2021年3月5日 更新

カニはダイエットにおすすめ?蟹の効果やおすすめレシピを解説

カニは、高タンパク・低脂質でダイエットに向いています。タンパク質は筋肉をつけ体を引き締めるために必要な栄養素で、運動中心のダイエット時に食べると効果的です。カニを使ったレシピでは、ビタミンを一緒に摂れるカニサラダや身体を温めるカニ鍋をおすすめします。

96 view お気に入り 0

カニはダイエットに向いている?

 (219936)

カニはダイエットに必要な栄養素が豊富で、ダイエットに向いている食材の1つです。

カニはタンパク質が豊富で、運動中心のダイエットと組み合わせると効果的。ダイエット中に控えたい栄養素に糖質、脂質がありますが、カニは低糖質・低脂質な食材でもあります。カニを使ったダイエットでは、余分な栄養素を抑えつつ、身体作りに必要な栄養素を摂取することができ、健康的に痩せることが可能です。

カニの栄養・効果

カニの栄養価には、タンパク質や亜鉛、ビタミンB12をはじめとする、体の機能に関わる効能を持つ栄養成分が含まれています。運動の前後にカニを食べることで、体を引き締めるのに必要な筋肉を効率的につけることが可能です。

カニに含まれるナイアシンの効果で、糖質や脂質の代謝を促すことができ、食べすぎたときの不要な脂質や糖質を排泄したり、体についた余分な脂肪を燃焼したりすることができます。

栄養・カロリー

カニに含まれる栄養 100gあたりの含有量
カロリー 63kcal
タンパク質 13.9g
亜鉛 2.6m
0.35mg
ビタミンB12 4.3μg
ナイアシン 8.0mg
カルシウム 90mg
カニに豊富に含まれているタンパク質は、身体を作るのに不可欠な栄養素です。食事制限でのダイエットでは、カロリーの抑制にタンパク源の摂取が不足しがち。最低限の栄養価を摂取しないと、肌荒れしたり抜け毛が増えたり、身体に悪影響を及ぼす危険性があります。

カニを食べるダイエットでは、カロリーや糖質、脂質を抑えて、十分なタンパク質を補給することができ流ので、身体に害はありません。

効果

カニは、タンパク質やビタミンB12の栄養素、色素のアスタキサンチンが豊富です。カニの栄養素、色素の効能の中には、ダイエット効果が2つあります。

・疲労回復、滋養強壮効果
アルギニンを含む良質なタンパク質の効果

・脂肪燃焼効果
脂質の代謝を促すビタミンB12の効果

疲労回復と脂肪燃焼の効能でおかげで、運動とカニの食事の組み合わせたときにダイエット効果を発揮します。

カニを使ったダイエット方法

ダイエットのやり方

カニを使ったダイエットは、運動前後の食事にカニを使った料理を取り入れる方法です。特に筋トレで筋肉をつけた後にタンパク質を補給することで、基礎代謝の向上と身体の引き締め効果が期待でき、効率よく痩せられます。
 (210261)

カニを使ったダイエットでは、運動と食事の組み合わせでダイエットします。

・引き締めたい部分を中心に筋トレをする
 15〜20回で辛く感じる重量で、休憩を挟んで2〜3セットする
・20分以上の有酸素運動をする
・運動後、1時間以内にカニを使った料理を食べる

引き締め効果のある筋トレ、脂肪燃焼効果のある有酸素運動、カニ料理での身体を作るタンパク質の補給をセットですることで、効率よく痩せることが可能です。

ダイエット中の食べ方

ダイエットに適したカニの食べ方は3つあります。

・生食
・茹でる
・鍋物、汁物

生食での食事は、余分な栄養素やカロリーの抑制、別のダイエット向き食材との組み合わせが可能。満腹感を得やすく、暴飲暴食を防ぎ、リバウンドしにくい身体作りに効果的です。

茹でたり、鍋物・汁物では、身体を温め、基礎代謝の向上が期待できます。基礎代謝が向上することで、運動していないときのカロリー消費が増え、効率よく痩せることができます。

カニを使ったダイエットレシピ

カニを使ったダイエットレシピでは、サラダや鍋物・汁物がおすすめです。カニ以外の食材とダイエット向きの食材と組み合わせもしやすく、調理のレパートリーが増え、食事を我慢するストレスを軽減しやすくなります。カニ以外のダイエット向き食材との組み合わせで、空腹感を我慢せずにダイエットが可能です。

蟹サラダ

 (219937)

カニサラダは、水菜やもやしに含まれる食物繊維がお腹の調子を整えてくれます。カサ増し効果もあり、満腹感を得ることも可能です。カニに含まれるアスタキサンチン、トマトのリコピンの赤色、水菜の緑、もやしの白と彩鮮やかで、見た目でも満足感が増します。
カニのタンパク質と野菜のビタミン、食物繊維と、栄養バランスのよいレシピです。
材料 分量
水菜 1束
もやし 1袋
ミニトマト 4個
カニあし 適量
1.冷凍カニの場合は解凍する。
2.カニの殻から身をだし、ほぐす。
3.もやしはレンジ600Wで2分温める。
4.もやしの粗熱をとり、水気を切る。
5.水菜は水洗いして水気をきり、1口大に切る。
6.ミニトマトは半分に切る。
7.野菜を皿に盛り付け、カニの身を散らす。

蟹鍋

42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

田守麻悠 田守麻悠