2021年2月1日 更新

めんつゆはダイエットで使っていいの?めんつゆの効果・カロリーを解説

めんつゆは、抗肥満効果を持つヒスチジンやイノシン酸が含まれているため、ダイエット中に使っても大丈夫な調味料です。体の形成に必要な栄養素のミネラルやビタミンも多く含まれています。ダイエットにめんつゆを活用することで健康的な体を作りながら痩せることが期待できます。

1,267 view お気に入り 0

めんつゆはダイエットに使っていいの?

 (211696)

めんつゆはダイエット中に使っても問題ありません。めんつゆに含まれるカツオ出汁に、抗肥満効果を持つヒスチジンとイノシン酸が含まれていているからです。ただ、めんつゆは塩分も高く、糖質も含まれているから取りすぎには注意が必要です。

めんつゆはさまざまな料理の調味料に使用されますが、取り過ぎに注意しながらいろいろな食材と組み合わせることで、健康的に痩せることが期待できます。

めんつゆの栄養・効果

 (211697)

めんつゆのベースとなる出汁には、ダイエット効果が期待できるアミノ酸やイノシン酸が含まれています。アミノ酸やイノシン酸はうまみ成分だけでなく、脂肪の吸収を抑制する効能があるからです。

めんつゆには、体作りに必要な炭水化物やナトリウム、数種類のビタミンやミネラルが豊富に含まれ、ダイエットをしながら健康的な体を作ることが可能です。

栄養

栄養素 大さじ1杯分(18g)
たんぱく質 0.4g
ナトリウム 230㎎
マグネシウム 15㎎
ナイアシン当量 1.2㎎
ビタミンB12 0.1μg
葉酸 3㎍
パントテン酸 0.03㎎
[栄養素の効能]
・マグネシウム

 体内の脂肪分を分解させる脂肪燃焼作用があります
・ナイアシン
 血行を促進させ脂質や悪玉コレステロールを減少させます
・ビタミンB12/葉酸
 赤血球の生成し、体の代謝を向上させます
・パントテン酸
 脂質の代謝がよくなり減量に効果的です

効果

めんつゆは、出汁や醤油、みりん、砂糖をベースに作られていることから、次の4つの効能が期待できます。

・脂肪燃焼効果
 カツオ出汁に含まれるアミノ酸が、中性脂肪の燃焼を促進
・食欲の抑制
 ヒスチジンが脳の満腹中枢に働きかけ、食欲の抑制を行います
・新陳代謝の向上
 ビタミン郡がダイエットに効果的な新陳代謝を向上させます
・ストレス低減
 ビタミンB群が糖質の代謝を促進し、ダイエットによるストレスを低減させます

カロリー

大さじ1杯分 カロリー 糖質
めんつゆ 7.4kcal 1.6g
こいくち醤油 12.7kcal 1.8g
うすくち醤油 9.7kcal 1.4g
みりん 43.0kcal 9.9g
ポン酢 10.1kcal 2.2g
めんつゆは、醤油やみりんと比べると低カロリーな調味料です。ただし、出汁以外に砂糖やみりんが含まれ、糖質が高めとなります。醤油やみりんは味付けに少量加える程度がほとんどですが、めんつゆは麺類や鍋の汁に使用されることも多いので摂取量には気を付ける必要があります。

めんつゆを使ったダイエット方法

 (211698)

めんつゆはいろいろな料理の味付けに使われる調味料の1つです。めんつゆを使ったダイエットは、めんつゆのカロリーや糖質を気にすることも大切ですが、食材との組み合わせに注意していくことで効果的に痩せることができます。

炭水化物が多い麺類、カロリーの高い食材は注意して使っていきましょう。

めんつゆダイエットのやり方

めんつゆでダイエットするやり方は、大豆たんぱく質が多く含まれている豆腐や豆乳と組み合わせて食べる方法がおすすめです。大豆に含まれる大豆たんぱく質が血糖値を抑える効果があります。

さらに、めんつゆに含まれるヒスチジンとイノシン酸も抗肥満作用があり、相乗効果で痩せることができます。

ダイエット中のめんゆつの食べ方

めんつゆを使用したダイエット方法は味付けを薄味にすることです。ストレートはそのまま、濃縮タイプは規定量に薄めて使用しますが、味付けするときはできるだけ薄めにすることで、カロリーや糖質を抑えることができます。

めんつゆを薄くして使用すると物足りなさを感じることもありますが、組み合わせた食材の素材の味を楽しむことを意​して、摂取量が増えないことを心がけていきましょう。

めんつゆを使ったダイエットレシピ

めんつゆの豆腐あんかけ

 (211699)

めんつゆ豆腐あんかけは、豆腐や鶏むね肉の高たんぱく質で低脂質な食材を使用することでカロリーが気になるかたにおすすめのレシピです。また、しめじに含まれるキノコキトサン成分が脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

めんつゆだけで味付けすると、入れすぎて糖質が高くなる可能性があります。薄味を意識し味が足りない場合は塩で味を調整することで、カロリーや糖質を抑えることができます。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットのやり方と効果とは?糖質制限より痩せる?

カロリー制限ダイエットは、1日の摂取カロリーを消費カロリーより減らして痩せるダイエット方法です。適正なカロリーコントロールをすることで、健康的に痩せる効果があります。ダイエット中の摂取カロリーを決める方法や糖質制限との違いを知って、正しいやり方で痩せましょう。
玉ねぎスープダイエットの効果とは?ダイエット方法と痩せるレシピを解説!

玉ねぎスープダイエットの効果とは?ダイエット方法と痩せるレシピを解説!

玉ねぎスープダイエットとは、玉ねぎスープを毎日飲むことで、体質を改善していきダイエットにつなげる方法​です。玉ねぎには血流を良くし、痩せやすい体質に変える効果があります。短期間で痩せるためには3日間玉ねぎスープだけを飲む方法がありますが、毎食の最初に玉ねぎスープを飲むだけの簡単な方法でもダイエット効果があります。玉ねぎスープダイエットでは、1週間に2キロ痩せることが期待できます。
Aki.G |
ザーサイはダイエットおすすめ?ザーサイの効果・おすすめレシピを解説

ザーサイはダイエットおすすめ?ザーサイの効果・おすすめレシピを解説

ザーサイは低カロリーかつ糖質ゼロでダイエットにおすすめな食材です。ザーサイには便秘やむくみを改善する効果があり、ダイエットに嬉しい栄養素が詰まっています。ザーサイは調理の手間もかからず、トッピングするだけでレシピの幅を広げます。ザーサイを上手に活用して理想の体を目指しましょう。
Act |
サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキは、美容や健康によいと評価されている食用サボテンを用いたメキシコ料理です。かすかな苦みや酸味をもつサボテンステーキは、まずいと言われる場合もありますが、自宅でも簡単に調理やアレンジが可能であり、好みの食べ方を見つけやすい点も魅力です。
1週間で3キロ痩せる方法とは?短い期間でダイエットする運動や知識

1週間で3キロ痩せる方法とは?短い期間でダイエットする運動や知識

1週間で3キロ痩せる方法は、激しい運動と筋トレ、厳しい食事制限です。短期間で痩せるためには、高たんぱく低脂質な食事で摂取カロリーを抑え、負荷の重い運動を取り入れて消費カロリーを増やす必要があります。1週間で3キロ痩せると、お腹周りや顔周りがスッキリします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro0716 hiro0716