併用

【BTS/Dynamite】絶対痩せれるトランポリンダイエット!【Jumping fitness】

トランポリンダイエットに音楽を取り入れることで、運動が苦手な人でも楽しみながら取り組むことができます。好きな音楽でリラックスしながらトレーニングすると、爽快感が得られストレス解消に効果的です。

使用する音楽はテンションが上がるアップテンポな曲調がおすすめです。リズミカルにジャンプでき、自然とトレーニングの強度を上げられます。無理なく継続したい人はぜひ取り入れてみてください。

トランポリンダイエットの注意点

トランポリンダイエットに安全に取り組むために、気をつけて欲しいことは3つです。

・準備運動の重要性
・実施のタイミング
・ジャンプの位置


激しい運動は、怪我や体調不良が起こりやすいデメリットがあり、対策や準備が必須です。少し気をつけるだけで回避できることが多いので、エクササイズに取り組むときは怠らないことを心がけてください。

準備運動の重要性

【トランポリンエクササイズ】トランポリンの前の準備体操♬

トランポリンダイエットは、全身を使った有酸素運動です。準備運動は入念にすることを心がけてください。特に負荷の大きい脚を中心に、ストレッチで柔軟性を高めることが大切です。関節や筋肉を痛めないために、充分にほぐしてからトレーニングしましょう。

ジャンプで準備運動をすることも怪我防止につながります。いきなり激しく飛び始めるのではなく、軽いジャンプから徐々に大きくしていき体をほぐしていきましょう。

実施のタイミング

トランポリンを使ったエクササイズは激しい上下運動を伴うため、食事の直後は避けてください。消化不良を引き起こし、腹痛や吐き気の原因になります。最低でも食後2時間は空けてからトレーニングしましょう。

起床直後も体が覚醒していない場合が多く、不注意で怪我につながる恐れがあり危険です。足がもつれて踏み外すことも考えられるため、起き抜けのトレーニングはおすすめしません。

ジャンプの位置

トランポリンダイエットで怪我をしないためには、トランポリンの中央でジャンプを続け、落下や踏み外しのリスクを回避することが重要です。

トランポリンの中央で跳び続けるには、お腹に力を入れ体幹を安定させましょう。最初はマット面の中央に立ち、真っ直ぐ上に飛んで真下に着地することを意識してジャンプします。ゆっくりジャンプを繰り返すだけでも体幹が刺激され、ジャンプがブレなくなります。

トランポリンダイエットで理想の体型を目指そう

 (253651)

トランポリンダイエットは、有酸素運動でありながら下半身の筋トレもできるエクササイズであり、効率よく脂肪燃焼できるメリットの多いダイエット方法です。トランポリンダイエットにはデメリットもありますが、解決策を正しく知ることで安心してトレーニングを続けられ、失敗も回避できます。

デメリット対策はダイエット成功の近道です。トランポリンダイエットを安全に楽しみながら継続し、理想の体型を目指しましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。